FC2ブログ
naniwatei 201912

 あまり上品でなくてもいいから、温かい天ぷらそばが食べたい。
 ということで、あの極太、平打ちの蕎麦をごりごりの天ぷらとともにしょっぱいつゆで食べたならさぞかしうまかろうと想像して、1年9か月ぶりに山辺の「浪花亭」へと赴きました。

 天ぷらそば700円。
 海苔やほうれん草が入っていて、単なるかけ+天ぷら以上のクオリティがあります。そして、想像していたとおりのぼそぼそとした口当たりの蕎麦をわしわしと食べ進めるのが楽しい。
 つゆは、予想よりも甘めに振れていて、それも悪くはないけれども、できれば返しの醤油風味がもう少しあってもよかったかもしれません。
 天ぷらは、目論見どおりつゆを吸って、じゅわサクッとしたいい食感になりました。

 こういう蕎麦が時として無性に食べたくなるものです。

スポンサーサイト



aoi 201911

 長旅から戻ってまだ“山形の蕎麦が食べたい病”が続いており、冷し肉そばの本場の河北町谷地に赴いて、それなら河北名物の「餅」とともに食べようと、6年1か月ぶりに「お食事処葵」に入ってみました。
 肉そば(冷)セット850円。肉そば700円に150円を追加すればなっとう餅5コがセットになるというものです。

 肉そばは、つゆが甘じょっぱいのが定番ですが、ここのはあっさりめなので、多めに啜っても体に対する罪悪感がそれほどではありません。
 むしろ納豆餅のほうが塩辛く、搗き立てなのかほの温くて柔らかいのがうれしい。
 両方食べても満腹までには届かない程度のボリュームなので、この店では肉そばかラーメンの餅とのセットをお薦めします。

sumidoya 201910

 今年オープンした山辺の「肉そばすみどや」を初訪問。
 肉蕎麦・大の(冷)、770円。唐辛子をかけてから撮影してみました。

 鶏油の少ないつゆになっていて、味は他店と比較してあっさりめ。
 鶏肉は親鳥を使っているようできちんとした噛み応えのあるタイプ。
 それほど色は黒くない、ある程度の太さを持った機械打ちの麺は、ストレートでとても長いです。

 漬物は、既製品2種がテイクフリー。できれば自家製の大根、キャベツ、青菜、白菜、キュウリ、茄子漬などならばすごくウレシイ。
 お冷はしっかり冷たくてよい。
 店は新しくて広めの舗装駐車場があり、アプローチに不便はありません。
 火・水が休みですのでご留意を。

koma 201910

 JR天童駅の2階にある、これは天童市観光物産協会がやっている店なのかな、「軽食コーナー駒」に初めて入りました。

 天ぷらそば530円。
 駅そばに対するイメージとしては、すでに茹でてある麺をささっと湯がくいい加減なもので、天ぷらも油がちのもさもさもしくはがちがちしたもの、つゆはやたらしょっぱいものと感じていましたが、ココはちがいます。

 生麺を使っており、そのため茹で上がりまできちんと5~6分かかります。列車待ちだと少し焦るかもしれません。
 天ぷらは、店が自前でつくっているかき揚げで、つくりたてのしょりしょり感があります。
 つゆも色のわりに出汁の風味がしっかりあって、しかも熱々です。

 駅そばだからと言って侮れないレベル。現代の駅そば、立ち食いそばは昔と違ってかなりいいところまできていると思います。
 琴の音色が流れる高級蕎麦店で4桁の金を出して食べるなんてちゃんちゃらおかしくなるほどのものが530円で食べられるのですから、魅力的です。
 1時間まで無料の天童駅駐車場を利用しておいしくいただきました。

hakuyou 201909

 東根市神町の某店を目指したものの、店を見つけられずに旧街道を右往左往。これだけ見つけられないということは潰れたんじゃあるまいなと思ったら、ホントに潰れて更地になっていた。アレマ! 見つけられないはずですよ。

