FC2ブログ
yamaokaya aota 202001

 ある日の午前10時過ぎ、1年7か月ぶりに、24時間無休でがんばっている「山岡家山形青田店」へ。
 味噌ネギラーメン770円に、このオイリーでしょっぱいスープはご飯を入れて食べたらうまいのではないかと考えて、半ライス130円を添えて。

 山岡家ではいつも感じるが、普通盛りでは麺が少ない。まあそれは、ライスをたのんでいるので許せる。シャキッとしたネギがうまいし、大きい板海苔が2枚というのもすばらしい。チャーシューは角切りで、メンマは入らないのかな。
 想像どおり、しょっぱいスープ。この程度の麺量であれば、これに普通盛りのライス180円をぶち込んでも全部おいしく食べられたかもしれません。

 JAF会員優待でチャーシュー2枚か煮玉子がサービスになるようでしたが、会員証を置いてきてしまったので、今回はなしとなりました。残念。

スポンサーサイト



toranosuke 201912

 桧町の「麺屋虎之助」は5年5か月ぶり3回目。
 味噌ラーメンの大盛り800+100円。こってりの太麺をチョイスしました。

 だいぶ前のことなのですっかり忘れていましたが、ここの大盛りのどんぶりはすごく大きいものなのでした。したがって、量もすごく多い。そしてスープも惜しげもなくたっぷりなのがうれしい。

 背脂チャッチャのスープのコク、もっちりした太麺の口当たり、豚挽肉を使ったキクラゲ入りの炒めモヤシ、たっぷり入ったコーンなど、どこを取ってもスグレモノばかり。店は小さくて古いけれども、この一杯にはなかなかの価値があると思います。満腹です。

yabuichi 201912

 「そば処やぶいち」を9年2か月ぶりに再訪しました。
 前回は中華そばを食べているので、今回は味噌ラーメン880円にしました。
 12月からの冬限定メニュー。中華そば650円よりも230円も高いので、何かあるのではないかと期待して。大盛りにしたいところですが、180円増しではおのずとマインドが低下するし、千円を超えてしまうので、敬遠です。

 ラードが香ばしく、ニンニクがいい仕事をしています。野菜の量はノーマルですが、大きめにカットされたキャベツは齧ると甘くておいしい。
 ただ、この内容では価格負けしています。これにチャーシューとメンマが入っていたならOKだったでしょうが。

 ここは中華そばやもりそば以外のメニューはいずれも料金が高め。なので、中華そばを大盛りにせずに軽く食べて、足りなかったなら近くの「山椒」や「松茶庵」などの別の店でもう一杯というのがいいかもしれません。上山にはラーメン店がたくさんありますから。

onuma shokudo 201912

 西原の集落内にある、創業昭和45年と看板に誇らしく掲げる「大沼食堂」へ。7年3か月ぶりの再訪となります。最近リニューアルして、内部はきれいです。

 中華そばの大盛り、600+80円。
 この低価格で充実した内容。胡椒は運ばれてきてから手掛けしたものです。
 ここはスープがいいのだろうな。ほかのインプレッションは初訪時と同じだったので、改めて書きません。
 満足の一杯でした。味噌ラーメンも食べてみないと。

takahashiseimenjo 201912

 つけ麺が食べたいなぁと思い、イオンモール天童のフードコート内にある「高橋製麺所」を初訪問。この日は現場に着くのが昼近くになってしまい、すでに多くの客がコート内を埋めていた。こういうざわついたところで食べるのはあまり好きではない。しかし、朝食を抜いている身としては早く何かを腹に入れたいので、ここで食べてしまおう。

 つけ麺の大盛り、680+100+税=858円。
 外税分相当が高い。こうなると味玉もチャーシューも付けないシンプルなものでいくのがよさそうだと考えて。

 ぶっとい麺は全粒粉仕立てで、おいしいし口当たりもよい。これに合わせるつけだれは節粉を利かせたどろりとしたもので、この麺にはこういうまとわりつくようなものでないと麺に負けてしまう。ぞぞっと音をたてて啜り、麺の端からはそのどろりダレが頻々と飛び散る。そういう食べ方がふさわしいし、おいしい。
 フードコートの一角で食べるので、割りスープははじめからお椀に入って付いてくる仕掛け。これではせっかくの熱々が冷めてしまうのだけど、やむを得ないのだろうな。

