FC2ブログ
moritaya 2 202009

 朝10時前に外食をすることとなり、10時までやっているはずの朝ラーメンの店は早閉めしているし、この時間に開いているチェーン店以外の店で思いつくのはあそこだよなと、天童市中里の「茂利多屋」へ。今月2回目で、このところすっかり贔屓にしています

 前回訪問時、近くの客が食べていたのと同じ組み合わせでいってみました。
 さばの味噌煮定食+山菜うどん、570+410円。

 それぞれの価格は安いなぁと思って頼んでみましたが、こうして2つを合わせて眺めてみると、まあ、価格相応なのかなと思ったところ。
 うどんは、かけうどんならチェーンのうどん専門店で食べればもっと安くて品質もいいだろうし、さば味噌も脂ののりがイマイチ。
 定食のご飯が少なめなので腹ペコ男子ならば1品では足りず、ついつい2つを注文してけっこういい値段になってしまうという面もあるように思いました。

 自分としては近時わりと頻繁に通った店だけれども、ここらで一段落することにしようか。

スポンサーサイト



ohkawa 202009

 蕎麦屋のカツ丼が食べたいと思い、ここならどうだろうかと、下条町の「食堂大河」を6年8か月ぶりに再訪しました。

 カツ丼800円。
 おもむろに蓋を取って、まずは目で。卵の黄身がきれいなのと、肉は薄めかなというのがファーストインプレッション。

 熱々を食べ始めてみると、近時甘くてはっきりした味のどんつゆが多い中にあって、ここのは薄味で、それほど甘くありません。やや淡白ともいえるのかな。つゆ自体はやや多めになっているので、最後のほうはかっ込む形になりました。

 ナスの味噌炒めとキュウリの三五八漬。麹の香りが引き立つ味噌汁は、凍み豆腐のような引き締まった油揚げとワカメが入って、こちらは塩辛め。

 店選びに凝り過ぎたかなぁという思いはあるものの、まあ、不満なくいただくことができました。肉はもう少し厚くして、肉を食べたぞという気にさせたほうがいいと思うけど。

daisen 202009

 南原町の「手打ちラーメン大仙」を2年2か月ぶりに訪問。ここでかつて何度かセットもののミニカレーを食べていて、今回、おいしかったそれをメインに食べてみようかと考えてのことです。

 カレーライスの大盛り、640+100円。
 デミグラスソースの範疇に入ってしまったような、濃厚で重厚な味がするカレー。チーズか何かの乳製品が隠し味になっていて、やや塩味が強い感じがします。
 ライスは色がよくないけれども、それは麦が入っているためで、味は悪くありません。大盛りで少し多めかなぐらいの印象だったので、空腹時には普通盛りでは足りないかもしれません。
 これに、大根中心の生野菜たっぷりのサラダが付いているので、野菜不足も感じません。この店オリジナルの味がするラーメンスープもワカメが多めでおいしい。

 いいカレーを食べました。麺類とセットでこのカレーがかかったミニカレーを280円で食べられるのは、けっこうお得かもしれません。次回はこのカレーとセットで自慢の手打ち麺を賞味しようか。

sagae 202009

 R13沿い、米沢市域のほぼ最北、窪田町にある「お食事処さがえ」を初訪問しました。
 以前から気になっていた店。山形市内では正統派の定食屋が減ってきているので、おいしい定食を求めて少し遠征をしてみたところです。

 この日の日替りランチ700円は、ナスと豚のピリ辛丼でした。
 ごはんの大盛りはサービスだし、消費税込みでこの価格はたいしたもの。
 正直言うと、どんぶり上のピリ辛炒めはもっとたくさんあってもいいと思うけれども、炒めだれの味わいがよく、大盛りごはんの減りは早いです。どんぶりってのはかっ込むからなぁ。
 ちくわを散らし緑色が鮮やかな小松菜のおひたし、鰹節風味の効いたとてもおいしい味噌汁、キュウリの浅漬けが付きました。

