FC2ブログ
sutadon iida 202008

 ほぼ1年ぶりに「伝説のすた丼屋山形飯田バイパス店」へ。
 すた丼630円。盛夏には味が濃くてガツンとしたこういう類のものが食べたくなるものです。
 これにすたみな唐揚げ(3個)230円を添えてみました。

 しょっぱいニンニク醤油ダレが夏バテ気味の身体に染み渡ります。これに豆板醤と七味唐辛子を加えて、ガツン度をさらに高めてかっ込めば、バカ暑い夏も軽く乗り切れそうな気持ちになれるから不思議です。
 唐揚げは、おいしいけれども、ただでさえボリュームのあるすた丼と合わせると、自分にとっては少々多すぎる感じ。ちょっと食べ過ぎだったかな。

スポンサーサイト



someta 202008

 七日町の「染太」で、長男夫婦とお盆の昼食会。
 うな重の上重2.5切れ、4,510円。もう少し大きい切り身を想像していたのだけどな。
 でも、うまいなぁ、鰻。肝吸い、お新香付き。
 愛知三河一色産の活うなぎを使い、創業から受け継ぐ山形風のタレと伝統の技でふっくらと焼き上げました、とのこと。養殖モノだけどね。

 鰻は高くて普段は手が出ないけれども、時々食べたくなるものです。
 ちなみに平日ランチタイムには770円で天丼とカツ丼(お新香、味噌汁、小鉢付き)を出しており、この日食べたうな重の料金があれば5回食べてもお釣りがきます。さあ、あなたならDOTCH!

curry kan 202008

 おいしいカレーが食べたい。で、平日には千円を割り込む価格でランチタイムのセットが用意されていて、大盛りがサービスデアルという情報を得て、7年2か月ぶりに寒河江市の「カレー館」を再訪しました。

 990円で4種類のメニューがあり、その中から「ベー丼エッグカレー」を注文。
 深底のどんぶり風の器にベーコンと目玉焼きが載ったカレーライス。これにフレッシュサラダと韓国風の味にも感じられるスープと、お好みのドリンクが付いて、なかなかゴージャスなセットになっています。

 ルーの量が余るぐらいにたっぷりで、これはいいカレーの店のお約束。ごはん大盛りでも十分な量があります。
 しなびていない福神漬とパリパリのらっきょう。
 ごはんは水分が少なめ。カレーに合うようにそう炊いているのでしょうが、ぱさぱさ感が強くてやや裏目に出ているような気がします。

 店内に入る前からカレーのいい香りがして、おおいに食欲が刺激されます。
 わざわざ食べに行った甲斐がありました。

katsuya aradate 202008

 毎週水曜の朝仕事は10時前にミッション完了。朝食と昼食を兼ねて食事といきたいところだが、この時間に開いている店は……、チェーン店になるが「かつや山形荒楯店」にしようか。
 7年5か月ぶり。本日最初の客となり、メニューを考えるのも面倒なので、入り口のボードでアピールしていた期間限定の「黒胡椒から揚げとチキンカツ合い盛り定食」759円でいいかな。

 鶏肉ダブルの肉々しげなメニューです。鶏肉特有の嫌なにおいがせず、豚汁も具だくさんのきちんとしたもので、第一印象としてはマル。冷蔵庫から出してきたばかりの容器から大根のつぼ漬けをごはんの上に載せて食べ始めます。
 今回と食べ方としては、キャベツには卓上の胡麻ドレッシング、チキンカツには卓上のとんかつソースと小袋入りの芥子、黒胡椒から揚げは皿にあったマヨネーズ、豚汁には卓上の七味唐辛子を使ってみました。

