FC2ブログ
sobakuitei 202006

 七日町の「そばくい亭」を明るい時間帯に訪れるのは初めてのことです。ここには過去に2回、さんざ飲んだ後のシメに蕎麦を啜りに来たことと、焼酎の蕎麦湯割りが飲めるというのでここから飲み始めたことがありました。

 ランチタイムはゲソ天がサービスになるというので、もりそばの大盛り、750+200円を注文。
 食べ過ぎが続いているので普通盛りにすべきなんだよナと思いながら待ちましたが、配膳されたものを見て落胆しました。
 これで大盛り?!と言いたくなるような盛り具合で、しかも細打ちじゃんよ。ここは東京じゃなく山形なんだからさぁ、こんなんで満足する大盛り注文者なんているわけないじゃん。……と、つい言葉づかいが横柄になってシマッタ。
 サービスなので文句は言えませんが、ゲソ天も極細の2本足のちっちぇーのが2つだけで、皿が大きく見えます。漬物も薄いキュウリの浅漬け2枚としょぼいです。

 つゆの味と蕎麦湯のとろみはよかったですが、「そばのまるごまるご」と比べてみればそこの普通盛りよりも少なく、ゲソなんて5分の1もないぐらいの量で、もちろん卵などつきません。それなのに、価格はずっと高い。これでは……。
 サービスらしいコーヒーも飲む気が起きず、満たされない思いで落胆しながら退店。その時点でもうすでに、「まるご」、「こぶ原」、「愛庵」あたりでそばをたらふく食べたい気分になっています。

関連記事
スポンサーサイト