fc2ブログ
kaneni 20221129

 この日も上山攻めを続行し、十日町の上山城入口にある「鮮魚かねに」を初訪問しました。
 以前から頻繁に通っているところで、ふつうの鮮魚店なのだろうと思っていましたが、イートインもやっていて、この日もほぼ席が埋まっていました。

 TVラジオ新聞でも紹介されたというあら汁ランチ。焼魚セット990円、お刺身セット1,100円、焼魚・お刺身セット1,320円の3種があり、焼魚・お刺身セットをいってみました。上山市の30%ポイント還元事業を使うので、実質千円以下になります。

 注文時、焼魚は塩鯖焼とヒラマサ西京焼から後者をセレクトし、ごはんサイズを「多め」に。
 配膳されたものを見ると、「少なめ」のつれあいのごはん茶碗と比べるとかなり大きく、飯量は1対2.5ぐらいの開きがあり、思わず失笑。
 あら汁が立派。大きな器に、あらの部分よりも身のほうがぐっとたくさん入っていて、味わいとしてもなかなかのスグレモノ。小鉢類は、もつ煮込み、ささげとニンジンの胡麻和え、切り昆布添えの冷奴に漬物の4種が並びます。

 価格を計算すれば、あら汁を含む基本部分が770円、焼魚が220円、刺身が330円となりますが、刺身は本鮪、金目鯛などいいものを使っているとはいえややしょぼい感じがあり、これが330円かぁと。
 全体的に見れば価格相応といえるでしょうが、こういうことであれば平素に食べるものとしては焼魚セット990円で十分OKかなと思ったところです。

スポンサーサイト



shichifukuramen 20221126

 天童市中里の「七福ラーメン」を、開店直後の時間帯に、なんと11年ぶりに再訪しました。
 ここの一番人気はあんかけやきそばで、それは初訪時に食べたので、この店は概ね押さえたぞと思っていたのですが、最近知ったところによれば丼類や定食もあるようで、こんどはそれをぜひ食べようと考えていたのでした。

 現在の飯物のラインナップは、チャーハン、玉子チャーハン、中華丼、そして週替り定食の4品。そのなかから週替り定食900円をチョイスしました。この週はしょうが焼きでした。

 笑えるようなフォルムを持つどんぶりめし。大盛りを頼んだわけではないのに、カンペキな「マンガ盛り」になっています。
 甘辛く濃いめの焼肉のたれの味付け、マヨネーズがたっぷりと添えられているところ、手切りのフレッシュキャベツ、小鉢のネギ入り納豆などが、食欲を煽ります。工業団地の近くで営業しているので、昼どきになればこういう昼メシを求めて腹ペコ労働者が押し寄せてくるに違いありません。

 残さず食べ、満腹になって退店。つい笑みがこぼれてしまうほどにいい店です。

matsunoya fkmc 20221119

 松のやのホームページのメニューに載っている「"松のや"の得朝コロッケカレー」390円を狙って、11時前に2か月ぶりに再訪。
 ところが、券売機のメニューをためつすがめつ眺めてもそれが見当たらず。後で知ったところによると、松屋との併設店では販売していないとのことでした。

 仕方がないので、別のものを。朝定食にはたまたま魅力を感じなかったので、ロースかつ丼590円にして、持っていた生野菜無料券(通常130円)を使いました。

 結論から言うと、想像していたものをはるかに超えた立派なセットでした。
 かつ丼は、とんかつもごはんもボリュームたっぷり。カツのデキは「かつや」並みのスグレモノで、厚さとボリュームはこちらのほうがあったように思います。どんつゆが若干濃いめなところが口に合い、閉じた卵も絶妙。満足だなあ、味噌汁も付いているからねえ。

 生野菜も男性好みの量があり、卓上の各種ドレッシングで味わい方も自在。牛丼ではないけれども紅生姜も使っちゃえ。
 ……という具合に、大いに楽しみました。いいよなあ、松のや。790円のささみかつ定食が今なら500円で食べられたとあとで知り、情報収集不足を悔やんだところです。

33gendo 20221118

 山形七日町ワシントンホテル2Fの「三十三間堂」を4年2か月ぶりに訪問。
 豊富なランチメニューの中から、最安クラスの「曜日別日替わり定食」800円をチョイス。
 月曜から木曜まで、和風鶏唐揚げ、さば味噌煮、牛すじ煮込み、小海老あられ天丼のラインナップになっていて、この日金曜日は庄内豚角煮定食でした。

