FC2ブログ
takanosu 201701

 鶴岡市小淀川の「鷹乃巣」を、1年5か月ぶりに再訪しました。「My Bloom」第5弾活用の何店目になるのかな。
 池袋の「えるびす」で修業をした方の店で、とんこつ系がお得意のよう。10年ぐらい前になるけど、赤坂界隈に泊まったのに地下鉄などを乗り継いでわざわざ池袋まで食べに行ったことがあったよなぁ、「えるびす」。

 高菜とんこつ、1日限定40食、840円のところを540円で。
 丸2日間かけて炊き続けたという本格豚骨スープは、かなり粘度があるこっくりとしたもの。それに相性抜群の辛子高菜がトッピングされています。
 ほかには、刻みキクラゲ、白ネギ、チャーシュー2、白胡麻など。

 ネギが秀逸で、刻みたてがたっぷり。これを麺とともに食べれば、ネギ特有の辛みがいい味わいでスバラシイ。
 麺は、博多風の低加水、細麺ストレート。きりっとした硬めの茹で上げでしばらくダレの来ないのがいいです。
 でも、正直言って博多ラーメンは1杯で腹いっぱいにならないのが玉に瑕。そもそも博多ラーメンとはそういうもので、足りない向きは替え玉をするのだと愛好者の方々はうれしそうに言うのだろうけれど、こちらからすれば、だったらはじめから一発で喰わせろと言いたい。
 バカだな、そんなことしたらラーメンがダレてしまうではないかとの反論が聞こえてきそう。しかしそれに対しては、だったらダレないように麺を工夫するべきではないかというのが、東日本の考え方。
 東日本のラーメンは大盛りにしたところでさほど伸びずに、最後までおいしく食べられるのですよ。これこそ工夫のあとが見て取れるではないか。どうだ、エライだろ。(笑)

 いつの間にか博多ラーメン批判になってしまいました。鷹乃巣のとんこつラーメン、とてもおいしかったのですが、細麺の常として量は少ないねぇ、ということを言いたかっただけですので悪しからず。

 韓国料理店で使われるような金属製のレンゲがついてきましたが、底が浅く、おいしいスープがたっぷり啜れないうらみがありました。面倒なのでそのレンゲをどんぶりの外に出し、どんぶりを持ってスープをごくりといただきました。そうしたくなるほどにおいしい、濃密なスープでした。

chikurimbou 201701

 2011年9月以来、5年4か月ぶり2回目の訪問。
 四川牛麺というユニークなラーメンがあると聞いたので。

 四川牛麺(ご飯付)、860+税=928円。
 店のメニューによれば四川牛麺は、「ひもかわうどんからヒントを得、試行錯誤の末に生まれた横広拉麺。粉は山形産ゆきちからを使用、蒟蒻芋を入れコシを強く、ヘルシーに打ち上げました。スープは四川の味“麻辣(マーラー)”たっぷりの牛肉に朝天辣椒と漢源花椒などの数十種の香辛料を使い、より刺激的に! 小さなご飯が添えてあります。最後にスープの中に入れて召し上がってください。」とのこと。
 辛さは3段階。選んだ「普通辛」は「けっこう辛い」という位置づけです。

 ぐっひょー、これはユニーク。薄く衣をつけて軽く揚げたような牛肉がたっぷり。白ネギに加えて、写真の手前に見えるような生の刻みキャベツが入っています。これらがほどよくスープの辛いところを和らげる役目を担っているようです。
 麺は完全にひもかわ。どんぶりの上のほうに写っていますが、これが1本の「幅」。3~4cmはあるでしょうか。長さも30cmぐらいはあるぞ。
 ひもかわは昨秋、群馬の桐生で食べて以来。びろんびろんとしているので、辛いし熱いし、唇などを火傷しないように食べるのが大変です。

 ひもかわをひとしきり啜り上げ終わった頃からスープの辛さがやってきて、汗がじわり。さあ、ここからはご飯を投入だ。心の中でエレキギターが泣き始め、戦闘モードに。レンゲで掬ってぱくぱく食べれば至福感バッチリ。おれは今メシをかっ込んでいるという実感がじわじわ。そして発汗も急激に加速し始めます。

 ああ、うまかった! ハンカチで汗を拭きながらゴチソウサマ。ハンカチ1枚では足りないぞ。
 このラーメンは麺も珍しいけど、スープにごはんをどぼりと落としてからが真骨頂だ、と思う。山椒の刺激が天下一品で大満足でした。

