FC2ブログ
ginjiro 202003

 花楯の「居酒屋銀次郎」を初訪問して、平日限定30食だという「わがままなランチ」800円を食べました。
 ランチタイムはこのメニュー1種類のみ提供しているので、席について注文しないままでしばらく待つと、お盆に載った一式がはいドウゾとオートマチックに運ばれてくるのがユニークです。

 それがこれ。肉料理、魚料理に小鉢2品。この日はかつ煮、焼き塩鮭、野菜炒めにジャーマンポテトでした。味噌汁とライスはセルフでお代わり自由。半ライスに味噌汁もう一杯をいただきました。

 ほかにサービスコーヒーも付くようで、これで税込み800円はお値打ち品でしょう。再訪確実です。
 初訪なのだけど、精算時に店のおばさんから「いつもありがとさまぁ」と言われてしまいました。どなたかと間違われたのでしょうが、ちょっとウレシイ。
 ランチタイムは11時30分から13時までのわずか90分ですのでご留意を。

スポンサーサイト



ryoma 202003

 二口橋の東詰近く、泉町の「北京料理竜馬」を7年8か月ぶりに訪問しました。厨房に立つこわもての大将、少し齢をとりましたが元気そうで何よりです。(笑)

 調理は大将が一人でやっているのでけっこう待ち時間があって、肉野菜のみそ炒め定食950円が登場。
 甘じょっばい味噌味がグッド。ナスがいい仕事をしています。
 おかずの味が濃いめなので、50円増しでライスが大盛りにできる誘惑に絡めとられそうになりましたが、ここはぐっと堪えて普通盛りで我慢。食事中は物足りなくても食後の腹具合はこのほうが落ち着きます。

 価格的には高めの設定のように思いますが、価格相応もしくはそれより上の満足度が得られます。
 コロナウィルスの影響で全国的に飲食店の経営がシュリンクしている中、ここはいつもどおり流行っているように見受けました。

michinoku yamacho 202003

 市内銅町、千歳橋の袂にある「みちのく山長」を、ほぼ8年ぶりに訪問。店のおばちゃん、齢とったな。(笑)

 蕎麦屋のカツ丼もうまいだろうと思って、カツ丼850円を。
 湯のみで茶を飲みながら待つことしばし。
 おおっ、陶製のでかいどんぶり。味噌汁ではなく小蕎麦、鶏皮とキャベツの煮物にタクアン4切れ、別途お冷やも付いています。

 どんぶりのほうは、豚カツ自体は大きくも厚くもなく取り立てるようなことはありません。しかし、卵で閉じられたタマネギの部分が多めで、どんつゆを吸ったその部分が格別おいしい。
 小鉢の鶏皮も味がよく量があり、これは豚カツを食べるものではなく、それら全体を「カツ丼」として味わうべきものなのだなということに思い当たったのでした。

 蕎麦屋のカツ丼、いいものです。

popura 202003

 カレーを食べるならどこがいいだろうと考えて、2年4か月ぶり3回目となる伊達城の「手作りとんかつの店ポプラ」を選んで、カツカレー、800円のところランチタイム750円で食べました。

 ここのカツカレーは7年ぶり。具材がすっかり溶けていますが、ルーにはある程度のとろみがあって、ライスがひちゃひちゃにならないところがいいと思う。いい感じの塩味とエスニックなスパイス香。店によっては保存中のカレーを先ほど温め直しましたというような冷蔵臭を感じる場合もあるカレーですが、ここはそういうことはなく、おいしくいただけます。

 とんかつも衣がショリサクで極めていい揚げ具合になっており、さすがとんかつ店だと思わせます。
 ルーの量もたっぷり、とんかつもしっかりで、ほかに刻みたての生キャベツとポテサラが付き、ちゃんとした量であってもごはんがもう少し欲しくなる感じです。カレーライスを食べるときはこうじゃなくっちゃ。

 このクオリティで750円は優れた価値があると思います。もっと通ってもいい店だな。

kandon 202003

 あかねケ丘に去年11月にできた「韓丼山形あかねヶ丘店」を初訪問。近時各地に開店している京都資本の店で、「韓丼」自体は去年11月に福井県の鯖江で一度体験済みだ。
 その時食べたカルビ丼ミニ+海鮮スン豆腐セットはカルビ丼が小さくてあまり食べた気がしなかったので、今回はカルビ丼の大とサラダセット830+150円にしてみました。

