FC2ブログ
marugo 202007

 長旅から戻り、山形の蕎麦が食べたい一心で、11か月ぶりに「そばのまるごまるご」へ赴く。
 もり天800円。変わらずにいい仕事をしています。まるごそばと言えばゴリゴリのゲソ天のイメージがあるのだけど、この日はたまたまなのか、衣がわりとサクサクのスレンダーなおみ足で、あれっ!という感じ。

 そのほかはいつもと変わらず。周辺からはズバズバと蕎麦を啜る音が聞こえてきて、蕎麦屋とは琴の音色のBGMなど流さずこういうところであるべきなのだよナと一人納得するのでした。
 コアなファンが多く、開店直後からいそいそと食べにやって来る男性一人客が多い様子。まあ、自分もその一人なわけなのだけど。(笑)
 山形の蕎麦はサイコーです♪

スポンサーサイト



kobuhara 202007

 「こぶ原」を4か月ぶりに訪問。
 しばらく山形を離れて四国方面に行っていて、外から戻ったときはいつも山形の蕎麦が食べたくなるものなのです。
 たまたまこの日と翌日の2日間は“開店3周年セール”と題していつもは700円する肉そばがトッピング付き、大盛り無料で500円にて提供される日でした。もりそばにゲソ天を付けて食べることばかりをイメージしていましたが、この日は肉そばオンリーだとのこと。

 肉そば、おろしトッピングの大盛り、500円!
 このボリュームは山形ならでは。鶏脂が入った甘じょっぱいつゆで食べる山形の肉そばは天下一品です。一味唐辛子をばばっとかけてずるずる。タマランなぁ。

souten 202006

 車旅の帰り、兵庫県からのロングドライブの途中に旅の最後の夕食をと、南陽市宮内の「中国料理蒼天」に立ち寄りました。初訪問です。
 中国人と見えてカタコト日本語の奥さん。ひょっとしてここは台湾系?と感じつつも、それらの店にありがちなセットもの中心ではなく、ワングレード上を行くような店です。したがって、定食類の価格はちょっぴり高め。

 什綿炒麺(五目あんかけ焼きそば、スープ付)850円。旅の間中いつかは食べたいと思っていた五目焼きそばでしたが、ここにきてようやくありつけました。
 この餡のつやつやがたまりません。薄く衣のついた豚肉のほかにエビやイカなどの魚介類も入って上質。あ、うずらの玉子は入っていないな。
 味はいいのですが、麺、餡ともにややボリュームにかけるかもしれません。

sobakuitei 202006

 七日町の「そばくい亭」を明るい時間帯に訪れるのは初めてのことです。ここには過去に2回、さんざ飲んだ後のシメに蕎麦を啜りに来たことと、焼酎の蕎麦湯割りが飲めるというのでここから飲み始めたことがありました。

 ランチタイムはゲソ天がサービスになるというので、もりそばの大盛り、750+200円を注文。
 食べ過ぎが続いているので普通盛りにすべきなんだよナと思いながら待ちましたが、配膳されたものを見て落胆しました。
 これで大盛り?!と言いたくなるような盛り具合で、しかも細打ちじゃんよ。ここは東京じゃなく山形なんだからさぁ、こんなんで満足する大盛り注文者なんているわけないじゃん。……と、つい言葉づかいが横柄になってシマッタ。
 サービスなので文句は言えませんが、ゲソ天も極細の2本足のちっちぇーのが2つだけで、皿が大きく見えます。漬物も薄いキュウリの浅漬け2枚としょぼいです。

 つゆの味と蕎麦湯のとろみはよかったですが、「そばのまるごまるご」と比べてみればそこの普通盛りよりも少なく、ゲソなんて5分の1もないぐらいの量で、もちろん卵などつきません。それなのに、価格はずっと高い。これでは……。
 サービスらしいコーヒーも飲む気が起きず、満たされない思いで落胆しながら退店。その時点でもうすでに、「まるご」、「こぶ原」、「愛庵」あたりでそばをたらふく食べたい気分になっています。

yamagatanoniku 202005

 富の中にある「山形一寸亭」直営店の「山形の肉そば屋」を、実に10年5か月ぶりに入店しました。
 肉そばと言えば、別に手打ちではない機械打ちであっても、太くて黒い田舎蕎麦のほうがお似合いだと思うようになっているので、お上品な細打ちのこの店からはどうしても足が遠のいてしまうのでした。
 また、価格的にも微妙に高めだし、加えて今回感じてしまったのは、店員(若い男性)の接客姿勢に心の中が滲み出ていたこと。ああこの人は客を客と思っていず、提供者のほうが立場が上だと考えているのだな。いろんな店で働く人を見ているので、そういうことはすぐにわかってしまいます。

