FC2ブログ
kawashimaya 201902

 5か月ぶりの「河島屋食堂」。いい食堂で気に入っています。
 今回初挑戦のチキンミックス定食(海老イカ)900円。

 チーズ入りのチキンカツがデカい。それと、海老フライにイカフライ。チキンカツにかけた卓上のソースは野菜類のとろみがあって自家製風。甘い味付けでおいしい。タルタルソースも自家製。
 ポテトとマカロニのサラダとピンクが鮮やかな漬物。しめじ、豆腐、薄切りのじゃがいもが入ったしっかりした味噌汁。

 どこをとってもスグレモノばかりですが、これだけのおかずを前にするとごはんが足りません。150円の半ライスを追加します。
 店員さんに御飯茶碗を渡しておかわりなんて、青年時代にでも戻ったような気分です。
 腹いっぱいいただきました。
takedaya 201901

 9か月ぶりに名店へ。
 ここの手打ちラーメンがうまいのは百も承知。けれども、店で一番高いメニューの焼肉定食にもそそられます。
 手打ちラーメン専門店でごはんもの? それって天邪鬼じゃないのか?!
 でも、なんでも試してみなければナラヌと、焼肉定食880円を。

 豚コマではなく、ロースをソテーしたものが2枚とは立派。タレにたっぷり含まれているニンニクの風味がすばらしく、食欲がめちゃくちゃそそられます。
 メインに野菜炒めと千切りキャベツがセットになっています。この組み合わせを見て、個人的には泉町の「北京料理竜馬」を思い出したところ。あそこにもしばらく行っていないな。

 うまい漬物、うまい味噌汁、うまいごはん。手打ちラーメンも切り難いけれども、定食も申し分なかったです。
 次はジャージャーメンだな。ラーメン本来の汁ものへと回帰するのもいいだろうし。

minami4bancho 201901

 「山形南四番町食堂」を7か月ぶりに訪問。他店がまだ開かない時間帯などに重宝する、まいどおおきに食堂系の店。今回は休日の朝の10時半頃に入店です。

 朝食(納豆)290円。これは、ごはん、味噌汁、納豆、味付け海苔、漬物のみ。足りない向きは、棚に並んでいるおかず類をお好みで取って精算するスタイル。
 この店の白眉と思っているイカフライ、あとはサラダと、ちょっと高めかとは思いつつ煮さばの皿270円を取って、都合830円。この店としては高めの額となりました。

 ごはんの大(並と同額)をチョイスして、これらのおかず類を存分に味わいます。
 ああ、午前中から腹がくちい。

asunaro 201811

 4か月ぶりの「あすなろ食堂」。
 今回のあすなろ定食は、マーボーライス、スパゲティサラダ、コロッケ。(ボードにチョークでそう書いてあります)
 充実しているなあ。これで790円だものな。

 麻婆豆腐は、豆腐に比して挽肉の比率が極めて高くなっていて、麻辣よりも甘みを奥に湛えた、おいしさが強調されたもの。この一皿だけでかなりの価値があります。

 改めて思ったのは、小鉢のボリューム。スパゲティサラダは器から溢れそうなぐらいの盛り付け。色が同じなのでわかりづらいけれども、中には大きくて柔らかい白イカも多めに入っています。
 コロッケのほうは、はっきりと器からはみ出ています。熱々で衣がサクサク。今揚げたの? すげぇな。

 味噌汁は麩と大根で、コク付けに豚肉も少々投入され、充実。
 キャベツの塩もみ浅漬けにはわずかに生姜も入ってこれも美味。
 おいしいものをたっぷり提供してもらい、いつもありがとう、あすなろ食堂。

washokuya gen 201810

 しばらくぶりに馬見ヶ崎の「らー麺舷」に行ってまだ食べていない「魚味噌」を食べようと思ったところ、あれ?定食屋になってる。
 この9月に「和食や舷」としてリニューアル、再デビューした模様です。ラーメン店が減るのはよくないけれども、数の少ない定食屋が増えるのは歓迎です。

 今なら定食類のメニューから200円引きとのこと。
 したがって、所望した焼鯖定食のごはん大盛りは、980+100-200円。格安じゃん。
 脂の乗った大振りの塩サバ焼き。これに醤油を垂らしたおろし大根をチョイ乗せして食べれば納得のおいしさです。
 シイタケ、芽キャベツ、ヤングコーンが添えられて、見た目も優秀。茶わん蒸しと漬物も付いています。味噌汁もうまい。