 ところがです。店内の席はたっぷり空いているのに、1台しかない食券の券売機の前で5~6組の渋滞が。中にはトロくさい人もいて、5分近く待ってやっと食券を手にしましたが、あれ、サラダセットの券が出てないじゃん。なんだよ、面倒な機械だな。ははあ、トロくさいのは機械のほうだったか。

 出来上がるとブザーのなる器具を渡されて待つことしばし。配膳カウンターでサラダセットを追加したいと言うと、もう一度券売機で券を買ってくださいと。券売機にはまだ5~6組が並んでおり、そんな状況のもとで客はもう一度並んで買うと思うかバカという感じ。ラーメン屋なんかだと問題なく現金で追加してくれるのだけどな。

 だいたい常時客が並ばなければならないとろい券売機は2台に増設するとかして改善努力をしなければならないんじゃないのか。客が券を買い求めている間、厨房担当はやることがなくてただ立って待っているだけだったのを我々は見逃してはいないぞ。

 ということがあって、サラダセット無し。さすがに大は食べ応えがあるが、これだけをぱくぱくやっていると脂が過ぎるのとタレの味が濃いのとで、やや食傷気味となる。若いときにはこの程度は屁でもなかったのになぁ、齢は取りたくないものだ。

 店員は「いらっしゃいませぇー」と大きな声を出して一見元気そうだが、耳をそばだてているうちにそれはとても投げやりで、心がこもっていないことがわかってくる。それは語尾の「せぇー」の部分によく表れているのだった。(行って聞いてみてください) 飲食店におけるサービスとは何なのかを考えさせられます。

 結局ここは自分にとって、店側のシステム、料理の味、店員の接客のどれもがしっくりこないことがわかりました。

yukihira 202003

 南陽市赤湯、「えくぼプラザ」南側の温泉歓楽街にある定食・ラーメン店「幸ひら」を初訪問。「ゆきひら」と読み、2019年10月に店開きしたばかりです。

 油淋鶏定食780円。
 2口サイズの鶏の唐揚げが6個。揚げたてで熱々ですが、歯応えがしっかりしている感じのもので、それほどジューシーな肉ではなく、ああ鶏肉を食ったなぁと思うほどの量の多さはありません。
 また、甘辛いはずの油淋鶏特有のソースは残念ながら量が少なめで、味も薄くてインパクトに欠けます。普通の唐揚げ定食(同価格)を注文してとんかつソースをドバリとかけて食べたほうがよかったかもしれません。
 こうなると、近頃はおいしい鶏唐揚を供する店が増えているので、その中で伍して戦っていけるかどうか、少し心配です。

 夜は居酒屋もやっているようで、前夜のお通しだったのか、だいぶ煮崩れしたかぼちゃとナスと豚肉の煮物の小鉢が付きました。
 白菜と油揚げの味噌汁に十分な量のつややかなごはんは家庭的な感じがあってマル。一方、おみ漬け風の漬物は1口分しかなくさびしい。

 というように、全体としてもう一工夫しないと埋没してしまう恐れがあると思います。男性店員二人のチームワークがよさそうなので、長く店が維持できるよう奮起してがんばってほしいものです。

furarimu 202003

 「とりあえず吾平山形城西店」のあったところにできた「居酒屋ごはんふらりむらさき山形城西店」を初訪問。これらは「株式会社ジー・テイスト」という会社の同系列のようで、同じ居酒屋なのだけれどもマイナーチェンジを施したといった感じです。

 ランチメニューのトップに記載されていたふらり松花堂弁当、850円+税=935円。
 ねぎとろご飯に焼き魚、天ぷら4種、サラダ、ごま豆腐のお膳、それら味噌汁、お新香、デザートと一見豪華そう。しかし、いずれも量が多くない上に質的にもあまりぱっとしないもので、どこを取っても物足りなさが残る印象がありました。ごま豆腐は普段小さいと思う切り方のさらに半分の大きさだし、焼き魚も小さくてしょぼい。
 ご飯も少なめなので半ライスを追加しようと思ったけれども、品書きには見つけられず、注文はタブレットなので注文のしようもなく。でもそれは、食事中こそ物足りなかったものの、食後しばらくしてからの腹具合は悪くなく、この程度でとどめておくのがいいと体感できたのはよかったかもしれません。