 角煮なんて、食べるのは久しぶりで、おいしい。けれどもそのほかはわりとしょぼめで、鶏そぼろ味噌は2口程度だし、漬物は緑色食用色素たっぷりの中国産、小鉢に至っては安ホテルの朝食バイキングでよく見かけるマカロニのマヨネーズ和えだったのにはがっかりです。

 コストカットばかりが目につき、シティホテルの格調高さはあまり感じられませんでした。
 「当ホテルでいいものを食べたい向きはもっと高いものを注文願います」と言われているような感じ。だったらこんなメニュー設定はするなよ、というのが一般客の言い分。このあたりの両サイドからのせめぎ合いはけっこうシビアです。

 なお、ご飯のお替わりと食後のコーヒーは無料だそうですので、つけ加えておきます。

hanamaru teppo 20221113

 4か月ぶりだから、あまり間を空けずの入店となる「はなまるうどん山形鉄砲町店」。
 むろん、うどんを食べようと思って入店したのですが、せっかくならば食べたことのないメニューをいくべきだろうと思い立ち、天邪鬼よろしく急遽ごはんものに趣向替えをして、鶏千チキン南蛮定食のから揚げ4コ790円を、無料のごはん大盛りにして食べてみました。

 「醤油ベースの鶏千から揚げに、甘酸っぱい南蛮ソースとタルタルソースがよく合うボリューミーな一品です」とのこと。
 うどん専門店ですが、ごはんも唐揚げも予想を上回ってイケル。ただ、数日前に食べた「とんかつかつMI山形南館店」の黒から揚定食と比べてみると、唐揚げの大きさが小さく、ご飯の量は大盛りにしないと足りず、さらには価格が高い――というように、どこにも勝ち目は見いだせず、かつMIの圧勝。ということで、はなまるならばやはりうどんを食べるべきとの結論に至りました。

sanko 20221110

 南栄町の「ランチ&ディナー三幸」を10か月ぶりに訪問。
 11時半の開店前を狙って行くと、すでに駐車場が埋まりつつあり、車内で待機している人がたくさん。この店は駐車スペースの確保が第一条件のようです。

 前回に続いて狙っていた週替わりランチAは、100円値上げして1,100円。この日は秋鮭のちゃんちゃん焼き風と里芋のグラタン(とり肉入)でした。
 大ぶりの鮭の切り身に味噌炒めの野菜類をソース代わりにかけたもので、なかなかいい塩梅。里芋をオーブンでグラタン風に焼いたものも、ユニークでおいしい。
 これに、煮カボチャをつぶしてクルミを入れたもの、軽く塩もみしたキュウリ、ごはんと焼き豆腐の味噌汁、食後のドリンクが付きました。

 駐車場の争奪戦と、フロア担当の中年女性の要領のよくなさ、一言多さがなければ、とてもいい店だと思います。

totoya3daime 20221106

 つれあいから海鮮系を強く求められ、赤湯のイオンタウン南陽敷地内の「ととや三代目」に、ほぼ3年ぶりに入店しました。

 だったらこれでしょの、ととや特上海鮮丼1,200円。これに1個70円のカキフライを添えてみました。
 この価格としては文句なしの豪華さ。観光メインの市場などで食べれば2千円は下らないのではないか。たくさんの種類のネタはどれも刺身包丁の切り口がスパッとしていて鮮度に問題なく、不要な生臭さも感じられません。
 岩海苔が入った味噌汁もおいしいし、衣がさっくりとしたカキフライも美味。

 わざわざ出向いた甲斐があったというもの。良心的でおいしいこういう店が近くにあれば、通っちゃうんだけどなぁ。

katsuMI mnmdt 20221105

 鶏の唐揚げをがっつりと、安い料金で食べたくなり、だったらここだよねと、10か月ぶりに「とんかつかつMI山形南館店」へ。
 唐揚げ定食は王道の「金」と、秘伝の黒醤油大蒜をつけて揚げた「黒」があり、黒から揚定食(4個)649円を、ランチタイムは無料サービスのごはん大盛りにて。

 衣がショリサクとした唐揚げがジューシーで極めておいしい。大きさだけを比較すれば、今時大型化している鶏カラのなかでもこの店はトップクラスだと思う。4個でも多いぐらいで、5個定食にしたら自分の場合量と油にやられてギブアップしていたかもしれません。
 大盛りのごはんはいい炊き上がりで、多いけれどもおかずがすごいので、このぐらいならイケル。
 キャベツとスパゲティもたっぷり添えられて、味噌汁もおいしい。

