fc2ブログ
enzo ymdr 20240216

 2年11か月ぶりに「焔蔵山寺店」を再訪。
 冬季限定のラーメン2種があり、前回はこのうちの自家製麺鶏中華を食べたので、今回は自家製麺中華そば825円にしてみました。750円+税ということで、この10%相当分が割高のように思えますが、山寺駅前の観光地料金ということにしておきましょう。

 メニューの記載を引用すると、「香る煮干しの旨さを支える、山形の牛骨がしみでた自慢のWスープ。「ラーメン金子」監修の、自家製麺がよく絡み合う渾身の一杯。あっさりとした昔ながらの中華そばの中に、焔蔵オリジナルの旨さが詰まっています。」とのこと。

 実食してみると、全粒粉仕立ての極太こぶこぶ麺が味わい、食感ともに秀逸。スープのほうは牛骨出汁をはっきりと感じるというよりも、むしろ煮干しを使った魚介香が強く、それがあっさりとした和の風味にもつながるところがあり、これも出来がよろしい。
 今の自分にはボリューム的にも普通盛りがふさわしく、165円増しの大盛りにしなかったのは正解でした。

 グランドメニューには通年仕様として同料金のラーメンが存在しますが、これはどう違うのでしょうか。麺が冬季限定と異なるということなのかなぁ。

スポンサーサイト



jigen bread 2 20240215

 全国展開していない店のハンバーガーが食べたいと思い、つれあいにリクエストして買ってきてもらいました。
 昨年(2023年)11月に、緑町、県教育資料館の門前にオープンした「次元ブレッド2号店」からの調達品です。上山市の旅館「静山荘」でやっている「次元ブレッド」の2号店であるとのことです。

 てりやきバーガー540円と、二人で分けて食べるコッペサンド450円。価格はうろ覚えらしく、微妙に違うかもしれません。

 でっかいハンバーガー。とても両手に持って齧りつく自信がないので、箸を持ち出してきて少しずつ切り分けて、オレンジジュースを飲みながら食べます。ハンバーグが分厚くて稠密ででっかく、それに呼応する形でバンズも厚みがあって大きいので、これ1個食べれば概ね腹が落ち着きます。マックあたりのバーガーとポテトのセットよりも量は多い感じです。

 もうひとつのコッペサンドのほうは、エッグサンドのほうを食べました。粗砕きの茹で卵がよい口当たりで、コッペパンを使っているのでバインミーのようなガサガサした食感はなく、顎にくるようなこともありません。
 もう1個の白身魚サンドのほうは、つれあいの明日の朝食になるようです。

watatsumi 20240214

 黒沢の「麺翔海神(めんしょうわたつみ)」を初訪問。天童市東久野本の「麺家猿神」が昨年11月にこちらに移転して営業している店です。

 ここならば旗艦メニューであろう貝出汁の海神中華(普)1,030円を行くべきでしょうが、4桁のため敬遠。それよりも、冬のうちにこれを食べなきゃと、みそ中華(普)960円でエントリーしてみました。

 4年近く前に「麺家猿神」で食べた味噌中華とつくりはほぼ同じです。平打ちの極太麺、上質のチャーシュー、細めの炒めもやし、刻みキクラゲ、刻みネギがたっぷり、青海苔の風味がよく、肉味噌添えです。
 茹でる前の麺量が200gあり、これに多めのもやしが加わるので、普通盛りでも結構なボリューム感があります。

 とてもおいしいのだけれども、猿神時代からほぼ全品が100円値上げになっていて、価格的な割高感があるのが難点。それでも人気店のようで、早い段階で外待ちが発生していました。

matsunoya fkmc 20240213

 11時前に用務が1件済んでしまったので、チト早いけれどもメシだな。この時間だと……。
 ということで、4か月ぶりに「とんかつ松のや(松屋)山形深町店」へ。一人メシなら安くてうまくてボリュームのあるところ。その条件をかなり高いレベルで同時に満たしてくれる店です。

 過去にロースかつ定食と味噌ロースかつ定食を食べているので、今回は鬼おろしポン酢ロースかつ定食690円を、同料金のごはん大盛りにして。
 おろしポン酢は、たっぷりのおろしの上にネギが散らしてあり、100円高はやむなしでしょう。卓上の調味料等も自在に。紅生姜をごはんにのせ、キャベツに胡麻ドレをたっぷりかけ、あっさりのとんかつは途中からバーベキューソースを使って味を激変させて食べます。
 うん、おいしい。ジョートー。大盛りメシもたっぷりで、味噌汁付きのとんかつがこの価格だものねえ。

