FC2ブログ
nikuyasyoku 201702

 昨年6月に開店した鶴岡市上畑町の人気店「肉屋食堂」を初訪問。
 もともと肉屋さんだったようで、そのものズバリの「肉屋食堂」というネーミングはなかなかスバラシイ。
 ここは「ローストビーフ丼」や「ステーキ丼」が人気なのは知っているけど、自分の場合牛よりも圧倒的に豚が好きなので、天邪鬼的に「厚切りとんかつ定食」880円にしてみました。

 とんかつがデカくて厚いです。そそるよなあ、これ。コレステロール値を下げるには牛肉、豚肉は避けたほうがいいと医者からアドバイスを受けたばかりなのに、これでいいのか、俺。背徳の匂いすら感じますが、それがまた心地よかったりするのだな、困ったことに。
 衣が厚めですが、下品な感じはありません。肉質はジューシーで、さすが庄内の豚肉だと思わせます。これに卓上のソースをえいやっと回しかけてパクリ。・・・ジュワリ。その食感がサイコーです。ナントカの塩もどうぞと一緒に運ばれてきましたが、てやんでいっ、とんかつはソースと昔から決まってるんでいっ。そして辛子だ。とんかつにちょいと添えれば、これが媚薬のような効果を発揮するから不思議なのだな。
 そうそう、とんかつの名脇役である千切りキャベツも新鮮でうまし。ニンジンの千切りが彩りに入っていて、これに卓上の胡麻ドレッシングを少量かけて食べればキャベツのピンピンが唇に触れて心地よし。スパゲッティのマヨネーズ合えも手抜きがありません。

 添えられた小鉢は、タケノコとモヤシの煮物、モヤシのナムル風の2種。味噌汁は秀逸と言っていいハイレベルなおいしさで、思わずおかわりしたいぐらい。
 ごはんは大・中・小が同料金。ならばとたのんだ「大」は、おかずの充実度に合わせるならば自分にとってはちょうどよいぐらいの量でした。

 フロアが広くないので客がぎゅう詰めになっている感じがありますが、食べることに神経を集中させてしまえばさほど苦痛ではありません。
 フロア担当の女性店員も優しそうな人ばかりで、コンフォータプル感が高いです。
 がっつりいきたいときにはいい店。食生活要改善者としての背徳感さえなければ通っちゃうのだけどなあ。

aiai-nanroku 201610

 旧平田町の日帰り温泉施設「アイアイひらた」に併設されたレストラン「食事処南国」を初訪問。
 聞くところによると、三元豚を使ったとんかつ定食が3桁の格安価格で食べられ、サクッと揚げられたそれは人気メニューになっているのだそう。
 平田牧場の直営店だったらフツーそんな価格では食べられず、平田牧場ホテルメトロポリタン山形店の厚切りロースかつ膳は1,300円+税だったし、とんや酒田店のそれは1,700円+税、つまりはここの倍ぐらいはするのだ。
 ならば、行って食べてみなければなるまいということで。

 三元豚のロースかつ膳950円。
 見た目も立派。その価格では肉が小ぶりなのではないかという懸念もあっさり解消。ごはん、キャベツがお代わり自由サービスも他店と同じだし、三元豚でこの価格は安いと思う。

 味のほうは、実にジューシーで、噛むほどに豚肉の旨みがジュワッと滲み出てくる感じですごくおいしい。
 味噌汁はダシがよく、比較的薄味の家庭的な仕上がりだし、添えられたポテトサラダもおいしい。
 一見温泉内の食事処でしかないけど、ここはとんかつを食べにわざわざやって来るべきところなのかもしれません。

 なぜここでは平牧三元豚が格安なのかを考えてみましたが、平田牧場の会長の出身地が旧平田町であり、そのよしみがあるからなのかもしれません。これは勝手な邪推なので、本気にしないように。(笑)

mitokoumon 201608

 ある日の夕刻、とんかつが食べたくなって、大宝寺町の「とんかつ水戸黄門」を初訪問。
 今夜はちょっぴり贅沢に。仕出し弁当に入ってくるようなとんかつはどうにも嘘くさくて納得できないんだよねえ。

 ロースかつ定食1,500円。値段が本格的なので、内容も期待できようというもの。
 運ばれてきたものを見て大きくうなずく。そうそう、これぐらいしっかりしたトンカツが食べたかったわけですよ。
 厚みのあるジューシーなとんかつにたっぷりの千切りキャベツ。カラシの量もいい感じにたっぷり。
 卓上にある、壷入りのトンカツソース、とんかつ味噌、和風ドレッシングを使って味をカスタマイズし、擂鉢の白胡麻を摺り、それもかけていただきます。いやはや、迫力満点。