 14時頃の入店でしたが満員。その理由は見ているとわかるのだけど、料理の「出」があまりよくありません。一品一品にかかる調理時間が他店よりも長いように感じました。

chongetsu 201611

 店がそこにあることは十分認識しているにもかかわらず、入るチャンスがなかった「ゝ(ちょん)月」を、このたび初訪問。

 タンメン700円。
 期待したとおり、野菜たっぷり、麺量たっぷり。スープは、塩味ベースではあるもののある程度油分を含んでいて、けっこうコク深いものでした。

 同行者が食べていたラーメンの麺は、熟成が入って透明感を湛え、角ばった麺姿を持つおいしそうなものでしたが、少しあとに運ばれてきたわがタンメンの麺はそれとは違うノーマルなもの。この店はメニューによって麺を変えているのでしょうか。だとしたらなかなかおもしろそうではないか。

 以前、この店の味に関して、ある人からはあまりかんばしくない意見を聞いていたのですが、なかなかどうして、うまいです。やはり自分の舌で実際に味わってみないことにはわからないものです。

 この店、カツ丼が950円と突出して高いのですが、何かわけがあるのでしょうか。もしかしたら何らかのサプライズがあるのかもしれないぞと興味津々。再訪して注文してみたくなりました。

kicchin 201611

 ある夜、無休と謳っている酒田市東町のとあるラーメン店に赴くと、18時台なのにやっていない。なんなんだよ、おい。
 それではと、大町の「中国料理吉・亭」(きっちんと読む)を初訪問。抽斗は多いんだもんね。

 メニュー表に「サッポロ麻婆メン」800円というのを発見して、それを注文。
 店のお母さんは厨房に向かって「お父さーん、サッポロ麻婆メン」とオーダーを通します。家庭的な店です。

 庄内地方には「サッポロラーメン」と名のつくラーメンメニューが膾炙しており、店によっては味噌、塩、しょうゆと3種類のサッポロラーメンを用意しているところもあります。
 それって何? ということについてはいまだに確たるイメージをつかんではいないのですが、察するところ共通点は、札幌味噌ラーメンがやるような、野菜炒めにスープを注ぎ込んで出汁をとるつくり方なのではないか、と思っていました。

 しかし、この店のサッポロ麻婆ラーメンには野菜など入っていず、スープも煮出したものではありません。単純に味噌スープのラーメンに麻婆豆腐をぶち込んだようなつくりになっていて、庄内の「サッポロラーメン」の謎はますます深まっていくばかりです。

 麻婆豆腐のかけ具合は控えめだけど、いい味を醸し出しています。ピリ辛風味のスープがおいしい。
 ここはラーメン店ではなく中華料理店。したがって、麺に対するこだわりはあまり強くないようで、細めのおそらくはどこかの製麺所のものを、しっかりと茹でたものが供されます。柔らかすぎて、麺が絡み合ってしまっています。

 麺をあらかた食べ終えたところで、おいしい麻婆スープをすべていただくため、半ライスを追加注文。通常の一膳分以上は優にある量の、粒の小さいつやつやごはんには海苔塩がさらりとかけられ、タクアンも。
 会計時にわかったのだけど、これが120円だというのはオドロキ。200円、もしかしたら250円かなと思って食べたので。

 サーヴされるまでに時間を要したのはマイナスでしたが、コーヒーまでサービスしていただき、920円で満腹感とともに高い満足感が得られました。

mimi 201611

 ある日の昼、旧羽黒町にある日帰り温泉施設「やまぶし温泉ゆぽか」で温まってきました。430円で身も心も温まれるなんていいよな、日帰り温泉。
 でもって、この施設に併設されているレストラン「美味(みみ)」を初訪問。ここには「山伏ラーメン」という名の不思議なラーメンがあると聞いていました。

 山伏ラーメン650円。(食券には「やまぶしラーメン」とあり)
 ユニーク! これは何なのだろうな、白湯スープ? 豚骨スープというには豚骨臭がしないし、巷間酒粕とか言われているけど、そういう塩梅でもありません。味噌が多少入っているのかな。
 「めん蔵」の「味噌とんこつ」のスープに似ているかも。ピリリとした辛さは唐辛子で、ニンニクが効いています。ということは、つまりはこれってキムチの味だよな。
 うまいスープです。白湯特有のやさしい口当たりがあり、一方で唐辛子とニンニクの刺激があり、そのせめぎ合いがおもしろい。

