FC2ブログ
marubun 201911

 「にぼD」が食べたくなって、ほぼ1年ぶりに「麺屋○文」へ。
 にぼしDX(しょうゆ)700円。これを食べるのは6年6か月ぶりになります。
 うまいんだよなぁ、これ。極太の縮れ麺はしっかりした量があり、普通盛りでも十分満腹になります。背脂入りのスープも旨味満点で、この充実度で700円とは驚きです。他店の内容、価格と対比すれば、900円前後はしてもいいものだと思います。

 この価格は6年前から変わらない価格。ただし、味玉は1/2が2個だったのが1個に変わっています。
 11時の開店めがけて行きましたが、駐車場がいっぱいで自分の車で満車になりました。この界隈にはラーメン店が多いですが、「○文」が一人勝ちしているような雰囲気がありました。

スポンサーサイト



ibaraki 201911

 天童市北目の「麺処いばらき」を2年10か月ぶりに再訪して、今回は味噌らぁめんの大盛り、800+100円にしてみました。

 とんこつにブシの効いた味噌スープ。これに背脂、青海苔、焦げるまで炒めたタマネギ、すりおろし生姜、新鮮な刻みネギなどが入って、旨味満点の味噌ラーメンになっています。
 たまたまだったのか、チャーシューが、ラーメンに入れるものとしては武骨過ぎるとさえ思えるほどに超肉厚でした。
 平打ちの太めのものに少し茹でを強めに充ててしなやかさも加わった麺も、なかなかに美味。大盛りの量もしっかりしています。

 食べ進んだスープの底にはほかにも各種の旨味材料がざらつくほどに入っていて、販売価格をこの程度に抑えるのは大変だろうと思われました。
 この濃厚スープならば、麺大盛りにせずに100円のライスを投入するという手もあったなと思いました。

suzuki urushiyama 201911

 名物の鳥中華が食べたくなって、市内漆山にある「寿々喜そば屋」を4年10か月ぶりに訪問。ここの鳥中華を食べるのは7年5か月ぶりです。

 鳥中華800円。7年5か月前の画像と見比べると、トッピングのネギの量がぐんと増えたように見えます。価格も当時からわずか50円上がっているだけです。
 つゆを吸ってしんなりとなり始めたネギとともに細縮れの中華麺をわしわしと食べればこれはうまい! ネギの力は絶大です。
 和風味のつゆは、鶏肉だけではなく牛肉を使ってコク付けをして、牛蒡も効かせているので、山形地方の雑煮のつゆや名物芋煮汁の味に通じるものがあり、山形人ならばこの味に強く惹きつけられてしまうところがありそうです。

 鶏中華自体はとてもおいしいのだけど、この店のキャラの強過ぎる女将には正直言って馴染めません。田舎丸出しというか、声が大きくて、人が食べているときは静かにしてくださいという感じ。そう思っている客は案外多いのではないでしょうか。誰でも平等に配慮するべき客あしらいにも不満を覚える面があります。これらさえなければもう少し頻繁に通うのでしょうが。

shimako 201910

 寒河江市高松の「らーめんしまこ」を5年4か月ぶりに再訪しました。
 カキキムチ味噌らーめん900円。平日(土曜を含む)ランチタイムは半ライスがサービスとなります。

 擂鉢のどんぶりとデカレンゲが「手打ちラーメン紅花」と同系であることを証明しています。
 この仲間たちのラーメンのよいところは、第一スープがたっぷりなのと、次に普通盛りであっても方言で言えば「腹くっつぐなる」ところ。
 スープがたっぷりであることは承知しているので、半ライスはどんぶりに投入せず、スープを掬ったデカレンゲに少しずつライスを入れて食べました。

 「カキキムチ味噌」とは食前、牡蠣とキムチが乗った味噌ラーメンだろうと推測しましたがそうではなく、牡蠣とキムチ味噌が乗った味噌ラーメンでした。
 とは言え、具材の野菜には白菜が多く入っていて、その甘さがスープに溶け出して秀逸な味わいです。
 スープがトッピングまで隠してしまう多さ。その中には小さくない牡蠣が2個、しっかり入っていました。

