fc2ブログ
kourakuen shima 202108

 嶋北の「幸楽苑山形嶋店」へ。この店は3年半ぶりの2回目となります。
 食べたいものは、夏季限定と思われる、名古屋発の台湾野菜まぜめん(ピリ辛)640円です。麺量1.5が標準。ピリ辛と辛シビの2種類が用意されていますが、まあ、チョイ辛のほうでいいかなと。

 幸楽苑のスタンダード麺をそのまま使っているので、麺のインパクトはそれほど強くありません。
 完熟トマトのように見える茶色くて丸いものは辛味噌。これを溶きまぶしながら麺と野菜に和えて食べます。半熟卵は途中まで我慢してそれから箸を入れるのはお約束。
 おおっ、結構辛くておいしい。野菜がたっぷりなのがよい。その反面、肉類は破片すらなくやや寂しい。麺量はこのぐらいが必要十分です。

 このデキのものを640円で食べられるのはかなりお得。今どき台湾まぜ麺なら通常900円ほどはしますからね。

katsuya artt 202108

 かつやのフェア定を食べようと、7か月ぶりに「かつや山形荒楯店」を訪れました。
 残念ながら手持ちの割引券は7月末日までの有効で使えず、この時期のフェア定の「豚ロースタレカツと牛焼肉の合い盛り定食」を825円の正規料金にて。

 サクサクとやわらかいロースカツを甘じょっぱいタレにくぐらせた「タレカツ」と、牛焼肉を一度に楽しめる贅沢な一品。ソース、からし、ドレッシング、漬物などが使い放題なところがステキです。タレカツについソースをかけてしまい、味が濃い。牛焼肉は想像していたよりも少量だったけれどもいかにも牛肉ですという味がしてよろしい。この2種類の肉類と胡麻ドレッシングのたっぷりキャベツがあれば、普通盛りのごはんでは足りないほどでした。
 味噌汁も一枚上の豚汁だし、かなり満足できました。

locale 202108

 飯田西の「レストランろかーれ」を、2年10か月ぶりに訪問しました。
 ここは満腹保証の洋食店として、昔から山形市民には有名な店です。土曜日以外にランチが食べられることを知って、行ってみました。
 本日のランチ870円。この日はチキンのガーリックソースだったかな。

 配膳がスピーディー。すぐさまお冷やと什器類とサラダが運ばれてきて、その1分後ぐらいにはメインディッシュとてんこもりのライスとスープが登場。ほほぉ、なかなかいい眺めだ。
 まずはごはんの量にホレボレ。平皿で供する店でこれほどたっぷりのところはほかに知りません。レタスの浮いたコンソメ風スープがおいしくて熱々。生野菜はシンプルですが、自家製ドレッシングが酸っぱくて美味。
 そしてメインは、刻んだニンニクが入ったトマトソースがおいしい。チキンの肉質こそパッとしないものの、このソースとともに食べればほとんど気になりません。そして、ここにも充実のパスタが添えられて、腹にずしりと来ます。
 パスタ以外は基本箸でぱくぱく。西洋の道具よりも格段に機能性の高い箸を洋食店で使って何が悪い。面倒なことはできるだけしたくないんだもんね。

 客の何人かは配膳台に用意されているパックを使って一部を持ち帰っていましたが、自分は完食。いやはや満腹。いいなココ。空腹時には狙い目だな。

kourakuen hksn 202108

 ふつうのあっさりした中華そばが食べたいと思い、朝の9時台に、朝食をとりに「幸楽苑白山店」に行きました。
 朝食限定で出ている中華そばクラシック290円を、この時間帯は麺全品大盛り無料なので、大盛りにて。
 ここでは3か月前にもこれを食べていますが、そのときは普通盛りでした。大盛りにすると麺量がしっかりあって、この1杯で十分に満足できます。

 幸楽苑オリジナルのつるもち麺がおいしい。スープにいいコクがあり、ネギがたっぷり入っているところもよい。
 これが290円で食べられるのなら、まったく文句はないでしょう。てか、こういう顧客本位のすばらしい企業努力に文句なんてつけてはいけない。

den8sobaya 202108

 ぼちぼち冷たいのから脱却して、熱いラーメンも悪くない。そう考えて、上山市の旧中山宿、R13旧道沿いの「伝八そばや」が未訪になっていたので、このたび初めて入店してみました。
 おお……ノスタルジック。この街道を自分で車を運転して走るようになってからずっと変わっていない外観だし、店内もまんま昭和の風情が漂っているのでした。
 厨房には70代ぐらいのおばさんが一人。中華そばの大盛り500+100円をお願いして古いテーブルに着席します。

 もってのほかのおひたしが添えられて登場。
 中華そばのつくりは古典を絵に描いたようなビジュアルですが、スープを啜ってみると意外や、けっこうオイリーで旨味たっぷり。これなら現代でも十分にやっていける味だ。既成の中華だしを使って味を調えていると思われますが、これこそが昔ながらの味を再現する重要アイテムとなっているのではないか。

 うまいなぁ、懐かしいなぁ。そう思って食べているうちにたちまちにして完食となりました。
 思い出したけど、この味は寒河江の「佐平治食堂」の中華とよく似ていると思う。

sweetpee 202108

 この日の未訪店探訪は、上山市河崎にある軽食・喫茶の店「スイートピーの日記」。
 情報によれば、土日は休業で、平日のランチタイムは正午からということなので、その時間に合わせて向かいました。
 おばさん二人の切り盛りで、日替りは何かと尋ねると、ナポリタンか日替りになるとのよくわからない返答。で、ナポリタンを所望。

