FC2ブログ
takedaya 201009

 自家製手打ちラーメンを標榜する店が香澄町にあることには前々から知っていて、いつか行ってみようと思っていました。
 狭い駐車場に狭い店。意外と奥行きがなく、カウンター7~8席に、小上がりに小さなテーブルが3つ、かな。

 ラーメン大盛り500+100円。今どきの山形市内にしては、安い!
 そして、結論から言うと、このラーメンは秀逸です!! これは掘り出し物です。

 麺はさすが。プリプリのツヤツヤで、コシのしっかりした手もみウェーブ麺。白河のとら食堂の麺を髣髴とさせるもので、それより少しだけ太いでしょうか。
 一部にひらひらの不揃いな麺があるあたり、これはまちがいなく手打ちでしょう。

 スープは、やはり山形、ご覧のとおりオイリー。山形にあっては、麺が手打ちで立派なところはスープで手を抜いていると感じさせる店がいくつかありますが、ここはおいしいです。独自にダシをとったものに、おそらく塩と若干の化学調味料で味を調えていると感じましたが、どうでしょうか。
 そのオイリーなスープに麺をくぐらせて掬えば、見た目もなまめかしいほどに独特の色艶をたたえています。ソイツをズバッ!と啜り上げる醍醐味と言ったら、これ以上はありません。シアワセです。

 具は、立派は厚みのチャーシュー、海苔2枚、深い味の染み込んだメンマ、刻みたてのネギ、なるとではなくカマボコ、そしてほうれん草。なかなかいいんじゃないですか?

 大盛りとはいいながら大量ではなく、一般店の普通より多めぐらいの量なので、ちょうどよし。
 ココに来たなら絶品の麺を大盛りで食べるべきです。それでたったの600円なのですから。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/749-79a8756f