FC2ブログ
hirota 202009

 去年12月に七日町にオープンして以来、巷では人気となっている「中華蕎麦ひろた」を初訪問しました。
 何分初めてなので、貼り紙を見て店のシステムなどを学びながら、当店ダントツ人気No.1だという極中華蕎麦セットを注文しました。

 小・中・大とあり、足りないのだけは困るなと思い、「中」の1,050円をチョイス。でもこれ、明らかに選択ミス。セットは極中華蕎麦にミニライス、生卵、ジョッキ黒烏龍茶が付いたもので、麺量は小が200gで、中なら300gなのでした。300gに半ライスでは明らかに多いよね。

 極中華蕎麦は二郎系。トッピングは、角煮風に仕上げたでっかくて分厚いチャーシュー、もやし、焦がし背脂。それにあと乗せの刻みニンニクをたっぷりと。ぶっとい麺がどんぶりに稠密に入っていて、その隙間に脂で半ばドロドロ化してしまっているしょっぱいスープ。もうはじめから、これホントに全部行けんのか状態でした。

 麺をあらかた啜った段階で、店オススメの食べ方に従って、ライスの上にチャーシューを乗せ、箸を立ててよくほぐし、その上に生卵をトロ~リと落として食べ始めます。すると、ぐずくずに煮込まれたしょっぱいチャーシューがいい仕事をして、すでに満腹なのに不思議にもするすると入っていくのでした。

 この店、腹ペコ人種たちにとっては理想的なラーメン屋であることは、よくわかりました。しかしその一方で、自分ぐらいの年齢になれば、ここで「中」なんて頼んではいけないことも、十分に学びました。
 なお、食後のニンニク臭はものすごいです。

スポンサーサイト



hawotsu zairai 202009

 旅篭町にある「好吃再来(ハツザイライ)」を初めて訪問しました。中国語はよく知らないけど、「うまいねぇ、おかわり!」とでもいう意味なのでしょうか。
 お母さんが一人で切り盛りしていますが、こういう店名を付けるからには、中国出身の人なのかもしれません。

 餃子がウリの店のようで何種類かありますが、最低でも525円なのでパス。でもって、餃子に近いものとしてワンタン麺750円があったので、それを。

 優しい味の鶏ガラスープに中太の多加水ウェーブ麺を合わせるという、山形のラーメンの王道を行くつくり。中国風にアレンジしてオリジナリティを強調するということはせず、じっくりと山形のラーメンを研究し、そのレシピを忠実に再現したかのような味とつくりです。この類は白胡椒が合うんだよな。

 インパクト絶大なのはやはりワンタンで、これはもう餃子でしょと思うぐらいに餡がしっかり入っていて、皮で包まれた中身は餃子の具のようにニンニクがガツンと効いたものでした。これが5個。

 むふふ、大きな期待はしていなかったけど、ほかでは食べられないワンタンの効果は絶大で、おもしろいつくりの1杯だったと思う。

kujira 202009

 昨晩、ギャル曽根が担々麺を食べまくる番組を観ているうちに自分も食べたくなり、寿町の「担々麺とたれ唐の店くじら」を3か月ぶりに再訪しました。

 担々麺+半ライス、850+80円。
 前回は唐揚げ定食を食べているので、これでこの店の2大看板メニューをクリアしたことになります。
 白胡麻をミキサーか何かで徹底的にペースト状にしたドロリとしたスープ。なかなかいいのだけど、なぜだか胡麻の香りがギンギンに漂ってくるというほどではありません。麺は自家製のもっちりした多加水仕立てで、このあたりは山形らしいというか、元祖と異なるというか。
 当然ながら、大好きな醤油スープよりも重たい感じがします。塩分がそれほどでもないからか、ドロリがくどいからか、途中から口飽きがし始めた気がしたのは錯覚だったでしょうか。