asunaro 202003

 山形に戻ってきて久しぶりに定食を食べるのであれば、自分の場合ここしか考えられないという「あすなろ食堂」に赴き、いつものようにあすなろ定食810円を食べる。

 この日の献立は、メンチカツ、春雨の酢の物、高野豆腐の煮物。メンチカツというけれどもこれは煮込みが強い柔らかい仕上がりで、カツというイメージからは遠いもので、はっきり言えば失敗作でしょう。大将の調理の腕にもやや高齢化の波が押し寄せているようで。(笑)
 というわけで、今回に限りみてくれはよくないけれども、やさしい味は従来どおり確かです。
 それと、前回も感じたけれども、ボリュームは全盛期と比べると大人しい感じになっています。

sukiya akoya 202001

 あこや町の「錦産業ビル」の跡地に2019年11月にオープンしたばかりの「すき家あこや町店」に初めて入ってみました。
 新店とはいっても他のすき家の店舗と変わることはありませんが、各席にはタッチパネルが備えられ、それで声を出さずに注文する仕組み。会計も自分でお金を機械に投入するシステムでした。

 牛丼の並にサラダセットを食べるつもりでしたが、サラダセットのボタンが見つけられなかったので、これでいいやと牛丼の大盛り480円にしました。
 紅生姜を多めに取り、七味唐辛子をぱらぱらとかけていただきます。味なり食べ応えについては推して知るべしです。素の牛丼だけをほかに何も添えずに食べるのは久しぶりのことですが、そういう食べ方も素朴でおいしいものです。ビンボー学生時代は牛丼とはこうして食べるものだったことを思い出しました。

nakau tendo 201912

 かつては県内で多店舗展開をしていた「なか卯」ですが、今となってはだいぶ減り、近くでは天童のここと東根店ぐらいになっているようです。天童店は初訪問だし、なか卯自体がとても久しぶりです。

 ランチセットがいくつかセットされていて、その中から親子丼(並)+はいからうどん(小)が90円お得の600円になっていたので、それを。これにサラダ100円を追加して合計700円です。
 どんぶりのアタマは袋物を加熱しただけのようなものですが、チープ感はあるもののある意味安定した味だとも言え、この価格でよくやるなぁというレベルに達しているものになっていました。
 なか卯の親子丼が25周年を迎えたとのこと。親子丼って、こういう機会でもないとあまり食べませんが、おいしかったと思います。

seno 201912

 中里の「セノ食堂」に、およそ6年ぶりに入店。3回目になるのかな。
 セノ食堂といえば牛煮込み定食が有名ですが、今回はカツカレー900円にしてみました。卓上メニュー表にはこのカツカレーも写真入りで載っていました。店が推しているし、人気もあるのでしょう。

 カレーライス650円で十分なのでしょうが、写真の見栄えも考えてカツカレーに。福神漬けの赤、パセリの緑、レモンの黄色と、見た目がきれいです。

 カレーや丼物は、がっつりいきたいときに注文するものでしょうから、ごはんが少ないなどということはあってはならず、また、そのごはんの量に見合い、あるいは凌駕するほどのたっぷりのカレーやアタマが必要デアル――というのがゆるぎない信念になっています。その意味からは、ココのカツカレーはまさにドストライクのつくりになっていて、注文をつけるようなことは何もありません。とてもおいしくいただきました。

 なお、大きなとんかつは揚げ立てでおいしいですが、肉に衣をつけてつくり置いたもので、厚さもさほどではありません。自分にとってはこの程度の脂質量で十分ですが、これが付くことで250円アップの価値があるかどうかはやや疑問が残ります。

jintei2 201912

 つい先ごろ「定食屋仁亭」でチキンカツカレーを食べましたが、その一角にあった「和食や舷」が「定食屋仁亭2」に変わっていたので、今回初めて入ってみました。店内のつくりは「和食や舷」のときと変わりはなく、舷時代に食べたときと同じカウンターの同じ席での食事となりました。