 普通盛りでも予想以上に満腹です。

shironishi kinchan 201910

 あの中華そばがぜひとも食べたくなって、2年8か月ぶりに名店「城西金ちゃんラーメン」へ。
 中華そばの大盛り、660+140円。
 この中華そばに絞れば、ここで食べるのはなんと7年7か月ぶり! そんなに食べていないとは。当時のログを見ると、同じ品が580+120円だったようですが、画像は今も昔もほとんど変わらない変わらない安定感があります。

 大盛りの麺量は2玉。以前はなんの抵抗もなく食べていましたが、今回はおいしいけれどもボリュームのプレッシャーを感じました。それが7年という月日なのかもしれません。

 昼どきとあって大繁盛。それでも客あしらいが落ちることもなく、相変わらずとてもいい店です。

kagetsu arashi 201910

 7年1か月ぶりに「らあめん花月嵐山形吉原店」を再訪して、嵐げんこつラーメンにライスを添えて、720+120円を食べました。
 この店の記憶は、味が濃厚で塩辛いというものだったので、ラーメンは大盛りにせず、ライスで。背脂びっしりでしっかりニンニク風味のこのスープにライスを入れて啜ったならさぞおいしかろうということで。

 そのような入店前からの目論見はまさにドストライクで、こってりではありましたが、思っていたよりも塩辛くはなく、無理なく完食、完飲となりました。

 細ストレートの麺を啜りながら、初めて「らあめん花月嵐」で食べたのは沖縄浦添の国道58号沿いにあった店でのことだったことを思い出しました。

himawari nakayama 201910

 山形県を中心に店舗展開している「スーパーヤマザワ」のいくつかの店舗で見かける「ひまわり」。これまで「成沢店」と「松見町店」の2店舗を利用したことがあり、今回「ひまわりヤマザワ中山店」を初訪問しました。

 野菜ラーメン320円+税=消費税10%になって352円。
 食べていて麺量に不足なく、内容的にも露骨にコストカットを感じるようなところはほぼありません。
 むしろトッピングは充実していて、モヤシ、キャベツ、ニンジンを炒めた野菜がたっぷりだし、メンマも一般店よりも多いぐらいだし、チャーシューもいちおう3枚入っていました。

 贅沢を言わなければこの内容でラーメンは十分かもしれません。
 これをこの価格で出されると、独立店はたまったものではないでしょう。「幸楽苑」でさえもがビビるでしょう。

nojiya 201909

 8か月ぶりに、深町ムーミン谷近くの「横濱家系拉麺のじ家」へ。
 のじ家では「横濱家系ラーメン」と「まぜそば」を食べており、今回が4回目。ほかにも二郎系の「のじ郎」、「豚骨魚介醤油らーめん」、「えびらーめん」、「つけ麺」、「山形辛みそらーめん」などのラインナップがあり、そのときの気分に合わせて種類が選べる魅力がありました。

 未食の中から山形辛みそらーめん750円をチョイスし、サービスの半ライスを付けてもらいました。

 この近辺で言えば「龍上海」や「有頂天」などで味わえる濃厚魚介味噌味で、けっこう麺が太いのが特徴。チャーシューのつくりもそれらの店とよく似ています。茹でキャベツが入っていい味を出しています。量は少なめかもしれません。

 自分の場合もっとも至福なのは、麺をあらかた食べ終えて残った濃厚な味噌スープにライスを全部ぶち込み、レンゲではくはくと食べるとき。ラーメンもいいが、このスープにはごはんが一番合うような気がしています。

ameya 201909

 R48沿い、天童市山口の「手づくり麺の店アメヤ」を初訪問。
 WEBで見かけたここのかつ丼を食べようと思って出かけたのですが、メニューを見るとかつ丼は消えていて玉子丼と親子丼しかなくなっています。あちゃあ、ごはんものが食べたかったのだけど。
 でもここ、手づくり麺の店を謳っているので、それを試してみようか。

 ということで、ラーメンに千切りキャベツと目玉焼き、小鉢、漬物、おかわり無料のごはんが付くB定食950円にしてみました。

 太麺も選べますが、標準は細麺。その細麺、見た目は米沢ラーメンぐらいのかなり細めのものですが、独特の弾力があり、それが最後までダレずに食べられて、そのユニークさが気に入りました。
 スープもどこかに和のテイストが微妙に施されているように感じられ、麺、スープともに店としてのカスタマイズ感が高いと思いながら食べました。