 半ライスとは言うけれども、それを残ったスープに全部投入したところ、尋常ではない量のぽてぽてのリゾット風が出来上がりました。うん、おいしいけれども、うがすぎる(方言。多過ぎるの意)よ。
 残さず食べたら、今度は自分の腹のほうがぽってりとしてしまいました。

yabu tendo 202009

 中里の「そば処やぶ(やぶそば)」を初訪問。
 蕎麦の店とばかり思っていたのですが、ラーメン類も人気のよう。エントリーメニューとしてはラーメンでしょうが、まだ冷やしもやっていたので、冷やしラーメンの中盛、700+100円を所望しました。中盛は1.5玉、大盛は2玉で150円増しとなります。

 胡麻油の香りが効いている、想定以上にいい冷やしラーメンでした。
 大きなポイントは2つあって、まずは中華麺が珠玉でした。艶のあるいい見た目に加えて、ものすごい弾力が感じられるもので、これにはびっくり。うまいなぁ、大盛にすべきだったかな。そうは言っても、中盛でもけっこうな量があり、自分としてはこの程度の量で十分満足なのだけれど。
 もう一つは、甘く味付けされたメンマが独特。スープの味とはまったく違う味なので、いい箸休めになります。
 ぶどうの小皿が添えられて、食後もサッパリです。

 満足のいく一杯。いい店にめぐり逢えた仕合せ。
 ここの蕎麦や麦切り、味噌ラーメンなどはどうなのだろうと、興味は広がっていきます。

yamaokaya aota 202009

 ある日の昼食は、11時半に開く店を想定していたのですが、その前の用事があっという間に終わり、予定が狂ってしまう。
 それならば、今いる場所からほど近く、11時を回ったら平日ランチタイムのお得なセットメニューが選べ、JAF会員カードでトッピングがサービスされる「山岡家山形青田店」に入ってしまおう。前回訪問から8か月しか経っていないけど、まあいいんじゃない。

 しばらく券売機の前で悩んで、よくわからないので店の人に尋ねると、11時からのセットメニューが選べない状態になっていたようでした。機械の設定を直してもらって、サービスセットA770円をセレクト。
 ラーメン(醤油・味噌・塩)とミニ丼(チャーシュー丼・ねぎマヨチャーシュー丼・玉子かけご飯)からそれぞれ1種類を選ぶ仕組みで、醤油とねぎマヨチャーシュー丼をチョイス。さらにJAFカードで味玉をトッピングしました。

 濃厚な豚骨スープが獣臭を発していて、極めて美味。この味にどっぷりはまる人は多いのだろうな。ただ、この脂がちなスープでもしっかり塩味がするということは、脂質だけでなく塩分も相当多いのではないかと思われます。
 大きな海苔が3枚も付いているのは素晴らしいことだし、このスープに合わせる太麺ももっちりしていてうまい。メンマが入らないのが惜しいところ。

 通常時の醤油ラーメンの100円増しで得られるこのミニ丼もなかなかのもの。テーブル上の辛味噌をのっけてピリ辛にしておいしく食べました。

 なんだか普段の1日分以上の脂肪をこの一杯で摂取してしまったような感じ。また、塩辛さを腹のうちで薄めるべく、食後にたっぷりのお冷を飲んで、店をあとにしました。

kourakuen tendo 202009

 幸楽苑の朝メニューに目を付けていて、9時台に家を出て、このたびそれを食べに行きました。天童市のバイパス沿いにある「幸楽苑天童店」は初入店となります。

 朝粥の食べられるところなんて山形県内にはそうないので、ぜひそれをということで、お粥セットC、600円を所望。「C」は最も上のグレードで、ハーフお粥、おひたし、しじみ入り醤油らーめんのセットです。今なら朝定食を注文すると月見玉子が1個無料サービスされます。おひたし皿は、小松菜とメンマ。

 ラーメンから食べ始めたところ、あさりの滋味深い味のスープが特筆モノ。朝の胃の腑にしみじみと染み渡ります。これがいちばんのインパクトだったかな。
 粥のほうは、熱々になっていず、本場台湾あたりのようにハフハフしながらというわけにはいきませんが、胡麻油のいい香りが鼻腔をくすぐり食欲を刺激します。これに途中からサービスの月見玉子と小皿のおひたしを投入して食べれば、レンゲを持つ手が止まりません。