 おいしかったけれども、この価格で、フードコートのざわつきの中で食べるのであれば、自分ならば今後はやはり他の店に行ってしまうのだろうな。

onuma restaurant 201912

 山形市唯一の百貨店の大沼の7階にある、直営レストランを初訪問。ふだんはこういうところには無縁なのだけど、高齢の母が買い物に付き合えというので渋々同行したわけです。いやはや、高齢者の買い物は時間がかかります。

 中華料理と洋食、それにラーメン、丼類などがラインナップ。まあ、ラーメンでいいか。
 特製中華そばの大盛り700+100円。
 どこが特製なのかよくわからないけれども、奇を衒うところがなく、言い方を変えれば没個性的なものでした。大盛りの量もインパクトに欠けます。

masa 201912

 山形市黒沢の「ラーメン昌(マサ)」を初訪問。かつて「たも」という店があった場所で、2019年6月オープンのようです。

 しょうゆラーメンの大盛り、650+100円。
 もち米を練り込んだ健康麺、舞茸エキスを配合したスープ――とのこと。
 トッピングには舞茸もあり、画像では見えないけれども、白髪ネギがスープに埋没しないように麺とネギの間にもう1枚チャーシューが敷かれていました。したがってネギはしゃきしゃきのままいただけます。角ばった太いメンマもいい歯応えです。
 スープは甘口で(薄味ではない)、たしかに舞茸の風味があり、この店ならではの味わいになっていると思う。麺もいいですが、ダレるのが少しだけ早いかもしれません。
 茄子の焼きびたしと漬物が付いて、ちょっぴりお得感あり。

 いずれにせよ、ここでしか味わえないいいラーメンなので、いずれ再訪して味噌にも挑戦してみたいと思います。
 難を言えば、客は終始自分一人だけなのに、一人客とみるとすぐにカウンターを使わせようとする短絡思考がこの店にもあり、その点については憂慮するところ。
 混んでいるときなら何も言うつもりはありません。平たく言えば、全部空いているときぐらいは好きなところを使わせてよ――ということです。店の都合ではなく客の立場に立って接客すべきであることは論を待ちません。

daimaru 201912

 昼食の時間帯に上山市を走っていて、そういえばここにはまだ行っていなかったなと、「大丸食堂(ドライブイン大丸)」を初訪問。一時は閉まっているのが普通のような時期もありましたが、今は火曜定休で営業が落ち着いているようです。

 店内は思いっきり昭和な雰囲気で、かなりの大箱なのに加えて席のほぼ全部が座敷席です。
 みそラーメンの大盛り、680+100円。
 おおっ、やや塩辛めだけれどもやさしい味噌味がいいです。豚バラ肉が効いている野菜炒めもいいです。
 麺量も充実。この地域のものとしては少し細めの、製麺所製でしょうか。少し茹でが強いために残念ながら後半はダレ気味になりましたが、十分にイケました。

 定食類も豊富なので、いつかはそちらのほうも食べてみたいと思います。

shimaya 201912

 南陽市の宮崎という集落にある「嶋屋食堂」を初訪問。
 集落内の需要を満たす店だろうからとそれほど大きな期待を持たずに入店しましたが、あるんですね、いい店が。(吉田類風に)

 味噌ラーメンの大盛り、750+100円。
 コクづけのラードが、あまり他では味わったことのない独特の風味を湛えています。この地域だと赤湯ラーメンの魚介系辛味噌がイメージされますが、ここのスープは味噌の旨味で食べさせるタイプです。
 平打ちの手もみ太麺がひちゃひちゃとした食感で美味。大盛りの麺量も確かなもので、空腹をしっかり抑えてくれます。
 トッピングの炒め野菜は、麺を食べるのに邪魔にならない程度の適量。キャベツ、タマネギ、モヤシ、ニンジン、ニラでできていて、タマネギがいい仕事をしていたと思います。
 2枚のチャーシューは自家製と思われ、うち1枚は厚さが1cmぐらい。噛むほどにじゅわりとしたいい味わいがありました。