 これだけ充実した内容のものを提供しているのに、700円。定食屋って、食器をたくさん使っていろいろなおかずを揃えなければならず、大変なわりにはあまり儲からないようになっているのかな。
 清潔で明るく、幅の広いカウンターで寛げる、いい店。
 日替りが刺身丼だったり焼魚がメインの時もあるようなので、機会を見つけてまた行きたいと思います。

kourakuen west 202009

 清住町の「幸楽苑新西バイパス店」は、店が新しくなってからは初訪問になるのかな。あちこちの幸楽苑で食べているのでだんだんわからなくなってきました。

 幸楽苑であればラーメンをいくのが定番でしょうが、天邪鬼の自分はメニューに餃子とご飯ものがセットになった定食を発見し、急激にそちら方面にそそられてしまいました。
 餃子シングル定食Bセット600円。焼餃子の「極」6個+カレーライス+スープです。

 餃子は幸楽苑のいつものやつ。カレーは豚挽肉を使った、ラーメン屋とは思えないエスニカルな独特なもの。ラーメン味のスープはメンマが入ってたっぷり。
 よかったけれどもカレーが少なく、なんだかこれだけでは腹がくちくなりませんでした。

 通常は10時45分からの開店ですが、今はどこも8時から営業していて、朝定食を出しています。「お粥セットC」はしじみエキス入り醤油らーめん+ハーフお粥+おひたしで600円。これ、よさそうだな。これが多そうであれば400円のハーフお粥+おひたし+野菜スープ(塩味)のセットもあるので、いずれ試してみることにします。

11ya sakurada 202009

 桜田東にある「十一屋桜田アベニュー店」を訪れたのはいつ以来になるのだろうか。結婚した直後の頃、住んでいたアパートがこの近くにあって何回か利用した記憶があるので、30年ぶりぐらいにはなると思う。

 ほぼ毎日メニューが変わる日替わりランチ(日曜以外)のライス大盛り(サービス)、950円。
 この日はミックスフライのオーロラソースでした。

 「定食」ではなく「洋食」に分類してみましたが、その理由は、①ごはんが平皿で出てくること、②漬物・味噌汁が付かないこと、③ナイフとフォークが付いてくること――の3つです。
 フォークで白飯を食べるのがしゃらくさいので、はじめから箸を持ってきてもらって食べ始めます。

 フライはエビ、爪のついた蟹クリーム、サーモンの3種。オーロラソースをつけて食べればうまいのなんの。でも、おいしいソースはせっかくなのでもっと量があってもよく、さもなくば、とんかつソースが卓上にあればいいと思う。とんかつソースで食べてもうまいのだろうな。
 大盛りにしたごはんの量はまだまだお上品なレベルですが、不足感はなくそれなりに腹が満たされました。
 何種類かあるドリンクの中から選んだパイナップルジュースもおいしかった。

tamagoya 202009

 五十鈴の「玉子そば屋(そば処玉子屋)」を2年8か月ぶりに訪問。
 蕎麦屋なのだけれども、この日はここでカレーを食べてみたい。

 メニューには「カレーライス(中華風スープ付き)」とあり、720円。
 いかなるカレーが出てくるか楽しみでしたが、ご覧のとおり見た目きわめて普通のカレーです。その隣にある中華風スープの存在感が際立っています。

 スパイシーでおいしいけれども、業務用を使っていることが明らかで、わざわざこの店を選んで食べるようなものではありませんでした。
 業務用を使って国内共通ともいえる標準的な味に近づけることは悪いことではないと思う。しかし、せめてそれをベースにして店なりに味をカスタマイズし、独自性を出して提供してはどうかと思うのですが、どうでしょう。
 ライスは真っ白で、ふっくらと炊けていてとてもよかったと思う。
 スープは、ラーメンスープに三つ葉やワカメを加えたもので、たっぷりの量があっておいしい。これを味わいながら、やはり素直に中華そばをいくべきだったかなぁと、わずかながら反省しました。

