FC2ブログ
eika 201207

 以前からマークしていた市内北部、漆山の「栄華飯店」を初訪問。この地区における名店ではないかと期待して。

 鶏から揚げ定食850円の大量、充実ぶりが噂として聞こえてきており、狙うはそれかなと考えていましたが、お品書きに酢豚定食850円があるのを発見。ならば、酢豚を偏愛する者としてはこれでしょ。

 目にも美しい酢豚定食。
 マヨネーズがたっぷりついた生野菜。そして適量の酢豚。
 とりたてて絶品!というほどではありませんが、豚肉、ニンジン、筍、シイタケ、タマネギ、ピーマンの6種の具が、酢の効いたあんをまとっています。そそるなぁ、これ。

 ニンジンは生に近く、ごつごつした食感。これはこれでアリなのではないか。
 火の通りを考えてか、タマネギは他の具に比べて小さくカット。できれば大きいカットで食べたかった。
 豚肉は、肉質が特別いいわけではありませんが、10個ぐらいは入っていたでしょうか。

 ごはんはしっかりしたボリュームがありますが、驚くほどの量ではありません。
 中華スープではなくワカメと豆腐の味噌汁が付くというのもユニーク。
 納豆と冷奴が、この店が単なる中華料理店を超越した立派な大衆食堂であることを主張しているようにも思えます。

 定食類は種類が豊富で、その大部分が850円。
 つまり、この店は定食一膳から徴収する料金を先に決め、その料金に合わせて各種定食のボリュームを決めているように思えます。
 そのため、鶏から揚げ定食などは暴力的な方向へと突き進んでいくのではないかと思量しますが、どうでしょう。

 今回の訪問で量に対する警戒心は多少緩和されたので、次回訪問時は鶏から揚げ定食に挑戦してみましょう。
 この画像の酢豚の部分がごろごろの唐揚げ8~9個に変わるだけ(!)だと思えば、なんとか行けそうな気がするので。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1006-79a558f3