FC2ブログ
minami4bancho 2 201910

 11月末まで有効のごはんタダ券が数枚手元にあるので、「山形南四番町食堂」へ。今月2回目の訪問です。
 10日間程度有効の100円割引券を精算時に1枚だけやるからありがたがれという店もありますが、ココのサービス券はごはん分の165円が安くなるのでかなり値打ちがあります。そして使用期限も長い。

 前回とあまり変わり栄えしないけれども、コロッケ、麻婆豆腐、サラダ、生卵。これが506円で食べられます。(味噌汁なし)
 カキフライ皿418円が魅力的でしたが、それよりもコロッケ+麻婆+サラダで440円のほうが、おれはいい。

 まいどおおきに食堂系は、ごはんと味噌汁の基本セットが243円。これに先のカキフライ皿1枚で661円となります。さらに切り干し大根もしくはひじき煮、そしてサラダをつければ881円。このあたりが1食の標準価格帯でしょうか。

スポンサーサイト



katsuMI minamidate 201910

 11か月ぶりに3度目の「とんかつかつMI山形南館店」へ。
 とんかつ定食とカツカレーは既食なので、特製から揚げ定食を注文。ランチタイムは100円安くなります。

 普通盛りのごはんで注文しましたが、サーブされたおかずの量を見て、こりゃ足りんわと大盛りに変更。590+100+税=759円です。
 ごつくてジューシーな鶏の唐揚げが5個。
 はじめに付いてきた普通盛りのご飯は小さなどんぶりでしたが、変更後の大盛りはどんぶりが急にデカくなってしっかりよそわれています。食べての感覚としては普通盛りの倍以上は確実にあったと思います。
 ケチャップ、からし、マヨネーズ、レモン果汁と必要と思われるアクセサリーはすべて付いており、このほかにも卓上の胡麻ドレッシングととんかつソースを使ってしっかり味にして食べました。
 それにしてもごはんの量が多いです。こんなはずではなかったのにと思いながら完食し、満腹を超えた腹具合となりました。ああ、苦しい。

 これでこの価格なら他店の追随を許さないほどにスバラシイ。こうなると、いつぞやに食べた「ぱっぷや霞城セントラル店」も完全に押され気味で形成が不利のようです。

minami4bancho 201910

 4か月ぶりに「山形南四番町食堂」(まいどおおきに食堂)へ。
 それほど間を空けずに訪問した理由は、①ごはんものが食べたい、②時間をかけたくない、③ごはん無料券のクーポンが手元にある――などですが、何と言っても③の理由が最も大きい。

 マイセレクション473円。
 揚げ物にこだわりはなく安く抑えたい、サラダは必須、豆腐類もぜひ欲しい、味噌汁は節約して茶で足りる、ごはんをかっ込みたいので生卵――という発想に基づくものです。

 大・中・小が同料金のライスの大165円が無料というのは大きいです。
 給仕担当の方から「今日から新米になりました」とのうれしい情報。生卵もぷりっと新鮮です。

 ごはん無料券がもう何枚かあるので、近くまた行くと思います。

katsuya emata 201910

 「かつや」は山形市内に2軒あり、「山形荒舘店」は既訪ですが、後発の「山形江俣店」には今回初めて入って見ました。
 たまたまなのか、入店時の店員5名は調理担当も含めてすべて女性で、みんなが元気。店も明るく、荒舘店よりもずっといい雰囲気がありました。

 海老・ロースかつ定食の、ご飯を大盛りに、とん汁を(大)にそれぞれ変更して、790+120+40円の消費税で1,045円。かつやで食べるにしてはなかなかの高級品となりました。
 この10月から10%になった消費税はバカにならず、価格は3桁から4桁へ。8%のときよりも計算しやすくなったのでまあいいのだけど。

 衣がさっくりしていて、これは家庭で出すことが難しいクオリティ。特に海老に関してはネタに透明感が残るスグレモノでした。
 大盛りにするとご飯はマンガ盛り。とん汁も(大)にすると存在感がぐっと増します。
 卓上のカラシパックを2つ、大根のつぼ漬けを適量、ソースをだぼだぼ、胡麻ドレッシングは最後に少量使ってカスタマイズして、腹いっぱいいただきました。

asunaro 201910

 今年6月以来の訪問。
 この日のあすなろ定食は、レバニラ炒め、コロッケ、メンマ煮。
 それほどレバ臭くない出来立て湯気もうもうのレバニラ炒め、業務用だけれども揚げ立てで唇の焼けそうなコロッケ、小皿から溢れそうなやわらかメンマ。
 献立にはさりげなく書かれている「コロッケ」は、その下にたっぷりの春雨のマヨサラダが入っていました。

