FC2ブログ


 9月20日、音楽イベントを観るため上京。
 京王線千歳烏山駅近くにあるオリジン東秀チェーンで食事しました。

 どこでも食べられるようなチェーン店なのに、とりわけココの支店にわざわざ出向いて食べるのには、深~いワケがあります。
 いにしえの昔、世田谷のこの地に2年近く下宿していたことがあるのです。

 金がなかった学生時代この店は、バイト代が入ってちょっと今日はフンパツしようか……というようなときによく行く店でした。
 麻婆豆腐やホイコーロー、酢豚などの各種定食がウリで、いずれもたしか400円前後で食べられたと記憶しています。

 その店に何十年ぶりかで訪問する、という趣向。
 店は、まだ同じ場所にそのままの姿で、ありました。感激です。
 喜びすぎて、店に入ったのが開店数分前だったことを知り、いったん辞去して、数分後に再入店という体たらくでアッタ。(笑)

 時空を超え、かつてを思い浮かべながらこの店で食べる、ということが眼目だったので、べつにメニューにはこだわりません。
 注文したのは、Bランチ620円。単品でたのむと710円、ランチタイム以外の時間帯でセットでたのむと670円。この刻みが学生のフトコロに微妙に訴えるものがあるのでしょう。

 シンプルかつ安直なデキではありましたが、まあ納得。
 店のつくりや雰囲気も昔のまま、というのが泣かせました。

 それにしても当時駅周辺にあった店のうちで残っているのは、ココと菓子舗の「たちばな」ぐらいのものではなかろうか。
 よく行った喫茶店「ペニーレイン」も、踏切近くの蕎麦屋も、南口のサンマーク書店も、バイト先の京王メガネセンターも、徹マンした雀荘も、はずれのほうのインベーダーハウスも、すべてなくなっていました。
 そして、駅前の繁華街は以前よりも数段パワーアップしていました。
 少し残念な気がしますが、時の流れとはそういうものなのだろうな……。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/637-0042aa51