FC2ブログ
kumura1 201310

 酒田の夜は、名物居酒屋「久村の酒場」に潜入して飲む。ここで飲まんがために、酒田に1泊したようなものですから。

 生ビールでの一品目は自家製コロッケ350円でしたが、あまりに旨そうなので食べてしまい、写真を撮るのを忘れた。
 で、次の品が、長芋明太子チーズ焼680円?(値段失念)
 長芋の角切りがゴーロゴロ。明太子ソースもたっぷりめで、量が多い。ちょうど酒田で暮らしている今夜の相棒がやってきたので、二人でつつく。

kumura2 201310

 この店に来たならこれは欠かせないというメニューが、揚げゲソセット390円?(値段失念)
 酒田では厚揚げのことを油揚げというらしく、その油揚げとイカゲソがセットになりましたという理想的なメニューです。ここではお通しがないので、その代わりといった位置づけでしょうか。
 油揚げの薬味はたっぷりのワサビ。ゲソ揚げは、硬さのある小ぶりのもので、当然揚げたて。
 この頃からコップ酒(290円)に切り替えて、常温をツィーと。やはり日本酒は旨いなぁ。

 ちなみに、煮込みはありません。それに代わるモツの肉じゃがというメニューは、冬季限定なのだそう。
 また、日本海を前にしたこの地にしては刺身のメニューは多くなく、魚は焼き物、汁物などが多かったような気がします。

 締めは、焼きおにぎりの茶漬という一風変わったものをいただきました。(値段失念)
 ホントに焼きおにぎりに永谷園のお茶漬け海苔をかけてしば漬を添えたようなものが登場。ご飯の焦げた部分がなかなかに旨く、目新しかったと思います。

 この店は、「吉田類の酒場放浪記」でも紹介された、昭和の情緒あふれるユニークな店。いつも混んでいるらしいが、この日は台風が通過中で雨風が強かったためか、客が少なめ。それをいいことにゆったりと寛いでしまう。店まで来る間にずいぶん濡れてしまったけど、入ってからは極楽状態でした。

 いやぁ、久村最高! 17時半の開店から閉店時刻と思しき21時近くまで飲み食いをして、二人で7,500円余りでした。
 機会があったらまた寄りたい店です。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1216-d9facc0e