 ほかには白菜ときゅうりの漬物と、豆腐となめこの味噌汁。
 カツが多いので、ご飯は半膳ほどお代わりをしました。ごはんのお代わりは無料です。

 長めのカウンター席と小上がり数卓。入店から退店まで終始大将と二人きりでしたが、なんだかほっくりとした感じの店で、ゆっくり食事ができたなあという印象。
 値段は安くありませんが、充実のとんかつが食べられたので満足です。

 大将にどうして店の名を「水戸黄門」にしたのか訊いてみると、「自分が(水戸黄門を)好きなんです」とのこと。大真面目な感じの受け答えがおもしろかったなぁ。

furaitei 201604

 寒河江市柴橋にある「とんかつ ふらい亭」を初訪問。
 数ある揚げ物定食は大部分が4ケタ価格。そのうちとんかつ、味噌カツ、イカフライの3種が3桁で、チョイスしたとんかつ定食がいちばんのサービスメニューだろうと思料します。

 とんかつ定食850円。
 デカいカツ。厚みもあり、不足感はありません。肉はしっかり叩いて下処理されているのか、とても柔らかです。スジは全くないというほどの上等なものではありませんが、スムーズに噛み切れます。
 粗めのパン粉で揚げられ、このサクサクとした食感がとてもいい。また、手切りした千切りキャベツも手づくり感を演出し、存在感のある食べ応えでいいと思う。

 付け合わせは、山芋の酢の物の小鉢、タクアンと、寿司で食べるようなスライスしたショウガ。ショウガってのはめずらしいけど、これはトンカツの箸休めにいいかもしれません。
 ごはんもおいしいし、これで850円なら上出来すぎると思います。

machiyu 201603

 余目の町内にある日帰り温泉施設「庄内町ギャラリー温泉町湯」に併設されている食堂を、昼の時間に初訪問。
 温泉なので靴を脱いで入館し、フローリングの床を靴下のまま歩いて食堂へ。明るくて清潔感があり、雰囲気はいいです。

 ロースかつ定食800円。
 入口で買った食券をおばさんに渡し、プラスチック製の番号札をもらって、セルフの給水機から水をゲット。14番の方~と運ばれてきたのは、たいそう立派な定食でした。期待していた範囲を大きく超えています。

 盛り付けがきれい。きつね色に揚がったとんかつとともに大量の野菜。パプリカの赤色やレモンの黄色い切り口など色彩感覚がステキです。
 野菜が多いのって、このごろはとんかつがデカイことよりもうれしかったりします。
 ごまドレッシングが適量かけられていますが、途中からこれに卓上の「レモン塩」をも少々加えて食べてみたところ。

 というのは、ご飯の量がしっかりしているから塩気が欲しくなるのです。
 いわゆる「マンガ盛り」というのか、ごはん茶碗の稜線が火山でいえばトロイデ状になっています。一粒一粒が小ぶりなので、これは「はえぬき」なのかな。

 肝心のトンカツは手づくり感のある素朴なもので、歯応えのよい身の締まったタイプの部位。庄内豚を使っているとのこと。脂分は少なめで、筋はないので食べやすいです。

 たいへんおいしくいただきました。いいのかなあ、昼からこんなに食べて。これはちょっと、午後の仕事に差し支えそうだな。

hiraboku-yamagata 201511

 豚肉生産・販売を手掛ける庄内の平田牧場の直営店。前から試したいと思っていましたが、今回が初訪問。だって、けっこうな価格なんだもの。

 平牧三元豚厚切りロースかつ膳1,300円+税。
 通常は1,500円+税ですが、3、13、23、30日、つまり「3」のつく日は200円引きになるのだそうです。

 とんかつなんて、多少の違いこそあれどれも似たりよったりだろうと思っていました。しかし、食べてみると、全然違うんだな、これが。
 厚切り150gの豚肉が、柔らかくてジューシー。このようなグレード感の高い肉を供するところはなかなかないと思う。