 大当たり。それなのに店には客が少なく、まったりとした時間が流れていました。それも味のひとつでしょう。

kinchan nagai 201912

 「金ちゃんラーメン長井店」は6年8か月ぶり3回目。ずいぶん間が空きました。
 みそラーメンの大盛り、800円。相変わらずうまい。
 店内の客同士は顔見知りが多いようで、「よう」「あ、久しぶり」「まだ稼いでんの?」「うん、喰ってけないからな」……といったフランクな会話が飛び交います。
 高畠町から食べに来たという客は、金ちゃんの高畠と宮内はダメで、米沢はいいが、ここ長井はとてもいいと大声で話していました。
 自分もその一人ですが、他地域からわざわざ食べに来てもらえるようになれば、そのラーメン屋はホンモノでしょう。

 本当は、長井市内の不定休の某店の味の濃そうなナポリタンを狙ったのですが休み、線路の西側の定休日不明の焼きそばがウリの中華料理店はこの日が定休日、さくら中華の店もなぜか開いていず。どうしたんだ、元気がないぞ、長井市の商店街。
 金ちゃんは第4のセレクトでしたが、おじさんが話していたとおりここは間違いない店で、抑えとしては文句なし。とてもおいしくいただきました。

santa 201912

 4年11か月ぶりに、郊外菅沢の「中華そば三太」を再訪。
 味噌中華の大盛り、700+110+税=891円。
 前回ここで食べた中華そばは細縮れ麺のあっさりスープだった印象が強かったのですが、味噌の場合はまったく別物のうどんのような極太麺を使っていたのでびっくり。ですが、うどんも食べたかったのでタイミングもよく、もっちりとした弾力に舌鼓を打ちます。味噌には太麺がよく合います。
 その味噌スープは赤くて一見凶暴そうな色をしていますが、そこは味噌「中華」、表面だけが辛くて中はマイルドな味わいでした。

 外税10%は、かなりコスパを下げるし、細々した1円、5円で釣り銭が渡されるしで、いいところなし。「釣銭が不足しています」と貼り出されていて、外税は店にとってもよろしくない様子。
 庶民相手のラーメン屋ならば、メニューは内税で示すのが正しいやり方と言えるでしょう。
 もうひとつ、この店だけではないけれども、開店直後で客があまりいないのに、一人客と見ると何も考えずに暗いカウンターへと誘導するのはどうかと思う。そう言うなら従いますケド、せっかくだったら写真写りがいい明るい席に着きたいのだけどなぁ。

nakamuraya 201912

 丸2年ぶりに「ラーメン中村家」を訪問して、クセ中ワンタン麺の大盛り、780+0円を食べました。この店、大盛り無料というのがいいです。
 スタンダードの中華そばに加えて、鯛だし醤油ラーメン、揚げねぎラーメン、クセ中の4種がラインナップされていて、今回、未食のクセ中をいってみた次第。

 スープに牛ダシの風味があり、濃密、コク深でうまい。
 大盛りなので足りないということがない。
 100円増しのワンタンがたっぷりで、生姜香の漂いに優れた一面がある。
 全体の見た目がとても端正。

 そんなわけで、このラーメンを悪く言う人はそうそういないのではないかと思う。
 なかなかいいラーメンでした。

onigarashi hon 201912

 南原町の「鬼がらし本店」を5年9か月ぶりに訪問。
 ここであれば味噌ラーメンを食べるべきなのでしょうが、敢えて未食のしょうゆらーめん720円にしてみました。50円値上げしたばかり。平日の昼どきなので、ライスがサービスとなります。