 朝からとてもいいものをいただきました。ごっつぁんです。

takedasoba 202009

 長谷堂の集落内にひっそりと佇む「たけだ(武田)そば屋」に、実に9年余ぶりに行ってきました。9年前はこの店内で夏の高校野球の決勝をテレビで見ていたことをよく覚えています。

 冷やしラーメンの大盛り、今どき500+50円はびっくり価格でしょ。
 あっさりした鶏ガラスープにパンチを加えるラー油あとがけスタイル。これにさらにホワイトペッパーをざらざらとかけて。
 麺はそれほど加水率が高くなさそうなぽそぽそとした感じのもの。この麺があまり大きくないどんぶりにたくさん入っていて、啜っているうちに腹が冷えてくるぐらい。

 店内に立って順番待ちをしていた自分と同年代と思われるおじさんは、ココか、平清水の店(「八幡屋」のことだと思う)の中華しか最近は食べに行かなくなった、大盛りはもういらなくなったと同僚と話をしていましたが、それはまたずいぶん可哀そうなことです。こちらのおじさん(私デスネ)ときたら幸せなもので、ココのみならずどこのラーメンでも大概おいしく受け入れられるし、大盛りなんてまだまだへっちゃらです。

 冷やしラーメンもおいしかったが、ここならやはり熱いほうの中華そばがもっとうまいだろう。価格も素晴らしいので、また来ましょう。

takedaya 202009

 ここの冷やしラーメンも食べてみる必要があるだろうと、好きなラーメン店の一つ、香澄町の「竹田家手打ラーメン店」を1年半ぶりに訪問しました。

 冷やしラーメンの大盛り、650+100円。
 漬物の小皿とともに辛味噌の壺も運ばれてきて、お好みでこれを入れて食べてくださいとのこと。それではと、多めのホワイトペッパーとともにこの辛味噌を添えて食べてみます。わりとあっさりしたスープなので、多少の刺激が加わって、なかなかいいかもしれません。
 この店の強いオリジナリティを感じる少しくすんだ色をしたやや細の手もみ麺がうまい。でもやはり、熱いスープのほうにこの麺は合っているかな。

 おいしかった。
 まだ残暑は続いていますが、そろそろ冷やしラーメンの季節は終わりに近づいています。

onigarashi honten 202009

 鬼がらしの辛味噌ラーメンの冷やしバージョンというのはどうだろうかと閃いて、9か月ぶりに南原町の「鬼がらし本店」を訪れました。
 各種冷やし系は9月30日まで提供していて、冷しみそらーめん850円を中辛にて。また、平日ランチタイムはライスが無料なので、それも。

 かなりしょっぱいスープ。それを多少なりともごまかそうと、卓上のラー油を垂らしかけて啜り始めます。麺はストレートの細麺。ほう、冷やしだと細麺になるんだ。
 トッピングの具材が秀逸。角切りチャーシューがごろごろと入って、味玉、メンマ、ワカメ、ネギ。冷やしを演出するものとして、刻んだ山芋、紅生姜、刻みきゅうりなども入っています。とろりとした山芋がいい仕事をしていました。

 サービスのライスは、ケチることなくたっぷり一膳分に漬物添え。氷の入った冷たいスープに温かいご飯を落とし込むのは抵抗があったので、はじめは卓上のふりかけを使って、その後はしょっぱいスープと交互に食べました。

 なかなかいい腹具合になり、十分に満足して退店しました。

kikanbou 202009

 ほぼ2年ぶりとなる、浜崎の「麺やダイニングきかん棒」へ。
 2年前は、ジャージャー麺が食べたくて入店したのに、提供終了したと言われてやむなく油そばを食べたと記憶しています。
 そして今回は、冷やしラーメンがあるはずなのでそれを狙ったところ、またもや終了しましたと。ふーん、ここと自分の相性って、せいぜいそんなところのようだねえ。
 で、冷房も効いていたのでがらりと趣向を変えて、味噌らーめん850円を注文しました。平日の昼どきは大盛りをサービスできるというので、そのように。