 なので、目標を変えて、観音寺の「肉そばはくよう」を初訪問。
 肉そば(冷)+ミニ下足天丼、700+200円。

 黒々とした蕎麦、薄味のつゆ、コリコリめの親鳥で、ご覧のように鶏脂たっぷり。肉そばのネギは一般的に極薄刻みのものをよく見かけますが、ここのネギはラーメンに用いるような厚みのある刻み方になっています。とてもおいしいのですが、量的には普通盛りではやや不足気味でしょうか。

 そんなお腹にミニ下足天丼はベストマッチ。これもそれほど量はなく、蕎麦と合わせてちょうどいいぐらい。揚げ立てのゲソが小さめに切られて食べやすく、濃いめの丼つゆもいい。
 漬物も手が抜かれていず、全体として気品のある一膳になっていました。

benibanaya 201909

 東京へ向かう朝、3時間近くの列車旅を前に、山形駅新幹線ホーム内売店の「べにばな屋」で駅そばを食べていくことにします。
 ここでは物を買うことはあっても、その場で食べるのは初めてだと思う。

 ちくわ天そば400円。
 駅そばですが立ち食いではなく、椅子に座って食べることができます。

 その昔、駅そばと言えば黒々としたしょっぱいつゆでできていて生醤油の香りばかりが強くしたものですが、今どきはそんなことはなく、それとの比較で言えばかなり薄味に振れていて、出汁がしっかり効いていておいしい。

 天ぷらも、かつてはぐずぐずのかき揚げのみと相場が決まっていたものですが、ここではちくわが選べるようになっていました。
 蕎麦こそ平打ち風の茹で麺でそれなりでしたが、つゆがかっきり熱くて、なかなかよかったと思います。

aoba 201908

 山形はこの日も今夏最高を更新して36.3度。こうも暑いと冷たいものしか喉を通らなくなるもの。
 そんなわけで、中山町の「そば処あおば」を5年5か月ぶりに再訪して、肉そば(冷)の大盛り700+150円を賞味しました。

 とてもおいしい。親鶏が整然と並び、そのコリコリした噛み応えが最高。
 蕎麦の大盛りの量も、他店比で多いような気がします。
 スープは他店比でやや薄味のほうで、たっぷり啜ってもおいしく飲めます。
 添え物はナスの煮浸し。

 ここの肉そばはかなりいいセンいっていると思います。

katsura kitamachi 201908

 「そば処かつら北町分店」へは6年7か月ぶり。おお、そんなに間が空いたか。好きな店ではあるのですが、混んでいて入れなかったこともあったりして、久々の入店となりました。

 平日限定、そばランチセットの普通盛り、930円。
 肉そば(温または冷)かざるそばのいずれかに、小柱かき揚げ丼がついたものです。

 チョイスした肉そば(冷)は、相変わらずおいしいものの、どんぶりが小さいように思うのだけど、どうなのでしょう。もう少し多くてもいいのかな。
 とてもおいしい小柱かき揚げ丼。これがたまらなくてリピートする客も多いのではないかと思われます。

 もう少しいけるぞと思いながら退店。ごちそうさまでした。

tachibana minami 201907

 2009年10月以来なのでかれこれ10年ぶりとなる「肉そば処立花山形南店」。
 肉そば(冷)の大盛り700+150円。
 10年前とほとんど変わらない店の雰囲気と味。価格も本体が50円上がっただけです。

 そばの茹でが心持ち長めだったかなという印象があり、そのためか黒くてごつい田舎蕎麦だけれども口当たりがやさしいので、大盛り何するものぞ、するするとあっという間に平らげてしまいました。
 夏の冷たい肉そばはいいねえ、味わいは濃くて深いのに、食後は汗も出ず爽やかだ。

hiro 201906

 しばらく山形を離れていたため、山形の肉そばを思う存分食べたくなり、それならあそこだよなと嶋北の「そば処ひろ」を13か月ぶりに訪問。
 おろし肉そば(冷)の大盛り、800+100円。