 トッピングは、モヤシ、ピーマン、ニンジン、キクラゲ、豚肉の炒め物中心で、多め。キクラゲの存在感が強いでしょうか。
 麺は、細麺ウェーブで、前出の「とりみ亭」に続いてここもまた残念ながら業務用と思われる特徴のないもの。
 麺が足を引っ張って総合力はまあまあといったところですが、このスープは一度は味わってみてヨカッタなという思いがしています。食べてみなければ語れませんからね。

torimitei 201611

 休日の昼、遊佐の西浜まで足を伸ばして、「あぽん西浜」そばの「とりみ亭」を初訪問。
 狙ったのは、トンタン麺830円。それってどんなものなのかと。

 どっひゃあ、でかいどんぶりだぁ!
 運んできてくれたおばさんに思わず「すげぇどんぶりですね」と口走ってしまうと、ウレシハズカシ風情のおばさんはくくっと笑って、「でも麺は一玉なんですよぉ」と、少しホッとするコメントを残して去っていきました。
 それにしてもデカい。帰りのクルマの中で気づいたのだけど、このどんぶりの直径はわが愛車のステアリングホイールとほぼ同等でした。そのため、どんぶりにレンゲや箸を置くと油断した隙に全体がスープの中に沈没しまいそう。これは箸から手を離せないぞ。
 湯気がもうもうと上がって、そそられちゃうよなあ。
 食べ始めると、どんぶりの底が浅いことがわかり、食べきれないことはないのを確認して、今度こそ安心です。

 不思議なスープ。とんこつ味の担々麺ってこと? いわゆる白湯といわれるようなスープに、あとは何を入れたのだろうな、味噌か?
 よくわからないのでうまく表現できませんが、独特の味。言い方を変えれば他店にない味で、これが好き!となればこの店に通うほかないといったもの。
 うまいです、これ。この味に再び巡り合うのがいつになるかわからないので、しっかり味わい、全部飲み干しました。

 モヤシやタマネギなどの野菜を豚バラ肉と炒めたものが具のメインで、それに茎ワカメや紅ショウガ、ネギが添えられています。
 スープ内に点在する青いものは、このあたりのラーメンならば青海苔だろうと思ったらさにあらず。青菜を乾燥させたものなのかな。高菜でもないし、格別の香りがあるわけでもないし、どういう意図を込めてこのラーメンに加えたのでしょう。これも不思議の種のひとつでした。

 麺は、業務用の袋麺的なもので、ここは残念。けれども、サプライズもあるし、変わりラーメンに興味のある方は必食でしょう。

tacchi 201610

 鶴岡市みどり町の「ダイニングたっち」を初訪問。
 長崎ちゃんぽん950円。
 当店人気No.1だそうで、メニューには「長崎から直送!本場モチモチちゃんぽん麺」と書かれています。さらに、「たっぷりの野菜と肉や魚介など十数種類の具材を炒め、豚骨をベースに改良を加えたスープで合わせた自信作です。濃厚なのに優しい味わいは二日酔いのときにも最高です」とも。

 書かれていたとおりで、麺量210gの麺はホントにもっちもちで美味。
 数日前、遠田食堂で食べた白湯麺がちゃんぽん風味だったなと思い出しましたが、こちらは本格的な長崎ちゃんぽん。
 浅めに炒めたキャベツがシャキッとしているし、プリッとしたむきエビ2つやイカの足もあちこちに見えて、魚介風味がしっかり。また、うっすらと焦げ目がついたかまぼことさつま揚げにも大いにそそられるものがあります。

 ああ、うまかったなあ、本格的な長崎ちゃんぽん、申し分なし。
 しかし、ちょっぴり高い。850円ぐらいが妥当なのではないか。東根市にあるちゃんぽんの店「ラーメンハウスぽんちゃん」(閉店)のボリュームのあるちゃんぽんもたしか850円だった。
 長崎ちゃんぽんといえば、気軽に食べられるのは「リンガーハット」ですが、リンガーならば大盛りサービスにしても580円で食べられるわけだからね。
 あ、でも、こちらの店のほうが具だくさんで、味もコクが深くて、良いような気がします。