 卓上のとんかつソースは2種類あり、キャベツ用のドレッシングもいくつか。ソース、ドレッシングを充実させている店は、いい店だと思っています。ほかに藻塩ででも食べてみてねと添えられます。
 味噌汁を、プラス250円+税で庄内芋煮汁に替えてみましたが、これは豚汁のジャガイモをサトイモに代えたものと思っていいようです。ここの場合、コンニャク、厚揚げなどは入らず、ニンジン、大根がメインだったので特にそう感じました。

 いやあ、おいしかった。がんばった時などの、自分へのご褒美として食べるメニューとして最適でしょう。

gassanken 201510

 9時過ぎに庄内を発ち、山形に行く途中のどこかでメシを食べて、昼過ぎには山形市内での用事に間に合うようにしなければならない。どうしよっかな~♪と考えて、そうだ、旧朝日村の「月山軒」ならば11時にならなくとも店は開いているはず――ということに思い至る。もうそこしかあるまい。ということで初訪問。
 R112を走っていていつも見かけてきており、以前から気になっていた店でした。

 入ってみると、昭和の香りぷんぷんなのだろうとの予想を覆し、はるかにモダンで明るい印象。やはり店は、実際に自分で体験してみないことには、真髄はワカランものです。

 カツ丼を食べようかと思いつつメニューを見ると、カツ丼が800円に対してトンカツ定食は850円。50円増し程度だったらトンカツ定食だなと、急遽方針変更です。

 どんぶりにのっけたならジャストフィットではないかと思われる楕円の形をした揚げたてのとんかつ。これ自体はスタンダードなデキです。
 それにマヨをたんまりつけて食べてねと言わんばかりの線切りキャベツとマヨ。なぜかその脇には真っ赤な紅ショウガが添えられています。

 菜っ葉の煮びたしの小鉢と、おいしい漬物、裏山もしくは庭からさっき採ってきましたという感じのミョウガの味噌汁。いずれもなんだかほっとする田舎風でよろし。
 ごはんもどんぶりにたっぷりでグー。

 カツに、たとえばデカいとか厚いとか揚げのショリ感とかもうひと工夫あれば、トンカツ定食そのものでも十分再訪可能性アリ。今回のような好機があれば、その時は麺類も試してみたいところです。

mohee 201508

 とんかつは、すごくいい肉質のものを食べたいとは思わず、むしろ脂質が多めの肉にとんかつソースをたっぷりかけて、できれば格安に食べたいと考えています。
 そんな自分が、ここによさげなとんかつ屋があるなと以前からチェックしていた、酒田の最上川左岸に位置する「とんかつ茂兵エ」を、ある日の夕食時に訪問してみました。店内はけっこう盛況です。

 エントリーメニューとして、とんかつ定食880円を。
 とんかつは、肉質、厚さ、大きさ、揚げ方などいずれをとっても文句なし。これを880円で食べられるのなら、通っちゃうよ、という感じ。
 右上、ソース壷から木製の柄杓でかけるとんかつソースは少し甘めで、店独自のブレンドがなされているような印象です。
 とんかつが網に乗って出される心遣いは嬉しい。でもこの店の場合、キャベツなどの添え物から水は出ず、カツ自体から染みだす油もありません。いい仕事しています。
 洋がらしがたっぷり。あまり辛くはないので、カツにぽってりとまとわせていただきます。

 付け合わせも、新鮮な千切りキャベツがたっぷりで、卓上の2種類のドレッシングをチョイスしてかけることができるのがうれしい。
 ほかにマヨネーズなどで和えたスパゲッティ、冷奴、白菜漬け。漬物の隣りにある小皿は結局使わなかったけど、どのように使うものだったのだろう。

 充実のメインディッシュに対してごはんはやや足りなめ。もう2~3口欲しかったかな。
 不愛想な大将でしたが、味が確かなので支障ナシ。
 再訪時はカツ丼750円というのを試してみようか。

yamamichi 201506

 未踏の店を着実に減らすべく、今日も活動。
 東根の「とんかつ山道」もそのひとつ。自分で食べてみなければわかりませんからね。

 店のおばさんに何がおススメか尋ねると、スタンダードは「山道かつ」840円だが、お肉が好きな人なら「ロースかつ」1,030円だと言います。そうですか。ならばせっかくだから「ロースかつ」にしてみましょうね。

 自分が一番乗りでしたが、その後3世代家族がやってきて、じいさんは大声、父親は子供に対してケンカ腰、子供は泣き叫び、母親は見境なくあやし。そのあとに来た客のばあさんは小さな子供ににぎやかに話しかけるし、阿鼻叫喚といった状態に。うーむ、おれは知らんふりを貫こう。

