FC2ブログ
 3月初旬に「金太郎寿し」の新斎店で寿司をつまみましたが、鶴岡の回転寿司だったらココに行かなければと、同店の城南店に行ってきました。
 ココは内陸地方にもその名が轟いており、出張などで庄内に行ったならあそこで寿司を食べて来なきゃというのが合言葉のようになっていた時代がありました。これって自分の職場のだけの話だったのかな?

kintaro-jonan1 201703

 17時半頃の空いていそうな時間を衝いて入店。
 茶とむらさきをスタンバイして、まずはオススメ品目にあった真鯛(右上)といしなぎ(左下)の白身2点を注文。いしなぎは身がしっかりしていて歯応えがよろしい。
 空いた皿にガリをたんまり取り分けてそれをつまみつつ、別途わさびをもらいます。

kintaro-jonan2 201703

 続いて、ほうぼう(右上)としまあじ(左下)。ほうぼうも白身だけれども、先の2品よりもほの赤みがあり、これも美味。庄内の魚はやはり白身がうまいよねえ。
 しまあじは、おいしいけれども鮮度がもうひとつだったか。

kintaro-jonan3 201703

 次は、新斎店でもたべたあなご軍艦と、しおから。
 たれをたっぷりまとったあなごがうまい。海苔もパリパリだ。
 しおからはその名のとおりイカの塩辛で、たまたまゲソの太いところが当たってしまったのかどうか、うまいが、太い足が硬い。

 もう少し食べようかとも思いましたが、急に混み始めたので、ここらで自重。隣に座った20代の男女4~5人グループが若さにまかせて脈絡のない安いネタの寿司を次々と注文し始めたので、こりゃタマランというのが本音かな。

 6皿、260×5+130×1で、あがり1,430円は前回の新斎店と同額でした。
 ネタの大きさはかつてほどではないように思いますが、かなり満足できる回転寿司店です。

 「金太郎寿し」といえば、当地庄内はもちろん、内陸地方でも人口に膾炙した人気回転寿司店。でもそれは「城南店」のほうが有名で、西新斎町の羽州浜街道沿いにある「新斎店」のほうはそれほどでもありません。
 その新斎店の近くに用事があったので、夜の部の開店直後、17時過ぎ頃にふらりと入ってみました。

 食べたのは、まずは庄内らしく白身のヒラメ、カナガシラ。

kintaro-shinsai1 201703

 続いては、内陸ではなかなかメニューに登場することがない牡蠣軍艦と、本マグロの赤身。

kintaro-shinsai2 201703

 フィニッシュには、これも初めてお目にかかる穴子軍艦と、光り物もいいなとアジ。

kintaro-shinsai3 201703

 いずれも美味。シャリが大きくないので、全12貫でしたが腹に無理なく食べられました。
 海苔が好きなので、いつもはついつい軍艦巻系が多くなるのですが、今回は4貫にとどめました。
 牡蠣軍艦がおいしかった。勘定をする頃には真っ先に完売になっていました。

 260×5+130×1=1,430円。
 寿司はいいな。オトナの食べ物という感じがする。混んでいない時間帯に一人で店に入り、ちょちょいとつまんでさっ帰るというのはなかなか粋なものだと思う。そういうオトナの作法は居酒屋クローリングをするときも同様だ。
 一人回転寿司には今後ハマりそうな予感がしています。

topos 201702

 ある日の夜、酒田市中町のマリーン5清水屋の1階にある「回鮮寿司トポス」を初訪問。
 「MyBloom」第5弾を使っての15食目、「本日のお寿司ランチ(松)」を、1,440円のところ1,080円で食べてきました。夜なのにランチ。これって沖縄みたいだな。
 寿司8貫+あら汁+野菜サラダのセットです。

