FC2ブログ
marugo 201211

 市役所裏の「丸五そば」に久々に入店。
 いつもなら「もり天」700円ですが、寒くなってきているし、この日は「かけ天」700円にしてみました。

 ここの蕎麦は細めなのでかけ系にはあまりなじまないということには気づいていました。市内まるご系3店のなかでかけを食べるなら、荒楯の「そばのまるごまるご」が無難だと思います。
 しかし、市役所裏のほうが、つくりとしてはそこよりやや丁寧だし、盛りもいいような気がします。そして、こちらの甘いそばタレには中毒性があり、クセになるのです。

 それらの傾向は、もり系に限らずかけ系も同様。
 一口目のそばつゆなんて、なんじゃこりゃと思うほどに甘さが強いですが、なぜか食べているうちにしっくりしてくるのです。
 開口部が広く底の深さがあまりない、三々九度杯型というか、そんなどんぶりなので、写真には全景が入っていません。
 麺が整然としているビジュアルもいいし、ゲソ天の衣もつゆとなじみ始めていい塩梅だし、量も普通盛りで十分。ただし、急いで食べないと量が増えてくるような気がします。

 卓上の生卵を割り落とし、一味唐辛子を多めに振りかけて手繰り啜れば、極めて至福。
 ここの蕎麦は量が多いだけで邪道である――などとうそぶきつつ頻繁に訪れている人を知っています。きっとその人はすでに甘いタレの魔術にからめとられていて、本音と建前のはざまで苦悩しているのだろうと思います。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1072-ef4a664c