 意外や、この醤油スープ、コク深くてうまいです。それは市販の調味料がなせる業のように思いますが、うまければそれでいいのでしょう。
 卓上のコショウはいくら振っても出てこず空っぽ。でもまあ、このスープならコショウなしのほうがいいかもしれません。
 正統派のチャーシュー、味のいいメンマ、とろりとした舌触りのワカメ、多めの新鮮な刻みネギ、ほうれん草も入って、トッピングも充実しています。

 このスープにご飯を落としてしまうのが惜しいような気がしたので、ごはんは別に卓上のふりかけをかけて食べました。炊き具合がいいので、それでも十分においしかったです。

 予想を上回るサプライズ。こういうことがあるから食べ歩きは楽しいのですよ。
 ここの味噌ラーメンもまた食べたくなりました。

fuku 201912

 かつて「百福亭」の隣にあった「麺や福とみ」が、赤湯の再開発通りのほうに移転して店を出したという、「らーめん福」を初訪問。
 赤湯で食べるなら辛味噌ラーメンをいくべきとも思いましたが、概ねその味は想像できるので、今回はさば節中華そばの梅しそなしとミニカレー、700+250円にしてみました。

 さば節から出た脂分と甘みが独特のおいしさをつくりだしていますが、近時のWスープのような味の複雑さや深さまではないようです。やっぱり辛味噌だったかなぁ。
 ミニカレーはほどよい量もありおいしい。

 会計時、オネーサンは1,050円也と宣言。は?!と思っていちおう「1,050円?」と確認してみたのですが、「はい」と自信満々だったので、もしかしたら値上げしたのかもしれないと思い、そのとおり支払ってきました。味噌味と間違えたのだろうな。100円ぐらいどうってことはないけれども、こちらも確認できないので、今どきレシートぐらいは発行しましょうね、店も一新したわけだし。

ohsho 201911

 ビジネスホテルのレストランでありながら優れた定食屋として膾炙している王将ビジネスホテルの「定食屋王将」へ。大好きな店なのですが、なんと3年3か月も間が空いてしまいました。5回目です。

 ここでいちばんのメニューだと思っている、下足みそラーメン(小ライス付)850円。
 このメニューに限れば6年2か月ぶり。当時の写真を見ると、50円高くなっただけで、今回と寸分も違わないように見えます。
 まずはスープを一口と思ってレンゲをぐいとどんぶりの表面に押し当てますが、レンゲが沈んでいきません。それほどに水面下にはいろいろなものがぎっしりと入っています。
 生卵か納豆を付けていいことになっているので、味噌スープに納豆1パック分を落とし込み、とろみをつけていただきました。

 天ぷらは、ゲソ、ピーマンと、今回はカボチャに代わってさつまいもでした。
 一膳分はあるライスは、天ぷらと漬物で少量食べて、その後は麺を食べ終えた味噌スープにドボン。うまさ爆発でさらさらと食べ進めましたが、食後はさすがに腹がくちくなりました。
 今どきこれだけ食べさせてもらって850円はないでしょ。加えて次回50円引きまでもらえて、腹ペコノマドにとっては垂涎の店です。
 カウンターに立つ女性店員の「いらっしゃいませー」の声がステキだったと思う。一度入店して耳をそば立ててみてはいかがでしょうか。(笑)

charmy tendo 201911

 久しぶりに「正月以外ほとんど無休」だという天童の「定食屋王将」に赴いたのですが、臨時休業デアルと。わざわざ満を持して出向いたのに何たることか。
 でもまあ、天童にもいい食事処はほかにもたくさんあります。よし、それではほぼ5年ぶりに名店「ら~めんちゃあみい」に行こう。

 山形醤油ネギらーめんに半ライスを付けて、650+50円。充実した提供内容のわりには価格が安いんだよねぇ。
 とろとろのチャーシューたっぷり、ぶっといメンマ、味玉は半分ではなく1個、大きな海苔。そして100円足して入れたたっぷりシャキシャキの白髪ネギ。
 麺もうまい。多少甘味に振れたスープも独自性があり、すきやきや山形の芋煮汁を髣髴とさせるところがあります。
 量しっかりの半ライスを50円で提供しているところもいいと思う。