 ここの大盛りは多いということは知っているにもかかわらず、それがたったの100円増しならばついいっちゃうよな。
 しかし、配膳させたものを目の当たりにして、いつものことながらどうしてこんなに多いのかと思わず唸ってしまう。ここの大盛りを注文するにはその前に本当に大盛りで大丈夫なのかを熟考することが極めて大事なようだ。
 おいしいし、蕎麦だからするすると腹に収まってしまうのだが、この齢になるとその後がつらいことになるのだった。

 店のサービス精神は旺盛で、通常の店の3人前ぐらいの麺量に加えて大根おろしがこんもりとプラスされているのがスバラシイ。おろしが加わると100円プラスになるのですが、それ以上の価値があると思います。
 山形の肉そばに大満足。天下一品です。

yoshitei 201905

 山形市とは言ってもほとんど山辺町に近い志戸田にある「蕎麦茶屋よしてい」を初訪問。
 以前は長谷堂にあった店ですが、どういう脈絡なのか今はこちらに移転して営業しています。

 肉そば(冷)の大盛り、700+150円。
 本格手打ち蕎麦の店のようなので、その蕎麦が大盛りでプラス150円ならお得だなぁと思っての注文です。

 「はい、特盛にしておきましたぁ」と、運んできてくれたおそらく70代の大将。
 麺が多いのはうれしいことですが、あれれ、これ、ホントに手打ち?
 味は悪くはないものの極めてオーソドックスで、麺の切りには均一感があります。これが手打ちなら、もっと店の特徴を出してよと言いたいようなものです。
 いやいや、この量の肉そばを手打ち蕎麦で供していたらそれは大変でしょう。

 つゆは肉そば特有の甘いもので、平皿なのでそれほど多くのつゆはありません。鶏油は少なめで、あっさりといきたいと思っていた今日の気分にしっくりとくるものでした。
 付き出しは、餅かなと思ったら塩味のたまこんでした。

 肉そばの場合手打ちにはこだわらないので、おいしくいただきました。
 それにしても、ゲソ天は350円と高いので、易々とは付けられません。

yamagata nikudonya 201901

 山形駅東口を出て真ん前にある「山形肉問屋センター」を、一通り飲んだ夜に初訪問。ここは「山口精肉・製麺センター」と言っていたのだけど、こう呼ぶようになっているのかな。
 ブラックハイボールでもつ焼きのしろとはらみを食べて、〆に注文したのはかきあげ蕎麦(温)690円。

 正直に言いますね。
 これ、立ち食いそばのレベルです。この地域にあってこれはないだろうと言いたくなる細い、つまりは茹で時間の短縮を優先した蕎麦に、少し古くなった小さな冷凍のかき揚げを揚げ、それをのっけて提供しています。
 これが390円ならああ立ち食いそばだよねと我慢もしますが、690円です。

 この立地ならそれでもある程度の数の客は入るでしょうが、この蕎麦をこの価格で食べるために二度入ろうと思う人はそう多くないんじゃないのかな。
ikkyuan 201901

 温かい肉そばが食べたくなって、下条町の「一休庵」を2年10か月ぶりに訪問。
 山形市内で肉そばが食べられる店の中では好きなほうの店。
 また、肉そばは冷たいもののほうを基本と考えているけれども、冬本番でこうも寒いと温かいほうを食べたくなるものです。

 肉そば(温かい)の大盛り、650+150円。
 黒々とした田舎蕎麦。量もしっかりあってよし。甘さが強めのつゆもおいしい。
 かけそばよりも50円高いだけなのでやむを得ないのかもしれないけれども、鶏肉が少なめです。