 肉そば(冷)の大盛り895円。
 大盛りが175円高という半端な値のつけ方も好きになれません。
 鶏油少なめのあっさり系で味は良し。親鳥の肉は柔らかめで食べやすい。卓上の七味も量販モノではない風味の高いもので良し。

 いいもの出しているんだけどなぁ。
 けれども上記のような諸事情により、自分が肉そばを食べるときは別の店を選ぶことになるでしょう。
 それでもなぜか順番待ちが出るほど混んでいるんだよなぁ。

kashiwaya 202005

 蔵王成沢の旧13号沿いにある、昼うどん店、夜居酒屋の「かしわや」を初訪問。前から入ってみたかった全12席の小さな店ですが、12時開店なので、仕事を持っていた時分にはハードルが高かったのでした。

 この日一人目の客となって、醤油うどん550円を所望。
 はじめに甘酢仕立て、柚子胡椒付きの冷奴が供され、店主に初めてかと訊かれます。そうだと答えると、店の流儀や食べ方についていろいろと丁寧に教えてくれるのがおもしろい。豆腐を食べて茹で上がるまで待っていてねということなのだろうけど、写真を撮る都合があるので食べずにじっと我慢です。

 蒲鉾の上の生姜の脇に柚子胡椒を載せて、生醤油を3周ぐらい回しかけて食べるのがうまいのだとのことなので、そのように。
 極太の全粒粉のうどんは、練りが稠密で重量感があり、抜群の弾力性も併せ持っています。これがおいしくないはずはありません。これはかなり研究されたいいうどんです。

 食後、満足して麦茶を飲んでいると、店主がどうでした?と。素直にうどんを褒めると、玉うどんの1.5倍の量があり、しっかりしたつくりにしているので使用する小麦粉の量で言えば2倍ぐらいなので、腹持ちはかなりいいはずだとのこと。大盛りは200円増しでこの倍の量になり、多くの客はそれをぺろりと平らげているというのですが、それってつまり4食分でしょ? それは自分にとっては多すぎるかもしれません。

 この日初入店した店でも大きな成果がありました。

yakushi 202005

 かつて薬師町の護国神社入り口付近にあった店でしたが、2014年頃に青柳の集落内に移転しました。移転してから今回初めて行ってみました。
 ふつうの民家を利用した店構えになっていますが、以前と同様にそば食べ放題(30分1,100円)もやっていて、お高くとまらず庶民的な経営スタイルなのがうれしい。
 「そばセット」(たぬきそば+まぐろ丼)と「や久志セット」(かけそば+小えびのかき揚げ丼)がいずれも850円での提供となっていて、これらがお得。さらに、8、9、4の付く日は50円引きとなります。

 この日は「8」が付いていたので、そばセットの「冷」を800円にて。
 機械打ちと思われる黒めの蕎麦に甘めのつゆ。七味をかけて啜り始めれば、天かすがショリショリしていておいしい。
 まぐろ丼もおいしいけれども、ごはんの量から判断すれば添え物の域にとどまっているようです。
 これらに冷奴が付いていました。メニューの写真には載っていたお新香はありませんでした。

 セットとしては軽めでしょうが、このぐらいだと腹にはやさしいようです。
 会計時には2週間ほど有効の100円割引券をもらいましたが、自分の場合そうすぐには再訪しないタイプなので、使わないで終わるでしょう。
 街場から離れたこの店に客の足を運ばせるにはもう一工夫欲しいかもしれません。や久志セットを食べた前回7年前の記事を見ると、やはり同じことを感じていたようです。

kobo raku 202005

 蟹沢の「手作りうどん工房楽」を初訪問。
 駐車スペースに流れる音楽を聴きながら入店すると大将が出てきて、いきなり「お茶は熱いの?冷たいの?」と訊いてきます。冷たいのを所望して着席すると、「マスク付けでっからわがんねけど、初めて?」「リンゴを入れた餃子つくったけど食べる?」「わらび食べね?」と矢継ぎ早に。はい初めてです。いずれもいただきます。
 この界隈では珍しいイカすみうどん800円を注文。うどんと中華麺には紅花を練りこんでいるのだそう。餃子もわらびもうまい。