 いずれにしても、庄内にいながらにして本格的な長崎ちゃんぽんが食べられる貴重な店。
 ここは皿うどんもあるので、いずれそれも試してみたいと思います。

toota 201610

 庄内町廿六木(とどろき)の集落内にある小さな食堂「遠田食堂」を初訪問。廿六木に住んでいる職場の人に訊いたらそんな店あるの?との返事。ははあ、無名? でも、庄内町商工会が発行した冊子「たべぶらパスポート2016」を見るとなかなかうまそうだけどなあ。よし、ならば行って試そうではないか。自分が行かねば誰が行く。(笑)

 というわけで入店すると、厨房におばちゃん、フロアにおばあさん。軽く80過ぎましたという感じのおばあさんが、若い人の10分の1ぐらいの超スロー動作でお茶を運んでくれます。あまりのありがたさにこちらとしては思わず拝み手をしてしまいます。(笑々)

 白湯(ぱいたん)麺800円。
 「ふつうでいいなの」と厨房おばさんが訊くので、「そうそう」と。
 注文品はかなり立派。具材が多いのです。メンマ、チャーシュー、ネギがきちんと入っているほかに、野菜がたんまり。キャベツ、モヤシが中心で、ほかにニンジン、キクラゲ、かまぼこ、カニかまぼこ2、大ぶりのむき海老など。

 スープは、最後に何らかの調味料が振りかけられて、この店独特の味わいがあります。あっさりした風味だけれど、かまぼこ入りの野菜類と相まって、多少長崎ちゃんぽんに振れているような雰囲気も感じます。
 そう思わせるのは麺のせい。色白の丸形状の太麺ストレートで、食感はもっちり。これ、庄内にはあまりないタイプで、麺量も多めだと思う。
 麺も野菜も多いので、全体としてもしっかりしたボリュームがあり、あっさりスープもおいしくいただいたので満腹に。

 食後、おばさんから「コーヒーでも飲んでく?」と言われたのだけど、昼休み時間の終わりが迫っていたので残念ながら遠慮せざるをえませんでした。次回はコーヒーを飲ませてくださいね。

hanaya2nd 201610

 酒田市広野にある「花やらぁめん」から派生した、同市東町の「花やらぁめん2nd」を初訪問。

 入口にフィーチャーされていた2ndらぁめん800円がうまそうだったのでそれをオーダーし、カウンター席が埋まっていたので、その後方、4畳ほどの広さの座敷の壁を向いて並んでいる席に着いて。できあがりを待ちます。

 入口の写真どおり、花かつおがてんこ盛りになったラーメンが登場。鰹節大好き人間としては湯気の中で阿波踊りを踊っている花かつおを見ているだけで気分が高揚します。
 しかし、なぜラーメンに花かつおなのか、その意図が正直言ってよくわかりません。これがうどんだったならばさぞかしおいしいだろうなと思ったものですが、現に食べているのはラーメンなわけで、頭のまわりに「?」マークを5~6個点滅させながら食べ進めることになりました。

 でもまあ、自家製と思われるぷりりとした麺が浅く茹でられていて、うまい。
 スープは味噌味で酒粕入りという変わり種。酒粕風味はそれほど強くなく、かすかに醗酵を始めた味噌味といったぐらいの風合いです。
 これには七味をかけて食べるのが常識ですよと言わんばかりに、どんぶりとともに七味唐辛子の小瓶もいっしょに運ばれてきました。ではそれをばらばらとふりかけて。

 花かつお以外のトッピングは、多めのネギ、大きめのメンマが5~6本、薄いけど表面積がやたらと大きいチャーシューが3.5枚と、サービス精神が旺盛。あとはナルトが入っていたかな。

 ほかにも面白そうなメニューがあるようなので、機会があれば再訪してみることにしましょう。
 それにしてもこの東町界隈は、「花鳥風月」「味好本店」などのほかにチェーンの「幸楽苑」もあり、ちょっとしたラーメン激戦区になっているようです。

chinrai 201609

 鮭川村京塚にある「中華料理珍来」を初訪問。近年新装なったようで、新しくてゆったりした配席の店内になっています。
 オネーサンにおススメを尋ねると、スタミナらーめん700円デアルとのこと。ではそれをお願いします。

