FC2ブログ
ryushanghai-yamadai 201208

 すっかりご無沙汰していた龍上海。2~3年は食べてなかったかも。

 赤湯ラーメンの大盛り、680+150円。
 好きな部類のラーメンなのですが、最近行かなくなったわけはやはりこの価格にあるのだと思う。有名店だからしょうがないのかもしれないけど、通い詰めるにはちと高いのです。

 ここの主力は辛味噌ラーメンですが、赤湯ラーメンというのはいわゆる醤油味。この醤油、なかなか侮れない実力を持っており、自分の場合ここではたいてい醤油を好んで食べています。

 いい味出しています。自家製麺はしっかりした食感だし、トッピング類はそれぞれスグレモノがたっぷりだし、醤油の生の味を活かしたニボシベースのスープは啜れば啜るほどにその美学が感じ取れます。

 今回久々に味わってみて、感じた問題点が2点。
 ひとつは、これは相変わらずなのですが、麺量が少なめなこと。大盛りでも他店の普通盛りよりもやや多い程度、といえば言い過ぎでしょうが、なんだかいつも物足りないのです。
 2つめは、今回だけだったのかもしれないけど、自慢のニボシギンギンのコク深いはずのスープが妙にあっさりしていたこと。スープづくりの際の投入物を節約しているわけではないでしょうが。

 一流店だからこそ、節約やごまかし、味のバラツキなどには細心の注意を払ってほしいと願います。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1016-856ad2df