 ふっくらしたごはんは、おかわりが前提となっているためかそう多くありません。ラーメン単品が650円なのでそれほどのお得感はないように思いますが、卵を2個使った目玉焼きは注文の都度焼いて供されるため、手間はかかります。

 ちなみにA定食は、目玉焼きに代えて店自慢のもつ煮込みが付いて1,050円でした。

hotaru 201909

 山辺町の「中華ほたる」を6年7か月ぶりに再訪。
 素朴だけれどもいいものをとにかく超格安で提供する店としてインプットされています。

 平日昼の得々ランチの「カレーとラーメン」650円をラーメンをグレードアップしてカレーと野菜味噌らーめんのセットをもらえないか相談してみたけれどもそれはちょっとと言われたので、少し考えて、野菜味噌らーめんの大盛り、600+100円にしてみました。

 想像どおりのやさしい味噌味に、家庭で食べるような野菜炒めたっぷりのラーメンです。
 しかし野菜にはタケノコやキクラゲなども入っているし、豚肉も他店比で多めのような気がします。また麺も、平打ちでこの店独特の見た目と風味があります。

 ずば抜けたようなところは見当たりませんが、財布にやさしく内容も実質的で、気に入りました。

kin kaminoyama 201909

 4か月ぶりに「金ちゃんラーメン上山店」へと赴いて、みそラーメンの大盛り700+100円を食べました。
 ものすごくコスパに優れた店で、味もいいので、ココ大好き。

 どうですか、このルックス。どんぶりから溢れ出そうな勢いです。
 大盛にすると麺は2玉となり、それで100円しかアップしません。
 でもって、チャーシューもメンマもコーンもワカメもネギも、すべて大盛りです。最後にふりかけられる青海苔だってこれでもかとかけられています。大サービスだよなあ。チャーシューは大きくて厚くて噛み応えのあるものが3枚だものなあ。

 レンゲは民芸調のものを使っていて、金ちゃんグループにあっては珍しいかもしれません。
 経費節減のために辛味噌は付かなくなったのかなと思ったらさにあらず、好きなだけ使ってくださいね~と言わんばかりに、卓上の容器にたっぷりと入って出番を待っているのでした。スプーンにとってスープに落とせば味がキュンと引き締まっていい具合です。

 いやはや満腹。この店はスバラシイ。

yoemontei 201908

 市内松原の「与右ェ門亭」を6年2か月ぶりに再訪しました。
 3種の味噌ラーメンがウリで、前回はそのひとつの南蛮めんを賞味しています。
 今回は同じものを避けようとそれ以外の味噌系を念頭に置きましたが、メニューに「激辛!」との記載があるのを見て急に意欲が減退。(笑)
 結局食べやすいメンマラーメン730円にしました。

 どこをとっても山形スタンダードで堅実過ぎるぐらいの中華そば。酒井製麺の麺のような気がするし、100円増しのメンマもメジャーな味わい。ワカメが添えられるあたりもつくりにソツがありません。薄切りだけれどもナルトが重なって2枚入っていたのがちょっぴりウレシイ。
 裏を返せば、この店のオリジナリティが発揮されていないとも言えるわけで、このあたりをどう判断するかで店の評価が決まってくるのでしょう。
 市場評価は悪くないようで、開店直後の時間帯から大勢の客が入っていたことを付け加えておきます。

imajin 201908

 東芳賀の「麺屋居間人」を丸6年ぶりに再訪しました。この間、東久野本にあった店舗を以前「俺の中華たなか家」があった東芳賀の建物に移しています。

 店長オススメだというごっつぉら~めん930円。トッピングがとてもゴージャスです。「ごっつぉ」は「ご馳走」ですから。でもレギュラーの「濃厚みそら~めん」が780円なので、プラス150円ならこっちのほうがいいと思う。
 ふつうのチャーシューのほかに棒状の極太チャーシューが3本、1辺3cm近くもありそうな角切りのチャーシューが数個入っていて、これらは麺を掬うのに邪魔になるぐらいの存在感です。ほかに燻玉が丸まま1個、ナルト、メンマ、コーン、ネギなど。