 回鍋肉定食にも使っているという四川醤系の味噌を使った濃い色のスープ。香ばしい味がして、自分としては初体験の部類に入る、インパクトを感じる独特のスープでした。
 トッピングには、ニラとタマネギを主とした野菜炒めがドドン。かなりの量があるぞ、これ。多めの豚バラ肉とともに、四川味噌、ラード、細かく刻んだ生姜などを用いて炒めたもので、素材のシャキッとした食感が残っています。

 麺は、野菜に比して茹でが強い印象がありますが、製麺所製のぷりぷり系というのが定番の「中華料理」店にしては珍しく、なかなか凝ったものになっています。
 太さがあり、ストレートに振れたつくり。これはひょっとしたら自家製麺なのかも。

 オリジナリティがあり、おいしく、価格も低めの設定で、総合的に高評価。飛び込みで入ったのですが大当たりでした。こういうことが起こるのが、食べ歩きの醍醐味です。

miyako 201608

 酒田市街から出羽大橋を南下してきた緑ケ丘にある「味也好」を初訪問。
 「みやよし」と読むものとばかり思っていましたが、「みやこ」が正しいようでした。
 建物は古く、格別交通量の多くない旧街道沿いにありながら客は多く、昼前にはほぼ満員になりました。客を裏切らない手堅い仕事をする店だからなのでしょう。

 こう暑いとあっさりといきたい。そう考えて、日頃あまり食べない塩系の五目タンメン770円をチョイスしてみました。
 この選択は正しかったようで、なかなかおいしいタンメンでした。適度な塩味。タンメンには胡椒がよく合うと思っているので、「白」を多めに振りかけていただきます。

 茹で野菜類はキャベツ、白菜、タケノコ、シイタケ、キクラゲ、ニンジン、ホウレン草。ふと思ったけど、タンメン系にはモヤシは使われないケースが多いのかもしれません。あれが入ると味が「モヤシ」になってしまいますから。
 ほかにワカメ、ハム、半熟卵1/2、大ぶりのむき海老、ネギ。そして、チャーシュー代わりにこれは形状、使用部位、味付け、仕上がりなどの面から判断して、沖縄のラフテーです。それが柔らかくてとても美味です。
 あまり大きくない丼を使っていますから、これらの具材が丼の表面をみごとに覆った格好になり、全体としての器量もバッチリです。

 麺は、自家製なのかどうか、太さもウェーブのかかり具合も標準的な見た目ですが、口に含んでみると、もっさりとした感じのある低加水麺。時間が経つにつれて徐々にスープに馴染んでくる感じの麺でした。

 ここもなかなかいい店。この店の品名「ヤキソバ」は一般的に言うと五目あんかけ焼きそばで、あんがたっぷりのおいしそうなもの。これを注文する人が多く、人気のほどがうかがえました。
 また、「エビチャーハン」を絶賛する向きもあり、これらについてもいずれチェックしてみたいと思います。

ebisutei3 201608

 何種類かある担々麺の中から「グリーンカレー担々麺」(そんなのがあるのか?!)880円をセレクトしてしばし休憩。
 麺類には小ライスを無料で付けることができるのだけど、それはさすがに辞退です。
 食べるのを休んでいる間にどんどん満腹感が広がっていくのだけど、大丈夫かな、おれ。

 しばらくすると、キター! 緑色でカレーの香りを漂わせた独特の一杯がーっ!
 グリーカレーのラーメンなんて初めて。心もち麺まで緑色に見えてしまうのだけど、それって気のせい? どれどれ・・・。うん、麺は、太麺の平打ちに振れたもので、おいしい。
 トッピングもなかなか凝っていて、豚チャーシューではなく鶏胸肉、焼きの入ったトマト、いい味付けの味玉、たっぷりネギ、挽肉、糸唐辛子など。

 担々麺としての破綻感はなく、研究し尽してつくられたものであることがわかります。
 しかしいかんせん、すでに満腹の状態で食しているので、これはおいしいなあ!という感覚が得られないのが残念です。それって店が悪いのではなくこちらが一方的に悪いのだけど。

 それにしてもいい店を見つけました。新潟、古町に泊まることがあれば次回もココに行くことになるでしょう。
 これだけ飲んで食べて満足して、あがり1,980円だものねぇ。
 再訪時には、ラーメンを諦めるか、ラーメンをいくならば日替わりメニューを1品にして臨むことになるでしょう。

ajiwai 201605

 ついこの前、鶴岡市内宝田の「あじわい食堂」を初訪したけど、そことは別の店で、同市の町はずれの井岡(いのおか)塔の腰にある「味わい」を初訪問。
 テーブルが1基ごとに大きく、ゆったりしたスペースで食べられるのがいいです。ここは鶴岡高専の学生需要もあるのかな。

