fc2ブログ
kenchan-hirata 201508

 旧平田町飛鳥の「ケンチャンラーメン」を初訪問。ケンチャン系は山形、羽黒、象潟、三川、酒田に次いで6店目になります。

 小盛600円。
 どこが小盛なのかとツッコミたくなる麺量です。
 ケンチャン系列の店は標準化が進んでいて、店ごとの違いはあまり大きくないようです。
 しかし平田店は、麺がそれほど太くなく強い個性は薄いですが、それでいて縮れはしっかりしていて、麺自体のおいしさは秀逸。

 チャーシューのポリュームがすごいというわけでもなく、スープも一度味わうと癖になるほどのどぎつさはありません。
 このようなケンチャンラーメンに似つかわしくない一種の穏やかさは、ケンチャンらしさとかオンリーワンのインパクトとかを求める向きには物足りないのかもしれませんが、ラーメン自体のおいしさを求めるとするならば、なかなか心地よく、よくできていると思います。

 スープは全部飲みましたが、食後の喉の渇きはそれほど強く感じませんでした。
 よしよし、満足。
 ここまでで未制覇のケンチャンは、大山、余目、遊佐あたり。まだまだ先は長いのだ。

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→https://gailog.blog.fc2.com/tb.php/1569-a38c66dc