FC2ブログ
kujira 202006

 寿町の、「自家製麺 麺堂傾奇者」だった店舗でこの4月に営業を始めた「担々麺とたれ唐の店くじら」を初訪問しました。担々麺と鶏の唐揚げを二枚看板にしている店のようです。

 その両方を一度にというのは自分には無理なので、今回はたれ唐定食にしました。
 ムネかモモ、唐揚げ4個か6個が選べ、その中からモモの4個820円のボタンをぽちり。
 ランチタイムのごはんは大盛りにできるというのでそのように。

 唐揚げ4個では量的にどうかと不安でしたが、配膳されてその心配は雲散霧消。1個がとてもでかく、むしろ全部いけるかが不安になるぐらいのボリュームです。これの6個なんて絶対に無理だな。
 卓上にある5種類のタレを使ってどうぞとのことで、4個にはそれぞれ異なるタレをかけて賞味します。ヤンニンジャン、期間限定タレ、ガーリックオニオン、和風の順で。ガーリックオニオンが最もよかったかな。

 スープはおざなりではなく、ワカメとねぎがたっぷり入っていておいしい。ほかにキャベツ、ポテサラ、漬物と、どこにもぬかりなし。マンガ盛りのごはんは前日炊いて保温したものでしたが、盛り方が稠密で腹いっぱいになりました。

 改めて、もう一方の担々麺もいずれ食べてみようと思います。

スポンサーサイト



yorimichi shokudo 202005

 本町2丁目にある「そば茶屋たがま家」という店がまだ未訪なので、そこに肉そばを食べに行こうと調べてみました。すると、2019年のいつ頃からか「鳥から・肉そば よりみち食堂」という店に変わっている模様です。だったらそこに行こうか。

 11時半の開店直後に入店してメニューを見ると、肉そばに3種類から選べるミニ丼を添えたランチセットもよさそうだったけれども、「めんたいマヨ鳥から定食」というのがもっとよさげだったので、肉そばはあっさり放棄してそちらへ。

 めんたいマヨ鳥から定食、850円。
 うひゃあ、でっかい唐揚げが2個! 到底かぶりつけない大きさなので、ナイフとフォークが添えられています。それでざくりと切って口に運べば、居酒屋の唐揚げらしい生姜の効いた和風寄りのいい風味が口に広がります。サクサクとした衣の食感もいいです。
 一方めんたいマヨについては、量が少ないためにその味がそれほど広がりません。商品名に冠されているぐらいなのですから、もっとたっぷりかけてもらわないと。

 普通盛りでも全体量は十分、野菜も多く、味噌汁もうまいし、どこぞとちがって内税の850円こっきり。街なかの店舗でも駐車場が店前に3台分あるし、いいんじゃないですか、この店。
 次回もアリだな。そのときは選べるランチセットをいってみようか。

moritaya 202005

 この日の昼食はまだ10時半。最近通っている天童市中里の「茂利多屋」にて。いつでもやっているので開店時間、営業日を気にせず訪れることができるし、何と言ってもコスパがいい。

 今回はカキフライと白身魚定食570円をメインにしてそれにミニラーメン230円を付けてみました。日頃から朝食はとっていないので、昼食には早い時間帯であってもこのぐらいは軽くイケてしまう。

 まずはスープ代わりにミニラーメン。必要なトッピングがちゃんとあるし、味も合格ラインを楽々クリアしています。かっ込むには少ないけれども、スープ代わりであれば十分。
 定食は、立派なカキフライが3個。タルタルソースもたっぷり付いています。白身魚フライは例のヤツというか、中国産なのか、どこででも見かけるものですが、揚げたてなのでおいしく食べることができます。煮卵半分付き。レモン添えの生野菜のドレッシングがオリジナルっぽくてこれもよし。味噌汁は合わせ味噌だが赤味噌が強めでラーメン並みにしょっぱいのはご愛敬か。