 スイートピー日替りランチのナポリタン、750円。
 通常だとナポリタンはサラダ付きが780円での提供となりますが、日替りだとこれにトースト半切れ、スープ、コーヒーゼリー、食後のドリンクが付いて750円になるという大変なスグレモノに変身する仕掛けです。

 粉チーズをたっぷり振りかけ、タバスコで味を調えたパスタが問題なくおいしい。ボリューム的にも少ないということはありません。
 ほかの優れた点を挙げれば、大葉の香りがいいスープ、ガーリック風味の効いたドレッシング、お得感を演出するバター香のいいサクサク食感のトースト、フルーツとハーブが添えられたゼリー、きちんとおいしい食後のアイスコーヒーなど。つまりはどこを取ってもナイス!な内容でした。
 またいつか、こんどは日替りのほうで、要再訪です。

kanmadan 202108

 天童市東久野本の「韓まだん」という韓国料理店がランチを提供していることを知ったので、このたび初訪問しました。

 プルコギ定食880円。
 韓国料理にはあまり深い縁がなく、普段は焼肉店で冷麺やビビンバを食べる程度で、韓国人が経営する店で定食を食べることはそうありません。かつてどこぞで食べたプルコギ定食は、醤油ベースで甘口の下味をつけた薄切り牛肉を野菜などと共に焼いたものが別皿で出てきたので、そういうものだろうと思っていたところ、ここの場合はプルコギがごはんの上にかけられて登場。えーと、どっちのやり方がメジャーなの?

 スプーンでかき混ぜて食べてねとのことなので、ビビンバと同じやり方でぐりぐりしてから頬張れば、おおっ、うまいじゃないか! 甘じょっぱいたれが無駄なくご飯と混ざり合って、かっ込むほどにおいしい。それに、日本人のつくるものの味付けとは何かが違うエキゾチックな味わいがあります。けっして少なくないご飯の量に対して有り余るほどの具材の比率になっているところもステキです。
 おそらく本場で食べればもっとすごいことになるのだろうけど、3種類の添え物で葉物をたっぷりいただけるのもいい。辛いのも、魚の発酵風味も嫌いじゃない。できればこれに白菜キムチが加われば最高だったことでしょう。

 周囲のおばさんたちが交わす韓国語の会話とテレビの韓ドラの喧騒も手伝って、韓国のどこかに一瞬でワープしたかのような錯覚を覚えるのでした。
 ほかにも石焼ビビンバ、スンドゥブ鍋、キムチ鍋、みそ鍋などの定食もあるので、またいつか。

bikkuridonkey ymgt 202108

 荒楯町にある「びっくりドンキー山形店」は、子供が小さかった頃に入ったきりだから、おそらく25年近く前のこと。このところ9時から営業してモーニングセットを供しているらしいので、朝食をとりに9時過ぎに行ってみました。

 ミニマムバーグディッシュセット550円。メインの皿に味噌汁かドリンクを付けられるセットで、味噌汁をチョイス。
 お冷やのコップが大きく見えます。ハンバーグは100gのミニサイズだし、ご飯の量もミニで、サラダは大根が主。味噌汁はレギュラーサイズなので、これも大きく見えてしまいます。朝食にふさわしい程度だと言えなくもありませんがと、見た目にしても実食した印象にしても、中途半端な感じがして物足りません。

 果たして朝からどうしてもハンバーグが食べたい人ってたくさんいるのだろうか? いるのならばいいでしょうが、そうでなければモーニングでハンバーグライスをウリにするのはどうにもミスマッチのように思えてなりません。
 本気で客を引き込もうとするのであれば、たとえば値段をもっとミニマムの480円ぐらいにするなどの戦略を練って、24時間闘っている牛丼チェーンに勝る魅力付けをしないと、なかなか太刀打ちするのは難しいと思います。

doutombori skrd1 202108

 「びっくりドンキー山形店」でモーニングセットを食べた日の昼は、桜田西の「道とん堀山形桜田西店」をハシゴ。ここもおそらく10数年ぶりの入店です。お好み焼き店でアルコールなしって、初めてかも。(笑)

 ホームページで調べて、山形店でもやっている「ランチ限定ベジお好み焼き」をランチセットにして、280+220+税=550円というのを狙って行ったところ、平日限定、15時までの小さめサイズのお好み焼き・もんじゃ焼き・焼きそばはどれも429円で、副菜から2種を選べるランチセットの設定はなし。これ、看板に偽りありじゃないの?
 それじゃあ、そんなにたくさん食べなくてもいいし、ランチメニューのお好み焼き8種の中からソウル(豚・キムチ)429円をチョイスするにとどめ、飲み物も含めてサイドメニューは注文せず、安く上げてしまおう。

doutombori skrd2 202108

 弱火でじっくり蒸し焼きにして、うまい具合に焼き上がり。いちおうキムチの味はするけれども、お好み焼きはどの種類でも焼いてしまえば結局似たり寄ったりの味になるもので。でも、さすがに専門店だけあって、生地がおいしいし、甘さのあるソースもとてもいい。
 運ばれてきたときにはこれひとつでは足りないように思えたけれども、食べてみればけっこうずっしりと来て、これで十分でした。
 でもやはり、粉モンに合わせる生ビールの1杯ぐらいは欲しくなるもので、今度行くなら夜にしたほうがいいだろうな。