 先に「定食カフェひなた」でさば焼き定食を食べたし、このごろは鯖づいています。
 どちらかに軍配を上げるとするならば、「舷」も優れていたけれども、「ひなた」ではスムージーと食後のコーヒーがついてごはんおかわりありだったので、「ひなた」に。

hinata 201809

 城西町にある「定食カフェひなた」を初訪しました。
 何種類かある定食メニューの中からさば焼き定食850+税=918円をチョイス。
 こぢんまりとした店なのでわかってしまうのだけど、自分以外の5人の客は、銀鮭焼き2人、さば焼き1人、さんま焼き1人、焼肉1人でした。このように、魚の焼き物が人気のようです。

 食前にパイナップル、小松菜、バナナの作りたてスムージーが供され、食後にはおざなりではない熱くて味の深いコーヒーとサービスのミニクリームブリュレが付きました。

 定食は、熱々で肉厚で脂の乗った塩さば焼きがおいしいのはもちろんですが、それ以外のものにも女性の作り手特有のたおやかな丁寧さが感じられます。
 なめこと豆腐の味噌汁は出汁の味がよく、焼き魚に大根おろしが付いていない代わりにしらすとキュウリの酢の物が付きます。冬瓜の豚そぼろあんかけは温かいし、漬物の3点も見栄えよく小ぎれいです。
 おかわりができるごはんもふっくらとしていて美味。

 定食屋のレベルを一枚上回るこのクオリティでありながら3桁料金で食べられるのがうれしい。
 女性店員の接客と笑顔がよく、いい店みっけた。会計時に「またいらしてください」と言われてすっかりその気になりました。

abc ikebuku-east 201809

 南池袋にある「キッチンABC池袋東口店」へ。
 ABCと言えばコレということらしいオリエンタルライス680円にカニクリームコロッケを添えて(セットA)830円。

 調理中のにおいがやってきた段階でこれはうまいでしょと確信が持てる、ガーリック風味。豚バラ肉とタマネギ、ニラをジュワジュワとやって卵黄を落とし込んだものです。
 醤油味の豚バラ肉は日本人の味覚のツボにドストライク。たまりません。

 このワンプレートだけだとやや寂しいかもしれませんが、サイドに外パリパリ、中とろ~りのカニクリーコロッケが加わることでかなりグレード感がアップすることになります。コロッケの下には自家製らしきタルタルソースも。
 味噌汁が豚汁だというのも立派です。

 セットはBがメンチカツ、Cがチキンカツとあり、選べるのもうれしい。ああそうか、これが店名のABCとリンクしているわけなのかな。
 池袋という地価の高いところにありながらこの価格でこのクオリティなら二重丸でしょう。

umayado 201809

 築90年の民家を改築して山形の豊かな食材を使った食事を提供する「厩戸(うまやど)」という店が、上山市の武家屋敷通りにでき、秋分の日前のプレオープン期間に行ってきました。埼玉県からの移住者が始めた店です。

 「今週のお膳」1,200円。マクロビオティックをベースとしたお膳? 「自然に即した命の在り方」という意味なのだそう。動物性食品や白砂糖は用いず、玄米を主食とし、主に野菜、豆類、海藻類から組み立てられています。

 今週のお膳は、酵素玄米のごはん、きのことピーマンのスープ、もちきびとさつま芋の袋煮、ぶどうと梨のサラダ、バターナッツかぼちゃの胡麻豆腐、茄子と茗荷の煮びたし、三年番茶、そしてデザートに豆乳のプリン――でした。

 サラダに入っていたコリンキーというものは初めて食べたけど、生で食べられるかぼちゃの一種だそうで、こりこりとした食感。
 なによりも煮びたしがおいしいと感じてしまう齢になってしまったかな。

 塩味が抑えられているけれども、素材それぞれの味がよくわかっておいしい。また、日頃いかに味の濃いものばかりを食べているかが実感できます。量がやや少ないですが、おいしい酵素玄米ごはんをおかわりしてカバーしました。

