fc2ブログ
50banshokudo 20221201

 この日も上山攻めは続き、矢来の「五十番食堂」を、1年10か月ぶりに3訪しました。
 ねらったのはカレーライス630円もしくはカツカレー780円だったのですが、店内にカレー類休止中の貼り紙があり、にわかに困惑。
 ラーメンとミニ日替わり丼がセットになるAランチ850円の、今日の丼は何になるのか尋ねたところ、この店お得意のスタミナ丼だというので、それに決定しました。

 ラーメンは、プリッとした中太麺がかなり美味で、しっかり一人前。ちょっぴり塩辛めですがスープのコクも深く、大衆食堂の中華そばとしての王道を行く申し分のないタイプです。
 ミニ・スタミナ丼は、甘辛いタレでの味付けが施された豚肉と、その下に千切り大根などの野菜が少々。量的にもほどほどで、これもいい塩梅です。

 つれあいが注文して食べ切れなかった、680円にしてはかなりデキのいい唐揚げ定食の唐揚げ1個がこちらにまわってきたのも食べて、充実したランチになりました。

 満足。次回は再度カレーを狙ってみたいと思います。

スポンサーサイト



kawayoshi 20221130

 上山市二日町の「川芳そば屋」を9年2か月ぶりに再訪しました。
 ラーメンの大盛り、650+200円。
 大盛り200円増しは一見豪気のように思えますが、麺量は2玉になるようで、そういうことであればバカ高いという範疇には入らないでしょう。

 その麺は自家製手もみを謳う細麺で、色がくすんだ小麦色、つまりは漂白剤の使用を抑えているということであって、その素朴な風味は米沢ラーメンに相通じると思う。喉越しがとてもよく、2玉とはいってもおいしく啜っているうちにどんどん減っていきます。
 これ、少し前に食べた同市十日町の「さかえやそばや(そば処さかえや)」中華麺とよく似ています。ということは、これが「かみのやまラーメンもへず会」会員店として行き着くひとつのかたちなのかもしれません。

 スープは、あっさりかつシンプルで、これはさかえやと異なるところ。コクが足りないと思い卓上のホワイトペッパーを多用しましたが、自分にはそれでもあっさりに感じました。(笑)

 チャーシューも柔らかかつ美味だし、全体としてナイスなラーメン。
 つれあいの食べていた味噌ラーメン850円のほうは野菜炒めがたっぷりで、ラードのコクがありそうでした。
 850×2(人)×0.7=1,190円也。
 高齢の御夫婦二人での切り盛りで、これからも元気で続けてほしいと思ったところです。

kaneni 20221129

 この日も上山攻めを続行し、十日町の上山城入口にある「鮮魚かねに」を初訪問しました。
 以前から頻繁に通っているところで、ふつうの鮮魚店なのだろうと思っていましたが、イートインもやっていて、この日もほぼ席が埋まっていました。

 TVラジオ新聞でも紹介されたというあら汁ランチ。焼魚セット990円、お刺身セット1,100円、焼魚・お刺身セット1,320円の3種があり、焼魚・お刺身セットをいってみました。上山市の30%ポイント還元事業を使うので、実質千円以下になります。

 注文時、焼魚は塩鯖焼とヒラマサ西京焼から後者をセレクトし、ごはんサイズを「多め」に。
 配膳されたものを見ると、「少なめ」のつれあいのごはん茶碗と比べるとかなり大きく、飯量は1対2.5ぐらいの開きがあり、思わず失笑。
 あら汁が立派。大きな器に、あらの部分よりも身のほうがぐっとたくさん入っていて、味わいとしてもなかなかのスグレモノ。小鉢類は、もつ煮込み、ささげとニンジンの胡麻和え、切り昆布添えの冷奴に漬物の4種が並びます。

 価格を計算すれば、あら汁を含む基本部分が770円、焼魚が220円、刺身が330円となりますが、刺身は本鮪、金目鯛などいいものを使っているとはいえややしょぼい感じがあり、これが330円かぁと。
 全体的に見れば価格相応といえるでしょうが、こういうことであれば平素に食べるものとしては焼魚セット990円で十分OKかなと思ったところです。