 満足してごちそうさま。

yamaichi 201911

 7年4か月ぶりに「食堂山一」(「食堂やまいち」と表記されることもある)を再訪。
 2019年の春から夏頃にかけて店内を改修して再出発したようです。

 ラーメンミニカレー780円。
 ラーメンは、単品だと550円。酒井製麺の麺を使ったいわゆる「山形スタンダード」で、山形らしいラーメンが食べたい向きにはこの店はいいかもしれません。
 ミニカレーは、やや甘めの仕上がりで、業務用のレトルトカレーとは一線を画しています。
 どちらも量での勝負はしていないようで、朝食抜き人間にとっては両方食べてちょうどいい腹具合になりました。

 何といってもいちばんの驚きは、7年以上前にもらった100円引き回数券がクルマのサイドポケットに残っていたので恐る恐る出してみたところ、「使えますよ~」ということで100円引きの680円になったこと。
 このことひとつを取っても、「山一」はすばらしい店だと言っていい。

uchoten 201911

 2年3か月ぶりに、平久保の「らーめん有頂天の元祖」へ。
 今回はゲソ天を入れずにワンタンにして、ワンタンみそラーメン。これに半ライスを付けて、800+50円。
 うひょっ、どんぶりのスープがなみなみとしていて、なかなかいいじゃないか。

 食べていて感じたことを以下に羅列。
 スープはそれほど熱くはないけれども、ワンタンは激熱で唇が灼けそうだ。水、水。
 このワンタンには肉が入っていないの?
 味はいつものようにくどくて濃いんだよねぇ。
 太めの麺が弾力があってうまい。しっかり手もみしているんだろうな。
 ああそうだった、辛味噌が付くんだった。刺激か強いし、ニンニクも強いぞ。
 メンマ多っ! 箸で麺を掬えば必ずといっていいほどメンマもいっしょに持ち上がってくるぐらいだ。
 チャーシュー2枚もデカい。そしてホロホロ。
 このくどいスープにはごはんが合わないわけがなく、半ライスを追加して大正解だ。
 それにしてもこれって半ライス? ずいぶんあるのだけど。
 スープにぶち込んだライスを細かい具材とともにレンゲで掬ってサクサクと食べれば、満腹だぁ!
 かつてよりは客が減ったように感じたけど、もっと評価されていい店なんじゃないのかな。

 以上です。

marubun 201911

 「にぼD」が食べたくなって、ほぼ1年ぶりに「麺屋○文」へ。
 にぼしDX(しょうゆ)700円。これを食べるのは6年6か月ぶりになります。
 うまいんだよなぁ、これ。極太の縮れ麺はしっかりした量があり、普通盛りでも十分満腹になります。背脂入りのスープも旨味満点で、この充実度で700円とは驚きです。他店の内容、価格と対比すれば、900円前後はしてもいいものだと思います。

 この価格は6年前から変わらない価格。ただし、味玉は1/2が2個だったのが1個に変わっています。
 11時の開店めがけて行きましたが、駐車場がいっぱいで自分の車で満車になりました。この界隈にはラーメン店が多いですが、「○文」が一人勝ちしているような雰囲気がありました。

ibaraki 201911

 天童市北目の「麺処いばらき」を2年10か月ぶりに再訪して、今回は味噌らぁめんの大盛り、800+100円にしてみました。

 とんこつにブシの効いた味噌スープ。これに背脂、青海苔、焦げるまで炒めたタマネギ、すりおろし生姜、新鮮な刻みネギなどが入って、旨味満点の味噌ラーメンになっています。
 たまたまだったのか、チャーシューが、ラーメンに入れるものとしては武骨過ぎるとさえ思えるほどに超肉厚でした。
 平打ちの太めのものに少し茹でを強めに充ててしなやかさも加わった麺も、なかなかに美味。大盛りの量もしっかりしています。

 食べ進んだスープの底にはほかにも各種の旨味材料がざらつくほどに入っていて、販売価格をこの程度に抑えるのは大変だろうと思われました。
 この濃厚スープならば、麺大盛りにせずに100円のライスを投入するという手もあったなと思いました。