FC2ブログ
pekin 201104

 何年ぶりかの「北京亭」。ココの麺が好きな長男とともに訪問です。
 味噌ラーメン大盛り800+150円。
 高っ! でもまぁ、久々だから許そう。

 充実度の高そうな第一印象。これも湯気がたたないほどにスープの表面を油が覆っているつくりです。
 辛味噌を溶かしていただくスープはしっかりした味噌らしい味ですね~♪

 極太で激しく縮れの入った麺は、きりりとした茹で方で、引き締まっています。この食感は独特。喉越しが持ち味の米沢ラーメンの対極をなすもので、コシがしっかりしていて多少噛み噛みしないと喉を通らないほどです。

 具は、湯どおししたキャベツと多少のニラ、ネギ、パサパサ系ながら実くずれする一風変わったチャーシュー3枚に柔らかめのメンマ。

 うまいか?と問われるとチト考えてしまいますが、オリジナリティの高さは十分に評価できる逸品ではないかと思います。

 いやはや、硬めの麺はすごく腹持ちがよく、胃の中でなかなか消化しきれないでいます。(笑)

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/802-37f96df3