 大満足のゴチソウサマ。ここの定食にはまったく注文するべきことはありません。
 790円から810円に値上げされていました。千円札に10円を添えて出すと、女将が小声で「すみません」と言いつつ200円を渡してくれるのでした。

satomi 201909

 7か月ぶりに飯塚の「食事処里味」を再訪して若鶏くわ焼定食800円を食べました。
 前回かつ丼を食べたときに隣りのあんちゃんが食べていたのがおいしそうだったので、今回はそれをいってみたわけです。

 「くわ焼」とはあまり聞き慣れなかったのですが、調べてみるとそれは「鍬焼き」のことで、肉や野菜などをたれにつけ、鉄板(またはフライパン)で焼く料理で、鶏肉を用いることが多いのだそうです。古くは農作業の合間に野鳥を獲り、鍬の上で焼いたのが始まりデアルとのこと。

 今回食べたのはまさにそれで、熱々の鉄板で供され、たれ付けした鶏肉が4つ。齧ると熱さで口内を火傷するようなシロモノでした。
 胸肉を使っているようで、ジューシーさがイマイチなのが惜しいところ。おいしかったです。

pappuya kajo 201908

 今年4月、「霞城セントラル」の1階にオープンした「ぱっぷや霞城セントラル店」。パチンコ店併設食堂がおおもとの秋田資本のチェーン店のようです。日頃車でアルイテいるので、駐車場を備えていない店にはなかなか行けなくていましたが、このたびようやく初訪問することができました。

 鶏唐揚げの定食がウリのようで、唐揚げ、チキン南蛮、油淋鶏、塩だれ唐揚げの定食が各890円で、これを2種または3種の盛り合わせにしても価格は同じ、しかもごはん大盛り無料という食いしん坊向けのメニュー設定になっています。
 今回は、チキン南蛮と油淋鶏の唐揚げ2種盛り定食の大盛り、890+0円にしてみました。

 唐揚げが6個で、チキン南蛮と油淋鶏が3個ずつ。3種盛りにすれば各2個ずつとなるのでしょう。
 ごはんは、あまり大きくない器にマンガのようなてんこ盛り。(笑)
 味噌汁も含めて配膳されたものに不満はなく、ぱくぱくと食べて満腹になりました。しかし、鶏の唐揚げで1食890円は決して安くはないと思います。それと、縁日のフライドチキンの屋台などで感じる鶏肉特有の匂いが店内に漂っているあたりは改善が必要かと思います。

 唐揚げの定食類ほかにも、焼肉の定食、丼類、ラーメン、そば・うどんなどが用意され、メニューは豊富。その中で、魯肉(ルーロー)丼830円、炒め野菜味噌らーめん870円などには特に惹かれたので、駅前に行く機会があれば意識して再訪することにしたいと思います。

sanshuya 201908

 三州屋はかつて山形市内はもちろん県内でチェーン展開していて、30年ぐらい前にはよく食べに行ったものでしたが、今ではこの天童店1店だけとなっているようです。
 糠塚にあるその天童店を初訪問。とんかつ専門店なのでとんかつ定食1,050円をいくべきでしょうが、日替定食800円があったので試してみました。

 今日の日替りは何か尋ねたところ、「唐揚げとコロッケです」とのこと。しかし、運ばれてきたものはその言葉から想像する内容とはまるで違うゴージャスなものでした。
 これはいわゆるミックスフライ定食でしょう。他店ではこれよりも1~2品揚げ物数が少ないもので1,280円ぐらい取るところもありそうです。

 白身魚フライ、ししゃもフライ、カニ風味フライ、カレーコロッケ、クリームコロッケ、そして鶏唐揚げの6品がずらり。これにカラシとタルタルソース、さらには卓上の特製とんかつソースをたっぷりつけて食べてねという趣向です。キャベツもこんもりとして稠密で、これにも卓上の特製フレンチドレッシングがかけ放題となります。
 どんぶりのめしは多過ぎるぐらいのドカ盛りで、おふくろの味的なワカメと豆腐の味噌汁が付いています。
 脂がちなおかずに合わせる小鉢は、せん切り大根とニンジンの酢の物とおろし大根というあっさり秀逸コンビなのがうれしい。