 いいんじゃないの。おいしくて、満腹になれて、600円台だもんな。
 同店内の「ピザカルボ山形南館店」で、夜のアテとなるスペシャルシーフードピザを3桁料金でゲットして、退店。わがつれあいは今日、ほぼ手濡らさずで夜までいってしまいそうです。(笑)

kurasushi mmgsk 20221102

 寿司好きのつれあいからのさりげない圧力と、楽天の期間限定ポイントの消化という2つの命題をクリアするため、本日の昼食は回転寿司です。
 スシローに行こうかと思ったけれどもそこでは楽天ポイントが使えず、かっぱはこの前行ったばかりだし、くら寿司の山形南館店には2か月前に行っているので、消去法的に1年7か月ぶりに「くら寿司山形馬見ヶ崎店」へ。

 たまたま朝食を味噌汁程度にとどめていたので、この日は全部で11皿とちょっぴり多めに。
 大盛貝柱にぎり、はまち、かにマヨ軍艦から始めて、かにクリームコロッケを挟み、ゆず塩かつおたたき、旨だれ牛カルビ、生えび、大葉真いか、極み熟成まぐろと進めて、ねぎまぐろ軍艦といか天にぎりで締めました。

 当方の場合、回転寿司はハレの日の御馳走ではなくあくまでも日常の昼メシの一環と考えているので贅沢はせず、115円10皿、165円1皿の1,315円で上げました。高いのに内容が伴わない皿を前にして落ち込まずに済み、これにて十分に満足できます。高グレード皿への移行は、もう少し歳をとって量が入らなくなってからでも遅くないでしょう。

jinya 20221031

 上山市軽井沢の「御食事処じんや」を1年8か月ぶりに訪問して、じんやといえばコレという日替わり定食890円を食べました。
 土日祝日を除き提供しているもので、メニュー表には「日替・魚物・小鉢・煮物・お漬物・御飯・お味噌汁・茶碗蒸(半熟卵)・コーヒー」とあります。

 この日は、白身魚フライと豚肉の酢豚風あんかけがメインで、これにふろふき大根と豆腐の白和え、温泉卵におみ漬が付いていました。
 配膳が早いし、いずれもおいしい。食後にはアイスコーヒーも供され、この内容でこの価格ならとても立派だと思います。

 これならば、天ぷらや刺身も付く「じんや定食」1,380円も期待できそう。となれば、また行かにゃならんな。

katsuya emt 20221028

 割安な値段と揚げ具合のよさとフェア定の妙があるため、わりと着実なローテーションで利用しているのが「かつや」で、市内に3店あるうちから今回は5か月ぶりに「かつや山形江俣店」へ。

 期間限定の秋の海鮮フライ定食759円を狙ったものの、売れ行き好調のためか販売終了となっていたので、かつや定番のカツ丼(梅)を。
 30円値上げして520円+税になっていますが、10月末まで有効の100円引き券を使って472円。その上に25%プレミアム付きの電子商品券を使っているので、実質350円そこそこで食べている勘定になります。

 熱々だし、味わいは安定しているし、腹が満たされるしっかりした量があるしで、かなりの満足感が得られ、それなのにたったの354円。
 かつていた職場で、「カツ丼ならかつやで十分!」とみんなの前で堂々と語っていた同僚がいたことを思い出しましたが、食べていて当方も心からそう思えました。

arinkurin 20221026

 上山市四ツ谷の「ランチ家ありんくりん」を3年4か月ぶりに再訪し、再度ありんくりんランチをいただきました。
 3年前の1,080円から1,300円に値上げされていますが、それでも価格的にはリーズナブルだと思わせる、多彩な内容になっています。

 日本茶と茶碗蒸しから始まって、その後メインのお膳はきれいなビジュアルで登場。どれも少量ですが、これだけ品数が揃えば見事で、思わずアッパレ!と言いたくなります。
 供された皿数を数えると、ごはんと味噌汁、デザートなどを加えればなんと18皿! すごいです。
 店名が示すとおり、沖縄テイストが入っており、ミミガーの酢味噌和え、じーまみ豆腐、豚三枚肉のラフテー風、もずく酢などが含まれていました。
 今回の眺めを改めて3年前の画像と比べてみると、ラインナップに大きな変更はなく、むしろほとんど同じのように見えました。