 ラーメン650円、カツ丼900円、チャーハン800円などのほか定食類は4桁と、各メニューは相場よりも50~100円ほど高めの印象。ならば中身はどうなのか。
 写真メニューの最上段右側にあったので、このあたりが自信作なのかもと考えて、チャンポンメン850円をたのんでみました。

 結論から言って、まあ、マルでしょう。
 第一、このあたりで長崎風のちゃんぽんが食べられるのはステキです。
 クリーミーな豚骨スープが美味。ラードを使ってバタ臭い味を出していて、その奥に焦がしニンニクの風味が見え隠れするような仕上がり。あまりにおいしいので、最後はレンゲを除けてどんぶりを持って飲み干したところ。

 具も、キャベツやタマネギなどの甘さが引き立つもので、縁がピンク色の蒲鉾を短冊切りしたものやアサリなども入って本格的。豚バラ肉が多めに投入されるところも高ポイントです。紅ショウガも味わいと彩りにいい役目を果たしていました。

 麺は、本場のちゃんぽんで見かけるような太さはないものの、エッジの立ったストレート麺で、その食感は極めてもっちりの長崎ちゃんぽん風。独特な味わいでとてもおいしかったと思う。

ajiwaishokudo 201605

 鶴岡市宝田の「あじわい食堂」を初訪問。
 旗艦メニューの「あじわいラーメン」800円を注文しました。

 おおっ、どんぶりがデカい! 大口径。だけど深さはあまりないというどんぶり形状です。
 それに野菜がてんこ盛り! さっと炒めた感じで、シャキシャキとした食感。モヤシ中心ですが、キャベツ、タマネギ、ニンジン、ピーマン、豚肉、赤唐辛子などで構成され、その量たるや、そこいらの野菜炒め定食よりも多いぐらい。

 その野菜たちに阻まれてなかなか顔を出してくれなかった麺は、箸でえいやっ!とほじくりだすと、見目麗しい玉子色。やや細、少し縮れ形状をした艶プリで、一見地味だが自制の効いたしっかり者の女子高校生といった風情が漂います。(なんのこっちゃ)
 食べた感じは自家製麺というよりも製麺所製っぽい印象でした。だからといって味が悪いわけではありませんので、念のため。プリプリです。

 スープが独特。ゴマ油風味があり、唐辛子の辛さも加わっていて、「庄内4大謎スープ」ともいわれるもののひとつのようです。やさしいけれどコクを感じ、酸味も感じられ・・・と、やはりこれは謎です。

 ここでしか味わえないオンリーワンの1杯。食べ歩きの醍醐味はこういうところにあるわけで。
 ゆっくり食べたのだけど、量がそれなりにあるので、結局は大汗。これからの季節、ビジネススタイルでの熱いラーメンは要注意だな。
 カツカレーもいいらしいので、そのうち再訪してみましょう。

kikuya 201605

 職場の人間が、「きく屋」のエビラーメンが絶品だと激賞していたのを思い出し、初訪問。
 湯野浜集落の山手のどんづまりに小さな店がありました。厨房と4人掛けのカウンター。カウンターにいた先客と思しき人物は出前担当のおじさんでした。2階も使えるようで、あとでやって来たグループ客は狭くて急な階段を昇っていきました。

 噂のエビラーメン700円。
 予備知識なしで頼みましたが、ははあ、五目ラーメンの塩仕立てですね。
 大ぶりのエビが3個。これとともに白菜、ホウレンソウ、タケノコ、ヤングコーン、マッシュルームなどが片栗粉のあんでくるまれています。
 中華そば600円に100円足しただけでここまでグレードアップするってスゴイ!