 これが800円でホントにいいんですか?という印象。納得しての退店となり、これならとんかつも期待できそうだと再訪を誓うのでした。

minami4bancho 201908

 2か月ぶりの南四番町食堂。つまりは、2か月に1回、早めに並ばないと混雑する内科に薬をもらいに行った後に、寄って食べるパターンが2回続いたということ。
 朝のうちでもあるしたいしたおかずはいらないので、ただただメシを食べたい、そういうセレクトになっています。納豆、生卵、味付け海苔、これらがあればそれで充分、みたいな。
 納豆定食に生卵、牛肉コロッケ、野菜サラダを加えて、ごはん「大」の570円。
 前回も同じ考え方だったので、その記事を見ると、今回とほとんど変わりばえしていません。(笑) 570円という価格も同じでした。

 「大衆食堂半田屋」とは比較にならないほどに品ぞろえが少なく、結果として同じものを選ばざるを得ないといううらみもないではありません。
 山形市内にも「半田屋」ができないかなあ。

aisai 201907

 暑いこの日は板そばを食べようと思っていたのだけれど、天童市内で行ってみたまだ未訪となっている3軒の蕎麦屋はすべて休み。どうなっているの? ずいぶん嫌われたもので、おもしろくないので天童の蕎麦屋には当分行かないことにする。
 で、何の因果か「ごはん家愛菜」を2か月ぶりに訪問することになりました。ごはんものになっちゃったけれども、ここなら間違いないのでまあいいか。

 今回は鶏の唐揚げは敬遠して、焼魚定食850円に。特大ホッケか特大塩サバが選択でき、今回は塩サバをチョイス。
 ふむ、確かに大きい。脂のノリもよい。大根おろしもたっぷりでよい。
 よいところばかりで悪いところが見当たらない。ごはんがふっくらしていておいしいし量もある。味噌汁の具は冬瓜ときのこだ。

 提供の品々には全く問題はないものの、カウンター席で並んで食べていた営業のおっさんが若い相棒に自分の苦労話や功績を話して聞かせているのだが、これがなぜかでかい声。そして自慢話的な内容が延々と続く。周囲の客はもちろん、相棒がいちばんウンザリ来ていることにこのおっさんは気がついていない。
 食事の時間まで上司に邪魔をされて、「だから何だ」とも言えずにしぶしぶ合いの手を入れ、箸が進まなくなっている若手社員が可哀想だった。
 まだ日本にもこういう世の中知らずの天然記念物的なバカが生息しているのだなあ。

asunaro 201906

 久しぶりの「あすなろ食堂」。この日のあすなろ定食790円は、肉とキャベツの味噌炒め、温泉玉子、ちくわと油揚げの煮物。

 回鍋肉は味噌味が強めで油がほどほど。
 温泉卵は玉子だけではなく刻んだキュウリとナスが添えられています。
 煮物は、名前に出ているほかに椎茸、肉団子、凍み豆腐、タケノコなども入っています。
 相変わらず充実した内容です。

 しかし、厨房内をしばらくぶりに見た印象では、ご夫婦の無駄のない動きによるスピーディーな連係プレーはちょっぴり年齢相応になりつつあるかなあと感じたところ。
 回鍋肉のキャベツが切れずにつながっていたりする部分もあったけれども、かつてはそういうことはなかったような気がするし。

 定食の一流店「国味」が閉店した今となっては、山形市内のもう一方の雄「あすなろ食堂」にはぜひ引き続きがんばってほしいと願います。

papamama 201906

 東根市蟹沢の洋食店「パパ&ママ」を初訪問。
 ここの押しはオムライス920円と、平日限定の日替り定食パパランチ900円のようです。ほぼ同時に入店した高年夫婦はナポリタン、一人客の高年男性はパパランチ。自分も男性と同様パパランチを注文しました。

 この日のパパランチはチキンマスタード焼き。ごろんとした肉厚のチキンがいい感じに焼かれ、ゆるめのマスタードソースがたっぷりかけられています。鶏皮はパリパリ、肉は柔らかく、スジもないのでナイフでさっくりと切ることができます。
 サラダはトマトとオレンジ添え。奥さんが刻んだ大根が主になっています。

