FC2ブログ
ibaraki 201911

 天童市北目の「麺処いばらき」を2年10か月ぶりに再訪して、今回は味噌らぁめんの大盛り、800+100円にしてみました。

 とんこつにブシの効いた味噌スープ。これに背脂、青海苔、焦げるまで炒めたタマネギ、すりおろし生姜、新鮮な刻みネギなどが入って、旨味満点の味噌ラーメンになっています。
 たまたまだったのか、チャーシューが、ラーメンに入れるものとしては武骨過ぎるとさえ思えるほどに超肉厚でした。
 平打ちの太めのものに少し茹でを強めに充ててしなやかさも加わった麺も、なかなかに美味。大盛りの量もしっかりしています。

 食べ進んだスープの底にはほかにも各種の旨味材料がざらつくほどに入っていて、販売価格をこの程度に抑えるのは大変だろうと思われました。
 この濃厚スープならば、麺大盛りにせずに100円のライスを投入するという手もあったなと思いました。

スポンサーサイト



shimako 201910

 寒河江市高松の「らーめんしまこ」を5年4か月ぶりに再訪しました。
 カキキムチ味噌らーめん900円。平日(土曜を含む)ランチタイムは半ライスがサービスとなります。

 擂鉢のどんぶりとデカレンゲが「手打ちラーメン紅花」と同系であることを証明しています。
 この仲間たちのラーメンのよいところは、第一スープがたっぷりなのと、次に普通盛りであっても方言で言えば「腹くっつぐなる」ところ。
 スープがたっぷりであることは承知しているので、半ライスはどんぶりに投入せず、スープを掬ったデカレンゲに少しずつライスを入れて食べました。

 「カキキムチ味噌」とは食前、牡蠣とキムチが乗った味噌ラーメンだろうと推測しましたがそうではなく、牡蠣とキムチ味噌が乗った味噌ラーメンでした。
 とは言え、具材の野菜には白菜が多く入っていて、その甘さがスープに溶け出して秀逸な味わいです。
 スープがトッピングまで隠してしまう多さ。その中には小さくない牡蠣が2個、しっかり入っていました。

 普通盛りでも予想以上に満腹です。

nojiya 201909

 8か月ぶりに、深町ムーミン谷近くの「横濱家系拉麺のじ家」へ。
 のじ家では「横濱家系ラーメン」と「まぜそば」を食べており、今回が4回目。ほかにも二郎系の「のじ郎」、「豚骨魚介醤油らーめん」、「えびらーめん」、「つけ麺」、「山形辛みそらーめん」などのラインナップがあり、そのときの気分に合わせて種類が選べる魅力がありました。

 未食の中から山形辛みそらーめん750円をチョイスし、サービスの半ライスを付けてもらいました。

 この近辺で言えば「龍上海」や「有頂天」などで味わえる濃厚魚介味噌味で、けっこう麺が太いのが特徴。チャーシューのつくりもそれらの店とよく似ています。茹でキャベツが入っていい味を出しています。量は少なめかもしれません。

 自分の場合もっとも至福なのは、麺をあらかた食べ終えて残った濃厚な味噌スープにライスを全部ぶち込み、レンゲではくはくと食べるとき。ラーメンもいいが、このスープにはごはんが一番合うような気がしています。

hotaru 201909

 山辺町の「中華ほたる」を6年7か月ぶりに再訪。
 素朴だけれどもいいものをとにかく超格安で提供する店としてインプットされています。

 平日昼の得々ランチの「カレーとラーメン」650円をラーメンをグレードアップしてカレーと野菜味噌らーめんのセットをもらえないか相談してみたけれどもそれはちょっとと言われたので、少し考えて、野菜味噌らーめんの大盛り、600+100円にしてみました。

 想像どおりのやさしい味噌味に、家庭で食べるような野菜炒めたっぷりのラーメンです。
 しかし野菜にはタケノコやキクラゲなども入っているし、豚肉も他店比で多めのような気がします。また麺も、平打ちでこの店独特の見た目と風味があります。

 ずば抜けたようなところは見当たりませんが、財布にやさしく内容も実質的で、気に入りました。

kin kaminoyama 201909

 4か月ぶりに「金ちゃんラーメン上山店」へと赴いて、みそラーメンの大盛り700+100円を食べました。
 ものすごくコスパに優れた店で、味もいいので、ココ大好き。

 どうですか、このルックス。どんぶりから溢れ出そうな勢いです。
 大盛にすると麺は2玉となり、それで100円しかアップしません。
 でもって、チャーシューもメンマもコーンもワカメもネギも、すべて大盛りです。最後にふりかけられる青海苔だってこれでもかとかけられています。大サービスだよなあ。チャーシューは大きくて厚くて噛み応えのあるものが3枚だものなあ。