 サンマ節を使ったこだわりのスープは濃厚味噌味。これに卓上のにんにくチップをお好みでどうぞと。コク味噌にニンニク風味が合わないはずがなく、すごくおいしい。
 麺はストレートの、これは全粒粉かな、口当たりが独特です。

 平日のランチタイムはライスがサービスになるというのでそれもいただき、麺を食べ終えたデラうまスープに投入し、コーンや端肉などの残存物とともにおいしくいただきました。満腹です。

hinata 201908

 神町西、「そば処神楽」の向かいに、今年1月にオープンした「拉麺ひなた」を初訪問。
 いちばん人気だという「味噌」780円に、これも評判だという「肉めし」270円を合わせてみました。

 この味噌ラーメン、うまい! つくっている最中からモヤシを炒めるジャーッという音とニンニクの香りが漂ってきて、食欲をそそります。
 配膳されたどんぶりを見れば、この季節としては珍しいぐらいに湯気がもうもうと上がり、おろし生姜が添えてあるあたり、マニアの心をくすぐります。
 食べてみれば、プツプツとした短めの麺とともにモヤシがそれと同量ぐらい入っていて、箸で掬うと両者が混じり合って口に入ってくる独特の食べ応え。
 コクのある味噌スープには挽肉やチャーシューの端肉が入って、いかにも北海道の味噌ラーメンだなあと思ったところ。
 店主は札幌味噌ラーメンの雄「すみれ」での修行してきた人で、なんとあの味噌ラーメンで名を馳せている「大倉食堂」のご長男なのだそうだ。ナルホド、ルーツも修行先も味噌、うまいはずだぜ。

 肉めしもスバラシイ。270円でこの充実度はなかなか得られません。うまいラーメンスープを啜りながらこちらもおいしくいただきました。
 いい店発見。ご贔屓ラーメン店のレパートリーがまた一つ増えました。

koujiya 201908

 山形市平久保の「こうじ屋」を初訪問。近くにあった「ラーメン・肉そば大将」をたたんで、今年5月に新店舗に移転するのに合わせて店名も変えたということなのでしょうか。

 うまにぼしみその小690円+セット丼250円。
 ラーメンのほうはまさにうまにぼし。このコク深いスープはアッパーグレードです。全粒粉の麺がぼそぼそとした感じで啜り甲斐があってうまい。店内表示には自家製中華麺、手打ちそばとあり、一瞬手打ちの中華麺かと思いましたが、中華麺は自家製で、店で出すそば類は手打ちだ――と読むのが正しかったでしょうか。
 大・中・小とある中から「小」を注文したのは誤りだったかと思いましたがそういうことはなく、「小」がスタンダードの量だったようです。
 セット丼は、券売機前にあるお品書きに載っていた「ミニ焼豚丼」がおいしそうだと思って添えてみたのですが、出てきたのは平皿の「焼豚めし」のほうで、看板に偽りありでこれははずれ。

 7時から朝ラーメンもやっているようです。

konnoren abe 201908

 R13沿い、村山市駅西の「紺のれん阿部」を初訪問。
 「紺のれん」は株式会社アイビイケイという会社が展開するラーメンフランチャイズチェーン店で、全国に6店舗。女性のためのラーメン店をつくるという企画から生まれ、「和風」と「落ち着いた雰囲気」がウリなのだそうです。

 一番人気だという「ねぎ豚らーめん」820円に、平日ランチタイム限定のセットメニュー6種の中からキムチ丼セット230円を加えてみました。

 見た目はコッテリしているが、鶏ガラと数種類の野菜をじっくり仕込んだあっさり味の醤油スープと自慢の「煮豚」が絶妙にマッチ!――とのこと。
 実食では、ほぼそのとおりですが、盛り付け的にはせっかくの麺がスープを泳いでいず、底のほうでどてっと固まっていたのが減点。からしネギ、煮豚、煮卵などが一度に楽しめるトッピングの充実度の高さは美点ですが、煮豚はどこからか取り寄せた袋物であることがわかってしまうつくりなのが残念です。