 おお、辛味噌も付いて、見た目はほとんど赤湯辛味噌ラーメンだ。トッピングかたくさんあっておいしそうだ。垂涎のルックスに卓上の七味と摺りおろしにんにくをはじめから投入して、わしわしと食べ始めます。
 中太麺と言っていたけれども、これは極太の範疇でしょう。全粒粉の縮れ麺で、これはうまい。大盛りなので麺量も豊かで食べ応えがあります。

 久しぶりに熱い味噌ラーメンを汗をかきかき食べましたが、うん、想像していた以上においしかったナ。ここではこれまでにつけめん、油そば、味噌ときているので、次の機会にはノーマルの中華そばを試してみようと思う。

hokkai 202009

 今年6月に市内本町から移転オープンした鳥居ケ丘の「お食事処北海」を、遅ればせながら初訪問しました。旧「国味」の店舗を改装した店で、入店すると国味時代のカウンターの一部がそのまま使われていて、このカウンターでいったい何回唐揚げ定食を食べただろうと懐かしい。

 9月に入っても冷やしラーメンがまだ健在だったので、冷やしラーメン大盛り870円をチョイス。普通盛りの90円増しです。
 麺は太めで多加水のもちっとしたもので、ほかでは食べられない独特感があります。これ、すげぇうまい。特に冷やしで食べるとその特徴が際立つような気がします。ボリュームも満点で、量に不足感なしです。
 これに卓上のブラックペッパーを。穴が大きくて胡椒がザバザバと出てくるのがケチ臭くなくていい。さらに卓上のラー油を使えば、付いているスプーンが大きめでたっぷりとかけられるのもよい。なんなら酢も、辛味噌も備わっているので、それらを使って自在にカスタマイズできます。

 いい麺をたっぷり食べられる仕合せ。相変わらずいい仕事していますねぇ、「北海」は。
 さて次回は何を食べようかと、今から楽しみです。

honwaka 202009

 若宮の「麺屋ほんわか」を8年5か月ぶりに再訪しました。
 だいぶ間が空いたのは、開店時間が11時半だから。朝食を食べないヒトなので、仕事を辞めてからは店の開き始める11時頃からブランチをとると決めているのです。それと、大きくない店のわりに結構客が多いから。流行っているのは喜ばしいことですが、混雑は好きではないので。

 冷やしラーメンを狙って入ったのに、それは8月末で終わったとのこと。むぅ、残念。そうであればつけめんだな。麺量1.5玉(つゆものは1.3玉)の「中盛」にして、750+100円。

 久々に食べるほんわかの麺は秀逸の一言。極太の縮れ麺で、ぷりぷりとした食感がとてもよい。注文時、大盛りの2玉(200円増し)にするべきか迷いましたが、この引き締まった麺であれば1.5玉でも十分にずっしりと腹にきました。
 柔らかくて分厚いチャーシューも素敵。辛味噌はスープに溶かさずに時々箸でつまんで味わいます。
 食後に割りスープを頼むと、器には新たに熱いスープにわかめと茹でもやしが追加され、これもおいしい。つい全部飲んでしまい、その後にたっぷりと汗をかくことになりました。

 ああうまかった。今度はあまり間を置かずにまた来ようっと。

orenochuka honten 202008

 贔屓にしている店の一つ、嶋北の「俺の中華たなか家本店」を4か月ぶりに訪問して、未食の冷やしラーメンの大盛り780+100円を食べました。

 相変わらずいいラーメンを提供しています。評価すべき点がたくさんあり過ぎるので、以下に箇条書きにします。

 香りが飛んでいない新鮮な刻み海苔。
 細胞が壊れないようにとの配慮がいい白髪風のネギの刻み方で、ネギがピンピンしている。
 スープには刻んだ大葉もあしらわれていて、冷やしにぴったりの爽やかさを添えている。
 全粒粉を使ったエッジの効いた麺がうまいのなんの。
 そのままでも十分においしい濃口のスープに辣油をたらせば、ぐっと味が引き締まってこれまたうまし。
 普通盛り200gが大盛りだと300gになって、たっぷりの麺量。おいしい麺なのでぜひこのぐらいは食べたい。
 つくり手の配慮が行き届いているメンマ、チャーシュー、煮卵などの質の高いトッピングが惜しげなく投入されている。
 それでいて価格は他店並みに抑えられている。