 茂利多屋なら、800円も出せばこれだけ充実した食事をとることができます。

menya kofuku 202005

 寿町の「麺や小福 六兵衛食堂」を9年7か月ぶりに再訪しました。
 その昔「ぼんぬーる」という名のファミレスが入っていた建物。前回訪問時はこの店内で、病院から「チチキトク」の第一報となる電話連絡を受け、父はその夜逝去したのでした。そのトラウマが抜けず、またここしばらくは高齢となる母の状態も芳しいとは言えないこともあって、ずっと足が遠のいていましたが、このたび一歩踏み出してみたというわけです。

 鶏の唐揚げ定食のごはん大盛り750+100円。
 おそらくたくさんの唐揚げが出てくるのだろうから、それとともに食するメシもまたたくさん必要だろうという予想を立てたところ、図星でした。大盛り正解。しかし満腹。

 唐揚げ6個が俵状に積み重ねられた盛り付け。この店の場合、醤油ベースの油淋鶏風の「からあげのタレ」を付けて食べるのが習わしのようです。また、よかったらどうぞとマヨネーズもにゅるりと添えられています。揚げ具合、肉質、共にいいです。
 写っていませんが、唐揚げの下には素揚げのジャガイモがごろごろと3個。これも満腹を演出するのにいい仕事をしています。
 漬物の盛り付けにも細やかな気配りが感じられ、カツオ風味の効いたひじき煮もとてもおいしい。

 平日のランチタイムは大盛りがサービスとなりこれが750円で賞味できるので、かなりお得かもしれません。再度食べる機会にはとんかつソースを所望し、それをかけて食べてみたいと思います。麺類もあるので、それもいってみたいな。

mnami4bancho 202005

 ごはんの無料券が手に入ったので、7か月ぶりにまいどおおきに食堂系の「山形南四番町食堂」へ。

 セレクションと言ってはみても、ここに来たならイカフライ165円とコーンサラダ110円はたいていお盆に載せてしまうので、いつも変わり映えはしません。ここのイカフライは厚みがあり柔らかくてとてもおいしいのです。ほかには今回は肉じゃが220円。

 ごはんの大165円が無料というのは大きい。自分の場合水物は無料の緑茶で十分なので味噌汁も不要で、いつも頼まないから価格もわかりません。
 生卵を取るのを忘れたがまあいいか。その代わりにめしにサービスのふりかけをかけて食べて腹がくちくなりました。

 これが495円で済んでしまうというのがなんともスバラシイ。

bekoichi

 ご飯ものが食べられる店がいいと思い、通りがかった城西町の「やまがたべこいち」に2年8か月ぶりに入店しました。この店、ずいぶん昔からやっているよなあ。けっこうな大箱。店の雰囲気は「昭和」ですね。

 この日は土曜日だったけれども、1日10食限定だという日替わりランチ780円の設定があったので、それを。この日はチキンフライのデミグラスソース付でした。

 装飾物などをいっさい削ぎ落し、必要十分なものでまとめてみましたという感じの“ザ・定食”。外連味のないこのつくりは、店の空気感や他人の評価などにはとらわれず純粋に腹を満たそうとする者(ワタシですね)にとっては、むしろ清々しさを覚えるぐらいです。
 フライはソフトな口当たりだし、それをとんかつソースではなくデミソースで食べるあたりに心がくすぐられ、少し酸味のある漬物と、素っ気ないキャベツの千切り、これもどうぞといった具合のマカロニサラダ、飲み応えのある量の味噌汁と、いい脇役たちがあまり主張することなくそれを取り巻いています。ご飯の量も少なからず、しっくりきます。

 素朴でいい出来のランチだったなあ。これがせめて650円なら頻繁に通うところなのだけどな。

ayadori 202004

 東根市中央に2018年3月にできた「からあげバルあや鳥」を初訪問。
 3日前に食べた鶏の唐揚げ定食に納得できなかったので、ここならどうかなと期待に胸膨らませての訪問です。