 料理を運んできた大将は食べている間も近くに座り込んで話しかけてきます。いわく、店を始めてから9年、その前は会社員、趣味で打っていたうどんを谷村新司に送ったら絶賛されてやめるわけにはいかなくなった、スマホで調べて遠くから来てくれる客もいる、オーディオ系も趣味、69歳になりアンプが重くて持てなくなった、割引券をあげるから次回から100円引き、イカ墨は北米産、イカ自体はとても柔らかい、ウチは組合に入っていないから5月もずっと営業してきた、組合員は全部休みでまだ休んでいるところも多い……などなど。とても話好きなんだな。昼前のこの時間、客は当方一人だしね。
 本来しゃべらずに一人で食べたいほうではあるのだけど、まあこうして話をしながら食べるのもたまには悪くありません。そのかわり、いつものようにじっくり味わえる雰囲気ではなくなります。

 食後にコーヒーまでいただいて満足。大将は3回行けば顔を覚えてくれるそうですが、さて、どうしようかな。(笑) いちおう割引券は保管しておこう。

nitani 202005

 久保田にある蕎麦屋「二谷」を初訪問。あまり通ることのない道沿いにあるので、ここに蕎麦屋が存在することすら少し前まで知りませんでした。

 11時15分入店。この日の最初の客となって、もり天げその大盛り、850+150円を注文しました。
 手打ちの細打ち。きりりと冷やされている上にしっかりと水切りされ、細いのにコシが感じられる堅めな食感でなかなかに美味。とてもいい蕎麦だと思う。
 青菜をひたひたに煮たものの小鉢。足の数にして5本のゲソ天は揚げたてでショリリのもっちり。薬味は白ネギではなく細い青ネギ、ワサビはきちんと辛いやつ。後半は卓上の一味を振ってみましたが、これもしっかり辛いものでした。

 そば湯は猪口に3杯分。茹で回数の少ないうちなのでまだ透明でした。とろりとした蕎麦湯が好きなので惜しい。
 予想した以上に出来のいい蕎麦でした。おいしいので食べ進みますから、もう少し量があれば文句なしです。

ikkyuan 202004

 下条町の「一休庵」を1年3か月ぶりに訪店。
 ここではいつも肉そばを食べているので、今回はもりそばの大盛りにゲソ天を付けて、650+150+300=1,100円。

 機械打ちの蕎麦ですが、黒々としていて口当たりは滑らか。青い大皿に盛られた蕎麦はすごい量で驚くけれども、おいしいのでするすると食べてしまいます。薬味のネギとわさびが山ほど付いてくるところも素晴らしい。このように出し惜しみしない店は大好きだ。
 ゲソ天はショリサクの衣に簡単に噛み切れる柔らかいお御足で、みんなでダンスを踊っているよう。味と食感に問題はないけれどもボリューム的にこれが300円は高めかもしれません。

 この店で食べて、これまで満足しなかったことはありません。とてもいい店だと思います。

donQ maxvalue 202004

 うどんをたっぷり食べたいと思い、双葉町の「どんQ製麺マックスバリュー山形駅西口店」を初訪問。スーパー内の店とあって、天ぷらを惣菜としてテイクアウトする人も多いようです。加えて近時はコロナ禍の影響で、うどんをテイクアウトしていく人も見かけました。

 かけうどんの大429円と、キャベツかき揚げ132円のところレジのおばさんが間違えてかき揚げ154円と打ち込んだため、合計583円。店を出てからレシートを見て気づいたが、まあいいや。次回からは間違えないでね。

 かけうどんは口径の大きいどんぶりで登場。小・中・大の大は2玉のようで、けっこうな量がありました。うまかったけれども次回からは1.5の中で事足りるようです。
 うどんもだしつゆも突出したところのない安定感のあるもので、他のうどんチェーン店と遜色なく勝負できるものだと思います。
 キャベツかき揚げは、お好み焼きにも通じるところのある面白い味で気に入りました。天ぷらをだしつゆに落とし込んだときの衣の溶け具合は秀逸です。

 ああ満腹。うどんをたっぷり食べたいとの思いを完璧に成就することができました。

mitoya 202004

 青竹手打ちラーメンをやってるという情報を得て、山寺の「美登屋」を初訪問。観光地だけあって、山寺って蕎麦屋が多いのですね。
 勇んでラーメンを注文すると、今はやっていないとのこと。アレマ、あてが外れちゃったナ。
 でもまあ、地元の店でそれではと踵を返して帰るわけにもいかず、鶏そば960円を所望してみました。

 甘みを湛えたそばつゆがいい塩梅です。醤油、昆布、削り節という黄金コンビに鶏肉が加わった和風ダシとは実に秀逸なものだと再認識。2口サイズの鶏肉が6個ほどゴロゴロと入っていて、けっこう量があります。
 蕎麦は黒々としていて山寺らしい鄙のテイスト。熱いつゆがかかるのでどうしても柔らかくなってしまいますが、これを盛りで食べたなら喉越しもよくなってさらにおいしくいけたかもしれません。
 残念ながら手打ちラーメンにはありつけなかったけれども、この蕎麦にはかなり満足がいきました。

