FC2ブログ
megoan 201911

 1か月間九州に行って帰ってきました。その間ずっと山形の蕎麦が食べたいなぁと思っていて、すぐに食べに行きました。
 9月に紀伊半島17日間の旅を終えて帰形したとき以来2か月ぶりに、「愛庵」の十割板そばを大盛りで。つまりは、長旅から帰ればいつも、すぐに蕎麦を食べています。
 11時前の入店であれば、大盛りが650円で食べられます。消費税率が上がっても価格は据え置き。

 山形以外では蕎麦を食べる気が起きないのはなぜかというと、他県の蕎麦が少なくて、高くて、それほどおいしくないからだと思う。箸で3~4回手繰ればなくなってしまうような蕎麦に、食べたくもない細い海老天を付けて、琴のBGMなんかを聴きながら、高額の金を払って食べるなんて、どう考えても割に合わないではないか。

 その点山形の蕎麦は、言ってしまえばもともとは米の飯が食べられないときの腹塞ぎであって、田舎風に打った山盛りの蕎麦を箸を休めることなくやっつけて腹いっぱいになるところに美学があるのだと思っており、琴の音なんてしゃらくさく、少ないことなどありうべくもなく、天ぷらはなくてもいいし、あっても山菜かゲソで十分なのだ。

 そういう面からすれば、愛庵は素晴らしすぎて嬉し涙がチョチョ切れます。蕎麦はたんと食いなさい、漬物や生野菜も好きなだけ食べていいから。でもってお代は安くしておくし、早く来てくれたならもっと安くしちゃうよ――というわけなのですから。

 愛庵の蕎麦を賞味してようやく、久しぶりに山形に戻ってきたのだなあと実感するのでした。

関連記事
スポンサーサイト