 鳥の唐揚げ定食は小盛、並盛、大盛、特盛とあり、それぞれ唐揚げが3個、4個、7個、10個。1個換算が50円のようで、それぞれ600円、650円、800円、950円となります。
 4個では少ないし、7個は多い感じ。でも、足りないよりはいいだろうと大盛り800円にしました。内税というのがいいです。
 味付けは、醤油、塩、ホットチリ、ニンニクから選べるそうなので、今回は醤油で。

 うへぇ、さすがに7個は迫力モノだし、ご飯の量が始めからすごい。おかわり自由だそうだけれどもこれで十分過ぎるな。

 3日前に食べた店で納得できなかったのは、鶏肉特有の臭いがきつかったから。縁日などでフライドチキンを売る屋台から漂ってくるあの独特の臭いです。つまり、あまり新鮮ではない長期間保存している肉を使っているとこうなるのではないかと思うのですが、どうでしょうか。

 で、今回はどうだったかというと……、大合格!
 さすが鶏肉専門店、ほぼ臭みがありません。熱々揚げたての唐揚げはとてもおいしく、何個でもイケそうな感じです。(まあ、この大きさでは10個程度が限界だと思うけど。)
 小麦粉、にんにく不使用で、米油で揚げているようです。
 つや姫を使っているというごはんもいい炊き上がりです。

 近時鶏の唐揚げは多くの店で提供されるようになりましたが、それではどこで食べてもおいしいかというと、そうでもなさそうです。唐揚げが食べたくなったら店選びは慎重に行う必要がありそうですが、この店はOK店のひとつです。
 店内にもっと太陽光を取り入れて明るさを出し、ケチャップ、ソースなどの調味料がいつでも使えるようになっていれば、なおよかったと思います。

kaisenkan 202004

 ある日のランチタイム、鶏の唐揚げ定食が食べたくなったものの、唐揚げの名店の仁亭、かつMI、矢沢食堂などは最近行っているし、あたご食堂、麺や小福六兵衛は定休日で、つばさ食堂はテイクアウトのみと、なかなか名案が浮かびません。国味が健在だったなら間違いなくそこなのだけどな。
 ではまあ、海鮮系だけれども飯田西の「居酒屋海鮮館」に行って食べることにしようか。1年4か月ぶりの訪店となります。

 若鶏の唐揚げ定食880円+税=968円。
 正直言います。外税の消費税分がそのままそっくり高いです。他店比で10%割高だとかなり高い印象となります。
 唐揚げの味とボリュームは驚くほどには至っていません。やはりここでは海鮮丼などの海系を注文するべきなのかもしれません。
 しかし脇役陣はしっかりそろっており、きんぴらごぼうがうまいし、厚揚げが入った味噌汁もうまい。小さいながら茶わん蒸しも付きます。御飯茶碗の左側にある漬物の小皿が隠れてしまっています。

 ランチタイムはごはんおかわり自由なので、半膳ほど追加。コーヒー無料(セルフ)と書いてあるもののコーヒーメーカーは空でした。
 コロナの影響で正午前の客は自分だけ。飲食店にとっては辛く苦しい日々が続きます。

asunaro 202004

 外食はできるだけいろいろな店の味を試したいと思って行動していますが、ここだけは別格で、以前から頻繁に通っています。品物の質と量、価格、配膳、店の雰囲気などがいいバランスを保っているからです。

 この日のあすなろ定食810円は、キャベツと豚肉の春雨炒め、キュウリとイカのサラダ、揚げ出し豆腐。材料は肉類に偏らず、味も薄めで家庭的な料理です。

 以前よりはボリュームがだいぶ落ち着き、味付けもまろやかな方向へと変わってきたように感じますが、いちばん変わったところは調理と配膳のスピードでしょうか。スピード自慢だった大将の動きが徐々に高齢者特有のゆったりとしたものになってきているので、客が多めのときなどはけっこう待つことになります。
 大将の類い稀な手際と、奥様との阿吽の呼吸が、待っている間の見ものだったのですが、少し影を潜めてきたように思います。そうは言っても、お二人ともお元気そうで、まだまだイケるようなので、何よりです。

yazawa 202003

 鶏の唐揚げの定食を食べたいと思い、桧町「矢沢食堂」を5年7か月ぶりに訪店。3回目です。
 ここではこれまでチキン南蛮定食と味噌カツ定食を食べてきたので、今回は油淋鶏定食900円を選択してみました。

