FC2ブログ
kagetsu 201209

 遠くでもないのになかなか足が向かなかった店。
 ある日帰宅途上に、つれあいから帰りが遅くなるのでなにか食べていてくれとの連絡。はいはい、お安いご用です。
 ではまあ、ちょうど道すがらだし、行ってみっかということで初訪問。

 嵐げんこつらあめんの大盛り620+150円。

 想像はついていたけど、結構濃厚なものでした。
 表面には背脂がびっしり。思い出したのは「麺屋虎之助」の中華そば(太麺・こってり)。あれも強烈なぐらいに背脂が入っていたよなぁ。
 スープ自体はとんこつ醤油でいい味を出していると思うのですが、いかんせん、異常にしょっぱい!
 チェーン展開のどの店でもそうなのでしょうか? このぐらいに味を強くしないと脂に負けてしまうのだろうけど、それにしてもきつ過ぎるのではないか。

 麺は、大阪の「神座(かむくら)」の麺と似ていると言っている人がいましたが、確かにそうかもしれません。
 かつてこのブログで神座の麺を「惜しむらくは、麺。西日本では一般的なストレートの細麺。ボクたち東北の太い縮れ麺と好対照をなしますが、これがどうも東北人にとっては本当でないのです。」と書いたことがありましたが、この麺もそんな感じがします。
 山形ではあまり味わえない麺だと考えれば貴重かもしれないけど……。

 トッピングは、ひらひらのチャーシューが2枚。味はいいです。ほかにこげ茶色のメンマ、ゆで卵1/2、ネギ、海苔。
 大盛りはおそらく2玉のようで、麺量はたっぷりでした。

 若者男性を中心にこういうギト系、濃ゆい系のラーメンを愛する者は山形にもいるのでしょうが、それが多数派かというと疑問。
 期間限定メニューを多数繰り出してがんばっているようですが、苦戦していなければいいと願っています。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1031-9ea6d1c9