 BGMはおそらく有線の沖縄チャンネルで、成底ゆう子、ノーズウォーターズ、夏川りみ、松田一利、BEGINなどのメロディが流れていました。

satomi 20221024

 昭和の味と言ってもいい大衆食堂のカツカレーがぜひとも食べたくなり、狙いを定めて飯塚町の「食事処里味」を目指しました。3年1か月ぶりです。

 ここでは初めて食べる、かつカレー800円。
 いやー、すごいな……。ウェブの画像で見たとおり、いかにもラーメンスープでつくりましたというようなカレー。具材は豚バラ肉とタマネギ。どんぶりと言っていいような底の深い皿にカレーもごはんもたっぷりで、サラダやスープなどの虚飾はなし。コップの水さえあれば十分だろうと。
 とんかつにはこれをかけてねと、ソースが入った蕎麦湯の器が添えられました。このソース、何かの擂りおろしが含まれる本格派です。

 ごはんも多いのに、ルーはそれをはるかに上回って多く、これは誰がどうやって食べてもカレーが余るはずです。まるで全部飲み干すのが大変なラーメンのスープみたい。(笑)
 とんかつも、こんがりと揚げられて美味。ただ、あとで食べようととっておいたりすると、着実にカレーの底なし沼に沈下していくのでご用心を。

 コスパも素晴らしいし、ここのカツカレー、最高でした。昭和カレーのカテゴリーであれば、山形ではここと「あたご食堂」が双璧をなすんじゃないのかな。

kashmir 202210

 ナンとカレーが食べたいなと思い、8年3か月ぶりに、鈴川町の「印度れすとらんカシミール」を再訪しました。
 「本日のCurry」、ランチタイムの利用で900円。この日はかぼちゃチキンカリーで、ナンorライス、サラダ、福神漬、チキンティッカ、プレーンラッシー、ほかにもう1ドリンクが付いています。

 ナンがデカい。つれからさらに1/3程度が回ってくるので、ナンだけで結構な量になります。でも、熱々でおいしく、他店(アジアンダイニングブッダ)比でカレーの量が多めだし、チキンがゴロゴロ入っていてこちらもおいしいので、なんとか全部腹に収めることができました。

 8年前の画像と比較すると、漬物がインドのアチャから福神漬に変わり、大根がメインになってしまったサラダの質がやや劣りますが、それにしてもこのコスパは立派です。
 スタンダードのラーメンで800円もするそこいらのラーメン店はこのパフォーマンスを見習うべきだと思う。材料代や経費が上がっているのはわかりますが、こういう努力を惜しんでいると、ラーメン支出全国ナンバーワンの地位はますます遠のくことになるでしょう。

motochan 20221018

 飯塚町の、須川に架かる橋の東詰付近にある「定食屋もとちゃん」を初訪問。旧「辰寿司分店」の建物で、この7月にオープンしたばかりです。

 若鶏の唐揚げ定食880円。
 中程度の大きさの唐揚げがしっかり6個。揚げの油がよく切れていて、薄めの味付けなので、味わいとしては家庭的。県産つや姫のごはんの大盛りが無料サービスで、そうすることによってボリューム的にも満足できます。

 同行のつれあいは穴子天丼1,100円。ふっくらした穴子天が2本、それぞれ2つにカットされて計4つと、こちらも食べ応えがあるようでした。
 配膳がとても速かったことを書き添えておきます。

kappa motoki 20221015

 かっぱ寿司で「初物うに祭り」をやっているという情報を聞きつけたつれあいが、今日の昼はここだというので、家からそう遠くないところにある「かっぱ寿司山形元木店」を3か月ぶりに訪問しました。このところの昼食は、海鮮好きのつれあいに引きずられて寿司屋を利用することが増えています。

 この日は土曜日で、10時から営業中。11時前に訪れると、まだ客の入りは1割程度とがらがらで、注文処理はスピーディーだし、寛げるほどに静かだし、いい感じです。もっとも、食べ終えて退店する頃にはすっかりにぎやかになっていました。

 当方は、うにに対する格別の思い入れはなく、いつものように110円皿を主に。煮あさり軍艦、江戸前風石垣貝、こはだ、まぐろ2種盛りからスタートし、ねぎとろの山かけ、甘海老軍艦、さくさくイカ天マヨ、サラダ軍艦と進め、途中に牡蠣フライ盛りを挟み、サーモンポン酢、特盛りたたき軍艦、最後に活〆真鯛で締めました。