 キムチ丼セットは、ごはんの上にキムチときざみ青ネギが乗ったもので、変哲なし。セットはこのほかにミニサラダと漬物。ミニサラダはフレッシュトマトの刻みタマネギ添えと女性受けしそうなものでいいのですが、漬物もキムチで、キムチがかぶってしまっているのはどうかと思います。

darumaya akane1 201908

 「だるまや」を名乗るラーメン店は山形市内に3店あって、落合の「本店」、「桜田店」、それにあかねケ丘の西バイパス沿いにあるこの「だるまや」。
 本店は経験済みで、桜田店はよくない思いをして二度と行かないと固く誓っており、このあかねヶ丘の店は初訪問となります。

 だるまやのウリはからしみそらーめんですが、辛いと舌が痺れて味がわからなくなるし、この時期は大汗をかきたくないので、穏便に辛味なしのみそらーめんとして、それに餃子ハーフセットをつけて、680+250円。

 ラーメンは想定どおりのコクのある味噌味で、麺はツルプリ系。脂身がほろほろになっているチャーシューもおいしい。ゆで卵が別皿でついてきましたが、はてこれはラーメンに付くものなのか。冷蔵されて冷たいので、熱いスープに落とし込んで中和。

darumaya akane2 201908

 実は来訪したねらいは餃子ハーフセットにあって、半ライスと焼きギョーザ3個、漬物、おかず、ふりかけがセットになって250円というのに興味を持ちました。
 おかずというのはポテトサラダで、ゆかりふりかけはご自由にというもので、けっこう価値があると思いました。

kinchan minamihara 201908

 半年ぶりに「金ちゃんラーメン南原店」へ。金ちゃん南原ではこれまで幾度となく食べているけれども、冷しラーメンは食べていなかったことに思い至って。

 冷しラーメン大盛り、600+100円。
 まずは安いことに改めて気づき、この店は家族連れの客が多いのはみんなで食べても安く上がるからだということにも気づく。

 冷たいスープで食べると、弾力のある太めの縮れ麺のおいしさが際立ち、大盛りなんのその、フィニッシュまで箸が止まりません。
 煮汁が染みたチャーシュー、繊維質のメンマ、磯の香りを加えるワカメと、名脇役も勢ぞろいして、大満足の1杯でした。

jigen 201908

 市内元木にある「次元.」を、約8年ぶりに再訪。
 暑い日だったので、念頭には冷たいものしかなく、冷やし醤油ラーメンの大盛り、680+100円をチョイス。

 ゆで卵が1個サービスとなり、それを加えていますが、消費税率が上がる10月には中止されるとのこと。サービスは今のうちですが、消費税アップはこのように具体的に庶民の生活に影響してくるわけです。
 また、トッピングの紅生姜は、炒飯用として卓上の器に入っていたものを加えています。ぐっとカラフルになります。

 おいしいことは間違いありません。けれども、ストレートの自家製中華麺はどちらかというと好みに合わず、また、いろいろ考えがあってやっているのかもしれませんが、冷し方が足りずにぬるいところもしっくりきません。さらに言えば、モダンを装う縦長逆三角錐の器も好みではありません。
 結局のところ、店のコンセプトがこちらの考え方としっくりいかないということなのでしょう。店が悪いわけではありません。

kishapoppo 201908

 中山町長崎、R112沿いの「汽車ポッポラーメン」を初訪問。ここには以前から鉄道車両があって同名で営業していたように記憶していますが、今の店は2018年4月から新たにオープンした店だとのこと。

 冷しラーメンの大盛り、750+100円。
 店の切り盛りは若い店主が一人でやっているため、だいぶ待ってからの着丼。自家製麺とのことですが、少し茹でが強めだったでしょうか。そして麺の冷し方が甘く、啜ってみると生暖かいところと冷たいところが共存していて、どうも本当ではありません。
 各パーツは悪くないと思うのですが、このなまくらな印象が尾を引いて、冷しラーメンらしい切れ味が見出せないままとなってしまった感があります。氷が入った涼しげなルックスは秀逸なのですけどねぇ。
 麺量は多いと思います。

 精算時、寒河江市新山の「ラーメンじゃんけんぽん」のスタンプカードを渡されました。ということは、ココとじゃんけんぽんは何らかの関係があるのでしょう。
 そういう目で見れば、麺のつくりや麺量の多さには共通点があるようです。