 スープを数口啜って、塩味はどうしてもインパクト薄く感じられるので、卓上のラー油を少々、ブラックペッパーを多めにかけてみました。邪道かもしれないけど、自分がおいしければそれに勝るものなしなので。

 この店の真骨頂は、実は海老ではなく麺なのではないか。
 太めのものを手もみして、もっちり感ばっちりのいい食感。茹で加減は浅め。自家製なのでしょうが、この狭い建物のどこでつくっているのでしょう。この麺だったらシンプルな中華そばでも絶対にイケルはずです。

 出前の電話が頻繁にかかってくる様子や、ぱらぱらとやってくる客が海老のラーメン、海老のうま煮飯、海老焼きそばを注文する様子を見るにつけ、地元では評価され、定着している店であることがわかります。

etsuna 201605

 鶴岡警察署のR112を挟んだ筋向いにある「庄内旬味悦波(えつな)」を初訪問。
 靴を脱いで入店すれば、長くて光沢のある木製のカウンター。蕎麦とラーメンの店のよう。
 そのカウンターを前に着座して、悦波麻婆ラーメン900円を注文。
 ココのマーボラーメンは揚げ豆腐が入っているというのです。
 それがコレ。うひゃあ、なかなかのインパクト。他店で見かけるマーボラーメンとは似て非なるものです。
 スープのとろみがすごい。口にすると、「ぽったり」という表現がしっくりくるぐらいの、中華餡的なつくりです。
 ラー油、豆板醤、鷹の爪などに加えて七味がふんだんにふりかけられています。さらに左上にある辛味噌も加えてみてねとのこと。したがって四川麻婆とはやや異なる味と辛さです。糖類の甘さで丸みをつけているような感じもあります。下瞼あたりからじわじわと汗が滲んでくるような刺激。

 この餡のようなのスープには、挽肉は入っていますが豆腐は入らず。代わりに大きな揚げ豆腐が3個。揚げ豆腐が単品1個200円で提供されていることを思えば、3個入りの価値は大きいのではないか。
 でかいので、左下の別皿に取り分けて食べましたが、表面の揚げ立ての食感と中の豆腐のふんわり感がとてもステキです。

 麺もまた美味。極太、平打ちの手もみ縮れで、存在感が抜群なうえに小麦風味ともっちり食感がたまりません。麺量も、普通盛りで240gというからすごい。
 この麺、次回は辛さやぽったりスープで誤魔化していないふつうのラーメンでも食べてみる価値があると思ったところデス。

 氷がたっぷり入った冷水が供されるのがうれしく、デザートにはりんご付き。
 というわけで、再訪すべき店リストにエントリーだな。



 4日目の夜はまたもや名瀬。居酒屋もいいけれど、今夜は麺類が食べたくなったな。
 そう思い、スマホで調べて、小雨の中を名瀬入舟町のホテルから県道79号を名瀬塩浜町方面へと少し北上したところにある「麺屋くろべえ」に行ってみました。

 カウンターもあるけれどここは座敷席に着いて、まずは瓶ビールと餃子550+350円を頼んで一段落。
 この店のオネーサンは若くてなかなかの美人なのだけど、餃子が焼けないうちはビールを持ってきてくれないのでしばらくの間おあずけ状態となり、ちょっぴり困った。
 で、餃子とビールが同時にサーヴされた段階で、ようやくぼくの寛ぎタイムが始まりました。

 500mlばかりの中瓶など餃子とともにあっという間にやっつけてしまい、次は麺だ。
 とんこつ味の「くろべえ」「しろべえ」「あかべえ」や、「くろ海鮮麺」などのメニューの中からこの店の最高額商品の一つである「くろ坦々麺」850円をチョイス。

 おおっ、これって坦々麺なのか?!
 スープは、豆板醤などは使わずラー油中心。したがって坦々麺特有のとろみはありません。また、黒白の胡麻は擂らずにそのままパラパラと入っています。
 挽肉は使われず、チャーシューを賽の目状に小さく切ったものがたっぷり。なのですが、これが食べるうちに底のほうに沈んでしまい、最後にレンゲで掬って食べることになってしまいます。
 ネギは、長ネギの根っこの硬いところをザク切りにしてラー油で炒めてある模様。

 麺は、西日本特有と思われる短めのものですが、太さがしっかりしていて細麺の範疇には入れられないもの。
 意図的な創作なのか、こういうラーメンの麺って初めてめぐり会いました。
 それなりにおいしいですが、これを坦々麺と名乗っていいものかどうか。
 でもまあ、奄美のラーメン、初めて食べたけど、それなりに楽しかったな。

 雨のそぼ降る中をホテル近くまで戻り、ちょっくらコンビニに寄ったところ、その間にどしゃ降りに。
 しばらくコンビニ前でビバーク(?)して、20分後ぐらいに走ってホテルへ。