 食べ応え十分。とりわけチキンカツについては、業務用の出来合いのものだとは思うけれども、衣がサクサクで身が柔らかくとても美味。これ、イケル。
 妙に納得してしまいました。「かつや」でも十分に満足できています。

yoemontei 202008

 市内松原の「与右ェ門亭」を1年ぶりに訪問しました。
 ここではこれまでラーメン類しか食べたことがなかったので、今回は800~1,100円の幅の中で出している日替わりのランチセットを食べようと思っての訪問です。

 目論見どおりボードに書かれていた4種類のメニューの中から、最上段にあった刺身定食880円をチョイス。
 刺身でこの価格であれば、あまりハイレベルなものは期待できないだろうなと半ば諦観を持っての注文でした。しかし、なのですよ。画像を見てください、これが880円とは驚きです。

 メインの刺身はなんと5種。刺身のツマの大根なんて鮮度抜群で、透きとおってキラキラ、ピンピンしていたのが印象的でした。
 加えて、野菜の天ぷら4種にちょっぴりだけれども魚のかま焼き、そして2つの小鉢(冬瓜煮、牛肉と厚揚げ煮)、さらに胡瓜の糠漬けに飲みごたえのある量の味噌汁と大きめの器でのたっぷりごはん。しかるべき店であればざっと、1,500円ぐらいはしそうです。

 法事などの宴会や仕出し料理もやっているので、ランチタイムの定食は半ばサービスで出してくれているのではないかと思います。
 いい体験をしました。ねぎみそラーメン850円なんかを食べている場合じゃありません。これからは時々ここに定食を食べに来たいと思います。

kurazenya 202008

 ランチタイムに出しているカレーライスがおいしそうだったので、老舗醸造元の株式会社丸十大屋がやっている十日町の「蔵膳屋」を初訪問してみました。

 ランチタイムのカレーライス770円。
 甘口から辛口選ぶことができ、辛口をオーダー。店員さんと相談し、大盛りは不要と踏んでパス。揚げ物のトッピングが200~300円で4種ありますが、カレーを食べに来たわけだし、そういうものはもう体が求めていないようなのでパス。プラス100円のデミタスコーヒーもパス。単価の低い客でえらいすんまへんね。(笑)

 いい具合に煮込んだ、とても風味豊かなカレー。これがとてもたっぷりあって、ごはんが足りなくなります。大盛りにしとけばよかったかな。カレーライスはかくあるべきです。

 ミニサラダと味噌汁付き。ミニサラダは小さいながらも手の込んだていねいなつくりでおいしい。味噌屋さんなのでカレーに味噌汁が付くのがユニーク。この日は徳島のなんとかいう味噌を使っているとの説明が付きました。

 彩りもいいし、個人的な価値判断では1,000円ぐらいの値打ちはあったと思います。

minami4bancho2 202007

 手元にあるごはん無料券の有効期限がこの日で切れるので、せっかくだから使おうと、今月2度目となる「山形南四番町食堂(まいどおおきに食堂)」へ。

 マイセレクション583円。
 アジフライ、肉じゃが、トマトサラダ、冷奴。これに無料のごはんを合わせます。
 これでもいつもと内容を変えているつもりですが、あまり変わり映えはしていませんね。(笑)

 ごはんは大でも中でも同料金なので、わがままを言って「中の少し多めに」と頼んでみましたが、おばさんは気前がよく、ほぼ大のレベルになりました。
 味噌汁はいつものように省略。ごはんと味噌汁は通常料金なら253円。今回のセレクションの内容で836円なら高いと言わざるを得ないけれども、583円であればかなりお得なものになると、自分は思っています。

ajiya don 202007

 定食を食べたくて、5年8か月前に一度入って、いい定食屋だと思っていた東根市一本木の「味屋どん」を再訪しました。
 おいしそうなメニューがいろいろ並んでいるけれども、日替り定食があればついそれをいってしまいます。

