FC2ブログ
marugo 202007

 長旅から戻り、山形の蕎麦が食べたい一心で、11か月ぶりに「そばのまるごまるご」へ赴く。
 もり天800円。変わらずにいい仕事をしています。まるごそばと言えばゴリゴリのゲソ天のイメージがあるのだけど、この日はたまたまなのか、衣がわりとサクサクのスレンダーなおみ足で、あれっ!という感じ。

 そのほかはいつもと変わらず。周辺からはズバズバと蕎麦を啜る音が聞こえてきて、蕎麦屋とは琴の音色のBGMなど流さずこういうところであるべきなのだよナと一人納得するのでした。
 コアなファンが多く、開店直後からいそいそと食べにやって来る男性一人客が多い様子。まあ、自分もその一人なわけなのだけど。(笑)
 山形の蕎麦はサイコーです♪

スポンサーサイト



kobuhara 202007

 「こぶ原」を4か月ぶりに訪問。
 しばらく山形を離れて四国方面に行っていて、外から戻ったときはいつも山形の蕎麦が食べたくなるものなのです。
 たまたまこの日と翌日の2日間は“開店3周年セール”と題していつもは700円する肉そばがトッピング付き、大盛り無料で500円にて提供される日でした。もりそばにゲソ天を付けて食べることばかりをイメージしていましたが、この日は肉そばオンリーだとのこと。

 肉そば、おろしトッピングの大盛り、500円!
 このボリュームは山形ならでは。鶏脂が入った甘じょっぱいつゆで食べる山形の肉そばは天下一品です。一味唐辛子をばばっとかけてずるずる。タマランなぁ。

souten 202006

 車旅の帰り、兵庫県からのロングドライブの途中に旅の最後の夕食をと、南陽市宮内の「中国料理蒼天」に立ち寄りました。初訪問です。
 中国人と見えてカタコト日本語の奥さん。ひょっとしてここは台湾系?と感じつつも、それらの店にありがちなセットもの中心ではなく、ワングレード上を行くような店です。したがって、定食類の価格はちょっぴり高め。

 什綿炒麺(五目あんかけ焼きそば、スープ付)850円。旅の間中いつかは食べたいと思っていた五目焼きそばでしたが、ここにきてようやくありつけました。
 この餡のつやつやがたまりません。薄く衣のついた豚肉のほかにエビやイカなどの魚介類も入って上質。あ、うずらの玉子は入っていないな。
 味はいいのですが、麺、餡ともにややボリュームにかけるかもしれません。

imose 202006

 ある日の11時、四国旅へと出発。途中南陽市で、「いもせ食堂」に2006年の夏以来実に久々に入店し、冷やしラーメン850円を食べる。
 冷やしラーメンと言えば、一般的にはふつうの中華そばのスープを冷たくしたものですが、ここの冷やしラーメンはその予想に反して冷やし中華の具材がトッピングされているものでした。これは珍しい。一方で定番の「冷し中華」もきちんと存在しているあたりがおもしろい。

 大根煮のような色をした氷が入っていて、氷が溶けてもスープが薄くならないようにとの店側の行き届いた配慮が感じられます。自家製手もみ麺で名を馳せる「いもせ食堂」らしい中太平打ち麺がとてもおいしい。
 いいラーメンを食べることができました。

mendoraku 202006

 浜崎にある「手作り麺めん僮楽」にはとんとご無沙汰していて、このたび5年3か月ぶりに行ってきました。
 つけ麺を注文しようと決めていて、僮楽麺・全粒粉麺・黒小麦麺から全粒粉麺、つけ汁は味噌・塩・醤油から味噌、麺量は1玉・1.5玉・2玉から1.5玉を選んで、860円。
 1.5玉で十分ではあるけれども、2玉にしたところでわずか30円加算されるだけなので、それでもよかったかもしれません。

 暑い日にはつゆものではなくつけ麺だよなという発想で臨んだわけですが、ここの場合極めて熱々のつけ汁が大きめの器にたっぷりと入っているので、それに麺をつけてすぐに啜ろうものなら舌が焼けるほどの熱さです。つけ汁には野菜や挽肉などのいろいろな具が入っているので、それらの固形物がスープをしっかりと保温しているかのように思えます。
 その熱さは最後まで持続し、そこにまた熱い割りスープを足して飲むので、食べ終わる頃にはすっかり汗だくになってしまいました。
 涼しい顔で食べ終えるという目論見は大きく崩れましたが、それでも大満足の1食となりました。

eikotei 202006

 桜田東の「栄幸亭」を8年10か月ぶりに訪問して、今年初となる冷やしラーメンを食べました。
 冷やしらーめんの大盛り、650+100円。
 冷やした場合手間がかかるので、ラーメンよりも100円程度高くなるのが常ですが、ココの場合は同価格と良心的。しかも、食べてみて気づいたのだけど、大盛りは2玉なのが明らかです。

 うまい! キンキンに冷やされて氷入り。冷たいスープは歯に沁みるほどです。熱くないので麺はズバズバ啜れます。大盛りなので簡単になくならないのもいいです。快感だなぁこれ。
 この味、姉妹店の「材木亭」の冷やしラーメンと酷似しています。あそこの冷やしラーメンはかつて夏になると、残業時の出前で連日何十回と食べていたのでよくわかるのです。

 ひゃー、うまかった。この優れて高い満足度で750円? Ummm……スバラシイ。

kujira 202006

 寿町の、「自家製麺 麺堂傾奇者」だった店舗でこの4月に営業を始めた「担々麺とたれ唐の店くじら」を初訪問しました。担々麺と鶏の唐揚げを二枚看板にしている店のようです。

 その両方を一度にというのは自分には無理なので、今回はたれ唐定食にしました。
 ムネかモモ、唐揚げ4個か6個が選べ、その中からモモの4個820円のボタンをぽちり。
 ランチタイムのごはんは大盛りにできるというのでそのように。

 唐揚げ4個では量的にどうかと不安でしたが、配膳されてその心配は雲散霧消。1個がとてもでかく、むしろ全部いけるかが不安になるぐらいのボリュームです。これの6個なんて絶対に無理だな。
 卓上にある5種類のタレを使ってどうぞとのことで、4個にはそれぞれ異なるタレをかけて賞味します。ヤンニンジャン、期間限定タレ、ガーリックオニオン、和風の順で。ガーリックオニオンが最もよかったかな。

 スープはおざなりではなく、ワカメとねぎがたっぷり入っていておいしい。ほかにキャベツ、ポテサラ、漬物と、どこにもぬかりなし。マンガ盛りのごはんは前日炊いて保温したものでしたが、盛り方が稠密で腹いっぱいになりました。

 改めて、もう一方の担々麺もいずれ食べてみようと思います。