kitaya 20221128

 上山市のキャッシュレス決済ポイント還元事業利用ツアーを続行中。
 この日は1年7か月ぶりに、上山市相生の「きたや」を3訪しました。

 ここならこれだという中華そばと、みそラーメンは実食済みなので、今回は黒ごまタンタンメン770円を食べてみました。
 黒胡麻いっぱい使ってますというルックスで登場。赤色の辣油の浮きが際立つピリリかつアチチのスープが舌を刺激します。豚挽肉・タマネギ・もやしの炒め具材もたっぷり。
 一方、黒胡麻の擂りたての香ばしさはそれほど強くなく、だいぶ前に鶴岡の「担々麺の店まるたん」で食べた黒胡麻担々麺の馥郁さをなつかしく思い出したところ。
 それでも細めの麺がスープをたっぷり持ち上げてくれ、おいしくいただけました。普通盛りの麺量もわりと多めです。

shichifukuramen 20221126

 天童市中里の「七福ラーメン」を、開店直後の時間帯に、なんと11年ぶりに再訪しました。
 ここの一番人気はあんかけやきそばで、それは初訪時に食べたので、この店は概ね押さえたぞと思っていたのですが、最近知ったところによれば丼類や定食もあるようで、こんどはそれをぜひ食べようと考えていたのでした。

 現在の飯物のラインナップは、チャーハン、玉子チャーハン、中華丼、そして週替り定食の4品。そのなかから週替り定食900円をチョイスしました。この週はしょうが焼きでした。

 笑えるようなフォルムを持つどんぶりめし。大盛りを頼んだわけではないのに、カンペキな「マンガ盛り」になっています。
 甘辛く濃いめの焼肉のたれの味付け、マヨネーズがたっぷりと添えられているところ、手切りのフレッシュキャベツ、小鉢のネギ入り納豆などが、食欲を煽ります。工業団地の近くで営業しているので、昼どきになればこういう昼メシを求めて腹ペコ労働者が押し寄せてくるに違いありません。

 残さず食べ、満腹になって退店。つい笑みがこぼれてしまうほどにいい店です。

151A 20221125

 ほぼまる4年ぶりに、大野目流通センターの「パスタ&ランチ151A」を3訪しました。
 今どき580円(土・日・祝は100円増し)で食べられる日替りパスタがあったので、それを。この日はホワイトボードに「ミートソーススパゲティー」とありました。

 サラダかドリンクのどちらかが付くのでコーラを所望すると、おおなんと、ガラスボトルでやってきました。懐かしいな。
 すでに半分パスタに和えてあるミートソース。粉チーズとペッパーソースをセルフでカウンターから持参し、ばしばし振りかけて食べれば、なかなかにうまし。

 具材もある程度入っているし、これで十分。気取ったパスタ屋で極少量のパスタを3口で啜り終わり、満腹になれないまま不必要なデザートなどをぼそぼそと食べて1,580円!なんて言われるよりは1,000円も浮いてしまうし、ずっと幸せな気持ちになれます。
 流通センターで働いている腹ペコ職員などがランチとしてヘヴィロテで食べるのにも最適。普通盛りでも200gのボリュームがありますが、がっつりいきたい向きには+150円で300g、さらにその上には400gの特盛も用意されています。

 同行の海老好きのつれあいは、ぷりぷり海老のトマトクリーム850円を注文し、ご満悦の様子。一口もらって食べたところ、香り立つ海老風味がすばらしかったです。

sakaeya kmnym 20221123

 4年3か月ぶりの3訪となる、上山市十日町の「さかえやそばや(そば処さかえや)」へ。
 このところ頻繁に上山で食事をしているのは、上山市が実施しているキャッシュレス決済ポイント還元事業「上山市にござってぇ!キャッシュレスで最大30%戻ってくるキャンペーン」を利用しているから。参加加盟店で食べると実質3割引になるなんて、すごい! 12月末までやっているので、上山詣ではまだまだ続きそうです。

 で、今回は、中華そばの大盛り、700+150円を食べました。
 2011年7月にも中華そばを食べていて、そのときの感想として「申し分なし! また来たい!! 今度は大盛りでいきたい!!!」と書いていたとおり、夢を実現した形です。(笑)
 大盛りはどうやら2玉を使っている模様で、満足のいくボリューム。蕎麦屋の中華としてはややオイリーなスープでコク深く、麺は細縮れの米沢風のいい喉越し。この店があれば、わざわざ米沢まで行かなくともいい細打ちラーメンが食べられるので、ちょいウレシイ。
 いいんだよなあ、ラーメンはこれで。スープのダシづくりに馬鹿みたいに金を注ぎ込み、その分を料金に転嫁して高料金で出しているラーメン屋なんかには行かないほうがいい。

 店の評価は、前回どおりトップレベルのまま不変。いずれ本業の蕎麦のほうも食べてみなければならないでしょう。