 日替り定食913円。
 この日はポークソテー、天ぷら、カレイの甘辛煮とありましたが、ホワイトボードの一番上に書かれていたポークソテーにします。

 すばらしい。定食として堂々のビジュアルです。
 熱々の鉄板で供するあたり、心憎い演出。鉄板って、手で触ると油がついてしまうようなペタペタのものを使う店が散見されますが、ここのはそういうことがなく、清潔そうに感じます。特別いいものでもない豚肉をていねいにソテーし、吟味したソースをかけて味を調え、ナスやポテトなどをさりげなく添えて、熱いままで供するというシェフの心意気や、よし。

 定食は小鉢にこそ店の真価が滲み出るという思いは、この店で食べればさらに強くなります。おいしいドレッシングをまとったフレッシュサラダと、大根を使った煮物はいずれも手抜きなし。
 味噌汁も、添え物としてではなく立派な「おみおつけ」として機能していることも素晴らしいと思う。

 申し分ないのですが、価格を830円と記載しておいて、下に小さく「税抜き価格です」などと書いてあるメニューはただちに改めましょう。高級料理店ならいざ知らず、庶民の味方の定食屋としてやっていくつもりならば、堂々と税込み価格一本で勝負してほしい。

sutadon westBP 202007

 「伝説のすた丼屋山形西バイパス店」は3年ぶり、すた丼屋としては11か月ぶり。
 ここのカレーはどんなものかな~と思って。(以前一度食べていることを忘れている。(笑))

 すたみなカレー700円。
 ごはんの質や炊き方に若干の難があるかもしれませんが、全体としては上出来だと思います。
 まず、ガテン系男子でもこのぐらい食べれば満足できそうなボリュームがいい。
 カレールーは全国流通の業務用でしょうが、別の見方をすれば全国のどこでも通用するしっかりしたスパイシーな味わいがあるということであって、業務用を使うこと自体は悪いことだとは思いません。
 そして、カレーの味だけではなく、すた丼に使うニンニク醤油ダレの豚肉もトッピングされているので、1皿で二度おいしいのも魅力の一つです。
 それでいて700円。なかなかいいですよ。

 カレーのカテゴリーでは「すたみな唐揚げカレー」900円も魅力的でしたが、これだと唐揚げが8~9個付いてくるようで、自分としては完食するにはちょっと厳しそう。
 食べながら見たメニューには「すたみな唐揚げ」3個230円というサイドメニューがあったので、これぐらいならばすたみなカレーとともに食べても大丈夫そう。
 でもそうすると合計930円になって、こっちのほうが高くなっちゃうんだよナ。悩むよね、これ。(笑)

himawari kitamachi 202007

 この日は朝から、というよりも前日から、カレーライスを食べに行くと決めていました。このように、今食べるならこれでなければならないと頑なになってしまうことが、自分にはごく稀にあります。
 さらにこの日は事情があって、ぜひとも一般店がまだ開いていない10時台に食べなければならず(これも頑なの一種かも)、朝もやっている「茂利多屋」か、スーパーヤマザワに付随している「軽食ひまわり」を候補に挙げ、まだ行ったことのない桧町の「軽食ひまわりヤマザワ北町店」にしてみました。

 カレーライスの大盛り、280+91+税=408円。安いねぇ。
 カレー自体は万人向けのもので、特にスパイシーというわけでもなく、具材の形がはっきりしているわけでもありませんが、少なくとも業務用の袋詰めカレーをそのまま出しているわけではないようです。つまりは、「ひまわり」なりに味の工夫をしているということになるのでしょう。

 ほぼ開店直後ということもあってか、炊きあがったばかりのライスが使われていて、真っ白で香りがよく、食べ応えもふっくら、熱々だったのがとてもよかったです。

 ここのラーメンほどにはコスパと出来のよさは感じませんが、それにしても大盛りで400円ちょっととは、利益度外視の社員食堂並みの価格です。

ohsho 202007

 山形市内の定食屋のビッグ2だった「あすなろ食堂」と「国味」が閉店してしまい、定食を食べたいときにはどこに行ったらいいのかしばし考えてしまう今日この頃。
 中華定食ならば中華料理店、フライものだったら洋食キッチンあたり、とんかつならとんかつ店でも食べられるでしょうが、それらが組み合わされて、小鉢が2つとおいしい味噌汁、漬物にどんぶりめしが付くようないわゆる定食屋で食べたいところです。
 そこで思いついたのが、王将ビジネスホテル内の「定食屋王将」。ここならいけるだろうと8か月ぶりに訪問しました。