 食後にはコーヒーがサービスされました。

katsuya emata 202009

 旅の情報収集をしていて、岐阜県の下呂地域に「鶏(けい)ちゃん」という隠れた名物料理があることを知ったのはつい1か月ほど前のこと。にんにくと醤油・味噌ベースのタレをからませた鳥モモ肉とキャベツをジンギスカン鍋で焼く料理だそうで、想像するだけでもおいしそうなので、近々そちらのほうに赴いたときに食べてこようと思っていたのでした。
 その鶏ちゃんが、かつやの期間限定メニューで出ているようなので、手元に9月末まで有効の100円引き券があったことも手伝って、「かつや山形江俣店」に食べに行きました。

 鶏ちゃん焼きチキンカツ定食のご飯大盛り、値引き券を使って、690+120+税-100=791円。
 ははあ、鶏ちゃんとはこういうものなのか。ニンニクが強く効いていて薫り高くてとてもうまいのですが、味付けとしてはかなりしょっぱい。そうとは知らずに前もってキャベツとチキンカツにとんかつソースをたっぷりとかけてしまっていたので、さらにしょっぱくなってしまいました。この濃厚な味に対しては大盛りのごはんでも足りないぐらいでしたが、味に量を合わせるものではありません。かなり満腹になりました。
 チキンカツはとても柔らかくてサクサクとしており、毎回感心させられます。

 コロナの影響かテイクアウトの需要が多いようで、店はわりと混雑していました。
 帰宅後にウーロン茶をたっぷり飲みました。

nakau tendo 202009

 手元に定価200円の冷やしはいからうどん(小)の無料券があったので、9か月ぶりに天童市山元の「なか卯天童店」を再訪しました。

 牛丼では芸がないので、カツ丼(並)に冷やしはいからうどん(小)を添えて、590+0円。
 まあ、カツ丼については、誰が食べてもそれなりにおいしんじゃないと感想を漏らすであろう標準的な味で、とんかつは衣がついた既製品を揚げてみましたというようなもの。わりとしっかりと煮込まれて厚めの衣がつゆを吸ってしんなりしていますが、それもまたなか卯流でしょうか。卓上の牛丼用の紅生姜をのっけていただきます。
 「かつや」のかつ丼とどちらが好きかと問われれば、自分ならば価格が61円安い「かつや」かな。

 うどんのほうは、正規料金ではおそらく頼むことはないであろう程度のもの。でも、「京風」を名乗るだけあって、おろし生姜が添えられているあたりは高評価です。

moritaya 202009

 血液検査のため何も食べずに病院に行き、10時半には終了。一般店が開く時間まではもう少しあるので、天童市中里の24時間営業の店「茂利多屋」へ。4か月ぶり。ここならいつでも開いているし、メニューが何十種類とあって選択自由だし、すぐに食べたくないなら各種弁当からのチョイスだってできます。そして安いし、それなりにおいしい。

 今回はエビとイカフライ定食590円にミニかき揚げうどん220円を付けてみました。
 フライは、イカ・エビ・白身魚の3種で、揚げ立て。揚げ立てのフライがおいしくないはずはなく、これに皿の上のタルタルソースや卓上のとんかつソースを多めにかけて食べれば、サクサクとした衣が上顎の表面を適度に刺激して、満足度の高いこそばゆさが得られます。こうなるとごはんが足りないんだよナ。
 きちんとカットレモンが付いているあたりはたいしたものですが、生野菜は最低限の量かも。もう少し欲しいな。煮卵と漬物も付いています。

 ミニうどんには価格相応の価値はないかもしれません。腹が空いているのであればいっそのことレギュラーサイズの410円を選択するほうがいいと思う。隣の人はそうしていました。
 その人のセレクションは、サバの味噌煮定食と山菜そば。いいですねぇ、それで1,000円ぐらいのはずです。