 注文して待っていると、お酒はどうしますかと訊かれます。ん? 「今日は車で来たので飲めないのです」と答えましたが、質問の趣旨がよく理解できません。
 で、運ばれてきたのは寿司1皿で、6貫のみ。手をつけずにしばらく待って、ようやくあら汁が登場。これで全部かと尋ねると、あとはサラダになりますと。もったいぶらなくていいのにと内心イラつきつつ、早く全部持ってきてねと笑顔でお願いします。
 どうもおかしいなと思い、サラダが運ばれてきた段階で寿司は8貫ではないのかと確認したところ、店の人たちはどうやら酒がセットになっている別のキャンペーンセット(雛バル)と勘違いしていたようでした。ははん、だから「酒は?」と訊いたわけか。
 間違えましたと寿司はいったん下げられ、8貫の寿司が改めて運ばれてきました。とは言っても、このうちの6貫ははじめと同じもので、それに軍艦巻きが2つそえられただけなのだけれど。

 それなりにおいしくいただきましたが、残念ながら回転寿司のよくないところが目につきました。
 つくり方をカウンター越しに見ていましたが、これらの寿司は「握られて」いず、すし飯にネタをのっけただけのつくりで、箸で持ち上げるとネタとシャリがすぐに分離します。
 そしてそれらはかなり小ぶりで、8貫程度を食べたところで十分に腹が満たされないのですな。
 ティーバック仕立てのお茶は湿気っていて出が悪く、オマケにサーバーから出るお湯がぬるい。
 袋入りのわさびは、鼻を抜けていくような本来の刺激がありません。本山葵を出せ!
 嗚呼、寿司を食べる醍醐味はいずこに。

 とまあ、4桁のカネを投入したのに、満足感としては価格相応のものは得られず。
 少々辛辣になってしまい、ゴメン。

kashiwado 201612

 山形が生んだ昭和の大横綱・柏戸をご存じでしょうか?
 昭和40年代に柏鵬時代の一翼を担った「押し」に優れた横綱で、前みつをつかんで猪突猛進する取り口は迫力モノでした。大鵬が32回も優勝したのに対し柏戸は5回で、少ないじゃないかと思われるかもしれませんが、大鵬戦ではほぼ互角の星を上げており、千秋楽の二人の一番は群を抜いて盛り上がったものでした。突進をけっしていなすことのなかった大鵬も立派でした。平幕相手のとりこぼしが多く、特に大麒麟(初代麒麟児)には肝心なところでよく負けていたのを思い出します。
 あの頃は、吊りの明武谷、けたぐりの海乃山、巨漢・義ノ花、もろ差しの鶴ケ嶺など、「異名」をもつ個性的な力士が大勢いたんだよなあ。

 おっと、話がそれましたが、その柏戸の親族が鶴岡市内で経営している寿司店が、「柏戸銀寿し」です。職場の仕事納めの昼食は、ここから出前してもらった名物のちらし寿司「二枚目」です。

 通常料金950円のところ、900円。それに茶碗蒸しをつけて1,230円だとか。ってことは、茶わん蒸しが高価?
 瀬戸物の立派な器。間口が小さいので、手持ちのカメラではこれ以上接写するのが難しいというところまで寄って撮ったのがこれ。
 茶碗蒸しと醤油の小皿はプラスチック容器とチープで、器同士の落差が大きいのね。(笑)

 間口が小さいけれども深さがあり、トッピングは魚卵系を中心として細かく切った刺身類も。
 酢が強めのシャリが出前のためすっかり冷え切って塊になりつつあるので、つい「冷や飯食い」という言葉を連想してしまったところ。
 醤油を少なめにかけてネタ味優先を確保しつつ掘りながら食べ進めると、底のほうにも、これは煮穴子なのか、ネタが入っていて、全体として味ははっきりしたものになっていました。

 茶碗蒸しもほの温い程度で熱さはなし。やはり寿司は店に行って食べるべきなのだろうな。
 店で食べればこれに小鉢と吸い物がつくのかな。それらとともにつくりたてのちらし寿司を食べたならば、さぞかしおいしかっただろうに。

kantaro-tsuru 201607

 ボーナスも出た。株式の配当も今日、郵便局で受け取ってきた。ではまあ、しばらく行っていなかった回転寿司でちょっぴり高価なネタをつまんでこようではないか。
 てなわけで、以前から気になっていた「グルメ回転寿司函太郎鶴岡店」を初訪問。一人で回転寿司屋に入るのは6年ぶり。なぜ覚えているのかって? まあいろいろとあるわけですよ。