 9月26日に正式オープンとのこと。オーナー御夫婦のやさしそうな人柄も素敵でした。
furukawa 201809

 立派な定食がおかず2種のハーフ&ハーフで食べられるそうなので、郡山市大槻町の「フルカワ食堂」へ。
 焼き肉、モツ、ニラレバ、野菜から1品、カラあげ、天とり、エビあげ、ハンバーグから1品を選んでハーフ・ハーフにして、900円+税です。

 焼き肉と天とりを選んでみました。
 四角のメインディッシュとともに漬物2種と冷奴、それにごはん、ワカメと油揚げの味噌汁です。
 焼き肉がすごい量。この1品だけで900円だと言われても全く違和感はないでしょう。
 それにそそり立つ揚げ物。これは胸肉なのかな、柔らかくて脂身のない鶏肉を揚げたものが3つ。これをタルタルソースと中濃ベースの特製ソースでいただきます。

 味もいいし、とにかくボリューミー。接客もコンフォータブルで、近くにあったなら8品全部食べるまで通いたくなるような店でした。
 外税さえなければ完璧でしょうが、このクオリティでこの価格ならそれもやむを得ないのかな。

kawashimaya 201809

 一時よく利用していた十日町の「河島屋食堂」。しかし、未訪店の開拓にウェイトを置いていたため、2013年2月を最後にしばらく行っていませんでした。

 豚生姜焼き定食800円。
 いい食堂です。安定感があります。
 生姜焼きがてんこ盛りに見えますが、下のほうは千切りキャベツですので、肉の量はほぼノーマル。むしろ、生姜ダレと混然一体になったキャベツがおいしい。
 味噌汁が熱くて秀逸。熱いまま味噌スープに浸っている岩海苔、豆腐、油揚げ、ネギなどがいい塩梅にしんなりとしていますが、それがまた味わい深かったりします。
 ごはんの量もノーマルで、このおかずの立派さであればもうちょっと欲しくなるところです。
 ふと気づいたのだけど、小鉢の器は「あすなろ食堂」と同じものが使われていました。

 焼肉定食(豚肉)、チキンミックス定食(海老イカ)、チキンカツ定食(チーズ入)が900円、豚ロースカツ定食(生パン粉)が850円。これらには特にカッコ内記載部分にそそられます。カツ丼も700円とリーズナブル。
 ご飯ものが食べたくなったときにまた行くことにしましょう。

itoya tendo 201808

 天童市三日町の蕎麦店「伊藤屋」へ。
 ここの平日ランチがいいと聞いたので、数カ月前に平日昼の時間帯を選んで初訪問したところ、ごはんがなくなったというので食べずに出てきたことがあります。今回もそうなら許さないからねと気負っての再訪です。

 平日、しかも開店直後の入店なのに、混んでいます。ナンナンダ?!と思ったら、ランチパスポートを手にした客がほとんど。むむっ、そういうことなのか。

 予定どおり、平日限定の殿ランチ864円を注文。「時間がかがっけど・・・」ということでしたが構わず。
 家族経営の店のようで様々な年齢の店員が4~5人いるのだけど、観察していると調理が遅いために配膳に時間がかかります。時間がかかるのは混んでいるからだけではないようです。
 店員の下げ膳の手際や客のあしらい方などには若干横柄な感じがあるなぁと思って見ていましたが、8代続く老舗のようで、その誇りや矜持が客のほうまで透けて見えてしまうのかもしれません。
 そんな誇り高い老舗がランパスに頼って新客を求めているというのも、何か逆説的で不思議な気もします。

 さて、殿ランチ。
 蕎麦はスタンダードな細打ちで上品感あり。
 日替りだという今日のメインは鶏胸肉のソースカツ。ソースカツ丼に使うものでしょうか。わりと厚みあり、ソースの香りが馥郁としていて美味。
 ドレッシングをまとった手切りのキャベツは切り方が細かくて端になじんでこない感じで、ごはんのデキは中ぐらい。
 これに味噌汁が付いて、フィニッシュにきちんと蕎麦湯。
 ランパス540円よりも高いけど、こっちのほうが充実しているもんね。

tonamisodachi 201807

 地元の「JAとなみ野」の直営店。
 焼肉定食1,880円。
 ホワイトカラーが一人焼肉を楽しんでいる光景がそこここに見られ、多くの人がこのメニューを目当てにやってきているのだろうと思料したところです。