 ――ということで、「冷やし」であっても申し分ないんじゃないですか、ここのラーメンは。

darumaya honten 202008

 5年7か月ぶりに落合町の「元祖からしみそラーメンだるまや本店」を再訪しました。
 8月いっぱいまでの冷しらーめん(みそ)の大盛り820+100円。
 味噌ラーメンのだるまやらしく、味噌味の冷やしラーメンがあるのです。

 華やかなルックスにて登場。メンマザクザクに茹でもやしがたっぷり。ほかにチャーシュー、コーン、わかめ、ゆで卵、トマト、キュウリ、紅生姜、青海苔、白胡麻などがたくさんトッピングされています。
 中太とまではいかないやや細めの麺を使っていますが、冷やしであればむしろ、スープを多めに持ち上げてくれるやや細のこういう麺が合うのかもしれません。大盛りの麺量は十分です。
 少し酸味を加えた味噌スープもいい塩梅で、啜っていくにつれて底のほうから味噌かすが見え始め、それを口にすればそれもまたおいしいのでした。

 うまいし、満腹。値打ちのある冷やしラーメンでした。

suzuki shoten 202008

 七日町での用事があったので、市役所近くのラーメン店「鈴木商店」を初訪問。
 2019年10月開店のニューカマーで、煮干系のラーメンを得意としているようです。
 この店舗に入っていたラーメン店は多く、遡ると、「鈴木商店」になる前は「一福堂」、その前は「萬福臨」、さらに前は「待月(たいげつ)」でした。「一福堂」には入らずじまいになってしまいましたが、その前の2店では何回か食べています。
 かなり古い話になりますが、「待月」時代は店の前を歩くだけで濃厚かつ強烈なとんこつの煮出しの匂いがいやでもしてきたものでした。懐かしいなぁ。
 「萬福臨」の店主はわが高校のOBだったらしく、XO醤の入ったラーメンを出すなど一風変わっていたけれども、われわれ後輩には優しかったと記憶しています。

 メニュー左上のメインは「煮干しそば」700円ですが、夏の暑い時期なので汁物を避けて、煮干まぜそばのめん大盛(70g増し)、700+100円をいきました。

 名前のとおりブシブシとした味わい。麺は市内の老舗製麺所と何度も試作を重ねてこだわりぬいた特注品なのだそう。肉の赤みが残る柔らかいチャーシューは低温調理したものと一目でわかるもの。これとは別に角切りのチャーシューが入っていて、これには炙りが入っていました。

 量的には、70g加わって計250gになった大盛りが適量でしょう。この上に特盛120g増し(計300g)があります。

himawari narisawa 202008

 先月に続いて「ひまわりヤマザワ成沢店」で昼食。
 少し前に入った「ひまわりヤマザワ富の中店」では、冷やしラーメン、冷やし中華のほかに「冷やしサラダうどん」というものがあったので、それが食べたいと思っての訪問でしたが、成沢店は冷たい系は冷やしラーメンしかありませんでした。
 そこで、少し考えてラーメンミニカレーセット462円をチョイス。

 ひまわりのラーメンもカレーも経験済みなので、なんだか平凡なメニューを選んでしまったことを反省することしきり。なので、その内容については改めて記しませんが、やはりこのセットが462円で食べられることは特筆しておかなければなりません。

matsuya ynzw 202008

 米沢市窪田の国道沿いにある「まつや」は、意外や、初訪問となります。牛丼チェーンの「松屋」ではありません。
 だいぶ前に米沢で2年間勤務していたことがあり、通勤時に頻繁に店の前を通っていたのですが、駐車場が小さい上に交通量の多い旧国道に面しているので停めにくく、結果これまで入れないでいたのでした。