 二人で満足いくまで食べて2,800円ほどでしたが、毎度のことですが一つひとつの握りが小さく、今日は特にそれが顕著であるように感じました。

sakuratei 20221012

 1年5か月ぶりとなる、上山市旭町の「さくら亭」。
 以前ここで食べたカツ丼のとんかつが充実していたので、今回はとんかつ定食950円をいってみました。

 想像していたとおり、大きさ、厚さともに立派なとんかつがドドンと登場して、思わずニンマリしてしまいます。
 このボリュームは、とんかつだけを比較すれば、「とん八」など目ではなく、天童の「三州屋」に匹敵するものと思われます。ただ、三州屋にかなわないのは、キャベツの量、ごはんの量、卓上ドレッシングの不在などの点。半面、上を行くところは副菜の部分で、こちらはゴーヤーの和え物の小鉢、茶わん蒸し、写真にはありませんが具だくさんの味噌汁などが付きます。そして価格は、「さくら亭」のほうが幾分か安いですが、ごはんを大盛りにするとほぼ互角となります。

 いずれにせよ、破壊力抜群のとんかつ定食。自分の中では、とんかつが食べたくなった時のためにマークしておくべき一店となりました。

rinsho 20221010

 天童市芳賀の「中国料理林商」を、ほぼ3年ぶりに訪店しました。
 この店で未食のものをと考えて、レバニラ炒め定食850円。

 メインディッシュのレバニラは、他店比でいうとあんの部分がたっぷりあり、いい具合にとろみが付いていて独特。そしてその量は、皿から盛り上がるほどにたっぷりあって、ご飯がいくらあっても足りなくなりそうです。したがって、おかずを多めに、ご飯を少なめにということをしっかりと意識して、ハフハフしながら食べ進めました。
 うまいんじゃないか、コレ。主菜の量は、今年5月に食べた「バーミヤン山形桧町店」の日替りランチの3倍はまちがいなくありそうでした。

 ふだんは休業日の月曜ですが、この月曜は祭日だったためか、うまい具合に営業中。総勢25人超ほどの福島某高校のスポーツ遠征の団体が入り、店内には着席待ちの客も発生。この店がこんなに混んでいるのを見るのは初めてだったな。

bigboy jonan 20221005

 早めに昼食を済ませなければならない用向きがあったため、10時からやっている「ビッグボーイ山形城南町店」を10か月ぶりに再訪しました。11時前の入店で、店内はまだのんびりした雰囲気です。

 今年の春にはまだあった748円のバリューランチは姿を消していて、現段階では869円が最安グループを形成している模様です。これまではコンビのバリューランチ(旧日替わりランチ)ばかりを食べていたので、今回は手仕込みフライ3種の中から手ごねハンバーグを使った肉厚ジューシーメンチカツ869円のデミグラスソースをチョイスしてみました。

 メンチカツが大きく、焼物と揚げ物のコンビランチよりもボリュームは上かもしれません。
 スープバー・ライスバー・カレー付き。この日のスープはコーンスープとチキンコンソメの2種。これを3杯。カレーはスパイシーで味がよく、これまでの評価を改めなければなりません。これを白米とガーリックライスにかけて各1皿。さらにスープのカップでもカレーを飲んで(笑)味わいました。

 腹いっぱいになるまで食べてこの価格ならば、ビッグボーイ、御の字です。

momiichi 20220930

 七浦の「もみいち食堂」を1年7か月ぶりに訪れ、最後の1台分の駐車スペースになんとか滑り込むことができました。

 もみいち定食980円。
 日替わりのおかず5種から2品選べる仕組みになっていて、この日は鶏唐揚げ、刺身(ネギトロ)、サバ辛味噌煮、鮭フライ、ホッケ塩焼。つれあいが刺身と鮭フライを選んだので、当方はサバ辛味噌煮とホッケ塩焼にしてみました。

 魚料理を少しずついろいろと食べられるところがステキです。煮物、焼物のほかに、つれからちょっぴり揚げ物までもらってぱくぱく。サバの味噌味がとてもよいし、ごはんもおいしく、いい米を使っているような気がします。
 定食のごはんのおかわりは3杯まで無料(!)ですが、今回はつれから半膳分まわってきたので、おかわりはなし。これで量は十分でした。

 このクオリティで3桁は立派。納得のおいしさです。