 この店の現場主任と思しきすし職人の真ん前に陣取って、はじめから飛ばします。
 まずは、本日のおすすめメニューから、脂の乗ったトキシラズと厳選三昧(画像)。厳選三昧は真イカとつぶ貝となんだったかな。
 続いてメジマグロの赤身と真アジ。真アジは秀逸の一言。
 最後に飛び魚で締めようかと考えましたが、混んできて急に注文が入りだした職人は大忙し。しょうがないので回ってきたかに味噌軍艦であがりにしたところ。
 ときどきガリを口に含み、回ってきたわさびを皿に取って寿司にちょい付けしながらゆっくりといただきました。

 締めて1,633円。5皿程度が腹八分目でいい感じ。
 寿司っておいしいけど、やはり割高ですよね。
 してみると、千円以下で質、量ともに充実した品物を提供する定食屋というのは立派だと思う。自分はやはり、定食類やラーメンなどの庶民的な食べ物に今後も美学を見出していきたいと、思いを新たにしたところデス。

zempouji 201606

 庄内地方の城下町鶴岡市北西に位置し、龍神様の寺として、約1,100年の歴史がある大祈祷道場、龍澤山善寳寺。このたび境内や建物の中を案内していただける機会を得て、精進料理をいただいてきました。

 厚揚げ・椎茸・昆布・人参の煮物、さやいんげんの黒胡麻ペースト添え、ぜんまい煮、漬物2種、豆腐のあんかけ、キャベツなどの酢和え、わらびのおひたし、フルーツ2種、それにごはんとなめこ・豆腐の味噌汁。

 あんかけ料理や厚揚げなど、庄内らしいものが並びます。
 みたらし風のあんや、さやいんげんにかけられる胡麻ペーストの味わいにホレボレ。煮物に入った結び昆布は黒ではなく深い緑色をしているのが美しく、柔らかくて美味。

 かつては精進料理というと肉類がないことに物足りなさを感じたものですが、今回食べてみて、こういうご馳走のほうがおいしいと思ったところ。

 団体での訪問だったこともあり、料金は不明。
 御祈祷を受けに来て、ここで精進料理を食べていかれる人もけっこういるのだそうです。
 ごちそうさまでした。合掌。

asahiya 201604

 鼠ヶ関で昼になり、メシを食べようと「イカリ食堂」へと赴いたところ、残念ながら休みのよう。そんなわけで「鮨処朝日屋」へ、昨年の11月以来再訪してみました。

 関所チラシ1,100円。
 前回「MyBloom」で食べたときは卵焼きが加わったセットで1,080円でしたが、ノーマルメニューはちらし寿司と味噌汁のセットで、ごはん大盛りサービスで、潮汁お代わり自由となります。

 内容は前回と同じなので再度のコメントはしませんが、とてもおいしく、満足して店をあとにしたところ。
 この価格ではありえない充実のランチ。鼠ヶ関での昼食ならここがベストでしょう。

fukusen 201603

 ある日の昼に出前をとって食べた三川町「福仙」のにぎり寿司。
 大勢で注文したので、味噌汁付きです。
 一人前1,300円なのだそう。は? それってずいぶん安いんじゃないの。

 ネタがでかい。シャリの下までめくれこんでいるものもある。
 キトキトかというと、出前だったこともありさほどでもないというのが本音ですが、マグロを獲る漁師たちは少し寝かせたものを好んで食べると聞くし、このぐらいの鮮度がベストコンディションなのだと考えましょう。

