FC2ブログ
delic 201408

 某病院で1泊2日の人間ドックを受けた際、終了後に供された仕出し弁当。
 箸袋を見ると「デーリック」とあるので、協同組合山形給食センターから取り寄せたものと思われます。

 天ぷら、ローストビーフ、鮭の焼き物、煮物、酢の物、おひたし、メロン、ぶどうなど。このほかにお櫃風の器に入ったごはんが付いています。味噌汁はなく、飲み物は給湯器のお茶でした。
 前日の昼は重湯、夜は粉末状のクリン食、この日の朝は禁食だったので、終わった後の弁当は病院食とは思えない充実の内容。
 減塩醤油などを用いてはいますが、しぼんだ胃にはこたえる900キロカロリー近くあるもので、かなり重厚な食事でした。

 デーリックのホームページを見たところ、「会席弁当」のところには同じものは載っていなかったので、これは病院が特注したメニューではないかと思われます。はて、これはおいくらのものなのか。

 順番でいうと最後の検診者だったので、ひとつだけ残っていた弁当をいただきましたが、残念ながらすっかり冷めていました。弁当は、ほの温いぐらいでもいいから温かさがないと、少々辛いものがあります。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1380-61212d2e