 精算時に尋ねれば、手打ちラーメンは10月から3月までやっているとのこと。そうでしたか。では来年秋にまた行きましょう。

f-1 202004

 表蔵王の「ぐっと山形」内にある「そば処エフワン」を再訪。昨年の12月にカレーを食べて以来4か月ぶりです。
 この日も昼食はラーメンでいいやと思って外出したところ、どこからか蕎麦を茹でるいい香りが漂ってきたのを嗅いでしまい、急遽蕎麦に変更。駅の立ち食い蕎麦のようながさつなものがいいなあと思って、ここにしたところ。

 天ぷらそばの大盛り、500+150円。
 カウンターのみの店だし、ここで大盛り150円なら麺量はダブルだろうと想像しましたが、どうやらそうではないようで、どんぶりは小さいままだし麺量は少ないのが口惜しい。
 茹で麺をちゃちゃっとやってものの20秒で供する店としては、これでは価格が高過ぎます。ただ、こういう店では生醤油が強くてしょっぱいと相場が決まっているつゆが、薄味でなかなかいい塩梅だったことは評価できます。

 今後はここでは大盛りは避け、メイン1品とたとえばミニカレー350円とかおにぎり180円とかを添えるか、もしくはメイン1品で出て別の店で買い食いすることにしよう。

aikotei 202003

 脂の強いものは避けて、この日は麺類を啜りたいと思い、8年3か月ぶり2回目となる西田の「あいこう亭」へ。
 前回同様あいもり1,100円にしました。二人前のボリュームを食べたければ自ずとこれになってしまいます。蕎麦と麦切りの2種が各一人前ずつで、蕎麦は細・太から選べるというものです。なに、二人前と言ったって蕎麦の類ならば軽く収まってしまいます。一人前なら確実に足りず、大盛りにしても100円増しの程度なら十分ではありません。

 つくりは8年前とほぼまったく同じ。違うのは、前回は蕎麦を細打ちにしましたが、今回は太打ちで。かなり太いです。手打ちの風味が感じられておいしい。
 麦切りはとろりとした食感がよく、この店ではむしろこれがおいしいと思います。

 つけだれは蕎麦用と麦切り用の2種。自分としてはたれはひとつでもかまいませんから、細い2本足のゲソ天2個と少量の漬物をもう少しグレードアップしてほしいところです。

 いろいろ言っていますが、目論みどおり腹が膨れてけっこう満足しています。

kobuhara 202003

 1年7か月ぶりに、3回目となる「こぶ原」へ。
 今回ここをセレクトした理由は、この店がJAF会員にミニソースカツ丼を無料サービスしていることを知ったから。JAF会員カードを携えて入店しました。

 肉そば700円。システムが変わったようで、大盛りは無料サービスになっています。ならばと大盛りを所望。これにJAF優待でミニソースカツ丼がプラスされて、なんだかすごいことになってしまいました。(笑)
 「こぶ原」が店を開いた2017年当時は、蕎麦は色の薄いものを使っていたと記憶していますが、今ではもっと黒くて太くて噛み応えのあるいい蕎麦に変わっていました。機械打ちですが、機械打ちなりのよさがあってなかなかうまい。
 生卵の1個無料サービスは変わっていず、大盛りのボリュームはぐっと増えた印象があり、好感度はぐぃーんとアップしました。
 ミニカツ丼も無料とは思えない充実度があります。

 こんなにたくさんのものをおいしくいただけてわずか700円とは、嬉しい限りです。
 次回は近いうちに「もりゲソ天」800円でJAFカードを使うのだろうな。

hanamaru hinoki 202003

 はなまるうどんは近くに山形鉄砲町店ができたので近時そちらのほうを利用していますが、それ以前からある「はなまるうどん山形桧町店」には5年2か月ぶりの訪問となりました。
 ねらいは、山形県内のはなまるうどん7店舗だけで期間限定で販売している「山形芋煮カレーうどん」。3月いっぱいぐらいで終わるので今のうちにと。

 山形芋煮カレーうどん(中)+辛子明太子おにぎり、690+110+税=880円。はなまるうどんでこんなに高いものを食べるのは初めてのことです。
 内陸風の醤油仕立てで、カレーの風味を残しつつ芋煮の甘さが利いた、麺に絡みやすいスープを実現したとのことで、おいしい。
 玉こんにゃく4個、里芋4個、大きめカットの牛肉などが入っています。これにテイクフリーの天かすを投入して、七味をぱさぱさとかけて食べました。