 なかなか立派。
 県内産交雑牛のカルビとモモ、とやまポークのロースとソーセージがメイン。

 焼肉は店で食べることはほとんどありません。このたびは他者のセッティングなのでしょうがなくといった感じでしたが、食べてみれば肉もそれなりにおいしい。
 焼肉には野菜もついているし、別皿でレタスを中心としたフレッシュサラダもあり、口が脂っこくならないのがよかったです。
 ごはんもたっぷりだし、味噌汁もおいしかった。
 世に肉好き男性は多く存在するのだなと再認識しました。

goroubei 201807

 13カ月ぶり3回目の五郎兵衛食堂。
 定食をなんと500円で食べることができます。

 3回分の画像を見ていて、だいたいパターンがわかってきました。
 塩鱒?の大根おろし添えはコンスタントに付くようです。キャベツ添えの玉子焼きは納豆に変えることができます。
 過去2回はバイ貝の澄まし汁でしたが、今回は大根の味噌汁です。うーん、残念。
 ごはんと汁物以外に過去2回は8種類のおかずでしたが、今回は9種類!
 わけても豚の角煮は秀逸。ほかには野菜類の天ぷらと鶏の唐揚げ、炒り茄子のあんかけ、厚揚げと大根・ニンジンの煮物、ささげの胡麻和え、キャベツとキュウリのマヨネーズ和え、キュウリ漬けでした。

 定食に限っては激安ですが、ほかのメニューは味噌ラーメン700円、かつ丼750円、野菜炒め定食800円という具合に一般的な価格なのがおもしろいです。
fukushi-tofu 201807

 青森を巡って、五所川原で11時。朝食を食べていないので早昼だ。
 ご飯ものが食べたいと思って市内みどり町の「赤城食堂」を尋ねたところ、その場所は普通の民家で、店を営業している様子がなく、見つけられず。地図が違うのかな?まあいいや、ならば第2候補だ。

 というわけで、下平井町にある「福士豆腐食堂」へ。
 麻婆ラーメンもおいしそうだけど、ここは所信を曲げずに「麻婆おぼろ豆腐定食」880円を辛さ「+2」の40円増しにて。+2と言っても、超辛の+10まであるので、たいしたことはありません。

 麻婆豆腐は色が鮮やか。ふわふわのおぼろ豆腐でつくったものなので、豆腐がすごくおいしい。辣油の多用による強い刺激や四川花山椒の痺れなどはなく、日本人として安心していただけるつくりになっています。
 ドレッシングのかかった生キャベツ、越後の「えご」のようなもの、たくあんにわかめの味噌汁が付いて、中華料理というよりもきちんと「定食」しています。

 会計時、開店何周年かになったのでと、白大豆と黒大豆の豆腐2丁がプレゼントされるサプライズ。きちんと2丁です。
 加えて、ビニール袋に入ってずっしりと重たいおからもどうぞと。
 こんなにもらっちゃっていいの? 豆腐偏愛者にはタマラン大サービスでした。
 陸上の福士加代子もユニークだったけれど、福士豆腐食堂もサイコーでした。

asunaro 201807

 ある夕方、「手打ちラーメン大仙」で汁なし担々麺を食べようと赴いたものの、休み。つまり何かい、やはりあそこに行って食べろということかい?
 というわけで、久しぶりにその近くの「あすなろ食堂」へ。軽く食べるにとどめようと考えていたが、こうなると重くなることは必至だ。(笑)

 あすなろ定食790円。充実度が高いのに、まだ790円。
 この日の献立は、肉団子の酢豚風、厚揚煮、かぼちゃサラダ。自分にとってサイコーのラインナップです。

 何回も食べているので多くは語るまい。
 付記しておきますが、写真撮影については店の了解を得ています。

kuniaji 201806

 9か月ぶりの国味となるけれども、イカフライ定食は食べたことがなかったので、今回はそれかな。
 しかし、かきフライも食べたい。試しにイカとかきを半分ずつでつくってもらえないかとリクエストしたところOKが出て、メニューにはないイカ・かきフライ定食730円。

 味はいいのだけれども、日頃食べている鶏の唐揚げ定食やカツカレーなどと比べると揚げ物ネタが小さくてしょぼめ。イカは特に小さいです。
 でもいいところはいろいろあって、タルタルソースとカラシがたっぷりだし、今回の味噌汁は具が多くておいしかった。

 ここではやはり唐揚げ、とんかつ、カレーあたりのお得感が高く、海鮮フライ類はそれらには及ばないということになるでしょうか。
 国味の味噌ラーメンの大盛りあたりもいずれ試してみたいと思っています。

joyful-natori 201804

 ある朝仙台空港から出かけるので、どこかで朝食をと考え、24時間営業のファミレス「ジョイフル名取店」に寄ってみました。
 ジョイフルというと、奄美大島や徳之島で利用したり見かけたりしたことがあり、鹿児島県メインの印象がありますが、違うのかな?