 「仁亭」のほうでおいしそうに見え、食べたいと思っていた鶏唐揚げ定食858円。
 「仁亭2」は「仁亭」と同じものを出しているとみえて、つくりはほぼ同じ。
 身の締った良い肉質のものを使っているようです。キャベツの千切りがたっぷりなのもよろしい。
 とてもおいしくて何の問題もありませんが、ボリューム感と肉の柔らかさの面からはよりB級度の高い「かつMI」のほうが上かもしれません。肉の柔らかさでは「ごはん家愛菜」がさらにその上をいきます。どの程度の柔らかさがよいかは食べる人によって異なると思いますので、どうぞ食べ比べてみてください。
 前回の「仁亭」ではパソコンへの落とし込み時に画像を失ってしまいましたが、今回はしっかりやりました。

 おいしいカレーライスが食べたい。どこがいいか考えて「定食屋仁亭」と決め、7年6か月ぶりに訪問しました。隣りの建物の「和食や舷」もいつの間にか「仁亭2」になっています。

 チキンカツカレー869円。
 上等のカレーライスです。黒い楕円の皿にカレー、ライス、福神漬。チキンカツも揚げ立てでとてもおいしい。定食屋のカレーは閉店してしまった「国味」が一番でしたが、ここのカレーはそれに勝るとも劣らない充実度です。価格は一回り高いですが、新鮮なミニサラダが付いているので、けっして高くはないと思う。

 ここの揚げ物メニューのラインナップは白眉と言っていい。カウンター越しの客が食べていた鶏唐揚げ定食858円がすごい盛り付けになっていたのを見て、いい齢していつかはあれも食べてみたいと思いました。

 写真も撮ってきたのですが、我が家のパソコンがSDカードにバグを発見したので、パソコンの指示どおり修復をかけたところ、カード内の画像が全部消えてしまいました。まったく、なんだよ、もう。パソコンは「修復を完了しました」とか言って知らんぷり。クヌヤル様である。
 ということで画像がないのですが、食べたものは記録しておくというスタンスなので、一応記事として載せておきます。


totoya3daime 201912

 南陽市赤湯のイオンタウン内にある「ととや三代目」は、なんと2009年の夏以来10年ぶり。ここの海のものの定食を食べてみたくなっての訪問です。

 できあいの料理をチョイスして食べるもよし、海鮮丼を食べるもよしですが、今回は数種類ある揚げ物定食メニューの中から「アジとカキフライ定食」600円+税=660円にしてみました。
 かつてあったランチタイム先着10食の日替わり定食の設定がなくなっていたのは残念です。

 揚げたてが供されるので番号札を持ってしばらく待ち、呼ばれたら自分で茶碗に好きなだけご飯をよそって食べるというシステムです。器が小さいので、自分の場合おのずとてんこ盛りになります。
 カキフライってどうしてこう美味いのだろうな。アジも肉厚でよろしい。岩海苔の浮いた味噌汁が磯の香りを漂わせているのもとてもいいと思う。
 カキフライでしっかり食べられてこの価格なら、タルタルソースがないのは惜しいけれども、大満足です。

 刺身盛りが300円とか、1皿の価格もまいどおおきに系の店よりもひとまわり安い印象。またいつか、海鮮丼やチョイスものも食べてみたいと思いました。

ajimura 201912

 2011年4月以来2度目の訪問となる、山形市松原の「味むら」。2016年4月にいったん閉店しましたが、最近復活したようです。
 昼どき、確かこのへんだったよなとクルマで走ってみると、おおっ、営業中! それでは入ってみようか。

 ロースかつ丼800円。この店の場合、800円が最高値クラスです。
 そして……。
 うれしいことに、かつてと同じように9種の小鉢付き!
 肉厚の立派なかつ丼と味噌汁、漬物だけでも一般店のかつ丼を凌ぐほどのハイバリューなのに、これに加えてどの皿をとってもおいしいおふくろの味のあれこれが付いて、ぬゎんと800円。これには唸らざるを得ません。まるで慈善事業みたいです。

 マークしておかなければならない店がまたひとつ増えました。

kanton 201912

 2018年12月頃、白山から南三番町に移転してから初めて、「中国料理廣東」を訪問しました。
 麻婆豆腐定食、850円のところランチタイムは50円引きで800円。

 味や盛り付けなどは以前とほとんど変わることのない充実度。
 色のどぎつい市販の漬物ではなく、搾菜を使い続けているあたりに美学を感じます。定食に焼売が付くのも廣東の定番です。
 麻婆豆腐は、花山椒を利かせてバカ辛い最近流行りのものではなく、日本人の舌に合ったやさしい味のするものになっています。