 それっ肉をたんと食え!というような設えにはなっていませんが、大根の千切りも加わった野菜がたっぷりで、かぼちゃ煮とポテサラの小鉢2種、やさしい味の味噌汁、白菜漬などが加わっていいバランスが生まれています。こういうのがあるべき定食の姿なのだろうな。
 丁寧に刻んだネギがたっぷり入った油淋鶏のタレもなかなかおいしい。
 この充実したおかずたちに普通盛りのご飯は不足気味だけど、大盛りは自重。部長・次長・課長。
 お冷代わりのウーロン茶が香りがよく妙においしい。セルフサービスのコーヒーもいただけます。

 ああ、んまかった。
 店内は昼の時間帯であっても静かなもの。密閉、密集、密接の「3密」状況からはほど遠く、ここでのコロナウィルスの感染はあるはずなし。コロナの影響で、飲食店は今どこも苦戦を強いられているようです。

ginjiro 202003

 花楯の「居酒屋銀次郎」を初訪問して、平日限定30食だという「わがままなランチ」800円を食べました。
 ランチタイムはこのメニュー1種類のみ提供しているので、席について注文しないままでしばらく待つと、お盆に載った一式がはいドウゾとオートマチックに運ばれてくるのがユニークです。

 それがこれ。肉料理、魚料理に小鉢2品。この日はかつ煮、焼き塩鮭、野菜炒めにジャーマンポテトでした。味噌汁とライスはセルフでお代わり自由。半ライスに味噌汁もう一杯をいただきました。

 ほかにサービスコーヒーも付くようで、これで税込み800円はお値打ち品でしょう。再訪確実です。
 初訪なのだけど、精算時に店のおばさんから「いつもありがとさまぁ」と言われてしまいました。どなたかと間違われたのでしょうが、ちょっとウレシイ。
 ランチタイムは11時30分から13時までのわずか90分ですのでご留意を。

ryoma 202003

 二口橋の東詰近く、泉町の「北京料理竜馬」を7年8か月ぶりに訪問しました。厨房に立つこわもての大将、少し齢をとりましたが元気そうで何よりです。(笑)

 調理は大将が一人でやっているのでけっこう待ち時間があって、肉野菜のみそ炒め定食950円が登場。
 甘じょっばい味噌味がグッド。ナスがいい仕事をしています。
 おかずの味が濃いめなので、50円増しでライスが大盛りにできる誘惑に絡めとられそうになりましたが、ここはぐっと堪えて普通盛りで我慢。食事中は物足りなくても食後の腹具合はこのほうが落ち着きます。

 価格的には高めの設定のように思いますが、価格相応もしくはそれより上の満足度が得られます。
 コロナウィルスの影響で全国的に飲食店の経営がシュリンクしている中、ここはいつもどおり流行っているように見受けました。

yukihira 202003

 南陽市赤湯、「えくぼプラザ」南側の温泉歓楽街にある定食・ラーメン店「幸ひら」を初訪問。「ゆきひら」と読み、2019年10月に店開きしたばかりです。

 油淋鶏定食780円。
 2口サイズの鶏の唐揚げが6個。揚げたてで熱々ですが、歯応えがしっかりしている感じのもので、それほどジューシーな肉ではなく、ああ鶏肉を食ったなぁと思うほどの量の多さはありません。
 また、甘辛いはずの油淋鶏特有のソースは残念ながら量が少なめで、味も薄くてインパクトに欠けます。普通の唐揚げ定食(同価格)を注文してとんかつソースをドバリとかけて食べたほうがよかったかもしれません。
 こうなると、近頃はおいしい鶏唐揚を供する店が増えているので、その中で伍して戦っていけるかどうか、少し心配です。