 洋食とは言え卓上には箸もあり、スープ皿に入っているのはワカメの味噌汁なので、普通の定食の範疇と見るべきでしょう。
 皿盛りのごはんは普通盛りでは足りず、男性なら大盛りがいいかもしれません。
 ドリンク付きでこの価格なら十分と言えるのではないかと思います。
 ナポリタンもおいしそうだったし、特製のオムライスも食べてみたいものです。

arinkurin 201906

 上山四ツ谷の「ありんくりん」を初訪問。
 店名を聞いただけで沖縄関係とわかる店で、「あれもこれも」のウチナーグチです。
 いくつもの小鉢類がセットになっているありんくりんランチが1,080円で供されることを噂に聞いていて、いつかは訪問しようと興味を持っていたのですが、日曜と1・3・5土曜が定休日で、残る平日は昼どきはおそらく女性グループが多いと思われ、なかなか訪問する機会がなかったのでした。
 しかしこのたび、開店直後の11時なら女性グループ客も少ないだろうと考えて訪問したところ、その目論見は正しく、食べ終える頃までは客は自分一人で寛げました。その後は女性グループばかりがどんどんやってきましたが。
 尋ねれば、やはり女将は旧コザ市(現沖縄市)の出身なのだそうです。

 ありんくりんランチ1,080円。
 沖縄料理ではなく和風なんですと女将は謙遜しますが、ミミガーの酢味噌和え、煮こごりをトッピングしたジーマミー豆腐、ラフテー、もずく酢などもラインナップされていて、沖縄らしさも感じられるものになっています。BGMだって神谷千尋だもんな。沖縄好きにはタマランです。

 写真に写っているもののほか、少し前に茶碗蒸しが供され、食後にはデザートとして胡麻のムースとコーヒーも。
 まことにありんくりんを食べさせてもらってこの価格は破格でしょう。特に女性軍には喜ばれそうな内容でした。
 くゎっちーさびたん、いっぺー謝(にふぇー)でーびたん。またん行ち欲(ぶ)さやぁ。

minami4bancho 201906

 ある日の午前10時。ブランチに白いごはんで納豆と卵が食べたくなったので、そういう場合はこの店が最適だよなと「南四番町食堂」へ。

 納豆定食290円に生卵と牛肉コロッケ、切り干し大根煮を加えて570円。ごはんは「大」でも同料金なので、それでいく。
 まずは納豆で白飯を食べ、納豆がなくなったら生卵をかけて、味付け海苔で巻いて食べる。時々コロッケと切り干し。

 たっぷり食べて満足でしたが、切り干し大根は余計だったかもしれません。極端を言えばコロッケも。これらを省けば354円で朝の満腹コースが実現します。

tougenochaya 201906

 北陸・山陰方面へのドライブから戻る途中、小国町沼沢にある「峠の茶屋小国店」を初訪問。
 唐揚げ好きなら行くべき店だと聞いていて、開店時刻の10時半を過ぎた時間帯に通ったので寄ってみました。

 唐揚げセット800円。
 おかずの一部は持ち帰りなんてことになるのはいやだなと思っていましたが、配膳の段階、つまりはファーストインプレッションの段階で完全に戦意喪失です。
 すげぇ唐揚げの量! これを全部食べるなんて無理に決まっている。
 「すんません、パックを」と食べる前から白旗を揚げて、5つの唐揚げのうち2つをパックに移動。その2個だけでも通常サイズのパックのふたがきちんと閉まらないのだから驚く。
 注文品のお持ち帰りは会津若松の「十文字屋」の磐梯かつ丼以来のことです。

 からりとした揚がり方で味自体は極めて良好。大きな肉塊だけれどもきちんと中まで火が通って柔らかいしジューシーです。
 ごはんもしっかりした量があるのに加えてうどんスープというのも圧巻だし、メインディッシュはレモンの一切れ以外に野菜などの添え物がないところも潔い。
 唐揚げ3個でも圧倒的におかずのほうが多く、おかずが足りないためにごはんが余るということはありません。

 十分に満たされて退店しましたが、この店、この10月末までで閉店するようです。残念。

aisai 201905

 浜崎の「ごはん家愛菜」を4年2か月ぶりに再訪しました。
 本日のおすすめ定食890円。
 今日のメニューは、鶏カラの梅じそだれ。ボードには「鶏カラの梅じそだれ」の脇に小さい字で「鶏カラと彩り野菜のせ カレー」と書いてあったので、彩り野菜と何らかの形でカレーが付くのかと思い、それを期待して注文しました。しかし、結果としては野菜のカレーも無関係なものが登場。あれ?
 つまりこれは、本日のおすすめ定食もうひとつのメニューだったようです。ああ勘違い。

