FC2ブログ
ajiya don 202007

 定食を食べたくて、5年8か月前に一度入って、いい定食屋だと思っていた東根市一本木の「味屋どん」を再訪しました。
 おいしそうなメニューがいろいろ並んでいるけれども、日替り定食があればついそれをいってしまいます。

 日替り定食913円。
 この日はポークソテー、天ぷら、カレイの甘辛煮とありましたが、ホワイトボードの一番上に書かれていたポークソテーにします。

 すばらしい。定食として堂々のビジュアルです。
 熱々の鉄板で供するあたり、心憎い演出。鉄板って、手で触ると油がついてしまうようなペタペタのものを使う店が散見されますが、ここのはそういうことがなく、清潔そうに感じます。特別いいものでもない豚肉をていねいにソテーし、吟味したソースをかけて味を調え、ナスやポテトなどをさりげなく添えて、熱いままで供するというシェフの心意気や、よし。

 定食は小鉢にこそ店の真価が滲み出るという思いは、この店で食べればさらに強くなります。おいしいドレッシングをまとったフレッシュサラダと、大根を使った煮物はいずれも手抜きなし。
 味噌汁も、添え物としてではなく立派な「おみおつけ」として機能していることも素晴らしいと思う。

 申し分ないのですが、価格を830円と記載しておいて、下に小さく「税抜き価格です」などと書いてあるメニューはただちに改めましょう。高級料理店ならいざ知らず、庶民の味方の定食屋としてやっていくつもりならば、堂々と税込み価格一本で勝負してほしい。

関連記事
スポンサーサイト