 海老の頭がたくさん入っている味噌汁もおいしかったなあ。

chibazushi 201512

 鶴岡市山王町にある「千葉寿司」を初訪問。
 店に電話を入れて事前予約し、My Bloomのプレミアム千円クーポンを使って、お好膳1,080円を。

 寿司屋のカウンターで食べる、立派な御馳走。「寿司屋はさすがにワンコインとはいきません」「採算度外視です」とは職人の弁。
 丼は生ちらし、いくら丼、ネギトロ丼の3種から選べるそうで、いちばん豪華に見えた生ちらしをチョイス。
 ほかには、握り3貫(かに、いか、鮭)、魚のあらが入った味噌汁、海老・サツマイモ・なす・ピーマン・かぼちゃの天ぷら、ぜんまいとささげの煮物、大ぶりにカットした赤かぶの漬物が付いています。イカの塩辛はサービスなのだそう。

 しかし、これだけのものが揃うとやっぱり酒を飲みたくなるもの。飲んでしまって代行車で帰ろうかとも一瞬考えましたが、その悪魔の囁きはどうにかこうにか打ち消します。
 熱い茶をもう一杯いただいて仕上げとしました。ごちそうさまでした。

asahi 201511

 「MyBloom」を携えて、旧温海町鼠ヶ関、鼠ヶ関マリーナの真ん前にある「鮨処朝日屋」を初訪問。通常1,500円のセットが1,080円で食べられるのです。

 「やまと握り」と「関所チラシ」から選べるそうで、少し考えて「関所チラシセット」をチョイス。
 どうよこれ。このどんぶり、すごくデカいんです。味噌汁の器もデカいのでよくわからないと思うけれども。

 チラシのネタはすべて国産を使っていて、地物のサワラなども。
 おかわり自由の味噌汁の湯気がすごい。エビの頭が20個近くは入っていたでしょうか。
 写真には写っていませんが、食中に焼き立ての玉子焼きも登場。その大きさはチラシ寿司に乗っている玉子焼きよりもデカくて熱々でした。

 味や質はもちろんですが、このボリュームには感動します。これで1,080円なんて、フツーありえません。
 店のスタッフはみんなフレンドリーで、庄内浜の魚の話をいろいろと聞かせてもらい、また店のオネーサンと互いに「MyBloom」はもう何件行ったかなどの話をしました。
 また行きたいと思わせる店でした。

komatsumaguro 201508

 酒田港での用向きがあったある日の昼どきに、昨年11月以来2回目の訪問。
 近くの「海鮮どんやとびしま」は長蛇の列だったし、みなと市場内にあるラーメン店「月」は休みだったので、業務の都合上30分ほどで食べるならここだろうということで。

 前回は「中トロ丼」850円を食べましたが、そのとき惜しくも直前で売り切れて食べられなかった「中おち定食」850円を、今回改めて注文。

 この定食のグレードは「中トロ丼」を凌駕しています。同料金ならばこっちのほうが断然お得です。
 中おちの部分がいっぱい。その中おちにわさび醤油を少なめにかけて食べれば、うまいのなんの。船盛りの上にしつらえた皿に乗っているのかと思えばさにあらず。まぐろの中おち部分をそぎ落とした皮に乗っていました。おお、こいつからも肉の部分を箸で削って食べたくなるぜ。
 添えられたネギ2種などのあしらい方もいいではないか。

 急いでかっ込んでまたたく間に食べ終えてしまったのは少々残念。せめてもう少し味わって食べられたならもっとよかったのになぁ。

ibaraki 201412

 年末、家族にとって大切な人になるであろう若いお客さんが来たので、みんなで昼食を食べようと、訪問。ここに入るのはおそらく四半世紀ぶりぐらいになるのかな。

 彩々御膳、ステーキ御膳、天丼セットなど6人が思い思いのものを注文し、自分は刺身御膳1,500円+税=1,620円をいってみました。
 刺身5種のほか、酢の物、煮物、ポテサラ、穴子、玉子豆腐、香の物にご飯、味噌汁でこの値段なら納得。
 刺身の山葵が練り物ではなくホンモノだというのが嬉しい。