 冷やし中華の大盛り900円。
 入店してすぐに、メニューに目を通さずに「冷やしラーメンの大盛り」と注文したのですが、運ばれてきたのは「冷やし中華」。あれれと思ってメニューで確認すると、「冷やし中華800円」と「冷たいらーめん750円」とがあり、店のおじさんは「冷やし……」のイメージが先行したとみえて、冷やし中華になったものと思われます。
 この季節、熱いものが来たなら考え込んでしまいますが、冷やしラーメンが冷やし中華になったぐらいならべつにかまいません。山形市の店では、冷たいラーメンのことを冷やしラーメンっていうんだけどな。

 県内どこでも食べられる冷やし中華ですが、米沢で食べればその麺は当然米沢ラーメンになります。細麺手もみのちぢれで、これが冷やし中華の酸味のあるタレをよく掬い上げてくれるので、なかなかにおいしい。あとがけされた胡麻油の香りが効いていて、食欲がそそられます。

 芥子はちょびっとだけ皿になすり付けるのでは足りず、チューブごと出してほしい。また、たくさんほしい紅生姜も少なめ。薬味方面にはうるさい客なんです、ボク。
 このあたりに多少の不満はありますが、全体としては満足のいく味と量でした。

nomugi 202008

 浜崎の「のむぎ」を8年8か月ぶりに再訪しました。
 つけ麺味噌味(2玉)890円。参考までに書くと、1玉なら750円、1.5玉なら820円です。

 つけだれがほぼ普通のラーメンどんぶりで登場。それにはたくさんの豚挽肉や炒め野菜、筋の通ったメンマなどが入っていて、つまりはコク深い「味噌ラーメン」のスープの出汁スープを少し減らしてしょっぱめにしたもののようで、味噌ラーメンの麺だけ別皿といったつくりになっていました。
 麺へのこだわりはそれほど感じませんが、このつけだれがやたらとおいしい。おいしいのでたっぷりの麺がするすると胃の腑に収まっていきます。

 前回は肉そばの大盛りを食べて「大盛りといってもココはたいした量ではありません」と書いていたので、つけ麺だったら2玉でもすんなりいくのではないかと思って注文しましたが、か・な・り満腹に。9年近くも経てば、胃の大きさや体の代謝量は大きく変わるわけで、過去ログをそのまま適用してはいけないことがわかりました。
 次回は2玉はやめて、1.5玉でいきたいと思う。

monzentsukumo shiten 202008

 2年8か月ぶり3度目となる、富の中の「門前つくも支店」。
 冷やしラーメンの大盛り、850+100円。
 中盛50円、大盛100円とあるので、大盛の量を大将に尋ねると、ふつうが200gで大盛りが300gというので、大盛りに。

 ラーメンのレギュラー具材にトマト、きゅうり、天かすが加わって、なかなかいい感じ。
 ラーメンにしては薄味のスープ。このところラーメンスープの塩辛さにやられて、食後にお冷をがぶ飲みすることが多かったのですが、この店の場合そういうことにはなりません。
 いつも思うけど、ここの中華麺には透明感があり、独特の弾力があるもの。すこし寝かせてから使っているのだろうと思われます。
 けっこうな量があり、なかなかおいしかったと思う。

 ここは蕎麦屋が本業なので、いずれ蕎麦も食べてみたいと思ったところ。加えて、野菜カレーラーメンという変わり種や、かつ丼などの丼物にも惹かれるものがあります。

songoku bunten 202008

 2年3か月ぶりに荒楯町の「孫悟空分店」を訪って、冷やしラーメン(鶏中華)の大盛り750+100円を、JAF会員優待50円割引にて。
 冷やし系は少々時間がかかるということで、20分近く待ったでしょうか。

 なかなかいいんじゃないですか。ボリュームがあり、ルックスもよく、具材が豊富で麺がプリプリしていて、おいしい。
 カッコつきで「鶏中華」と書いてあったので、いわゆる冷やし肉そばの中華麺バージョンかと思ったらさにあらず。チャーシューこそ親鳥肉に替わっていましたが、それがこんなに多くトッピングしていいの?と思うぐらいにたくさん載っています。スープが見えません。
 肉以外のつくりはスープの味も含めてほぼ山形の冷やしラーメンです。きゅうりと茹でもやしが入って涼やかです。

 これは「当たり」だったな。満足度を尺度にすれば、850円の価格以上の値打ちがあると思いました。