FC2ブログ
marushichi 201710

 ひょんなことから先月に続いて2回目の訪問となった朝日町の「丸七そば店」。
 前回、中華そばを食べたときにはスープ、麺ともによく、好印象を持った店です。

 今回はみそラーメン600円にしてみました。
 高かった期待度でしたが、つくる過程を見ていて、これはダメかなあと。
 5人前をまとめて茹で始めました。鍋のお湯は沸騰していません。どんぶりを5つ並べ、スープを張って、しばらくしてから浅く湯切りした麺を順番に入れていき、その上からつくりおきの野菜炒めをフライパンから直接ざざっと乗せ、ゆっくりした動作で配膳です。
 どうでしょう。全行程を70歳ほどの一人の店員が行い、5人分をまとめてつくろうとしたところにそもそも無理があるのではないかと思うのですが。

 食べてみれば、予想どおりぬるくて味噌の味があまりしないスープ、長湯して湯当たりしたヒトのような麺、トッピングは冷めた野菜炒めだけの寂しさという、さえないシロモノでした。
 汗もかかず、初回時のような感動も得られずに食べ終えました。

 あれぇ、おかしいぞ。前回食べた中華そばは秀逸だったのだけどなあ。
 日によって、というかつくり方によって、この店は出来具合にかなりのばらつきがあることがわかりました。

 この値段にもかかわらず、おにぎりが付いてくることは評価ポイント。今回はかやくごはんのおにぎりでした。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/2145-3e8d9c27