FC2ブログ


 休みの日はゆっくり起きて、朝食を省略し、昼前に充実のブランチをとることにしています。
 このたびは山形市鳥居が丘の「国味(くにあじ)」の鶏の唐揚定食にしてみました。

 ココは、山形では至上の極楽食堂だと、密かに思っています。
 このボリュームで、880円……なんてことはなく、ナントたったの680円!

 自宅では購読していない地元新聞があるのでこれをナナメ読みし、氷水をごくりと飲みながら、テキパキ働く奥さんの様子を窺っているうちに、ドドーンと登場。
 揚げたてをできるだけ速くお客さんの手元に、というのが店のモットーのようで、何を注文してもとにかく熱い。これを口内火傷覚悟でかぶりつくシアワセよ。

 自分の場合、スバヤク唐揚にとんかつソースを多めにかけて一口目のむせかえるようなアツアツの感覚を楽しみ、ドレッシングのかけられたキャベツはそのままいただく。
 漬物は口の中の熱さを減退させたいときにパリパリと。そして添え物のレモンは、カリカリの食感が失われぬよう唐揚にはかけず、冷水に絞りいれて食後の爽やか感を演出します。

 あぁ、満腹。充分に満足して代金を払えば、店主と奥さんからは「ありがとござい~んす」というゆるゆる感たっぷりのごあいさつを頂戴できます。

 このように、速い、美味い、安い、熱い、多い、楽しい――のすべてがそろう名店です!
 なおこの店、揚げ物が中心であるため、混雑時は店内に油分が蔓延して服に匂いがつくという唯一の欠点があります。夕食時などに背広を着て入店すると、一発でクリーニング行き。(笑)
 なので、自分の場合、午前11時の開店直後に行くことにしています。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/574-9415b9d1