 レンゲは民芸調のものを使っていて、金ちゃんグループにあっては珍しいかもしれません。
 経費節減のために辛味噌は付かなくなったのかなと思ったらさにあらず、好きなだけ使ってくださいね~と言わんばかりに、卓上の容器にたっぷりと入って出番を待っているのでした。スプーンにとってスープに落とせば味がキュンと引き締まっていい具合です。

 いやはや満腹。この店はスバラシイ。

imajin 201908

 東芳賀の「麺屋居間人」を丸6年ぶりに再訪しました。この間、東久野本にあった店舗を以前「俺の中華たなか家」があった東芳賀の建物に移しています。

 店長オススメだというごっつぉら~めん930円。トッピングがとてもゴージャスです。「ごっつぉ」は「ご馳走」ですから。でもレギュラーの「濃厚みそら~めん」が780円なので、プラス150円ならこっちのほうがいいと思う。
 ふつうのチャーシューのほかに棒状の極太チャーシューが3本、1辺3cm近くもありそうな角切りのチャーシューが数個入っていて、これらは麺を掬うのに邪魔になるぐらいの存在感です。ほかに燻玉が丸まま1個、ナルト、メンマ、コーン、ネギなど。

 サンマ節を使ったこだわりのスープは濃厚味噌味。これに卓上のにんにくチップをお好みでどうぞと。コク味噌にニンニク風味が合わないはずがなく、すごくおいしい。
 麺はストレートの、これは全粒粉かな、口当たりが独特です。

 平日のランチタイムはライスがサービスになるというのでそれもいただき、麺を食べ終えたデラうまスープに投入し、コーンや端肉などの残存物とともにおいしくいただきました。満腹です。

hinata 201908

 神町西、「そば処神楽」の向かいに、今年1月にオープンした「拉麺ひなた」を初訪問。
 いちばん人気だという「味噌」780円に、これも評判だという「肉めし」270円を合わせてみました。

 この味噌ラーメン、うまい! つくっている最中からモヤシを炒めるジャーッという音とニンニクの香りが漂ってきて、食欲をそそります。
 配膳されたどんぶりを見れば、この季節としては珍しいぐらいに湯気がもうもうと上がり、おろし生姜が添えてあるあたり、マニアの心をくすぐります。
 食べてみれば、プツプツとした短めの麺とともにモヤシがそれと同量ぐらい入っていて、箸で掬うと両者が混じり合って口に入ってくる独特の食べ応え。
 コクのある味噌スープには挽肉やチャーシューの端肉が入って、いかにも北海道の味噌ラーメンだなあと思ったところ。
 店主は札幌味噌ラーメンの雄「すみれ」での修行してきた人で、なんとあの味噌ラーメンで名を馳せている「大倉食堂」のご長男なのだそうだ。ナルホド、ルーツも修行先も味噌、うまいはずだぜ。

 肉めしもスバラシイ。270円でこの充実度はなかなか得られません。うまいラーメンスープを啜りながらこちらもおいしくいただきました。
 いい店発見。ご贔屓ラーメン店のレパートリーがまた一つ増えました。

koujiya 201908

 山形市平久保の「こうじ屋」を初訪問。近くにあった「ラーメン・肉そば大将」をたたんで、今年5月に新店舗に移転するのに合わせて店名も変えたということなのでしょうか。

 うまにぼしみその小690円+セット丼250円。
 ラーメンのほうはまさにうまにぼし。このコク深いスープはアッパーグレードです。全粒粉の麺がぼそぼそとした感じで啜り甲斐があってうまい。店内表示には自家製中華麺、手打ちそばとあり、一瞬手打ちの中華麺かと思いましたが、中華麺は自家製で、店で出すそば類は手打ちだ――と読むのが正しかったでしょうか。
 大・中・小とある中から「小」を注文したのは誤りだったかと思いましたがそういうことはなく、「小」がスタンダードの量だったようです。
 セット丼は、券売機前にあるお品書きに載っていた「ミニ焼豚丼」がおいしそうだと思って添えてみたのですが、出てきたのは平皿の「焼豚めし」のほうで、看板に偽りありでこれははずれ。

 7時から朝ラーメンもやっているようです。

darumaya akane1 201908

 「だるまや」を名乗るラーメン店は山形市内に3店あって、落合の「本店」、「桜田店」、それにあかねケ丘の西バイパス沿いにあるこの「だるまや」。
 本店は経験済みで、桜田店はよくない思いをして二度と行かないと固く誓っており、このあかねヶ丘の店は初訪問となります。

