FC2ブログ
nitta-chouju 201401

 寒河江そば散歩会などが発行したパンフレットに載っていた、「日田長寿庵」という店のカレーそばの写真がなかなかよかった。どんぶり一面に盛り付けられたカレーが、とろみを湛えて盛り上がっているのだ。しかも焦げ茶色のいい色をしている。
 写真どおりのカレーそばが出てくるとは思えないけれど、多少の期待もあり、初めて赴いてみたところ。

 カレーそばの大盛り750+100円。
 やはり、盛り上がってはいませんでした。色も黄土色というか、一般的なカレーそばの色でしょうか。
 でもまあカレーは、豚のバラ肉とタマネギが主とし、かつお風味がする和風のもので、それでいてカレーらしいバタ臭さも兼ね備えたなかなかのもの。おいしいと思う。

 パンフレットによれば、東京日本橋茅場町にて蕎麦打ちを伝授されて50余年とのこと。しかし、そのような上品な蕎麦はカレーそばにはそぐわないようで、やや弱いというか、味もコシもカレーに負けてしまっている面があるように感じました。
 60代と思われる御夫婦による切り盛り。おばちゃんが親切で、お茶のおかわりを出してくれたり、新聞を持ってきてくれたり。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1265-eab96238