 食後に立派なコーヒー付き。
 適当な大きさの個室がそろっており、ちょっとした会合、打ち合わせにも使えそうです。

mogamitei 201208

 お盆のある日、山形駅ビル、ホテルメトロポリタン山形の中にある「最上亭」にて、家族で昼食。
 老いも若きも、19歳から83歳までいるので、どこで食べようかしばし考えた挙句、高齢者のほうに合わせて店をチョイス。

 で、みんなは先付から始まっていろいろなものがちょびっとずつサーヴされる3,000円級のものを選んでいましたが、自分だけは偏屈にも「夏のそば御膳」1,200円というのをたのんでみました。
 こういう店って、B級グルマンにとっては圧倒的に量が少ないし、値段の割には満足度が高くない、ということを十分に自覚したうえでの行動です。少しずつの配膳だと写真が撮れませんからね。

 登場したブツはご覧のとおり見た目すごく立派。日本料理は目で楽しむものだからして。
 でも、蕎麦の量はしょぼく、3~4回手繰ればなくなってしまう程度。そして蕎麦そのものは色は黒いが細づくりで、なんだか乾麺を体よくしたようなもの。せっかく山形のどまんなかで蕎麦を供するのだから、山形らしい太くてごつい田舎そばを出してほしいのだけどなぁ。

 まあでも、それ以外は、「量」の問題を除けば充実しており、天ぷらはエビの透明感か失われない程度の見事な揚げ具合だったし、山形米をふっくらと炊き上げたごはんのおにぎりの中は鮭などのかやくがたっぷりですばらしかった。

 ほかに冷奴、おいしい漬物、蕎麦用の山芋、なめこ、おろし大根など。
 蕎麦のクオリティがもう少し高く、麺量が倍ならば完璧となり、ぱっとしない日本料理コースなどは軽く凌駕するものとなるのでしょう。

sushigen 201203

 年度末、職場の仲間と訪問し、ランチセットの中でも高いほうのものを食べてきました。
 二段ちらし。これ、いくらだと思います?
 これだけのグレード、ボリュームでなんと、1,200円というのです。すげぇ格安! いや、破格と言ってもいいと思う。

 破格だからといっても、ネタは新鮮、肉厚、そしてこれだけの種類が。
 脂ののった中トロをはじめ、生ダコ、特大エビなど回転寿司なら金皿並みのあらゆる寿司ネタが入っています。
 上方右の小鉢は、ぼってりとしたホタテのヒモ。
 ほかに、寿司屋らしい味のする潮汁も付いていました。

 家族経営の少ない人数で、一斉にやってくる多くの客を相手にしなければならないため、昼時は予約が基本になっているようです。
 早めに準備したためかシャリはやや冷め加減でしたが、それを除けば大満足。
 きわめて納得度の高いものでした。

sushigen 201109

 職場では、かねてから全員がそろったときにみんなで寿司でも食べようねと話していたので、久々にそろったある日、「すし源」に電話。にぎりやさまざまな種類のちらしなど思い思いに選んで出前してもらいました。

 自分は、「朝一丼」という980円のちらし寿司を。
 まぐろ、うに、鯛、貝類にまじって、右上の生姜が載っているのは馬刺しかな。
 まぁ、値段相応といった印象です。
 すし源はネタが大きいなどとこの界隈では評判の店なのだけど、やはり店に行って食べないと、ということなのかもしれません。

 食べようとしたところ、ワサビがない。どうやら一部のほかの人にもない様子。
 うっ、忘れられたか……。やむを得まい。
 しかし、大好きなガリもないんだけど。ちらし寿司だってガリぐらい付くよなぁ。
 これまた一部の人には付いていません。
 ワサビとガリのない寿司を初めて食べたけど、味気ないモンです。(残念)

 器を回収に来た店の人に、職員の一人がそのことを告げたらしく、あとからお詫びにと立派なぶどうを2房、持ってきてくれました。
 あ、そういうつもりで言ったんじゃないのだろうけど……。