 とにかく使い勝手がいいし選択幅が広いので、間を置かずに何回も行ってしまいそうです。

hokkaido res shimakita 202008

 昨日嶋北の「俺の中華たなか家本店」で冷やしラーメンを食べたとき、隣りの建物が「北海道レストラン別邸嶋北店」になっていて、夜の営業が主だけれどもランチタイムに生姜焼きオンリーで定食を出していることを知りました。だいぶ前には「うまいもんや傳」だったところ。2019年4月にオープンした模様です。
 しばらく米のごはんを口にしていないので、そうと知ったらすぐにでも食べてみようと、本日の日曜日に行ってきました。日曜でもランチ定食OKです。

 生姜焼き定食メニューは北海道産の「ゆめの大地豚定食」と山形県産の「米の娘豚定食」の2種あって、メニューの上のほうにあった「ゆめの大地豚定食」850円を注文。ごはんは大盛りサービスというのでそれに。

 厚みがある大きめの豚肉を使っているので、食べ応えはしっかりしていて、量もどんぶりめし大盛りに必要十分と言ったところ。生姜焼きにありがちな必要以上の塩辛さはなく、生姜の風味が感じられるマイルドな醤油味です。
 肉に関して不足はないのに加えて、野菜にかけられたドレッシングのワインビネガーの風味がよく、純和風の豆腐の味噌汁もとてもおいしい。
 これが税込み850円なら大いに「アリ」だと思います。

royal india ymgt 202008

 この頃は年齢のせいか、スパイスが強くてくどい味のインドカレーが食べたいと思うことはあまりなくなりましたが、暑い夏には不思議とそういうものを食べたくなるもの。ナンも食べたいし、ラッシーも飲みたい。
 というわけで、市内嶋北にある「ロイヤルインドレストラン山形店」を初訪問しました。ここにもインドカレー店があったとは、すぐそばのラーメン店にはよく行くのに、今までよく知りませんでした。

 平日のAランチ。
 何種類かのカレーから一つ選べて、それにプレーンナン、炭焼きチキン、サラダが付きます。チキンとしめじだという日替わりのカレーを選び、辛口にしてもらって、それにラッシーを別注して、730+164+税=983円。
 しめじって、インドでも使う素材なの?

 サラダがちっちぇーし、入っている野菜の量が激少。2年半ほど前に食べたロイヤルインドレストランの「天童店」の画像を確認してみると、小さな器は同じでもこれよりずっとびっしり野菜が入っていました。
 炭焼きチキンもちっちぇーけど、香ばしいいい味がします。
 ナンにカレーをつけながら食べれば、実にうまいではないか。この味を年齢のせいにして敬遠していた自分を、ナニヲヤッテイタンダと責めたいぐらいです。

 おいしく食べて、身体や衣服に香辛料の香りをたっぷりまとって退店しました。

fukuman en 202008

 ルーローファンが食べたいのだが、居住地の近くで食べられるところというとここぐらいしか知らないので、長井市緑町の台湾料理店「福満苑」を初訪問しました。
 この名称になってからは初めてですが、その前の「徐園(シューエン)」時代にここで一度滷肉飯を食べています。「徐園」のさらに前は「天香一」でした。

 ラーメンと飯物のセットメニュー715円。
 8種類のラーメンと10種類の飯物を組み合わせ自由で選べます。
 飯物は、入店前から決めていた台湾滷肉飯(台湾あんかけ豚丼)、麺類は、最も具材が多そうに見える味噌ラーメンをチョイスしました。

 味噌ラーメンは、低加水の麺を使っていて、スープの風味はサッポロ一番味噌ラーメンに近いような、言ってみればスタンダード。茹で野菜が多くトッピングされていますが、チャーシューやメンマはなし。レギュラーサイズと比べれば量はやや少なめかもしれません。