 幕の内朝食、ドリンクバー付きで603円。
 空港内のレストランで食べるよりもずっとリーズナブル。空港内だとラーメン類でも千円以上はしますからね。

 内容はシンプルで、自宅やビジネスホテルのサービス朝食とそう変わらないレベルではあるけれど、それがとても日常的に感じられ、安心して食べられるということもありそうです。
 旅の朝食はこれで十分です。

bangaichi 201803

 朝日町宮宿にある「お食事処番外地」に初めて入り、昼食をとりました。
 味噌ラーメンあたりを狙っていましたが、先客が食べているものを眺めると定食類が断然多い様子。なので、予定を変更して定食類の中から「牛肉炒め定食」850円をセレクトしてみました。

 いいんじゃないですか、このビジュアル。メインディッシュほかに胡麻だれ冷奴の小鉢と3種の漬物、豆腐・ワカメ・エノキと具だくさんの味噌汁、そしてどんぶりめし。充実の極みでいいぞいいぞという感じ。
 牛肉炒めとは、牛肉、キャベツ、タマネギを焼肉風味のたれで炒めたもの。ボリューム満点で、3人での入店でそれぞれ別々の注文でしたが、自分がいちばん食べる時間がかかりました。

 味噌汁の塩味が強めでしたが、それ以外に難点はなし。
 大江町の「カネミ食堂」もそうだったけど、大きくない町では客に対するサービス精神が旺盛で、味・量ともに家庭料理を凌駕しているところでなければ、なかなか生き残っていけないようです。

 「生姜焼きカレー」というメニューが気になったところ。同行者が食べていた「番外地味噌ラーメン」には餅が入っており、なぜかカレー風味があるとのことでした。これも気になります。
friendly 201803

 河北病院近くのR287沿いにある「ふれんどりー」に初めて入店。
 ハンバーグがウリのようですが、日替りのサービスランチがあったのでそれを。

 日替りランチのドリンク付700円。(ドリンクなしだと650円。)
 この日は、ポーク生姜焼&コロッケで、あさりご飯にもできるというのでそれに。ドリンクはアイスコーヒーを。
 鉄板仕立てなので、最後まで熱々のままで食べられるのがいいです。ポークは2枚で、生姜の薫り高い上手な出来。コロッケは業務用の冷凍物でしょうが、ソースをかけて熱いところを食べればそれもおいしい。
 あさりご飯は、炊き上がりがもうひとつでしたが、アサリの風味がしっかりしています。

 ダシの効いた味噌汁、きちんとしたアイスコーヒー、大きな氷の入ったお冷などに、店側の丁寧さや誠意が感じ取れました。
 ハンバーグカレー850円なんかも食べてみたいと思ったところです。
geihinkan 201803

 大江町の飛び地が多い寒河江市柴橋地内、R287沿い、西部街道との交差点近くにある軽食・喫茶の店「迎賓館」を初訪問。
 本日の日替りランチ600円は、ハンバーグ定食。
 喫茶店のハンバーグだし、値段もそこそこだしと、正直言って大きな期待はしていませんでした。しかしそれは間違いで、質も量も、久々の大ヒットと言っていいぐらいの上々のものでした。

 しっかりしたボリュームのハンバーグにおいしいデミグラスソースがすごくたっぷり。Lサイズ以上を使ったと思われる目玉焼きも添えられています。サザンアイランドドレッシングの生野菜もふんだん。
 良質な米を使ったどんぶりごはんも十分な量で、定食愛好家からはここまでですでにA評価が得られそう。
 これに加えて、油と砂糖を上手に使ったしゃきしゃきのきんぴらごぼうが秀逸だし、油揚げ・豆腐・ネギの味噌汁が白眉だし、山形名物の青菜漬もいい。

 つまり、非の打ち所がないということ。これで600円はどう考えたって安いでしょ。
 ここで食べてよかったと心から思えたいい店でした。