 だるまやのウリはからしみそらーめんですが、辛いと舌が痺れて味がわからなくなるし、この時期は大汗をかきたくないので、穏便に辛味なしのみそらーめんとして、それに餃子ハーフセットをつけて、680+250円。

 ラーメンは想定どおりのコクのある味噌味で、麺はツルプリ系。脂身がほろほろになっているチャーシューもおいしい。ゆで卵が別皿でついてきましたが、はてこれはラーメンに付くものなのか。冷蔵されて冷たいので、熱いスープに落とし込んで中和。

darumaya akane2 201908

 実は来訪したねらいは餃子ハーフセットにあって、半ライスと焼きギョーザ3個、漬物、おかず、ふりかけがセットになって250円というのに興味を持ちました。
 おかずというのはポテトサラダで、ゆかりふりかけはご自由にというもので、けっこう価値があると思いました。

kasuga 201904

 乱川の「春日食堂」を初訪問。ここは豚のもつ煮込みがウリの食堂です。
 煮込みというものは条件反射的に、ビールやチューハイと一緒でないとなかなか食べようという気にならないもので、これまで訪問せずにいました。しかしこの日は煮込みもいいかなという気になったので。

 すんなりいけば「煮込み定食」900円でしょうが、味噌味のもつ煮込みラーメンだという「春日ラーメン」900円が目に留まったので、それを。

 食べてみればまさしく味噌仕立ての豚モツの煮込みを薄味にしたものと中華そばが合体したものに他ならないものでした。
 モツ特有の臭いはしっかりした下処理と生姜などでの匂い消しが施されたもので、誰もが食べやすいものになっています。これに卓上の七味をわらわらとふりかけていただきます。ナナメ切りの新鮮ネギがとてもいいです。

 スープが塩辛ければ半ライスを追加するつもりでしたが、レンゲで飲んでもさらりと入るぐらいの塩味だったので、それは不要でした。
 煮込みとラーメンの2つを敢えて合体させる必要があるのかとの問いに対しては、食べたばかりの今の段階では明確な答えを持ち合わせていません。

misoden 201904

 旋回は赤みそを食べた記憶があるので、今回は黒みそ900円にしました。

 前回と同様、店に入って感じるかぐわしい糀味噌の香り。味噌製造業の仕込み部屋に入ったような感じです。
 スープには竹炭入り。見た目が黒くて少し引きますが、クセがなくてわりとまろやか。うまい味噌味です。舌にピリリと来る山椒のような刺激が微かにあります。
 麺は超極太でインパクトあり。これはもう、うどんの域でしょう、茹で時間がかかるわけです。
 スジに近い部分を使っている醤油香の素晴らしい厚切りチャーシューが2枚、どんとのっかっています。
 こういうつくり、好きです。個性満点のラーメン屋と言っていいでしょう。

 うまい味噌スープを最後まで味わいたくなって、半ライス100円を追加。それを麺を食べ終えたスープにどぼりと落とし、まだたくさんあるモヤシ、チャーシューの切れ端、メンマとともにぱくぱくいただきました。
 至福ですが、かなり満腹です。

maruhiro 201903

 南陽市宮内地区の名店「まるひろ食堂」を9年10か月ぶりに再訪。
 再訪の理由は、じゃが味噌ラーメンというものを食べてみたかったからなのです。

 じゃが味噌ラーメンの大盛り、850+150円。
 配膳時のスープの色はタンメンのような半透明の薄色。あれれと思ったけれども、トッピングされた味噌(辛味噌ではありません)を自分で溶いて味わってねという趣向です。
 この味噌が秀逸で、この味を楽しみにやって来るリピーターは多いのではないかと思わせます。

 黄色が強い平打ち手もみ縮れの太麺もおいしい。大盛りの麺量は充実しており、おそらく2玉を使っています。
 待望のジャガイモは、フライドポテトと同じような棒状にカットしたものを単純に茹でたものがおそらく小1個分ぐらい。多少芯が残るぐらいの茹で方になっていて、じゃが好きの自分としてはもう少し長めの茹でだとなおうれしかったです。
 きちんとチャーシューが2枚入っており、これも豚肉らしい味わいと噛み応えがあって秀逸。ナルトも厚くて大きい。