 ルーローファンは、角切りの豚肉と椎茸が具材。椎茸が効いていておいしいですが、日本人向けの味になっていて、もっと台湾的なエキゾチシズムをぐっと押し出したものにしてもいいのではないかと思いました。こちらは具の下のほうにご飯がいっぱい入っていて、一人前の量だったと思います。
 このルーローファンを、できれば刀削麺とセットで食べたかったな。

takahataya 202008

 高畠町の区画整理のされた商店街の一角にある「旬菜厨房たかはた家」を初訪問。昼は食事、夜は居酒屋の店です。
 30種類以上はありそうな昼定食のメニューから、とんかつ定食900円をセレクトしました。

 厚さは普通だけれども面積はかなり大きいとんかつ。
 とんかつは肉自体のおいしさを楽しむものだと考えるプチブル的な人も多いと思いますが、そういう人たちにとってはまあ普通、あるいはレベルの低いとんかつに見えることでしょう。しかし自分の場合は、「肉」ではなく「とんかつ」というカテゴリーを楽しんでいるので、ソースをぶっかけた「とんかつ」がサクサクでおいしいかどうか――が焦点となります。その意味では、ここのとんかつはかなりのレベルに達しているのではないか。

 揚げよし、添え物よしで、全体としておふくろの味的な素朴なつくりになっていて、好感が持てます。ポテサラに生野菜、小鉢には小ぶりのジャガイモの皮を向かずにそのまま使い、ほくほくのところに甘めのあんをかけたもの。そして、蕪漬けと、味噌汁ではなくカップ入りのスープです。
 ごはんはおかわり無料。どうせおかわりすることになるので、はじめから大盛りで持ってきてもらうようお願いしました。たっぷりです。

 とんかつを少しではなくたらふく食べて、900円。大衆食堂のとんかつはこうでなければならないと思う。

koshiki ymgt 202008

 この日は中華料理。桜田西の「台湾料理紅四季山形店」を1年2か月ぶりに訪れて、ランチです。
 何種類もあるランチメニューから、これまで食べたことのないものを選んで、牛ねぎランチ650円。

 名称からして主として牛肉と白ネギで構成されているのだろうと推測しましたが、白ネギは入っていず、その代わりにタマネギ、ピーマン、ニンジンと、酢豚に使われる具材を使い、オイスターソースなどで味を付けたものでした。

 ほかに、台湾風の冷奴、いろいろ入ったスープ、漬物に缶詰のミックスフルーツ、そしてぎゅう詰めのごはん。ライスはお替り自由でセルフのコーヒーも飲めますが、今回は自重。というか、ごはんの量はおかわりせずとも十分です。

 牛肉をメインに使って650円とは格安。
 台湾系中華店の料理はなかなかいいです。この低価格で何種類もあるここのランチメニューを味わい尽くすのもいいかもしれません。

sutadon iida 202008

 ほぼ1年ぶりに「伝説のすた丼屋山形飯田バイパス店」へ。
 すた丼630円。盛夏には味が濃くてガツンとしたこういう類のものが食べたくなるものです。
 これにすたみな唐揚げ(3個)230円を添えてみました。

 しょっぱいニンニク醤油ダレが夏バテ気味の身体に染み渡ります。これに豆板醤と七味唐辛子を加えて、ガツン度をさらに高めてかっ込めば、バカ暑い夏も軽く乗り切れそうな気持ちになれるから不思議です。
 唐揚げは、おいしいけれども、ただでさえボリュームのあるすた丼と合わせると、自分にとっては少々多すぎる感じ。ちょっと食べ過ぎだったかな。

someta 202008

 七日町の「染太」で、長男夫婦とお盆の昼食会。
 うな重の上重2.5切れ、4,510円。もう少し大きい切り身を想像していたのだけどな。
 でも、うまいなぁ、鰻。肝吸い、お新香付き。
 愛知三河一色産の活うなぎを使い、創業から受け継ぐ山形風のタレと伝統の技でふっくらと焼き上げました、とのこと。養殖モノだけどね。