 温かいかけそばには天ぷらを入れたくなりました。かけそばと天ぷら。かき揚げやゲソ天なんかが合うんですよねぇ。
 少し前に食べた「そばのまるごまるご」のかけ天、おいしかったものな。
 その「まるご」の普通盛りと比べると、こちらの大盛りがようやく同程度。価格は「まるご」が50円安く、ぶつ切りのゲソ天がたっぷりで、卵も付く。
 真っ黒で個性的な蕎麦にこだわらなければ、「まるご」のほうがちょっぴり上かな。
marugo 201901

 荒楯の「そばのまるごまるご」を2年7か月ぶりに訪問。
 ここでは「もり天」が定番だけど、冬の寒い日には温かいかけもいいかなと考えて、「かけ天」750円にしてみました。

 「かけ」だって、配膳がスピーディー。
 「これのどこがいいの?」という人もいますが、いいんです!
 普通のそばに醤油味のしょっぱいつゆだけど、成人の?イカの大きなゲソの天ぷら。それをぶつ切りにしたものがたっぷり入っています。ぷっくりとした衣がつゆを吸ってふわふわになったところをガシガシ食べれば、足のほうは「成人」なのでしっかりとした噛み応え。なんかこれ、食べていて楽しいのですよ。
 刻みネギも多め。これに出口の穴の大きいひょうたん容器の唐辛子をばばばっとかけて食べるのが醍醐味です。

 さっとサーブされたものをさっと食べてさっと帰る、というのが、山形の蕎麦喰いの粋というものでしょう。
 かつてよりも卵が小さくなりましたね。
seishoen 201811

 上山市金谷、R13の街道沿いにある「清松園立喰そば屋」を初訪問。
 すぐ裏手にパチンコ屋があり、駐車場も広く朝9時からやっているので、パチンコ店利用者や業務用車両運転手などが利用するのでしょう。
 立喰いそばとはいってもちゃんと椅子や座敷があります。供するメニューそのものが立ち食いそば的だということのようです。

 天たまそば500円。
 天ぷらは、すぐに汁を吸ってそばつゆ全体に拡散するタイプで、さほどではない大きさ。プラス50円は相応でしょうか。生卵もプラス50円。
 黒々とした田舎風の蕎麦はもちろん機械打ちだけど、この地域で食べるものとしては安定感があってまあまあなものだろうと思う。

 先に訪問した村山駅舎内の「愛亭」と比べると、特に天ぷらが大きく格落ちし、かけそば自体のベース価格も「清松園」のほうが90円も高いので、行司軍配は「愛亭」方に上がります。
aitei 201811

 JR村山駅の駅舎内にある軽食処。「あいてい」? 山形北部の「愛庵(めごあん)」とはもちろん無関係なのだろうな。
 きつねそば+天ぷら、370+90円。
 そばとうどんがあり、村山市は蕎麦どころである山形県の中でも随一と言っていい土地柄なので、ここは蕎麦だろうなと。

 その蕎麦は、機械打ちではあるけれども、食べている間は伸びずに然るべき硬さを保っていたし、それなりにおいしく食べられるもの。意外と量があり、この価格ならリーズナブルだよなと思いました。

 きつねもいい味だけど、別注のかき揚げが大きく、サクサク感も残っていて、お得感が高い。90円ならプラスするのが妥当でしょう。天ぷらはなくなった時点で終わりで、日曜日はなし。つまりはどこからか取り寄せて使っているものなのでしょう。

 つゆも、立ち食いそばにありがちなバカみたいな塩辛さはないので、つゆに拡散したかき揚げの残りとともに啜っておいしくいただきました。
takefuku 201809

 ぐっと涼しくなったある日の昼は、初訪となる上町の「竹ふく」で、カレーそば980円を。

 鰹だしを効かせた鶏肉入りのカレーが美味。カレーそばのリピーターが多いというのもうなずけます。
 「神田まつや」で修業したという店主の繰り出す蕎麦は、江戸打ちの細いもの。しかしこれがカレーに馴染むかというとやや疑問で、自分の選択ミスだったかもしれません。
 カレーの粘り気がそれほどでもないために蕎麦がプツプツいってしまうことはありませんでしたが、こういうやさしい蕎麦は「もり」で食べるべきだったでしょう。
 で、量が華奢。朝食をとっていない身には明らかに不足です。大盛りは220円増しと高めなので、その選択もありません。

