FC2ブログ


 同名の店が米沢市にもありますが、こちらは南陽市郡山の「幸来軒」です。
 米沢の「幸来軒」が典型的な米沢ラーメンなら、南陽市の「幸来軒」は典型的な赤湯ラーメンである、というところがおもしろい。

 中華そば580円。
 小さめのラーメンどんぶりに目いっぱいという感じの盛り付けで、これもまた赤湯風?
 写真では麺が極太に見えますが、それはどんぶりが小さいからです。

 その麺、中太の手もみ風の縮れ麺です。美味しいのですが、いかにも製麺所製らしいなあという印象が強いもの。
 それはどういうものかというと、まず透明感がありすぎること。それに加えてあまりスープを吸わないタイプのようで、かっちりとした硬めの食感。そのため麺とスープの渾然一体感が薄いです。
 伸びないという長所はあるのでしょうが、スーパーから買ってくるラーメンを食べているような感じがしないでもないのですね。

 それでもデキが悪いかというと、そうではありません。
 自己主張のつつましやかなスープが啜るほどに美味だし、細割きのメンマや小ぶりのチャーシューはなかなか通好みのするものでした。
 しっかり感があり、くどくないあっさり系の赤湯ラーメンが食べたいときには、この店はいいかもしれません。

 スープがあまり熱くないところは、本来はマイナスなのですが、夏のこの季節ならばそれも許せるでしょう。
 カレーライスとのセットで千円以下のメニューなんかもありましたよ。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/630-57f2a4f1