 夜は居酒屋もやっているようで、前夜のお通しだったのか、だいぶ煮崩れしたかぼちゃとナスと豚肉の煮物の小鉢が付きました。
 白菜と油揚げの味噌汁に十分な量のつややかなごはんは家庭的な感じがあってマル。一方、おみ漬け風の漬物は1口分しかなくさびしい。

 というように、全体としてもう一工夫しないと埋没してしまう恐れがあると思います。男性店員二人のチームワークがよさそうなので、長く店が維持できるよう奮起してがんばってほしいものです。

asunaro 202003

 山形に戻ってきて久しぶりに定食を食べるのであれば、自分の場合ここしか考えられないという「あすなろ食堂」に赴き、いつものようにあすなろ定食810円を食べる。

 この日の献立は、メンチカツ、春雨の酢の物、高野豆腐の煮物。メンチカツというけれどもこれは煮込みが強い柔らかい仕上がりで、カツというイメージからは遠いもので、はっきり言えば失敗作でしょう。大将の調理の腕にもやや高齢化の波が押し寄せているようで。(笑)
 というわけで、今回に限りみてくれはよくないけれども、やさしい味は従来どおり確かです。
 それと、前回も感じたけれども、ボリュームは全盛期と比べると大人しい感じになっています。

jintei2 201912

 つい先ごろ「定食屋仁亭」でチキンカツカレーを食べましたが、その一角にあった「和食や舷」が「定食屋仁亭2」に変わっていたので、今回初めて入ってみました。店内のつくりは「和食や舷」のときと変わりはなく、舷時代に食べたときと同じカウンターの同じ席での食事となりました。

 「仁亭」のほうでおいしそうに見え、食べたいと思っていた鶏唐揚げ定食858円。
 「仁亭2」は「仁亭」と同じものを出しているとみえて、つくりはほぼ同じ。
 身の締った良い肉質のものを使っているようです。キャベツの千切りがたっぷりなのもよろしい。
 とてもおいしくて何の問題もありませんが、ボリューム感と肉の柔らかさの面からはよりB級度の高い「かつMI」のほうが上かもしれません。肉の柔らかさでは「ごはん家愛菜」がさらにその上をいきます。どの程度の柔らかさがよいかは食べる人によって異なると思いますので、どうぞ食べ比べてみてください。
 前回の「仁亭」ではパソコンへの落とし込み時に画像を失ってしまいましたが、今回はしっかりやりました。

totoya3daime 201912

 南陽市赤湯のイオンタウン内にある「ととや三代目」は、なんと2009年の夏以来10年ぶり。ここの海のものの定食を食べてみたくなっての訪問です。

 できあいの料理をチョイスして食べるもよし、海鮮丼を食べるもよしですが、今回は数種類ある揚げ物定食メニューの中から「アジとカキフライ定食」600円+税=660円にしてみました。
 かつてあったランチタイム先着10食の日替わり定食の設定がなくなっていたのは残念です。

 揚げたてが供されるので番号札を持ってしばらく待ち、呼ばれたら自分で茶碗に好きなだけご飯をよそって食べるというシステムです。器が小さいので、自分の場合おのずとてんこ盛りになります。
 カキフライってどうしてこう美味いのだろうな。アジも肉厚でよろしい。岩海苔の浮いた味噌汁が磯の香りを漂わせているのもとてもいいと思う。
 カキフライでしっかり食べられてこの価格なら、タルタルソースがないのは惜しいけれども、大満足です。

 刺身盛りが300円とか、1皿の価格もまいどおおきに系の店よりもひとまわり安い印象。またいつか、海鮮丼やチョイスものも食べてみたいと思いました。

moritaya 201912

 天童市のR13沿い、中里の「茂利多屋」を6年3か月ぶりに再訪しました。24時間営業、無休でがんばる激安店です。

 カレーうどんも食べたかったけれども、今回はチキンカツ定食+ミニかき揚げそば、340+220円にしてみました。定食が税込みで340円! 少し前まではこれが290円で食べられました。

