FC2ブログ
ohtsukaya 201012

 超どろりのあんかけを体験した川西町の「大都嘉屋」を再訪。
 立派な中華料理を提供している様子が気に入って、自分の中ではこの界隈ではいまや屈指となっている名店です。

 今回は炒飯か五目焼きそばか餃子が10個つく餃子定食にしようと思って入店したところ、入り口のボードに今日のランチは牡蠣フライと書いてある。
 ほうほう、そうかそうか、それでは予定を変更。カキフライは好物なのだ。定番メニューのほうはいつでも食べられるしな。

 その今日のランチは730円。
 コストパフォーマンスを重視する者としては、そう満足できる値段設定ではありませんが、一般的にいえば極めて妥当な料金でしょう。

 大きめのカキフライが4個。もう1個加えて5個ならまったく文句はないのでしょうがねぇ……。
 そのフライ、新鮮なパン粉が用いられているとみえてとてもサクサクしてよろし。それにたっぷりのタルタルソースをつけて食べれば至福の極みです。

 サーヴのしかたがおしゃれ。これに中華スープと柴漬けとごはん。
 ごはんについては、ボリュームに不満はありませんが、質については、県下に響く米どころのものとしてはイマイチ。肝心なところで手を抜いてはいけませぬぞ。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/777-f85f0f07