FC2ブログ
ajikidou 201111

 晩秋の休日。この日も寒河江方面へ。
 オリジナリティに富んだラーメンを求めて、ラーメン味来道にお邪魔してみました。あじきどう、って読むんだって。

 肉らぁめんの大盛り700+100円。
 肉がゴロゴロ。予想はしていましたが、目の前にすると濃厚そうな雰囲気はいや増します。

 表面がほとんど脂のスープを一口すすると、おぉコレハ……。
 なんだか山形名物芋煮汁の味? いや、これは居酒屋で味わうモツ煮込みの味だ!
 なるほどね、肉らぁめんの「肉」は牛スジだったのだな。牛スジ煮込みラーメン。ならばそういう味がするわけだ。
 こってりのスジ。中には沖縄のソーキそばで目にするぷるぷるのナンコツなんかも入っています。

 これはラーメンとしてはアリなのか?と始めは思いましたが、アリなのですね、これが。食べ進めるとなかなかうまいではないか。
 口の周りがてらてらになりそうな脂を緩和するために大量に投入されたと思われる生レタス。これも合っています。店主の研究の成果?
 煮込みと思わせておいて、メンマが載っていたりする不思議。この一見ミスマッチ風も、ラーメンとして生きていく上では必要でしょう。
 麺も、卵の味がふんわりとただようものでグー。

 意外にも(失礼!)スグレモノでしたが、やはり問題は強すぎる脂。脂に負けない味付けをしたためか塩味が強いようで、その感じは食後に訪れ、唇がヒリヒリして喉が渇きます。
 若者にとってはうめぇうめぇの逸品でしょうが、ある程度の年齢になると、身体が脂負けしそうになり、口惜しい。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/888-079e87fd