FC2ブログ
marugin 201211

 西回りバイパス沿い、あかねヶ丘の「麺創食堂○銀家」。「まるぎんや」と読みます。新規開店2日目(11月28日)の昼にたまたま前を通ったので訪問。

 昭和ラーメン&チャーシュー丼、550+250円。
 昭和ラーメンは、辛味噌ラーメンや肉そばなどよりも一段上のウリとして位置づけていると思われるメニュー。鶏ガラメインのやさしい味で美味。こってり感もあり、よいスープに仕上がっています。
 子供の頃に食べたラーメンって、こういう味だったよなぁ。そのまま味わってもよし、多少胡椒をかけてもよし。やや塩辛い点を除けば、たしかに昭和の味わいがします。

 四角張ったチャーシューとか、ほうれん草が添えられるあたりもポイント高し。
 無料でついてくる小皿には、おみ漬けと柿。見た目もいいし、山形らしくてスバラシイ。

 チャーシュー丼は、三枚肉のチャーシュー6枚に濃いめの煮汁がかけられたもので、封切りしたばかりの卓上の七味をさらりと振りかけて食べれば、味わいは極めて良好。牛丼チェーンの280円のボリュームには及びませんが、値段相応といえるでしょう。

 店内に掲げられた昭和時代の山形駅のパネルが目を引きます。
 そこに写る山形交通バスは、1958年製造の車体番号「5821」の愛称「あけぼの」。
 当時の山交バスには車体の製造会社ごとに愛称がついており、三菱ふそうは「がっさん」、日野は「ちょうかい」、トヨタは「ちとせ」、いすゞは「さくら」……などと決まっていたものでした。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1070-9126d5e9