FC2ブログ
kareyasan 201207

 ある夏のホリデーに、カレーが食べたくなったので、天童にあるカレー専門店「カレーやSAN」へと赴きました。

 カツカレー850円。
 「大盛りってどうなんですかね?」と店の人に尋ねると、親切に「けっこう多いですよ」とのこと。
 今日はあまり多くなくてよろしい。じゃあ普通盛りだな。

 カレー専門店だけあって、盛り付けが美しい。
 ポークベースのカレーは、エキゾチックな香りの香辛料が効いており、なかなかいい深み。しかもそれって、日本人のカレーに対する固定観念を打破するほどの強引さはなく、邪魔にならない程度なのがとてもいいと思う。
 これをフツーとか家庭の味とか評するコメンターがいるとしたら、その人の味覚を疑わざるを得ません。

 辛さをチョイスできるようですが、ノーマルの中辛はなかなかの好バランス。
 煮込み過ぎなのか、かきまぜ過ぎなのか、肉までほろほろになってしまったルーには、もしかしたら賛否両論があるかもしれません。

 カツの揚げ方はスバラシイ。あまり厚くない衣がいつまでもサクサク。揚げ立てでハフハフだし。
 ごはんは、真っ白かつ艶々。カレー専門店にありがちな水分少なめのものとは異なり、ニッポンのカレーライスによく合う絶妙な炊き加減だと思います。

 量についても、店員さんの言うとおり、普通で十分でした。
 カレーも旨いし、トッピングの揚げもいいので、再訪の可能性は高いです。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1014-c0dbb25e