 かけ(中)が250円+税なので、うどん1杯で3倍近くの480円も価格が違うのがスゴイ。次回からは「かけ」に戻って添え物を2~3種類ぐらいにして食べることにします。

 山形に戻れば蕎麦が食べたくなり、今最もいいと思っている店が伊達城の「愛庵(めごあん)」へ。11時前に入店すると早割が利くので、10時50分頃に入店。

 十割板そばの並が700円のところ、早割りでなんと550円!
 その上サラダ、漬物バーが食べ放題なので、さっそく蕎麦茶とともに皿に入れて持ってきて、食べながら蕎麦が来るのを待ちます。

megoan1 202003
(テイクフリーのサラダと漬物)

 今回、蕎麦は並盛りで。前段で繊維質をたっぷり摂っているので、並盛りでも不足感はありません。
 蕎麦猪口に2杯分の蕎麦湯では足りないので蕎麦湯を追加してもらい、身体が十分に温まるまで飲んでの退店となりました。

 手打ちと思われるきりっと冷や締めされた蕎麦が550円とは、ゼッタイに安いと思う。

megoan2 202003
(十割板そばの並。大盛りだと板が長方形になる)

organic cafe 202001

 沖縄へと向かう旅。10時台に仙台空港に着き、12時近くのフライトに乗れば15時過ぎに那覇に着く。ではまず乗る前に腹ごしらえだ。
 空港内のレストランには大きな期待はしていないので、何か腹に入ればよろしい。エスカレーターでレストランフロアに上がり、右手にあった「MMC ORGANIC CAFE」でいいか。
 カレーライスが980円でこれがほぼ最安。それもいいがそれは過去に一度食べているので、最近マイブームの「昔ながらのナポリタン」1,080円にしてみました。

 ケチャップ過多のナポリタンがいいと思っているのですが、ここのは最近食べたナポリタンの中では比較的ケチャップが少なめでお上品。そうは言っても「昔ながら」を名乗るぐらいだからけっこういいセンはいっているのだけど。
 ベーコンやウインナーが多めに入っていて、いちおうチンケだけれどもサラダが付いていますが、そうだとしてもナポが4桁というのはいかにも高い。まあな、ここは空港内のレストランだものな。
 いやなら食べなくてもいいんですよ、ほかに客はわんさといるので店はそう簡単にはつぶれないんだもんね。店員の顔にはそう書いてありました。あ、もちろん冗談ですよ。(笑)

amabile 201912

 表蔵王「ぐっと山形」のフードコート内にある「アマービレ」を初訪問。
 昔ながらのナポリタン、630円。
 店ごとに券売機があり、その中から選びますが、「大盛り」ボタンがないので店員さんに尋ねると、「大盛りはないのです」とのことでしたが、「大盛りにしておきますから」とにっこり。スバラシイ。この応対は褒めたい。

 名前のとおり、まったく昔ながらの味がするスパゲティでした。
 ボリュームにも満足です。

 若宮にも「カフェ アマービレ」という店があるのだけど、こことは関係があるのでしょうか。

mizukian 201912
 R13沿いから鍋田に移転した「みづき庵」を初訪問。
 旧店のほうには店ができた頃の10年近く前の夏の季節に一度入った記憶がありますが、その時のことはほとんど覚えていず、なぜか過去ログにも残っていません。
 新店は新しく建てたもののようで、これまでの店内と違って広くてきれいです。

 肉そば(冷)の大盛り、730+150+税=968円。
 寒い時期だからなのか、表面の鶏油が白くゲル状になっているのと、ほうれん草のような青菜が載っているのが、見た目の特徴。
 味のほうは、河北町をはじめとした村山地方で食べる肉そばと比べても遜色はなく、肉そば特有のコク深く甘めのつゆもよくできていて、おいしくいただけます。親鶏肉は皮の部分が少しコリコリとした歯応えがありいいと思う。

 惜しむらくは、量と価格。大盛りでようやくちょうどよいぐらいで、山形市の「そば処ひろ」あたりのどんと食べてね的な状態からは程遠く、価格のほうも他店比で外税相当分は確実にエクスペンシヴです。
 880円だと思って食べたものが968円まで跳ね上がるのは反則気味。こういうことが続くと、飲食店は外税をやめるべきデアルというのが持論になりつつあります。大衆食堂でメシを食って、ちまちまと1円玉を出したりもらったりするのも興醒めです。
 したがって、いい店ではあるのでしょうが、肉そばを食べるならココ!とはなりにくいです。