 残ったスープは、味噌の大豆や青海苔、野菜片、豚肉などが入って最もおいしいところになっているため、これを汗をかきかきたっぷり味わって、ゴチソウサマ。
 いいラーメンに出会いました。この店ではほかにも豆乳味噌ラーメン、酒粕使用の淡雪ラーメン、サラダも付いた店オススメのまるひろ味噌ラーメンなどの変わり種もあるので、いずれまた行きたいと思います。

ohmoriya 201903

 大森の「めん処大もり家」を5年3か月ぶりに再訪しました。
 大もり家味噌らーめん+牛すじミニ丼800+180円。

 味噌ラーメンの画像をウェブで見て、これはイケルはずだと踏んでの訪問で、その予測はバッチリ的中。野菜がたっぷりで、優れておいしい味噌スープ。豚挽肉をたっぷり使っているからコクが深いです。
 麺は中太縮れ、低加水を浅茹でしたもので、これも美味。

 牛すじ丼は、味付けあっさりで塩辛さ的にはもの足りないぐらい。ならばと、スジをおかずに少しだけごはんを食べ、残った3分の2ほどは美味なる味噌スープにどぼりと投入! それをまだ残っている野菜切れや豚挽肉とともにレンゲで啜って完食。

 ご自由にドウゾのタクアンもしなしなとした田舎的な風合いがよく、高い満足感を得て店をあとにしました。
 ごちそうさまでした。

himawari matsumicho 201903

 「野菜たっぷり」との冠が付く、味噌ラーメン349円。
 安いよなあ。でも、熱くてきちんとおいしい。

 スープの味はサッポロ一番味噌ラーメンの粉末スープの味と似ています。つまりはスタンダードかつ万人受けするものですが、豚挽肉や、少量だけれども背脂を使っていいコクを加えています。
 野菜もホントにたくさん入っています。さすがにチャーシューとメンマは入りませんが。
 麺だって、よくできています。

 これで349円! これを打ち負かせる店があったら出てこい。

kahou 201903

 南陽市郡山の「らぁ麺華宝」を初訪問。
 メニューを見ると、辛みそラーメンやねぎバカラーメンがウリのよう。ということは、「ひまわりラーメン」と関係がありますね。

 みそラーメンの大盛り、750+120円。
 辛味噌をトッピングすることによって小辛800円~激辛920円となりますが、味噌ラーメンに辛味噌を入れると味噌本来の味がわからなくなるので、このごろはできるだけ入れるのを自粛しています。今回も辛味噌なしで。消化器系への刺激も少なく、そのほうがいいのかもしれないという思いもあります。

 擂鉢型の大きなどんぶりにて配膳。麺量は多く、おそらく2玉でしょう。
 奇を衒ったところはなく、見た目は地味かもしれません。麺も中細の範疇で、格別の特徴はありません。しかし、この味噌スープが極めてスグレモノだと思いました。
 塩辛さは控えめなのに、コクに関しては他店の味噌ラーメンを圧倒するものがあるように思います。味噌の熟成度が高く、大豆の粒々が底のほうに入っておりプツプツとした食感があります。なにか珍しい香辛料を使っているようで、奥の深い複雑な味も潜んでいます。豚挽肉の風味も適度に効いていて、とにかくすばらしい。
 あまりのうまさに口に運ぶレンゲが止まらず、どんぶりにたっぷりあったスープはすべて堪能させてもらいました。

 赤湯ラーメンお約束の青海苔と、ネギ、もやしのほかに、チャーシューとメンマもしっかり入っていて、トッピングにも不足はありません。
 いい味噌ラーメンに出会えたヨロコビ。こういう出会いがあるから食べ歩きはやめられません。

janjan takahata 201902

 まだ2月だというのに春のようないい天気の休日なので、置賜方面へ。
 その際に「ジャンジャンラーメン高畠店」を初訪問して味噌中華790円を食べました。
 30円増しの「ジャン味噌」にすればジャンジャンらしく挽肉とナナメに切ったネギが入ったのかな。だとしたらそちらにすべきだったかも。

 でも味噌中華だってジャンジャンらしいいい味をしています。ただ少しスープが薄味かな。もう一回り厚いコクが欲しかった気がします。
 やや黄色に振れた平打ち中太の麺が手もみされてとても美味。チャーシューは腿ですが、古風な感じの味付けがなされていてうまい。

 この店にはサイドメニューがなく、大盛り料金がメニューに記されていなかった(店内には100円増しと表示されていたことに後で気づいた)ため単品でいくことになりましたが、朝食を食べていなかったためこれでは不足です。
 よし、米沢でもう1軒だ。
kuraou 201902

 昨年蔵王成沢から移転して、以前「ほとり」が入っていた飯田の店で営業を再開した「ラーメンギョーザ蔵王」を初訪問。成沢時代も入ったことはないので、実質的にも初めてとなります。
 11時開店なのに、いつも遅刻して開ける店としてインプットされています。商売人は約束が守れなければ一次試験は落第です。