 派手さやB級度はないものの、しっかりとした職人の手仕事になっているように思います。

moritaya 201912

 天童市のR13沿い、中里の「茂利多屋」を6年3か月ぶりに再訪しました。24時間営業、無休でがんばる激安店です。

 カレーうどんも食べたかったけれども、今回はチキンカツ定食+ミニかき揚げそば、340+220円にしてみました。定食が税込みで340円! 少し前まではこれが290円で食べられました。

 定食は盛り付けが雑ですが、たった今揚がったばかりのチキンカツが4つ。厚みはないものの2口サイズで、サクサクとしておいしく、ドレッシングの生野菜が添えられています。きちんとごはんにキャベツと油揚げの味噌汁も付いて、立派なものです。
 ミニそばは、コスパを考えればレギュラーサイズの天ぷらそばでもよかったかもしれませんが、そうなると今の自分にとっては食べ過ぎになり、あとが辛くなるでしょう。

 庶民の味方のいい店です。
 メニューも豊富なので、何回かに分けて攻めてみる必要がありそうです。

f1 201912

 表蔵王の「ぐっと山形」の敷地内にある「そば処エフワン」を初訪問。カウンターに丸椅子で、天ぷら、山菜なめこ、鳥などのそば・うどん、カレーライスがいずれもワンコインの500円。
 大盛りはついこの前までは100円だったはずなのがこの10月から150円になって、増税の影響は大きい。

 カレーライスの大盛り、500+150円。
 ライスの量は十分すぎるほどだし、だからといってカレーが足りないということもありません。
 そのカレーは奇を衒うところのないスタンダードな味で、この店に何か特別なものを求めているわけではない客としてはジャストフィットな味わいでした。カレーはこれでいい。

 注文後、すぐに皿にごはんとカレーがよそわれて、はいドウゾと。忙しいときの昼メシはこういうのが理想だな。
 またいつか、天ぷらそばか何かを食べに来よう。

takaramochi 201912

 7年9か月ぶりに天童市の「たからもち食堂」へ。
 5種ほどの定食類から豚キムチ野菜炒め定食950円をチョイスします。

 野菜炒めで950円とは少々お高いのではないかと思って待ちましたが、運ばれてきたものを見てしまえば納得せざるを得ません。メインディッシュの炒め物はわりとくったりとしていながらも立派な山型をなしており、いったいどれぐらいの野菜を使えばこうなるのだろうかと思ってしまいます。

 案の定、食べても食べてもなかなか減りません。ごはんの量は標準的なので、おかずがすごく多い状態です。でもそれほど塩辛くないいい塩梅。
 豚キムチの味がよく、白菜が多め。豚のバラ肉がいい仕事をしています。それにしてもいったい何種類の材料を使っているのでしょう。量も多いが材料の種類もすごい。
 このほかに、ドレッシングがけの生野菜、ほうれん草の胡麻和えと大根漬の小鉢2種、大根とニンジンとしめじの味噌汁が付いています。

 よく考えてみると、炒め物に入っている豚肉を除けば使用材料はすべて野菜類、きのこ類のみでした。ああそうか、自分は今、肉や魚ではなくこういうもので腹を満たしたかったのだなと、改めて気がつきました。
 大当たりの定食でした。いい食堂。今後はあまり間を空けずに訪問したいと思います。

katsumi yamagata 201912

 2か月ぶり4回目となる「とんかつかつMI山形南館店」。名店「国味」が閉店した今となっては、鶏の唐揚げ定食のカテゴリーでは市内随一ではなかろうかと思っている店です。
 前回に続いてその特製から揚げ定食のご飯大盛りに、おろし大根を添えてみました。ランチタイムは((690-100)+100+130)×税=902円でした。

 唐揚げ5個は強烈レベル。肉がふっくらしているのでなんとか全部いけます。
 ごはんは大盛りにすると、ごはん茶碗が突然巨大化することを前回学んでいます。
 唐揚げはソースをかけるので、結果としておろし大根はあまり役に立たず、143円は失敗だったと反省。

 昨晩はあまり食べず、この日の朝もそうだったのでガツンと行こうという算段でしたが、想定レベルを大きく超えるほどの満腹になりました。苦しいです。