 おまかせ定食900円。
 この日はもつ煮込みと鯵フライとのこと。それと決めていたので、内容を聞かなくてもそれで結構です。
 どうよこれ。二枚看板のメイン皿のほかに、青菜のピーナッツ和えとクーブイリチーの小鉢、漬物に蓋つきの器にたっぷりのごはんと味噌汁。まさに王道を行く定食ではありませんか。
 さらにここでは、生卵か納豆のいずれかがテイクフリーになっていますから、今回はたっぷりごはんには卵をかけてするするといただきました。

 目論見どおり、満足のいく昼食になりました。
 以前も書いたけど、ここのカウンターに立つ女性店員ほどすばらしくなごやかかつきれいな声で「いらっしゃいませー」と迎えてくれる人を他に知りません。ほかの店でも見習うべきハイレベル。これを聞きに行くだけでも入店する価値があるように思います。

minami4bancho 202007

 7月末まで有効のごはん無料券があるので、2か月ほどしか間を空けずに「山形南四番町食堂(まいどおおきに食堂)」へ。
 変わり栄えのしないメニュー選択で、イカフライ、トマトサラダ、生卵にごはんの中、なんと396円。本来ならこれにごはん165円が加わって562円なわけですが、300円台と500円台ではずいぶん価格が違って見えるものです。

 グリーンサラダ110円が姿を消してトマトサラダ165円しか選べなくなっていて、野菜の量がだいぶ減らされているように見える。
 生卵が1個66円というのもよく考えれば暴利。
 反面、イカフライ165円はいい仕事をしていて、ここでははずせない1皿だと思っています。
 これで396円なら十分に納得できます。

kujira 202006

 寿町の、「自家製麺 麺堂傾奇者」だった店舗でこの4月に営業を始めた「担々麺とたれ唐の店くじら」を初訪問しました。担々麺と鶏の唐揚げを二枚看板にしている店のようです。

 その両方を一度にというのは自分には無理なので、今回はたれ唐定食にしました。
 ムネかモモ、唐揚げ4個か6個が選べ、その中からモモの4個820円のボタンをぽちり。
 ランチタイムのごはんは大盛りにできるというのでそのように。

 唐揚げ4個では量的にどうかと不安でしたが、配膳されてその心配は雲散霧消。1個がとてもでかく、むしろ全部いけるかが不安になるぐらいのボリュームです。これの6個なんて絶対に無理だな。
 卓上にある5種類のタレを使ってどうぞとのことで、4個にはそれぞれ異なるタレをかけて賞味します。ヤンニンジャン、期間限定タレ、ガーリックオニオン、和風の順で。ガーリックオニオンが最もよかったかな。

 スープはおざなりではなく、ワカメとねぎがたっぷり入っていておいしい。ほかにキャベツ、ポテサラ、漬物と、どこにもぬかりなし。マンガ盛りのごはんは前日炊いて保温したものでしたが、盛り方が稠密で腹いっぱいになりました。

 改めて、もう一方の担々麺もいずれ食べてみようと思います。

yorimichi shokudo 202005

 本町2丁目にある「そば茶屋たがま家」という店がまだ未訪なので、そこに肉そばを食べに行こうと調べてみました。すると、2019年のいつ頃からか「鳥から・肉そば よりみち食堂」という店に変わっている模様です。だったらそこに行こうか。