 しばらくしてようやく配膳。
 いやはや、とんかつ、でかっ! 面積にして普通サイズの2倍はあるかも。それに肉の厚さもかなりのもの。ロースなので適度に脂身があります。
 とんかつソースをだぼだぼと回しかけて、カラシをチョチョイと塗って口に放り込めば、アツアツかつジューシー、そして衣はサクパリで美味。

 添え物は、スパゲッティ、菜の花のおひたし、ふき煮。ホッとする付け合せと言っていいのではないか。
 六田に近いところにある店なので、ワカメの味噌汁の具には麩も。
 ごはんは残念ながら炊き立てではなく、おいた匂いが少ししました。

 我ながらよく食べて、満腹、満足、油酔い。
 精算時、値段はなぜか3%プラスで1,060円だとのことでした。メニューにはしっかり1,030円と書かれていたし、そもそも3%プラスってなんなの? メニューは消費税5%時代のものをそのまま使っているということなのだろうか。腑に落ちないけど、満足できたし、そのぐらいならどうでもいいや。

yazawa 201408

 定食が食べたくなった水曜日の夜。贔屓にしている定食屋群は、なぜか水曜日が定休。それではあそこかな。ということで、1年7か月ぶり2回目の訪問。

 味噌カツ定食750円。
 香ばしい名古屋八丁味噌風の味噌ダレ、ドレッシングをまとったキャベツやレタス、冬瓜の煮物に野菜炒め、漬物、なめこと豆腐の味噌汁。
 添えられたレモンはからりと揚がった揚げ物にはかけず、氷の入ったお冷に絞り落とすのが自分流。

 取り立ててのインパクトやサプライズは感じませんが、定食としての安定感、安心感はずっしりとそこにある、という印象。これこそが定食屋の底力なのでしょう。

 店主は矢沢永吉大好きフリーク。店内は見るもの聴くものYAZAWA一色です。
 粘り強く頑張ってほしい店。

kuniaji 201408

 実に久々に、大好きな「国味」へ。
 とんかつ定食800円。
 消費税上げ後に各メニュー50円値上げした模様。それはやむを得ないにしても、かつて50円だった大盛り料金が100円になったのは、大食漢の若者には少々痛いのではないかと推察します。

 写真を見てください。ごはんのどんぶりがでかいでしょ。(笑) いくら手前にあるからといっても、ここまででかいと写真には納まりません。
 いつもはこれより70円安い「鶏の唐揚げ定食」に走ってしまうのですが、今回はとんかつ。
 このとんかつがスバラシイ! ロースを使い、縁の片方には適度に脂身がついており、この脂の乗りが自分の好みにピッタンコ。
 いや、脂っこいのではありません。このぐらいはついていなけりゃロースとは言えまいというぐらいですからご安心を。

 厚いしデカいし、揚げ具合もカラリとしていて申し分なし。これにトンカツソースをだぼだぼと回しかけ、辛子をちょちょいと添えて食べれば、あんなにたくさんあったごはんも足りないぐらいに感じるから不思議です。

 いやはや、満足。昔からそう思っていたけど、国味はか・な・りステキな定食屋だということを再認識したところ。
 ありがとござい~んす♪

yabaton 201207

 1泊2日の三重・名古屋出張。
 泊りは名古屋で、夜は手羽先に味噌煮込みに天むす、翌朝はホテルのモーニングサービス風ときて、帰り間際の昼は、名古屋ルーセントタワーの地下にある名古屋めしのワンダーランド「名古屋丸八食堂」に赴いて、矢場とんのロースとんかつ定食1,155円を食べました。

 矢場とんといえば、創業昭和22年のみそかつ専門店であり、その道では最も名をとどろかせているブランドなのだそう。
 本来ならば「鉄板とんかつ」などを食するべきなのでしょうが、前日の味噌煮込みで八丁味噌のくどさは十分に味わっている。しょっぱい! だけど美味い! しかししょっぱいのだな、これが。
 しかも1,785円とバカ高い。
 なのでここは抑えて抑えて穏便にと……。

 うむ。昨夜の煮込みの味噌よりずっとまろやかでおいしい。肉もなかなか良い。揚げもグー。
 だがしかし、ごはんの量は添え物程度。しょっぱいのだからごはんはもっと必要!なのだ。
 まぁ、名物とはいえこの料金は若干行き過ぎだよな。セコいというか、コスパにシビアな目を向ければ、一度なら食べるが、二度まではどうかな。

