FC2ブログ
jurakuen 201409

 今日のブランチは中華料理の定食を食べよう。寒河江の山香菜房あたりがいいかとも思ったけど、行ったことのない店にしてみようと、東根市中央東一丁目にある「中国料理聚楽円」を初訪することにしました。

 初訪の中華料理店ならば、酢豚定食だよな。750円。土曜日なので、残念ながらラーメンとセットのランチ680円は今日はないとのこと。でも、この充実度でこの値段ならオッケーでしょ。ライス、スープはおかわり自由だし。

 台湾系と思われる人々による経営で、フロア担当のオネーサンの日本語はたどたどしく、厨房の料理人たちの会話は完全にアチラ語。一昔前ならそれだけで入りづらいような雰囲気だったろうけど、こういう店があちこちにできてしまうと、取り立てての違和感はほとんどありません。
 台湾系中華料理店は何軒か訪れていますが、その中でもここの店内は比較的清潔感があります。

 豚肉たっぷりの酢豚。肉が10個ぐらいはあったでしょうか。スタンダードな味付けなので、この店でなければ味わえないようなオリジナリティは感じませんが、ごまかしのない十分過ぎるおいしさです。

 印象深かったのは、ごはんがふっくらつやつやでとてもおいしかったこと。米どころのごはんに求められる要求の高さを的確につかんでいます。ついおかわりしてしまいました。
 漬物のキムチ、デサートの杏仁豆腐もよろし。
 立地がよろしくないのか開店時間直後の客数は多くありませんでしたが、もっと評価されてもいい店だと思います。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1387-0faec43b