 11時半の開店直後に入店してメニューを見ると、肉そばに3種類から選べるミニ丼を添えたランチセットもよさそうだったけれども、「めんたいマヨ鳥から定食」というのがもっとよさげだったので、肉そばはあっさり放棄してそちらへ。

 めんたいマヨ鳥から定食、850円。
 うひゃあ、でっかい唐揚げが2個! 到底かぶりつけない大きさなので、ナイフとフォークが添えられています。それでざくりと切って口に運べば、居酒屋の唐揚げらしい生姜の効いた和風寄りのいい風味が口に広がります。サクサクとした衣の食感もいいです。
 一方めんたいマヨについては、量が少ないためにその味がそれほど広がりません。商品名に冠されているぐらいなのですから、もっとたっぷりかけてもらわないと。

 普通盛りでも全体量は十分、野菜も多く、味噌汁もうまいし、どこぞとちがって内税の850円こっきり。街なかの店舗でも駐車場が店前に3台分あるし、いいんじゃないですか、この店。
 次回もアリだな。そのときは選べるランチセットをいってみようか。

sancha 202005

 久野本の「食遊館茶茶茶(さんちゃ)」を6年2か月ぶりに再訪しました。
 マーチャンセット850+税=935円。いつの間にか消費税が外税になっています。

 大きい皿にどっかりと盛り付けられたマーチャンは大量で迫力満点。こんなに多く食べるつもりではなかったのだけどな。
 赤ピーマンで彩りが添えられたチャーハンは油が少なめでピラフ風。チャーシューの角切りが多く入っていますが、塩味が薄めなのがやや気になるところ。
 麻婆豆腐は本場の辣油・甜面醤・花山椒バリバリといったものではなく、日本人の舌に馴染むようなほの辛い程度の仕立てになっています。
 レタス・大根・ニンジンの生野菜にかけられたドレッシングはピーナッツ風味が際立っていておいしく、さりげなくオリジナリティをアピールしています。

 これで850円ならば、チャーハンが白いご飯だったとしても安いのではないかと一時は思いましたが、外税の10%が加わるのであれば、料金的には妥当と思えるものに変わってしまいます。それほどに大衆食堂における外税の影響は大きく、けっしていいイメージを持てないということです。
 次回は税別820円の酢豚定食あたりが狙い目だろうな。酢豚定食がこの値段ならかなり格安と言っていいでしょうが、これだって902円になるとコスパがぐっと落ちる印象が付きまといます。
 それにしても腹がくちい。

sukiya dainome 202005

 ここにもあったすき家。「すき家山形大野目店」を初訪問して、サラ旨ポークカレーの1.5盛600円を食べました。

 せっかくなので卓上の紅ショウガも添えて。
 肉やジャガイモがけっこう多めに入っています。しかしそのルーはスープ状で、ライスがシャビシャビになってしまいます。人によるのでしょうが、やはりカレーはもうちょっとぽってりしているほうが自分は好きだな。
 ボリュームはたいしたもの。110円アップでこの量になるのであればリーズナブルだと思うけれども、日常的に食べる量としてはちょっと多いかな。並盛490円にサラダ140円を添えるぐらいがいいかもしれません。

moritaya 202005

 この日の昼食はまだ10時半。最近通っている天童市中里の「茂利多屋」にて。いつでもやっているので開店時間、営業日を気にせず訪れることができるし、何と言ってもコスパがいい。

 今回はカキフライと白身魚定食570円をメインにしてそれにミニラーメン230円を付けてみました。日頃から朝食はとっていないので、昼食には早い時間帯であってもこのぐらいは軽くイケてしまう。

