FC2ブログ
organic cafe 202001

 沖縄へと向かう旅。10時台に仙台空港に着き、12時近くのフライトに乗れば15時過ぎに那覇に着く。ではまず乗る前に腹ごしらえだ。
 空港内のレストランには大きな期待はしていないので、何か腹に入ればよろしい。エスカレーターでレストランフロアに上がり、右手にあった「MMC ORGANIC CAFE」でいいか。
 カレーライスが980円でこれがほぼ最安。それもいいがそれは過去に一度食べているので、最近マイブームの「昔ながらのナポリタン」1,080円にしてみました。

 ケチャップ過多のナポリタンがいいと思っているのですが、ここのは最近食べたナポリタンの中では比較的ケチャップが少なめでお上品。そうは言っても「昔ながら」を名乗るぐらいだからけっこういいセンはいっているのだけど。
 ベーコンやウインナーが多めに入っていて、いちおうチンケだけれどもサラダが付いていますが、そうだとしてもナポが4桁というのはいかにも高い。まあな、ここは空港内のレストランだものな。
 いやなら食べなくてもいいんですよ、ほかに客はわんさといるので店はそう簡単にはつぶれないんだもんね。店員の顔にはそう書いてありました。あ、もちろん冗談ですよ。(笑)

スポンサーサイト



yamaokaya aota 202001

 ある日の午前10時過ぎ、1年7か月ぶりに、24時間無休でがんばっている「山岡家山形青田店」へ。
 味噌ネギラーメン770円に、このオイリーでしょっぱいスープはご飯を入れて食べたらうまいのではないかと考えて、半ライス130円を添えて。

 山岡家ではいつも感じるが、普通盛りでは麺が少ない。まあそれは、ライスをたのんでいるので許せる。シャキッとしたネギがうまいし、大きい板海苔が2枚というのもすばらしい。チャーシューは角切りで、メンマは入らないのかな。
 想像どおり、しょっぱいスープ。この程度の麺量であれば、これに普通盛りのライス180円をぶち込んでも全部おいしく食べられたかもしれません。

 JAF会員優待でチャーシュー2枚か煮玉子がサービスになるようでしたが、会員証を置いてきてしまったので、今回はなしとなりました。残念。

sukiya akoya 202001

 あこや町の「錦産業ビル」の跡地に2019年11月にオープンしたばかりの「すき家あこや町店」に初めて入ってみました。
 新店とはいっても他のすき家の店舗と変わることはありませんが、各席にはタッチパネルが備えられ、それで声を出さずに注文する仕組み。会計も自分でお金を機械に投入するシステムでした。

 牛丼の並にサラダセットを食べるつもりでしたが、サラダセットのボタンが見つけられなかったので、これでいいやと牛丼の大盛り480円にしました。
 紅生姜を多めに取り、七味唐辛子をぱらぱらとかけていただきます。味なり食べ応えについては推して知るべしです。素の牛丼だけをほかに何も添えずに食べるのは久しぶりのことですが、そういう食べ方も素朴でおいしいものです。ビンボー学生時代は牛丼とはこうして食べるものだったことを思い出しました。

nakau tendo 201912

 かつては県内で多店舗展開をしていた「なか卯」ですが、今となってはだいぶ減り、近くでは天童のここと東根店ぐらいになっているようです。天童店は初訪問だし、なか卯自体がとても久しぶりです。

 ランチセットがいくつかセットされていて、その中から親子丼(並)+はいからうどん(小)が90円お得の600円になっていたので、それを。これにサラダ100円を追加して合計700円です。
 どんぶりのアタマは袋物を加熱しただけのようなものですが、チープ感はあるもののある意味安定した味だとも言え、この価格でよくやるなぁというレベルに達しているものになっていました。
 なか卯の親子丼が25周年を迎えたとのこと。親子丼って、こういう機会でもないとあまり食べませんが、おいしかったと思います。

toranosuke 201912

 桧町の「麺屋虎之助」は5年5か月ぶり3回目。
 味噌ラーメンの大盛り800+100円。こってりの太麺をチョイスしました。

 だいぶ前のことなのですっかり忘れていましたが、ここの大盛りのどんぶりはすごく大きいものなのでした。したがって、量もすごく多い。そしてスープも惜しげもなくたっぷりなのがうれしい。

 背脂チャッチャのスープのコク、もっちりした太麺の口当たり、豚挽肉を使ったキクラゲ入りの炒めモヤシ、たっぷり入ったコーンなど、どこを取ってもスグレモノばかり。店は小さくて古いけれども、この一杯にはなかなかの価値があると思います。満腹です。

seno 201912

 中里の「セノ食堂」に、およそ6年ぶりに入店。3回目になるのかな。
 セノ食堂といえば牛煮込み定食が有名ですが、今回はカツカレー900円にしてみました。卓上メニュー表にはこのカツカレーも写真入りで載っていました。店が推しているし、人気もあるのでしょう。

 カレーライス650円で十分なのでしょうが、写真の見栄えも考えてカツカレーに。福神漬けの赤、パセリの緑、レモンの黄色と、見た目がきれいです。

 カレーや丼物は、がっつりいきたいときに注文するものでしょうから、ごはんが少ないなどということはあってはならず、また、そのごはんの量に見合い、あるいは凌駕するほどのたっぷりのカレーやアタマが必要デアル――というのがゆるぎない信念になっています。その意味からは、ココのカツカレーはまさにドストライクのつくりになっていて、注文をつけるようなことは何もありません。とてもおいしくいただきました。

 なお、大きなとんかつは揚げ立てでおいしいですが、肉に衣をつけてつくり置いたもので、厚さもさほどではありません。自分にとってはこの程度の脂質量で十分ですが、これが付くことで250円アップの価値があるかどうかはやや疑問が残ります。

yabuichi 201912

 「そば処やぶいち」を9年2か月ぶりに再訪しました。
 前回は中華そばを食べているので、今回は味噌ラーメン880円にしました。
 12月からの冬限定メニュー。中華そば650円よりも230円も高いので、何かあるのではないかと期待して。大盛りにしたいところですが、180円増しではおのずとマインドが低下するし、千円を超えてしまうので、敬遠です。

 ラードが香ばしく、ニンニクがいい仕事をしています。野菜の量はノーマルですが、大きめにカットされたキャベツは齧ると甘くておいしい。
 ただ、この内容では価格負けしています。これにチャーシューとメンマが入っていたならOKだったでしょうが。

 ここは中華そばやもりそば以外のメニューはいずれも料金が高め。なので、中華そばを大盛りにせずに軽く食べて、足りなかったなら近くの「山椒」や「松茶庵」などの別の店でもう一杯というのがいいかもしれません。上山にはラーメン店がたくさんありますから。