 定食は盛り付けが雑ですが、たった今揚がったばかりのチキンカツが4つ。厚みはないものの2口サイズで、サクサクとしておいしく、ドレッシングの生野菜が添えられています。きちんとごはんにキャベツと油揚げの味噌汁も付いて、立派なものです。
 ミニそばは、コスパを考えればレギュラーサイズの天ぷらそばでもよかったかもしれませんが、そうなると今の自分にとっては食べ過ぎになり、あとが辛くなるでしょう。

 庶民の味方のいい店です。
 メニューも豊富なので、何回かに分けて攻めてみる必要がありそうです。

takaramochi 201912

 7年9か月ぶりに天童市の「たからもち食堂」へ。
 5種ほどの定食類から豚キムチ野菜炒め定食950円をチョイスします。

 野菜炒めで950円とは少々お高いのではないかと思って待ちましたが、運ばれてきたものを見てしまえば納得せざるを得ません。メインディッシュの炒め物はわりとくったりとしていながらも立派な山型をなしており、いったいどれぐらいの野菜を使えばこうなるのだろうかと思ってしまいます。

 案の定、食べても食べてもなかなか減りません。ごはんの量は標準的なので、おかずがすごく多い状態です。でもそれほど塩辛くないいい塩梅。
 豚キムチの味がよく、白菜が多め。豚のバラ肉がいい仕事をしています。それにしてもいったい何種類の材料を使っているのでしょう。量も多いが材料の種類もすごい。
 このほかに、ドレッシングがけの生野菜、ほうれん草の胡麻和えと大根漬の小鉢2種、大根とニンジンとしめじの味噌汁が付いています。

 よく考えてみると、炒め物に入っている豚肉を除けば使用材料はすべて野菜類、きのこ類のみでした。ああそうか、自分は今、肉や魚ではなくこういうもので腹を満たしたかったのだなと、改めて気がつきました。
 大当たりの定食でした。いい食堂。今後はあまり間を空けずに訪問したいと思います。

katsumi yamagata 201912

 2か月ぶり4回目となる「とんかつかつMI山形南館店」。名店「国味」が閉店した今となっては、鶏の唐揚げ定食のカテゴリーでは市内随一ではなかろうかと思っている店です。
 前回に続いてその特製から揚げ定食のご飯大盛りに、おろし大根を添えてみました。ランチタイムは((690-100)+100+130)×税=902円でした。

 唐揚げ5個は強烈レベル。肉がふっくらしているのでなんとか全部いけます。
 ごはんは大盛りにすると、ごはん茶碗が突然巨大化することを前回学んでいます。
 唐揚げはソースをかけるので、結果としておろし大根はあまり役に立たず、143円は失敗だったと反省。

 昨晩はあまり食べず、この日の朝もそうだったのでガツンと行こうという算段でしたが、想定レベルを大きく超えるほどの満腹になりました。苦しいです。

minami4bancho2 201911

 ごはん無料券の有効期限が切れるその日に、この11月の2回目となる「山形南四番町食堂」へ。これで無料券は都合4回使わせてもらいました。
 イカフライ、切干大根、生卵に無料のごはん大を付けて451円。

 さまざまなおかず類から好きなものを選べるのがこの店のいいところなのですが、立て続けに4回通っている間のおかずの変化はほとんどありません。好きなものを厳選すればこうなるということです。
 腹を満たすという意味ではこれで十分なのですが、これでは食に対する開拓精神が感じられず、食べていてもそれほど楽しいものではありませんでした。それはすべて自分のせいなのですが。
 やはり食べ歩きは、ただ高いだけという店は絶対に避けるべきなのはもちろんですが、安ければそれでいいというものでもけっしてない、ということがよくわかりました。
 これにて「まいどおおきに食堂」系への訪問はいったん一休みとします。