 でもまぁ、そういう信頼関係って大切だと思う。
 間違いを素直に謝罪できるかどうか。そこに商人の器量の大小が見え隠れする。
 損して得とれと言うじゃないか。すし源は、こういうことがあって雨降って地固まるで、これからもたびたび利用することになるでしょう。

agetsuma 201107

 土用の丑の日ごろになると職場の部屋の全員がそろうことが難しくなるので、それじゃあ早いうちにうなぎを食べてしまおうと、親睦会でうなぎを食する会を開きました。

 会費から出すのであれば、市内の随一のものをということで、ココをチョイス。
 「揚妻」という名の割烹として古くから続いており、うなぎを食するならこの店と、この地に住む高齢者なら確実に言うであろう名店です。

 配達されてしばらくしてから食べたのですが、香ばしい風味は損なわれていず、うなぎそのものも他店のものよりふっくら感があったように思います。
 味の決め手は、なんといってもタレ。これまたまねのできない絶妙なうまさです。

 たっぷりのうなぎでごはんが足りないくらい。
 満足感たっぷりの食後、いくらしたのか幹事に訊いたところ、3,450円+税とかなんとか。
 ぎょえっ、さすがに高価。
 でもまぁ、納得のいくおいしさだったから許せる。積み立てていた会費から払うわけだし。(笑)

kaname 201009

 職場の昼食会は、ちょっと遅めのうなぎを食する会。
 市内随一のうなぎの老舗「可奈免の」うな重です。

 自分にとっては、この夏2度目のうなぎ。とは言っても、一度目はHot Mottoの弁当なので、事実上初です。(笑)

 うまい! うなぎっておいしいなあ。
 ココのうなぎの蒲焼きは独特らしい。蒲焼には、背開きにして一度蒸してからタレで焼く関東風と、腹開きで蒸さずにタレで焼く関西風があるのだそうですが、ココでは蒸さずに湯どおししてから焼くのだそう。
 ナルホド、言われてみれば確かに煮たようなふうが若干感じられ、ふだん食べる関東風のものよりも川魚独特の香りがしたものです。
 かと言ってそれが生臭すぎるわけではなく、いわば関東と関西のいいとこ取りをした製法なのでしょう。

 米沢在住の職員が言うには、米沢ではうなぎといえば「可奈免」なのだそうで、去年の夏、同じように職場の昼食会でうなぎを食べたときに発注した「石の家」は、ココからのれん分けした店なのだそうです。

 幹事に聞いたところ、今回のはうな重の「竹」。中級グレードのようで、2,415円だそうです。



 ある日のこと、無性に天ぷらが食べたくなった昼食時でした。
 何故なのだろう? よくワカンナイけど、そーゆーことならあそこだね。
 ということで、「和ごはん三平」で、天ぷら定食945円を。
 3回目。昼時というのに相変わらず客は少なめで、ゆったりした空間で寛ぐことができてグーです。

 昼メシに投入するこの金額は、一人で食べるものとしては米沢に赴任して以来の最高額ではないだろうか。
 まぁ、この頃は金額なんて、内容が法外でなければなんとなく許せてしまいます。

 海老3本、サツマイモ、茄子、かぼちゃ、紫蘇、エノキ。
 海老3本というところがスゴイ。
 そして、揚げ立ての天ぷらというものはやはり美味い!と再認識。このところ油ものを意識的に敬遠していただけに、禁断、という言葉が脳裏をかすめたりしてワクワク感もあり。(笑)

 ご飯は、粒が立っていて真っ白。おひたしと茶碗蒸し、味噌汁がついてのこの値段なら、それもやむを得ないのではないか。

 うむ、満足。
 天つゆがもう少し濃いめたっぷりで、大根おろしが倍ぐらいあったならなおよかったと思います。



 職場で、ちょっと遅い土用の丑の日の昼食会です。
 いつものラーメンと違ってちょっと豪華でしょ。

 どんなグレードなのか、そして値段はいくらなのかなどまったくわかりませんが、インスタントのお吸い物付きでおいしくいただきました。