FC2ブログ
sumidoya 201910

 今年オープンした山辺の「肉そばすみどや」を初訪問。
 肉蕎麦・大の(冷)、770円。唐辛子をかけてから撮影してみました。

 鶏油の少ないつゆになっていて、味は他店と比較してあっさりめ。
 鶏肉は親鳥を使っているようできちんとした噛み応えのあるタイプ。
 それほど色は黒くない、ある程度の太さを持った機械打ちの麺は、ストレートでとても長いです。

 漬物は、既製品2種がテイクフリー。できれば自家製の大根、キャベツ、青菜、白菜、キュウリ、茄子漬などならばすごくウレシイ。
 お冷はしっかり冷たくてよい。
 店は新しくて広めの舗装駐車場があり、アプローチに不便はありません。
 火・水が休みですのでご留意を。

スポンサーサイト



shimako 201910

 寒河江市高松の「らーめんしまこ」を5年4か月ぶりに再訪しました。
 カキキムチ味噌らーめん900円。平日(土曜を含む)ランチタイムは半ライスがサービスとなります。

 擂鉢のどんぶりとデカレンゲが「手打ちラーメン紅花」と同系であることを証明しています。
 この仲間たちのラーメンのよいところは、第一スープがたっぷりなのと、次に普通盛りであっても方言で言えば「腹くっつぐなる」ところ。
 スープがたっぷりであることは承知しているので、半ライスはどんぶりに投入せず、スープを掬ったデカレンゲに少しずつライスを入れて食べました。

 「カキキムチ味噌」とは食前、牡蠣とキムチが乗った味噌ラーメンだろうと推測しましたがそうではなく、牡蠣とキムチ味噌が乗った味噌ラーメンでした。
 とは言え、具材の野菜には白菜が多く入っていて、その甘さがスープに溶け出して秀逸な味わいです。
 スープがトッピングまで隠してしまう多さ。その中には小さくない牡蠣が2個、しっかり入っていました。

 普通盛りでも予想以上に満腹です。

konanshun 201910

 5年前ぐらいまではよく行っていた「中華料理江南春」ですが、新店めぐりをしているうちにしばらく遠ざかっていました。

 ここの人気メニューにもなっている広東風五目あんかけ焼きそばの大盛り、810+110円。
 2013年12月に同じものを食べ、このブログにも画像を載せています。価格だけはわずかに上がっていますが、基本構成や味付けなどはほぼ変わっていません。

 ここは本格中華が手頃な価格でおいしく食べられるので、好きです。

katsuMI minamidate 201910

 11か月ぶりに3度目の「とんかつかつMI山形南館店」へ。
 とんかつ定食とカツカレーは既食なので、特製から揚げ定食を注文。ランチタイムは100円安くなります。

 普通盛りのごはんで注文しましたが、サーブされたおかずの量を見て、こりゃ足りんわと大盛りに変更。590+100+税=759円です。
 ごつくてジューシーな鶏の唐揚げが5個。
 はじめに付いてきた普通盛りのご飯は小さなどんぶりでしたが、変更後の大盛りはどんぶりが急にデカくなってしっかりよそわれています。食べての感覚としては普通盛りの倍以上は確実にあったと思います。
 ケチャップ、からし、マヨネーズ、レモン果汁と必要と思われるアクセサリーはすべて付いており、このほかにも卓上の胡麻ドレッシングととんかつソースを使ってしっかり味にして食べました。
 それにしてもごはんの量が多いです。こんなはずではなかったのにと思いながら完食し、満腹を超えた腹具合となりました。ああ、苦しい。

 これでこの価格なら他店の追随を許さないほどにスバラシイ。こうなると、いつぞやに食べた「ぱっぷや霞城セントラル店」も完全に押され気味で形成が不利のようです。

minami4bancho 201910

 4か月ぶりに「山形南四番町食堂」(まいどおおきに食堂)へ。
 それほど間を空けずに訪問した理由は、①ごはんものが食べたい、②時間をかけたくない、③ごはん無料券のクーポンが手元にある――などですが、何と言っても③の理由が最も大きい。

 マイセレクション473円。
 揚げ物にこだわりはなく安く抑えたい、サラダは必須、豆腐類もぜひ欲しい、味噌汁は節約して茶で足りる、ごはんをかっ込みたいので生卵――という発想に基づくものです。

 大・中・小が同料金のライスの大165円が無料というのは大きいです。
 給仕担当の方から「今日から新米になりました」とのうれしい情報。生卵もぷりっと新鮮です。

 ごはん無料券がもう何枚かあるので、近くまた行くと思います。

shironishi kinchan 201910

 あの中華そばがぜひとも食べたくなって、2年8か月ぶりに名店「城西金ちゃんラーメン」へ。
 中華そばの大盛り、660+140円。
 この中華そばに絞れば、ここで食べるのはなんと7年7か月ぶり! そんなに食べていないとは。当時のログを見ると、同じ品が580+120円だったようですが、画像は今も昔もほとんど変わらない変わらない安定感があります。

 大盛りの麺量は2玉。以前はなんの抵抗もなく食べていましたが、今回はおいしいけれどもボリュームのプレッシャーを感じました。それが7年という月日なのかもしれません。

 昼どきとあって大繁盛。それでも客あしらいが落ちることもなく、相変わらずとてもいい店です。

kagetsu arashi 201910

 7年1か月ぶりに「らあめん花月嵐山形吉原店」を再訪して、嵐げんこつラーメンにライスを添えて、720+120円を食べました。
 この店の記憶は、味が濃厚で塩辛いというものだったので、ラーメンは大盛りにせず、ライスで。背脂びっしりでしっかりニンニク風味のこのスープにライスを入れて啜ったならさぞおいしかろうということで。

 そのような入店前からの目論見はまさにドストライクで、こってりではありましたが、思っていたよりも塩辛くはなく、無理なく完食、完飲となりました。

 細ストレートの麺を啜りながら、初めて「らあめん花月嵐」で食べたのは沖縄浦添の国道58号沿いにあった店でのことだったことを思い出しました。