FC2ブログ
suiren2 201108

 いよいよ真打ち登場といった感じで運ばれてきたのは、五目あんかけ焼きそば大盛り、750+200円

 直径40センチ×30センチほどの巨大な器にあふれんばかりの五目あん。威風堂々、体躯頑健、質実剛健といった風情で、近くにあるスープや醤油さしなどがはるか遠くにあるように見えます。
 すごいなぁ……。これを一人で食べる猛者がいるということにまず驚嘆。

 ささ、喰おうぜと箸で取ろうとした麺は、適度な焦げを伴いながらかぐわしい芳香ととろみをたたえていて、「お願いだから持ち上げるのはやめて……」と言わんばかりの重量感と粘り。
 もしかしたらこの瞬間こそが、五目あんかけ焼きそばを食べるときのサイコーの醍醐味なのかもしれないなぁ、フフ。

 ところがその麺、あんがたっぷりだったのでわからなかったけれど、すげぇ量!
 あんの下は麺だらけで、特に皿の中央あたりは麺が異常に分厚く盛り付けされているのです。いったい何人前の麺が入っているの、コレ?!
 さすがの息子もコレハナンダ?という顔をしていました。
 二人で来てよかった。一人でこんなのをたのんだ日には、死ぬ思いをするか、多くを残してしまうかしたでしょう。

 でも、驚くなかれ、これがとても美味なのです。
 具材こそ高価なものは用いられていない印象はあるものの、こちらはべつに高価な具材を食べたいのではなく、むしろ五目あんをまとった野菜たちを麺とともにたっぷりと味わいたい。そういう意味ではヒジョーに優れたシロモノではあると思う。

 焼きそばだけで十分だったかも。
 炒飯、餃子とあわせてほうほうの体で食べ終えた後は、親子二人でボーゼン状態。いや、マイッタ。

 一人で行って両方味わいたい場合は、チャーハン&半あんかけ焼きそばセット800円があるようなのでそちらがよいかと思いますが、この大盛りの仰天感は一度は体験してみて損はないと思いますよ。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/830-7131726d