 でもまあ、おいしかったから文句はありません。
 秀逸なところをピックアップすると、唐揚げの肉が平たく切り叩いてあり、柔らかいのに加えて、衣の部分がサクサクで実にいい口当たりなこと、味噌汁はキャベツと厚揚げで、その具がたくさん入っていておいしいこと、配膳がきれいで女性的なこと、などです。
 店のいいところを再発見する食事となりました。特大の塩さばやほっけの焼魚定食、きんきの煮魚定食がいずれも850円というのにもそそられました。

waiwaitei 201903

 ある土曜日、寒河江でひと仕事あったので、「大盛り食堂わいわい亭」を1年5か月ぶりに訪問。寒河江でメシを食べるのは久しぶりだな。

 牛焼き定食990円に温泉たまご40円をトッピングし、ライスを大盛り(普通と同料金)にして食べました。
 わいわい亭をなめていました。ごはんの大盛りは半端ないです。男性用茶碗(どんぶり)の2杯分だそうです。朝飯を抜いているからとは言っても、いくらなんでもこれでは多い。しかし、頼んでおいて残すわけにはいきませぬ。がんばって食べました。

 塩辛めのおかずでばくばく食べる。オリジナルのステーキソースで炒めた牛焼肉はとてもおいしく、肉の下にはもやしやピーマンも。途中から温泉たまごを落とし込んで味の変化を楽しみます。
 糸こんと肉を和えた小鉢、白菜と大根の浅漬け、豆腐とわかめの味噌汁。
 最後は皿に残った旨味たっぷりのたれをごはんにぶっかけてかっ込み、完食です。

 ああ、腹がくちい。食後はいつまでも腹が重い状態が続くことになりました。
 いい定食屋です、「わいわい亭」。寒河江では「つかさ亭」とともに定食屋の双璧を成しています。

kawashimaya 201902

 5か月ぶりの「河島屋食堂」。いい食堂で気に入っています。
 今回初挑戦のチキンミックス定食(海老イカ)900円。

 チーズ入りのチキンカツがデカい。それと、海老フライにイカフライ。チキンカツにかけた卓上のソースは野菜類のとろみがあって自家製風。甘い味付けでおいしい。タルタルソースも自家製。
 ポテトとマカロニのサラダとピンクが鮮やかな漬物。しめじ、豆腐、薄切りのじゃがいもが入ったしっかりした味噌汁。

 どこをとってもスグレモノばかりですが、これだけのおかずを前にするとごはんが足りません。150円の半ライスを追加します。
 店員さんに御飯茶碗を渡しておかわりなんて、青年時代にでも戻ったような気分です。
 腹いっぱいいただきました。
takedaya 201901

 9か月ぶりに名店へ。
 ここの手打ちラーメンがうまいのは百も承知。けれども、店で一番高いメニューの焼肉定食にもそそられます。
 手打ちラーメン専門店でごはんもの? それって天邪鬼じゃないのか?!
 でも、なんでも試してみなければナラヌと、焼肉定食880円を。

 豚コマではなく、ロースをソテーしたものが2枚とは立派。タレにたっぷり含まれているニンニクの風味がすばらしく、食欲がめちゃくちゃそそられます。
 メインに野菜炒めと千切りキャベツがセットになっています。この組み合わせを見て、個人的には泉町の「北京料理竜馬」を思い出したところ。あそこにもしばらく行っていないな。

 うまい漬物、うまい味噌汁、うまいごはん。手打ちラーメンも切り難いけれども、定食も申し分なかったです。
 次はジャージャーメンだな。ラーメン本来の汁ものへと回帰するのもいいだろうし。

minami4bancho 201901

 「山形南四番町食堂」を7か月ぶりに訪問。他店がまだ開かない時間帯などに重宝する、まいどおおきに食堂系の店。今回は休日の朝の10時半頃に入店です。

 朝食(納豆)290円。これは、ごはん、味噌汁、納豆、味付け海苔、漬物のみ。足りない向きは、棚に並んでいるおかず類をお好みで取って精算するスタイル。
 この店の白眉と思っているイカフライ、あとはサラダと、ちょっと高めかとは思いつつ煮さばの皿270円を取って、都合830円。この店としては高めの額となりました。

 ごはんの大(並と同額)をチョイスして、これらのおかず類を存分に味わいます。
 ああ、午前中から腹がくちい。