 まずはスープ代わりにミニラーメン。必要なトッピングがちゃんとあるし、味も合格ラインを楽々クリアしています。かっ込むには少ないけれども、スープ代わりであれば十分。
 定食は、立派なカキフライが3個。タルタルソースもたっぷり付いています。白身魚フライは例のヤツというか、中国産なのか、どこででも見かけるものですが、揚げたてなのでおいしく食べることができます。煮卵半分付き。レモン添えの生野菜のドレッシングがオリジナルっぽくてこれもよし。味噌汁は合わせ味噌だが赤味噌が強めでラーメン並みにしょっぱいのはご愛敬か。

 茂利多屋なら、800円も出せばこれだけ充実した食事をとることができます。

shinkaro 202005

 上山市二日町の「中国料理新華楼」を6年6か月ぶりに再訪しました。2018年8月にいったん店を閉めていましたが、2019年5月に再オープン。店内からの眺めがよく、曲線が入ったつくりの建物構造が懐かしい。
 店名も以前と変わりませんが、台湾系の経営者に変わり、実質的には新店と言ってよさそうで、厨房からは中国語らしき会話が聞こえてきます。

 台湾系の中華料理店でよく見かける、ラーメン6種と飯類6種から組み合わせ自由で選んで750円というもので、今回は味噌ラーメンと麻婆丼をセレクトしました。
 味噌ラーメンは札幌ラーメン風。挽肉とラードを使ってコクをつけ、茹で野菜たっぷりのほかにチャーシューとメンマ、コーンも添えられて立派。味噌の風味は熟成感があって純日本的です。
 麻婆丼は、辣油よりも山椒が効いていて独特。豆腐の角が取れるぐらいまでしっかりと調理しているようです。ご飯に対してウワモノの量が圧倒的に多いところがスバラシイ。

 こういう本格的な料理がこの価格で食べられるのであれば、自分はこれで十分だと思うなぁ。高級中華料理店で高い金を支払っている必要などないのだ。

ichiba tairyo 202005

 まだ未訪となっている村山市中央にある「すしの市場大漁」の前を通ったので、せっかくだからちょいとつまんでいこうと急遽初入店。回転寿司店ですが、ちょっと高級です。

 鮪三昧と北海三昧、各570円+税=1,254円。
 握りたての寿司はおいしい。ネタもよく新鮮で、一皿110円の回転寿司とはまったくちがう。まあ、価格が高いのは難点ですが。

 いい寿司屋だったので、今度はチョイ寄りではなくきちんと食べたい。ランチ限定の大漁丼スペシャル980円あたりが狙い目かな。

menya kofuku 202005

 寿町の「麺や小福 六兵衛食堂」を9年7か月ぶりに再訪しました。
 その昔「ぼんぬーる」という名のファミレスが入っていた建物。前回訪問時はこの店内で、病院から「チチキトク」の第一報となる電話連絡を受け、父はその夜逝去したのでした。そのトラウマが抜けず、またここしばらくは高齢となる母の状態も芳しいとは言えないこともあって、ずっと足が遠のいていましたが、このたび一歩踏み出してみたというわけです。

 鶏の唐揚げ定食のごはん大盛り750+100円。
 おそらくたくさんの唐揚げが出てくるのだろうから、それとともに食するメシもまたたくさん必要だろうという予想を立てたところ、図星でした。大盛り正解。しかし満腹。

 唐揚げ6個が俵状に積み重ねられた盛り付け。この店の場合、醤油ベースの油淋鶏風の「からあげのタレ」を付けて食べるのが習わしのようです。また、よかったらどうぞとマヨネーズもにゅるりと添えられています。揚げ具合、肉質、共にいいです。
 写っていませんが、唐揚げの下には素揚げのジャガイモがごろごろと3個。これも満腹を演出するのにいい仕事をしています。
 漬物の盛り付けにも細やかな気配りが感じられ、カツオ風味の効いたひじき煮もとてもおいしい。

 平日のランチタイムは大盛りがサービスとなりこれが750円で賞味できるので、かなりお得かもしれません。再度食べる機会にはとんかつソースを所望し、それをかけて食べてみたいと思います。麺類もあるので、それもいってみたいな。