 味はいいのだけれども、この価格と量はどうかと思ったところ。山形の田舎風とは異なり、江戸前風の蕎麦は少ないんだったよねぇ。
 こういう店はもっと齢をとって量が食べられなくなってから再訪したいと思います。

hiro 201805

 嶋北の「そば処ひろ」を3年7カ月ぶりに訪問。
 あぶらそばの大盛り750+100円。
 100円プラスするだけで量がぐっと増える店なので、勢いで大盛りを注文してしまいましたが、ぐっと増えるのはいいのだけれども、ココは普通盛りでも盛りがいいということを軽んじていました。すごい量です。

 油そばというと中華麺のものを連想しますが、蕎麦処であるこの店の場合、麺は蕎麦になります。
 けっこうイケル。
 「もり」か「かけ」で食べるのが一般的な蕎麦を、硬い親鶏の肉でダシを取った冷たいかけそばで食べ始め、とうとう油まみれにして食べるという具合に、山形の蕎麦ワールドは徐々に邪道の方向に進んでいるような印象が拭い去れないのですが、うまけりゃいいじゃんというシンプルな考え方もあるわけで。

 このブログでは蕎麦のカテゴリーは「もり」と「かけ」しか設けていず、「あぶらそば」はどちらに分類すべきか迷いましたが、便宜的に「かけ」のほうにしてみました。

 トッピングは、味玉、メンマ、蒲鉾などラーメン系が中心。チャーシューは入らず、代わりに豚バラ肉が入っていました。他には刻みネギと紅生姜、白胡麻。
 おもしろい食べ物でした。

hifumi 201803

 なんと7年3カ月も間が空いてしまった「そば処ひふみ」。いい店なのだけれども、そのために昼はいつも混んでいるので敬遠していました。しかし、ある日の夜、この時間なら空いているだろうと思って再訪。その目論見は当たっていて、この店は夜に行くべきとの思いを強くしたところです。

 前回はげそ天ざるそばを食べていたので、今回は肉そばとミニげそ天丼のひふみセット900円にしました。
 冷しの肉そばは、そばつゆの甘さと鶏油が強めの鮮烈なおいしさ。コシの強いやや太の麺もインパクトがあっておいしい。
 揚げ立ての天ぷらの香ばしさとさりげないカレー風味が相俟ったミニげそ天丼の香りにそそられない日本人は存在しないのではないか。
 これらに日替り小鉢と漬物が付いたセットは極めて魅力的で、際立つ味が印象に残ります。

 いわゆるクセになり虜になる味。次回はあまり間を置かず、つけそばを食べに行こうと考えています。

sadasuke 201803

 まだ入ったことのない「えばと」を狙ったのですが、暖簾がかかっていません。やってるのかなぁ、ココ。残念ですが方針変更して、5年9カ月ぶりにその近くの「定助(さだすけ)そばや」に行きました。
 1回目は鶏肉の入った「中華」(ラーメン)を食べたので、今回は肉そばの大盛り、680+150円にします。

 表面積的には小さめだけれども高さがあるどんぶりなので、量は申し分なし。
 少なめに見えるつゆは、甘さが抑えられ、鶏油が表面を覆う、鰹風味豊かなもので美味。
 機械打ちだろうと思われる蕎麦は、角がシャープでいい食感です。
 鶏肉が肉厚で、しっかり鶏肉の味がします。

 メニューに「半板そば天ぷら付き1,100円」というのがありましたが、これはどうなのだろうと興味が湧いたところ。手打ちだったらかなり安い部類なのだろうけど。そうではなかったとしても、この蕎麦ならおいしく食べられそうです。