 味噌ラーメン680円。
 注文するやいなや、マニュアル口調で「餃子もいかがですか」と。いや、自分はラーメンを食べに来ていますので。
 オペ―レーションがよくなく、配膳までに要する時間は長め。
 このように、遅刻、余計な勧め、配膳遅め・・・という具合にあまりいいことが続きません。

 しかし。注文品のデキはとてもよかったです。
 何よりも味噌スープが極上。コクのある合わせ味噌にラードの風味。少し塩辛めですが、味噌ラーメンならそのぐらいがちょうどいい。
 トッピングも、海苔、もやし、チャーシュー、メンマ、コーンとひととおり。太めのモヤシがピンピンしているし、べろんとした大きさのチャーシューはローストビーフのような味わい。

 味はバッチリなので、いくつかある経営上の課題を改善していけば、選んで向かう店になると思います。
heikichi 201902

 こう寒いと、味噌ラーメンで温まりたくなるもの。どこにしようかと考えて、富の中の「平吉ラーメン」を5年9か月ぶりに訪問。
 店主の平吉オジサンはその期間に見合うほどに齢をとりましたが、寡黙でまじめな性格は変わっていない様子。お元気で何よりです。

 ここは牛ダシの中華がおいしいのだけど、それとはちがうものをと、みそラーメンの大盛り800+100円にしました。

 なかなかユニーク。生のレタスとミズナがトッピングの最上位に来ており、それに青海苔がパラパラと振られています。大きな板海苔も。
 その下にはたっぷりのモヤシ。ほかにワカメ、太めのメンマ、牛チャーシュー2枚などが入っているのですが、すっかり隠れて見えません。
 添えられた壺から辛味噌をとってスープに落とし、味に変化を与えながら食べました。

 麺量たっぷりですが、茹でが強過ぎだったのが惜しいところ。
 スープは豚挽肉でコク付けがされていながら全体としてはマイルド感が漂うおいしいもの。塩味は薄めでしょうか。おいしいので全部いただきます。
 自慢の牛チャーシューも美味。

 体が温まったし、満足のいく味噌ラーメンでした。
iemon 201901

 4年1か月ぶり3回目となる「そば処伊右ヱ門」。ここではラーメンを食べた記憶があり、今回は味噌ラーメンをいこうと思っての訪問でしたが、調べてみると味噌も一度食べているのでした。

 みそラーメンの大盛り、700+100円。価格は4年前と変わっていません。
 キャベツのざく切りがメインの野菜は、ほかにもやし、ニラ、ニンジンがごく少々。キャベツの旨味、甘みがじんわりと伝わってくるやさしい味噌味です。
 それはとてもいいのですが、それだけではコクが足りないような気がします。野菜を炒めるときに入れたわずかな豚バラ肉にコクを感じる程度です。そして、チャーシューもメンマも入っていません。
 麺は、この店でしか味わえなさそうな独特のつくり。平打ちのやや細麺を何日か寝かせたのか透明感があるもので、伸び足が早そう。茹でがはじめから強いので、大盛りでは後半がすっかりダレてしまいました。

 期待が大き過ぎたためか、食後はやや残念。
 ここは蕎麦屋ですから、やはり一度は蕎麦を食べてみるべきなのかもしれません。
yamaoka nishida 201901

 この12月に新店オープンしたばかりの「山岡家山形西田店」を初訪問。チェーン展開なのでどの店舗で食べても同じなのだろうけど、一度は行っておくべきと考えて。
 ある用向きが空振りとなりまだ午前10時半。11時まで待てばランチタイムのサービスセットが食べられるがまあいいかと、期間限定メニューの特製もやし味噌ラーメンの半ライスセット870+110円をいってみます。

 G(ガツン)系だというので普通盛りにしてみたけれども、全然ガツンではありません。配膳された小ぶりのどんぶりを見て、しょぼいなぁと思ってしまいました。これで870円かぁ・・・。
 濃厚スープに半ライスをそのまま落とし込んで食べようと考えて、体によくないことと思いつつ、麺硬めに加えて味濃いめ、脂多めでオーダー。

 うひゃあ、ぎとぎとでどろどろ。(嬉) 黒マー油と特製味噌スープが効いていておいしい。山岡家のラーメンは獣臭が強く、男っぽい食べ物だなと改めて思う。太麺もおいしい。
 しかし、量はガツンじゃなくコツンぐらいで、スープの熱さもちょっぴり足りない。カロリー的には過剰なのだろうけど。

 スープで啜るごはんのほうは最高でした。このスープと麺量には半ライスがふさわしい。
 あ。サービスセットって平日だけなのか。この日は土曜日なので、セットはなかったのだな。