 鰻は高くて普段は手が出ないけれども、時々食べたくなるものです。
 ちなみに平日ランチタイムには770円で天丼とカツ丼(お新香、味噌汁、小鉢付き)を出しており、この日食べたうな重の料金があれば5回食べてもお釣りがきます。さあ、あなたならDOTCH!

curry kan 202008

 おいしいカレーが食べたい。で、平日には千円を割り込む価格でランチタイムのセットが用意されていて、大盛りがサービスデアルという情報を得て、7年2か月ぶりに寒河江市の「カレー館」を再訪しました。

 990円で4種類のメニューがあり、その中から「ベー丼エッグカレー」を注文。
 深底のどんぶり風の器にベーコンと目玉焼きが載ったカレーライス。これにフレッシュサラダと韓国風の味にも感じられるスープと、お好みのドリンクが付いて、なかなかゴージャスなセットになっています。

 ルーの量が余るぐらいにたっぷりで、これはいいカレーの店のお約束。ごはん大盛りでも十分な量があります。
 しなびていない福神漬とパリパリのらっきょう。
 ごはんは水分が少なめ。カレーに合うようにそう炊いているのでしょうが、ぱさぱさ感が強くてやや裏目に出ているような気がします。

 店内に入る前からカレーのいい香りがして、おおいに食欲が刺激されます。
 わざわざ食べに行った甲斐がありました。

katsuya aradate 202008

 毎週水曜の朝仕事は10時前にミッション完了。朝食と昼食を兼ねて食事といきたいところだが、この時間に開いている店は……、チェーン店になるが「かつや山形荒楯店」にしようか。
 7年5か月ぶり。本日最初の客となり、メニューを考えるのも面倒なので、入り口のボードでアピールしていた期間限定の「黒胡椒から揚げとチキンカツ合い盛り定食」759円でいいかな。

 鶏肉ダブルの肉々しげなメニューです。鶏肉特有の嫌なにおいがせず、豚汁も具だくさんのきちんとしたもので、第一印象としてはマル。冷蔵庫から出してきたばかりの容器から大根のつぼ漬けをごはんの上に載せて食べ始めます。
 今回と食べ方としては、キャベツには卓上の胡麻ドレッシング、チキンカツには卓上のとんかつソースと小袋入りの芥子、黒胡椒から揚げは皿にあったマヨネーズ、豚汁には卓上の七味唐辛子を使ってみました。

 食べ応え十分。とりわけチキンカツについては、業務用の出来合いのものだとは思うけれども、衣がサクサクで身が柔らかくとても美味。これ、イケル。
 妙に納得してしまいました。「かつや」でも十分に満足できています。

yoemontei 202008

 市内松原の「与右ェ門亭」を1年ぶりに訪問しました。
 ここではこれまでラーメン類しか食べたことがなかったので、今回は800~1,100円の幅の中で出している日替わりのランチセットを食べようと思っての訪問です。

 目論見どおりボードに書かれていた4種類のメニューの中から、最上段にあった刺身定食880円をチョイス。
 刺身でこの価格であれば、あまりハイレベルなものは期待できないだろうなと半ば諦観を持っての注文でした。しかし、なのですよ。画像を見てください、これが880円とは驚きです。

 メインの刺身はなんと5種。刺身のツマの大根なんて鮮度抜群で、透きとおってキラキラ、ピンピンしていたのが印象的でした。
 加えて、野菜の天ぷら4種にちょっぴりだけれども魚のかま焼き、そして2つの小鉢(冬瓜煮、牛肉と厚揚げ煮)、さらに胡瓜の糠漬けに飲みごたえのある量の味噌汁と大きめの器でのたっぷりごはん。しかるべき店であればざっと、1,500円ぐらいはしそうです。

 法事などの宴会や仕出し料理もやっているので、ランチタイムの定食は半ばサービスで出してくれているのではないかと思います。
 いい体験をしました。ねぎみそラーメン850円なんかを食べている場合じゃありません。これからは時々ここに定食を食べに来たいと思います。