fc2ブログ
agoya honten 202107

 本日も暑い中、冷やしラーメン探訪に出かけ、2年3か月ぶりに白山の「亞呉屋山形本店」へ。
 冷やしラーメンの大盛り、890円。

 10円のゆで卵をもらい、配膳まで待つことしばし。
 アレマ、鶏チャーシューかぁ。鶏脂らしきものがあとがけされていて、つまりこれは冷たい肉中華の亜流の位置づけ。最近は冷やしラーメンを名乗りながら、中身は鳥中華を出す店がいくつか出てきていますが、両者は別物なので、分かりやすいメニュー名にしてもらいたいものです。

 プリッとした細麺に、その鶏チャーシューと煮卵ハーフ、メンマ、白髪ネギがトッピング。白胡麻を多めに使い、青海苔がかかっています。
 味わい的には、全体としてまとまっていておいしいと言えますが、特筆すべき点はなく、穏当なつくりになっているような気がします。

 辛みそ納豆ラーメンや黒チャーハンも気になるところです。

nori8 202107

 中央郵便局で用事を済ませたあとに、七日町大通り沿い、十日町にある居酒屋、定食の店「のり八」を初訪問しました。この日一人目の客だったようで、入店してからすぐに準備に取り掛かっていました。

 各種掲げられているランチメニューから、チキン南蛮定食の「中」880円をチョイス。
 揚げ立てのチキンカツにタルタルソースがぼってりと添えられて、タルタル好きの自分の好みに合っています。肉自体は脂っ気の少なめのもの。小鉢にはグレード感のある生鮭のマリネ。
 いかにも男性調理人のお手製といった感じのつくりで、居酒屋メインなのでチキンの下に敷かれた野菜類は刺身のツマ様の大根とミズナ。

 出来上がったばかりの味噌汁が煮え切れていず、具材の野菜類が半生でパリパリしている点と、炊飯ジャーに長いこといたような色になっていたごはんが減点対象。でもまあこれはいつもそうとは思えず、今回はタイミング悪かったのでしょう。
 100円増しの「大」があるけれども、自分の感覚では「中」でも十分のボリュームがありました。

napolitanstar 202107

 中山町のR112沿い、つい2週間ほど前に開店したばかりの「ナポリタンスター中山町店」を初訪問。
 この店のスラッガー、ナポリタン750円を。普通、大盛り500g、特盛り600gいずれでも同料金。身のほどを考えて大盛りにとどめてみました。

 おおっ、金属製シルバーの皿にてんこ盛りで登場。卓上には初めて見るでっかいタバスコ。これをばしばしっとふりかけて食べ始めます。残念ながら粉チーズはありません。
 パスタ自体はアルデンテには程遠い、それほどコシを感じない太麺ですが、ナポリタンにはこういうもののほうがしっくりくるから不思議。昔ながらのケチャップたっぷりのものとは異なり、パスタやスライスしたタマネギに適度に焦げが入っていて、バターオイルでよく炒められています。具材は多くないけれども、不足感はありません。

 大盛りはけっこうな量でジャストフィット。特盛りでもいけそうな気がしますが、この程度にとどめておくのが正解のようです。
 ナポリタンをたっぷりと腹に入れたいようなときには、ずば抜けた高品質を求めさえしなければ、ココがリーズナブルでいいと思う。

 メインのナポリタンのほかに、白ナポリタン、ミートソース、カレーナポリタンがラインナップ。
 ビジネスマンや学生がささっと腹に入れていく安くておいしいスパゲッティ屋は都市部や学生街に似合いそうですが、ぜひ中山町でも定着してほしい店です。

onigarashi emata 202107

 まる3年ぶりに、江俣の「鬼がらし江俣店」に赴き、冷しみそらーめん850円を食べました。

 このメニューは昨夏、「本店」のほうで食べています。それと比較すると、価格は1年前と同じですが、半分入っていた味玉がカットされています。
 本店はスープがしょっぱかった印象がありますが、こちらはいい塩梅。刻んだ山芋、紅生姜、細切りきゅうりなどがいい仕事をしています。
 普通盛りの麺量は、他店比で多めのような気がします。
 平日ランチタイム時には無料サービスとなるライスをつけてもらい、ふりかけと漬物で食べれば、いい感じに腹が膨れました。

matsuno 202107

 天童市中里の「松の」を、2年7か月ぶりに再訪しました。R13バイパス沿い「ヤマザワ長岡店」の奥まったところにある飲食店です。

 ここの手もみらーめんがおいしいのですが、今回は冷しらーめんの大盛り、800+100円をチョイス。
 熱いラーメンと同様に、塩分控えめのやさしいスープがおいしい。あとがけしたラー油でコクと辛さを加えていて、こういう味わいの冷やしラーメンも自分の場合嫌いではありません。ホワイトペッパーも多めにかけてずるずると。

 麺量は十分で、低温調理のようなチャーシューがデカくて、満足のできる1杯でした。

shuchan shimojo 202107

 下条の「修ちゃんラーメン下条店」を1年9か月ぶりに訪問。
 ここなら中華の日替りの丼物と半ラーメンの松セットがリーズナブル。しかし、いつもこれではつまらないし、夏の真っ盛りにふさわしいものをと、にらレバー炒めに定食セットを付けて、680+250円にしてみました。

 レバーらしい味のする出来立てニラレバ炒めをハフハフしながら頬張るのはなかなかにステキ。レバー、ニラ、もやしのほかに少量のキクラゲ、ニンジン、タマネギが入っています。もう少し炒め汁が多かったならなおうれしい。

 もやしとほうれん草のおひたし、お新香、中華スープ付きで、ご飯もおいしい。
 ただ、ボリュームは中庸で、コスパ面で特に優れているわけではないような気がしました。