 あれっ、単品なら735円? てことは、ちょびっとのごはんと味噌汁と皿汚し程度の漬物が420円ってこと? おいおい……。
 また、八丁味噌のみそかつに八丁味噌の味噌汁が添えてあるというコンビネーションは、東北の人間としてはややこたえますな。みそみそみそみそ……(苦笑)

 味噌カツや味噌煮込みうどんに数千円をかけるくらいなら、競争が激化する喫茶店のモーニングサービスを探求してみるほうが、財布にやさしいし楽しいかもね。

tonpachihon 201202

 チェーン展開のとん八にはかつて米沢店に入ったことがあるだけで、山形では初めて。ある日の夜、とんかつをがっつりいきたいという息子とともに入店です。

 ランチタイムは777円ですが、夜のとんかつ膳は880円+税。
 サラダバーがあり、できあがるまではそちらをどうぞと言うので、まずはキャベツとポテトサラダを。
 待つことしばし。登場したとんかつ膳はご覧のとおり。こちらにもキャベツが付いているんですね。

 お代わり自由のごはんは最初から大盛り。味噌汁もお代わり自由です。それとサラダバーも当然テイクフリーなわけで、要するにとんかつだけはお代わり無しですよと言ったほうがわかりやすいかも。

 ごま風味ドレッシングをかけた生野菜もたっぷりいただいて満足ですが、平田牧場直送の三元豚を謳っている豚肉の肉質についてはやや「?」。けっこう筋があったし、肉自体が薄いといううらみがありました。み~んなお代わりしていいワケなのでやむを得ないのでしょうけど。

 高3の息子は、ダブルとんかつ膳の大盛りごはんをさらにお代わりして食べていました。ココに来る客たちにはこういうヤツがたくさんいるのでしょうから、肉質は妥協せざるを得ませんね。
 そう、まあまあの料金で満腹になることに意義を感じないと。

maruya 201111

 下の息子と、彼が欲しいというパソコンを見に近くの電気屋まで来た際、息子が腹いっぱい食べたいというので、あまり時をおかずに2度目の訪問となりました。

 今回は○屋定食690円をいってみました。
 この日は和風デミとんかつ。
 たっぷりのごはんと野菜には感心させられます。
 デミソースは格別優れたものではありません。とんかつ自体も肉、揚げともに一般的。しかし、この値段でこのボリュームならなにも文句はありません。ヨロコビを隠さずありがたくいただきました。
 添え物にも揚げ物というあたり、ある意味徹底していて、それもまたいいと思う。辛みソースのかかったミニメンチカツでした。

 息子も「そのボリュームで690円ってのはお得だよな」と感心していました。
 どうだ、腹いっぱいになっただろ。大盛りにしなくてよかっただろ。(笑)



 数日前のこと。
 前日の夕飯はハンバーガー1個をパクついただけだったので、翌日は朝から空腹。米のメシを喰わなければ力が出ないと考えて、昼は「和ごはん三平」の日替わり定食を狙ったものの、間が悪く定休日。
 ではと、その近くの「とん八」へ。
 ファストフードのようなトンカツであるという個人的な固定観念があったため、これまで行こうという気にもならなかったのですが。

 とんかつ膳880円というのが一番手頃な値で一般的のようだったので、メニューも見ずにそれを発注。
 すると店員さん、「ランチタイムですのでとん八ランチになります~」と言い残して去って行った。値段は777円になるらしい。ほう、そういうことなのか。それならまったく文句ありまへん。

 ご覧のとおりけっこう充実した内容なので、多少驚き、納得。これなら再訪する客は多いことでしょう。
 120gというカツの肉については、薄いし特筆点はありませんが、その揚げ方はなかなかよく、衣がサクサクしていて口当たりもバッチリ。添えられたキャベツなどの水分が衣につかないよう、カツは上げ底にする網の上に載って出てきます。こういう気遣いって、好きだなぁ。

 ごはん、味噌汁、キャベツはおかわり自由。
 ごはん1膳、味噌汁1杯ではおそらく一般の人にも少なめ。なので、トーゼンながらそれぞれおかわりを所望。でも、こうしてしまうと自分の消化力の許容量を超えてしまい、午後はしばらくの間ぐったり感が残ってしまいました。残すことができない哀しい性を持っているので。

 あとさきを考えずにがっつり食べたい時にはよさそうです。