fc2ブログ
uwanoshokudo 20230829

 富の中の「うわの食堂(食べ処うわの)」を、5年10か月ぶりに再訪しました。
 冷やしラーメン900円。
 中華そばとの価格差は200円で、その差は奈辺にありや?!というのが今回の主要確認ポイントです。したがって、熱いのがいいという同行のつれあいは、中華そば。

 相違点として、冷やしには、中華との共通具材のチャーシュー、メンマ、海苔、蒲鉾のほかに、刻みキュウリとハム、紅生姜が追加されてトッピング。それに大きなブロックアイスがゴロゴロと入ってひんやりしています。
 スープは冷やしにぴったりの鶏ガラあっさり味ですが、中華のほうは牛ダシの香りが際立つベツモノのスープを使っています。これなら中華そばもおいしいだろうて。

 うす塩でたたいたキュウリの添え物が立派で、他店の漬物よりも一枚上をいく感じ。
 価格差を考えれば、夏の暑ささえ我慢できれば牛ダシの中華そばのほうがいいかも。また麻婆ラーメンもイケそう。加えて、定食も数種類用意されています。
 こうなると、いずれまた行ってみなければナラヌだろうな。

スポンサーサイト



kiraku akngok 20230825

 2年1か月ぶりにあかねケ丘の「酒房蕎麦きらく」を3訪しました。
 蕎麦、酒の肴、天丼などのごはんもののほか、ラーメンもうどんもあって、今食べたいものを選べるところがいいです。
 こう毎日暑いと冷たい汁物しか念頭に浮かばず、未食になっていたラーメン類から冷しラーメン900円を選んでみました。

 中華そば700円より200円高いということはそれなりの理由があるからだろうと期待しましたが、具材は刻みキュウリが増えた程度でサプライズはありません。しかし、透明の氷でキリリと冷されて、端整なルックスです。
 平打ち中太ウェーブの酒井製麺製の中華麺がつるりとした食感でおいしく、スープにはいい具合の酸味と胡麻油の香ばしい風味があり、よくできていると思わせるものがあります。

 どんぶりに「食堂喜楽」の文字が入っているのを発見。むむっ。ということは、もしかしたら鈴川の「喜楽食堂」と何らかの関係があるのでしょうか。喜楽の焼きそばもうまかったなぁ。
 いつかまた、あなご天丼セットあたりを狙って食べに行くことにします。