FC2ブログ


 2010年の初ラーメンは、南陽市の「満月食堂」でラーメン550円を。
 1月4日。終業後に職場を離れるのがちょっとだけ遅れたら、帰宅ラッシュと降雪が重なって米沢市内は大渋滞。これを抜け出ることがなかなかできませんでした。
 しょうがあるめい、どっかで食べて帰ろうか……。
 というので、途中の南陽市赤湯温泉にあるこの店に初めて寄ってみた次第です。
 実はこの店、そば、うどんの老舗。でもラーメンもうまいよという話を聞いていたので。

 店は、閉店間近とみえて客もいず、店の親父さんも奥の居間で寛いでいるのが見えます。
 御免。すまぬが、ラーメンを一杯、お頼み申す。

 黄色が強めの平打ち風のやや太い麺。赤湯ラーメンの範疇ではあると思う。でも、なんか独特。これがちゅるっとした舌ざわりでけっこうイケルのです。
 秀逸なのは澄んだスープ。ウチは昔からこの味でやってますねんといった風情の、なつかしささえ感じられるオーソドックスなスープです。
 でもこれ、中華味の素みたいなものを使っているかもしれません。旨過ぎるから。
 まぁ、うどん屋だからなぁ。中華スープの仕上げはそのようにせざるを得ないのかもしれないな。……と、あっさりと許せてしまいそうなうまさなのですな。

 2枚入ったチャーシューも、脂身がしっかりついていてグー。メンマも標準。海苔も立派。
 この素朴さ。突出したところがなく、互いが互いを高めあう総合力の強さ。
 出前で毎日食べてもおいしいと感じられそうなデキです。

 勘定の際は、新年早々に見かけない客がやってきたものだと、チラチラとこちらの顔を見る親父さん。
 「まだござってください、まだよろしぐっす、おしょうしなっす……」という声に送られ、今年の初ラーメンに満足、納得して店を出たのでした。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/668-8d2b673d