 GWに奄美・加計呂麻方面へと旅をしましたが、その時に食べたあれやこれやを書いておきます。

 まずは鹿児島空港。九州・南西諸島の悪天候のため、鹿児島に到着が遅れ、その後行くはずだった喜界島へはその上空まで飛んで鹿児島へ引き返し、行き先を奄美大島に変更。
 そんなことで昼メシを食べずに16時。奄美大島行きのフライトは17時30分なので、この間に空港内で軽く食べることにしたもの。

 鹿児島に来たならこれでしょとチョイスしたのは、とんこつラーメン900円。
 高いよ、空港内レストラン。

 とんこつ臭さは抑えめでソフィスティケイトされていると感じるものの、それらしき風情が漂っています。
 沖縄でいう軟骨ソーキが3個。甘辛い味付けで美味。
 細いモヤシが西日本に来たことを実感させます。トッピングはほかにワカメ、ネギ、焦がしネギ。
 麺はストレートながら細くはないもの。鹿児島のとんこつラーメンって、博多あたりとは違ってこういうのがスタンダードなの?

 空港内レストランのラーメンとアナドッテいましたが、なかなか美味。これが680円ぐらいだったら許せるのだけどなあ。空腹だったこともあり、おいしくいただきました。

 山形屋(やまかたや)というからには、鹿児島市に本拠を置く老舗百貨店の系列店なのでしょう。
 ちなみに山形屋の創業者は、近江商人の血を受け継ぐ現在の山形県庄内地方の北前船商人で、薩摩藩主の許可を得て開業した鹿児島城下唯一の呉服商だったそうです。

juraku 201604

 豚汁ラーメンという変わり種ラーメンを食べてみようと、鶴岡市大西町の「里佳園」という店に行ってみたのですが、更地になっていてすでに閉店した模様。
 では、鶴岡市白山にある「郷土料理壽楽」に行って、担々麺を食べよう。

 手元に担々麺類100円引きのクーポンがあったので、初訪問。
 卓上のメニューにはしょう油、みそ、酒粕、マイルドの4種類の担々麺があると書かれていたので、迷わず「酒粕」をチョイスしたのですが、この節酒粕はやっていないということで、担々麺の「みそ」を。850-100円。

 それなりにおいしい。
 トッピングに味付け挽肉、コーン、白髪ネギ、小口切りのネギ、メンマなどを従え、麻油がかけられ、これぞ担々麺というビジュアルです。ああそうだ、チンゲン菜が入っていないな。
 それなりにというのは、担々麺が本来有するすり胡麻の深い風味が足りないと感じたから。ある意味それって、担々麺としては致命的なのかもしれません。
 スープは、ややゲル状を帯びていて重厚感がありますが、胡麻のざらつきがありません。
 自分の場合、「赤坂四川飯店」の担々麺を基準と考えていますが、麺についてもその形状こそそれに近いものの、味や舌触りなどの食感は別物です。

 食べる前は、担々麺を頼んで半ライスを付けないのはミスだったかと思いましたが、ココの場合スープのコクがわりとあっさりめだったので、ライスは頼まないで正解でした。
 通常のレンゲとともに穴あきレンゲも付いて、至れり尽くせりのホスピタリティです。

 自分のように変なこだわりさえ持たなければ、担々麺の風味は十分に楽しめるので、よい子のみなさんは心配ご無用。その証拠に、担々麺を目当てに来店する常連さんと思しき人がたくさんいました。

kameya 201604

 尾花沢市街から母袋街道をずっと山手のほうに上っていった中島という集落内にある、有名店。地元の人に訊けばこの店は屈指でしょう。今回、ここを初訪問。

 人気メニューのサンラータンと一口ライス、830+50円。
 あっちっちの酸辣湯麺は酸味が効いており、加えて白菜の甘みが深いのが特徴。少し発酵風味が加わり、海老やイカも入って海鮮キムチのような特徴ある旨さです。
 洗練された味というわけではありませんが、極めて実質的で、質実剛健さがある、と言っておきましょう。

 麺は、酸辣湯麺に合わせるには意外性のある太麺。存在感があり、ごっつり、もっちりの風合いでこれもよろし。

 あり余るとろみスープをごはんにかけて食べるのもまたよし。スープが多いので、ごはんを付けたのは正解。青菜の古漬けとともにぞぞっとかっ込みます。

 いやはや、大汗。ラーメンは汗をかいて食べてこそ美味いのだ。