FC2ブログ
gojuban 201203

 ある日の夜、長い付き合いになる男性二人とともに、繁華街から少し離れたところにある居酒屋で飲み会。芋焼酎のボトルを空けて、その後風の冷たさに震えながら駅前へと歩いてたどり着き、「五十番飯店」でラーメンでも食べて温まっていこうと。

 この店ではいつだったか、やはりしこたま呑んでから五目揚げそばほかを食べて、あまりの満腹感で死にそうになったことがあります。
 そしてつい先ごろは、ここの姉妹店にお邪魔して五目焼きそばを食べました。
 なんだかずいぶん五十番のオヤジには貢いでいるよなぁ。べつに知り合いではないのだけど。

 で、この日の気分はなぜか蟹玉麺。メニューにはないが、カニ玉飯と同額の780円で強引に注文。
 かなり酔っていたので自分の味覚に自信を持ってお伝えできるわけではありませんが、スープをすすればはじめにごま油のいい香りがやってきて、次にカニ玉にかけられた甘酢あんの甘辛とろ~りがウマウマ♪ 個人的にはこのおいしい甘酢あんがもう少したっぷりと欲しいところ。
 久々のカニ玉は、ほぐしたカニの身とシイタケの深い味わいが交錯し、細切り筍の食感もよし。表面きっぱり、中身はとろとろの絶妙の焼き加減でたいへん美味でございました。

 基本形のラーメンもいいですが、今後はこういうアレンジものもノーマルと合わせて追求していくべきなのかもしれないなぁ。

 春の訪れまではもう少々、というところでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gailog.blog.fc2.com/tb.php/944-53f54b06