 いろいろ言う人もいるかもしれませんが、当方としてはこのとんかつで十分に満足することができます。よかったな、そういう感覚でいられる人間に生まれ育って。(笑)

mekikinoginji ngsn 20240212

 天気のよい祝日、ドライブがてら東根まで赴いてのランチです。
 魚の和定食でもと思い、神町の某割烹料理店を訪れましたが、ここは事前予約が前提のようで、この日は法事が入っているため受けられないとのこと。まあ、少ない事前情報で動いていればこういうこともたまにはあるでしょう。
 でもって、どうしようかとクルマを流していると、さくらんぼ東根駅至近の「目利きの銀次」がランチ営業をしているのが目に入りました。たしかこのチェーン店の和定食は好評だと、どこかで見かけたような気が……。
 ということで、「目利きの銀次さくらんぼ東根東口駅前店」に飛び込み入店。ランチ営業は土・日・祝だけのようです。

 ランチメニューには定食800~1,180円、海鮮丼800~1,580円のラインナップがずらりと並んでいて、この中からしばし悩んで、本日の刺身定食1,180円をチョイスしました。

 本日の刺身盛り合わせに、小鉢、冷奴、ご飯、おしんこ、味噌汁のセットで、ご飯と味噌汁はおかわり自由です。
 刺身は身が締まっているのかダレのないきりっとした切り口で、鮮度バッチリ。小鉢の春雨の和え物も量があり、冷奴もしっかり2切れ。焚き具合がよいとみえて小粒のご飯がとてもおいしく、大ぶりの椀に入った味噌汁とともにしっかりおかわりさせてもらい、十分に満足のできるランチとなりました。入店、大正解です。

 駐車場も広く、アクセスも良好。山形駅前にある「目利きの銀次山形駅前店」は毎曜日ランチ営業しているのはいいのだけれども、駐車場がないのでちょっと利用しづらいんだよねぇ。

hideyoshi 20240209

 山形市黒沢の「麺翔海神(わたつみ)」を目指したものの、店の前に取材のテレビクルーがいたので、今回はパス。また今度ね。
 それではともうひと足伸ばして、6か月ぶりに上山市十日町の「らぁ麺ひでよし」を再訪しました。

 初訪時は冷やしラーメンを食べていたので、今回は中華そばと並んでツートップを張っているから味噌らぁ麺の「並」880円をチョイスします。

 運ばれてきたビジュアルを見て、これはもう、「龍上海」だなぁと。スープの仕立て、表面の脂の浮き、辛味噌のトッピングの仕方、メンマの並べ方、立ち上がる魚介香、どんぶりの模様まで、龍上海の辛味噌ラーメンととてもよく似ています。

 実際に味わってみても、特に魚介ダシの具合が酷似していて、かなりおいしい。
 中華そばには米沢ラーメン風の細打ち縮れ麺を用いているのに対して、こちらは赤湯ラーメン風の太縮れ麺を使っていて味噌味にぴったり。麺の口当たりがつるつるとしていて独特な感じがあり、この点こそこの店の味噌ラーメンの特徴と言っていいでしょう。
 スープのインパクトや辛味噌のにんにくの含有具合あたりに、龍上海よりも多少まろやかで全体としてしっくりくる印象があり、自分も含めて、人によってはこちらのほうが食べやすくて好きということもあるように思います。

 おいしかったな、ひでよしの辛味噌ラーメン。次の機会には秀吉つけ麺を食べてみようか。

kura mnmdt 20240208

 今日の昼は寿司がいいなとつれあいと示し合わせ、そうは言っても毎日贅沢しているわけにもいかないので、回転寿司チェーンに行くことにし、6か月ぶりに「くら寿司山形南館店」へ。
 開店後すぐの時間帯に行ったところ、厨房近くの席を指定され、まだ空いているので注文品が超特急でやってくるというグリーン車並みの特別待遇です。いいですねぇ、こういうの。(笑)

 海苔が好きなので、この日のテーマを「軍艦攻め」と設定して、さっそく注文です。
 はじめに、明太とろろ、海鮮ユッケ、旨だれまぐろの3種の軍艦巻きと、天然真鯛湯引き、五島寒ぶりから。想像していたとおり、軍艦巻きのトッピングが多めになっていておいしい。
 その後はかれい昆布締めえんがわ添え、大盛り貝柱にぎりを食べ、最後は軍艦に戻って、特製海鮮、シーフードサラダ、ねぎまぐろで締めました。

 9.5皿をおいしく食べ、満足、満腹。二人で17皿、2,235円也。ラーメン店で味玉をトッピングして食べる程度の価格でお好みの寿司を満足いくまで食べられるのなら、近時の値上げで高くなったラーメン屋よりも、回転寿司のほうが数段いいや。